FC2ブログ

ふどうの森トレイルラン2019(ロングコース22㌔)

トレイルランニング
02 /18 2019
さて、いろいろバタバタしておりまして久しぶりの更新となりました。

暖冬で雪は少ないながらも富山は低山も雪で覆われており、雪のないトレイルを求めて、昨年12月の養老山脈トレイルランと同様に、雪の吹きすさぶ飛騨の峠を越えて、岐阜県は関市、各務原市、坂祝町にまたがる関・南アルプスを走りぬける、『ふどうの森トレイルラン』へ参加して来ました。

昨年末に膝を痛めて以来、初の本格的なトレイルランにして、2019年初のイベント参加。
冬も深まり天候の悪い日も多く練習も不足気味で、無事に完走できるか不安な中での参加でしたが、なんとか無事にやり遂げられました。

その道のりは、ロングコースで22キロと比較的短く思いますが、
コースの内容はひたすらの400m弱の低山をいくつも上り下りする、獲得標高差1800mを越えるアップダウンの相当に激しいものでした。

それではスタートです。


190217-071427_R.jpg
早朝、快晴ながらも気温は氷点下に迫る中、受付会場へ向かって車を走らせます。
朝日に輝く、初めて走る山々のシルエットに心が躍ります。

しかし・・・富山から岐阜って遠いわ・・・
隣の県ですが年に2回の往復で、もうお腹いっぱいです(笑)


190217-074019_R.jpg
駐車場に車を停めて、シャトルバスで受付会場の大雲寺に到着。
すでに開会前のマイクパフォーマンス?も始まっており多くの人が集まって賑やかになっていました。


190217-075404_R.jpg
受付を済ませたのち、手早く準備して手荷物をお寺の本堂に預けます。
立派なお寺で、よく使わせていただけるものだと感心します。


190217-081252_R.jpg
会場にはゆるきゃらはいませんでしたが、関市甲冑作成同好会の皆さんと写真撮影をしたり・・・


190217-080602_R.jpg
寒いなか、豪快な焚火で暖を取りつつスタートを待ちます。
煙がなかなか。。。燻製になりそう。
でもすごい暖かい。

なお、この大会はいい意味でプロ感が薄く、会場もコースのボランティアの方々も手作り感のあふれるアットホームな大会でリラックスして挑めました。


190217-082947_R.jpg
【8時半】
そしてついにスタート!!
200人からのロングコース参加者たちが一斉に走り出します!!
頑張るぞ~!!


190217-084104_R.jpg
少し走れば大岩不動神社へ。
ふどうの森の名の通り、この先いくつのもお不動さんを祀る神社を駆け抜けて行きます。


190217-084835_R.jpg
なおコースは基本的に登山道。
狭い場所が多いうえ、常に山登りを繰り返すようなコース。

しかし走り出してから妙に体が重い。
3日前にした献血のせいか?
貴重な赤血球を放出してしまったせいなのか、どうにも足も体も重い。


190217-085850_R.jpg
最初の登りですでに息も絶え絶えになりながら、最初のチェックポイント大岩見晴台に到着。

この山域は全体的に派手な看板が出迎えてくれます(笑)


190217-085913_R.jpg
さて、その名の通り見晴らしは素晴らしい。
360°に広がる平野部を見渡すことのできます。

富山ではこういった見晴らしの山はないので感動的です。


190217-085935_R.jpg
まるで大地のヘソのように、ポツリポツリと頭を出す小さな小山。
天候も良いし最高の眺望です。


190217-092017_R.jpg
さて、その後給水のみの第一エイドを過ぎ


190217-092152_R.jpg
見事な竹林を超えて


190217-092536_R.jpg
水のほぼない鍛冶屋滝も超えていきます。
標高400m程度の小さな山脈ですが、植生も地質もいろいろとバラエティーに富んでいます。


190217-093845_R.jpg
その後、暑さを感じるほどの日差しを浴びながら、木々に囲まれつつ落ち葉の敷詰めらた心地よい登山道を登っては・・・


190217-094111_R.jpg
ガレガラの岩だらけの道のりを下山するといったコースが続きます。
躓きそうで気を使うし、トレランシューズ越しでも岩の硬さを感じます。


190217-095742_R.jpg
そして地獄の階段も目白押しです。
最後のほうの山では、一山丸ごと階段で登らなくてはならないものも有り、厳しいレースです。


190217-100441_R.jpg
ゴルフ場付近の美しい池。
なごむわぁ~


190217-101531_R.jpg
スタートから1時間半。
食事もとれるエイドに到着。
まだ半分にも来ていませんが、もうかなり疲れています。


190217-101610_R.jpg
まずはコーラ!!
朝の寒さはどこへやら。
本当に2月なのか?
日差しが暑くてコーラが美味い!


190217-101628_R.jpg
そしてカステラが美味い!!

運動中には食べにくいんじゃないかと思いましたが、カステラってしっとりしているので意外に食べやすい。
疲れた体に甘さが染み渡り、いくつもほお張ってしまいます。


190217-101711_R.jpg
そしてフルーツと、梅干し。
梅干しはいいね、すっぱくて頭がシャキッとします。
塩分も取れるし一石二鳥です。


190217-103128_R.jpg
エネルギーを補給して再出発。

荒れた登山道で鉄筋の伸びた場所に一本一本リボンが巻いてあり、運営の心遣いに感謝しながら上がらない足を持ち上げて先へと進みます。


190217-104449_R.jpg
おお・・・空に浮かんでいるかのような、すごい光景。
養老山脈の小倉山もそうでしたが、こういう開けた登山道っていいなぁ~。


190217-104806_R.jpg
そしてなかなかにスリルのある道のり。
登山道は細く、反対は崖っぷちです。


190217-105646_R.jpg
スタートから2時間半。
第3エイドに到着です。
追間不動の祀られた神社とその入り口の極楽茶屋に隣接する華やかなエイドです。

こちらもメニューは先ほどのエイドと同じですが、バナナが追加されていました。


190217-110111_R.jpg
神社の境内を歩きます。
実に風情がある空間で、聞き覚えのある不動尊の名前もあったりと、いろいろな地域の不動尊が祭られているのでしょうか?


190217-111525_R.jpg
さて、神社があると石段も多くて地獄を見ます(笑)

なんとか登り切って追間城跡へ。
ここも展望が素晴らしい。


190217-111940_R.jpg
山頂に祭られた追間八方不動尊の脇を抜けて行きます。
お不動様がいっぱい。
ふどうの森です。


190217-113429_R.jpg
そして、タイトな道で体に枝を当てつつも走る、気持ちの良い稜線も見られます。
こういうところ走るの楽しいわ~。


190217-114750_R.jpg
さて、スタートから3時間以上経過して、過酷なアップダウンと暑さで大分フラフラになっていたころ、ようやく最終エイドに到着。
ようやく終わりが見えてきたのだろうか?


190217-120539_R.jpg
しかしその後も続く過酷な登り。
木々の間から垣間見える光景の美しさに、ひと時苦痛を忘れます。

山裾を流れる川と、街との対比が綺麗だな・・・
なんて川だろう。


190217-120717_R.jpg
その後も動かない足を必死で上げて先へ進み、何かの石碑を通り過ぎて・・・


190217-121022_R.jpg
猿啄城跡にたどり着きました。
ここはもう坂祝町?

城跡の展望台は残念ながら立ち入り禁止のテープが張られています。
それでも木々の間からの眺望は、相変わらず素晴らしい。


190217-121229_R.jpg
その後、なんだか記憶がありませんがきつかった(笑)

そんな中でも、この山域での特徴的な岩。
こういった層状の岩があちこちで見られます。


190217-123934_R.jpg
ヘロヘロになりながら、第7チェックポイント明王山にたどり着きます。
階段がつら過ぎる・・・


190217-123948_R.jpg
そしてここも相変わらずの眺望。
昼を過ぎて霞が消えたこともあってか朝以上に景色は鮮やかに色づいています。
スタッフの方に写真を撮ってもらったりしつつ、気持ちを回復させて先へ進みます。
あと少し!!


190217-125001_R.jpg
明王山を下り再び追間不動尊への登り返しへ。
先ほどとは異なる登り口になるのか、静かな雰囲気です。

大分疲労していて記憶があいまいで写真も撮りませんでしたが、階段を死にそうになりながらヘロヘロになって登って再びの追間不動尊の祀られた稜線へと帰り着きましたが、この際の必死な姿が最終チェックポイントの方の印象に残ったようです(笑)


190217-130957_R.jpg
その後、何とかすべての下りも終えて里へと帰りつき、ゴールを目指します。
足の裏が痛い・・・


190217-132708_R.jpg
そしてゴール!!
やっと帰ってこれた・・・

すでに会場は多くの帰還したランナーで溢れてお祭り状態です。
さて私の記録は・・・?


190217-131553_R.jpg
う~ん・・・
相も変わらず下位グループか・・・

練習不足に厳しいコース、長旅の疲労、献血による赤血球の減少(笑)
といった言い訳はあるが、どうにも記録が伸びないな。

というか、皆なんでこんなに早いんだ?
すごいね。

いろいろ思うことはありますが、無事に完走した達成感と解放感に包まれて、満足ですね。
辛かったけれど楽しかった!!


190217-132848_R.jpg
さて、その後は振る舞いをいただきます。
まずはぜんざい。

旨い・・・甘さが体に染み渡る・・・


190217-131840_R.jpg
そして豚汁。
東海地方ですから赤味噌を使っているのかな?

野菜がゴロゴロしていて熱い(笑)
走り終わって冷え初めてきた体が温まります。

いやあ美味しかった。
満足したし、閉会式はもう少し後だけれど、これから長く険しい雪の降りすさぶ峠越えの帰り道が待っています。
今から帰っても帰宅は夜だな。
申し訳ないがおいとましようかと思ったその時・・・


190217-135147_R.jpg
名前が呼ばれて何事かと思ったら、抽選会の真っ最中。
なんと最終チェックポイント追間不動の係員の方推薦で、私が余りにも大変そうだったからチェックポイントの敢闘賞にシュラフをいただけてしまったようです(笑)

そうなん?なんだか恥ずかしいな。
本当はもっと颯爽と駆け抜けて上位に食い込むような姿をお見せしたいのですが・・・
でも嬉しいぞ。スタッフの方々ありがとうございました
そしてお疲れ様です。

思いがけぬ幸運と、見て下さっていた方がいることに驚きつつ会場を後にし、2019年初のイベントを完了したのでした。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

『城ヶ平山』へリハビリ登山

その他の山々
01 /20 2019
本日もまずまずの天候に恵まれました。
午前中は雑務に追われていましたが、午後から時間が出来たこともあり、

膝を痛めて以来1カ月ぶりに、軽く山へと行ってみることにします。


190119-135237_R.jpg
上市町の大岩地区にある城ヶ平山へやってきました。
昼もまわり、やや雲が広がってきましたが片道小一時間の低山。

また、秋まではトレランの練習で何度も訪れていた場所であり、調子を確認するのにちょうど良い場所です。

痛めた膝は、自転車は全く問題無く、ランニングもほぼ違和感なく練習が再開できるまでになりましたが、登山ではどうでしょう?
心配しつつ足を踏み入れます。


190119-135500_R.jpg
昨日少し雪が降りましたが、午前の晴天ですっかり溶けたのでしょう。
暖冬のため雪も少なく、登山道は土がくっきりと現れています。

そのため、あちこちぬかるんでいて長靴は泥まみれ。
また滑りやすく、注意が必要です。


190119-150616_R.jpg
秋には枯れていた、湧水でのどを潤します。
動くと暑い・・・


190119-142454_R.jpg
山頂付近まで来てようやく冬山らしくなってきました。


190119-144342_R.jpg
スタートから30分。
無事山頂へ到着です。

流石に山頂は雪で覆われており、城跡ならではの広い山頂が、白く染まった様は実に気持ちの良い光景です。
風もそんなに冷たくないし、やはり今日は暖かいな。

しかし、膝はやはり急なアップダウンでは違和感が有ることを認めざる負えないかな・・・
無理をすると再発しそうな感触です。

これはちゃんと治るのかな?
今後は膝に負担をかけない歩き方を意識しないといけないな。。。
以前は何も気にせず走り回っていられたのに、弱ったものです。


190119-144016_R.jpg
さて、山頂からの景色はまずまず。
モノトーンの山々の先には剱岳。


190119-143534_R.jpg
やや霞がかっていますが、平野部の景色もまずまず。
色調淡い感じの光景が、冬らしい物寂しさを醸し出しています。

晴天の景色もいいけれど、これはこれで風情があります。


190119-145119_R.jpg
さて帰るか。

滑りやすい下りや、急な階段では右膝に気を遣いながら進みます。
でも、あまり意識しすぎるとそれはそれで別の場所や、痛めていない左膝に負担がかかりそう。
難しいもんだ。

さしあたり、次に申し込んである大会までは、まだ1か月はあります
それまでに性懲りもなく足の筋力強化とダイエットに励むことにしましょう。


それでは今回はこのへんで。

富山広域農道~砺波~富山新港へ

通常サイクリング
01 /14 2019
成人の日の祝日。
もう2回目の成人も当に過ぎた自分にはさしたる感慨もない祝日ですね。

しかしながら、その祝日にスキーに行きがっていた娘は風邪を引き、暇になった親父は新春ライド第2弾と相成りました(笑)


190114-094056_R.jpg
空気は冷たいがまばゆい晴天。

富山で冬の最中で3日も好天が続くとは実に珍しい。
貴重な晴天を有効に使用させていただき、前回は東の黒部方面へと進んだため、今回は西のほうへ進むことにしましょう。


190114-105559_R.jpg
そんなこんなで富山広域農道から国道359号を目指して走り、神通川を越えて井田川より牛岳を眺めます。

各山々は、スキー場が白く染まっており実にきれいです。
天気もいいし、膝の不安さえなければ、牛岳登山なども面白かったかもしれませんね。


190114-113526_R.jpg
そして砺波市に入り、ランチタイム。
359号沿いにあるお食事処「うえの」さんに立ち寄ります。


190114-120156_R2.jpg
今日の目当てもジビエ料理。

『猪カツカレー』と『鹿カツ』の豪華組み合わせをいただきます。

鹿カツは当然おいしいながらも、
猪もしっかり煮込んで臭みをとってあり実においしい。
ただカレーに組み合わせてあるせいもあるでしょうが、ジビエ特有の臭みが無くてちょっと物足りないかな。

この「うえの」さんは、ジビエ料理が豊富でうどんや鍋なんかも食べられるので、また今度立ち寄ってみることにしましょう。


190114-124001_R.jpg
腹も満足したのち、相変わらず広くて大きな庄川河川敷を眺めたのち、折り返しとすることにします。

気分のいい光景です。


190114-124351_R.jpg
庄川右岸堤防道路を一気に下ります。

先日の黒部川堤防道路と同様、人もおらずしばらくは快走区間です。


190114-133532_R.jpg
堤防沿いに自転車道が整備されており、途中左岸に振り替わっている区間もありますが、今回は右岸にこだわって走ります。
途中旧大門町などの市街地を除けば右岸の堤防に沿って走ることができました。

河口も近づき、二上山が随分と大きく近づいてきます。


190114-135400_R.jpg
庄川河口を過ぎて、奈呉ノ浦から富山大橋を眺めます。

今日は海も綺麗で、潮の香りが心地よい。


190114-135952_R.jpg
いつもはそのまま直進して、海王丸パークから越ノ潟フェリー、または富山大橋のあいの風プロムナードなどを通過して帰路へ着きますが、今日は気分を変えて富山新港を迂回していくことにします。

旧新湊市街地。日本のヴェニスだそうですが・・・う~ん。
どうかな?


190114-140844_R.jpg
市街地にあるお菓子やさんの甘い香りに誘われて買い食い。

名物『おらんだ焼き』
固いワッフルのような見た目です。

味は昔の一斗缶に入っていた炭酸せんべいみたいな感じ・・
結構大きくて食べるのに苦労しました(笑)


190114-143217_R.jpg
その後、富山新港内の展望公園の新湊弁財天に立ち寄り・・・
アルミ製の弁財天様は、ギラギラとしてなんだかウルト○マンの一族のように見えてきた・・・


190114-143802_R.jpg
釣り人たちが竿を傾ける公園内をしばし散策したのち、日も傾き始めたころ、
いつもは渡る、富山大橋を眺めつつ岐路へと着いたのでした。

さて、今日も充実した一日だった!

この先も春までにまた何度か乗れるだろうか?
このまま雪が降らなければいいのになぁ・・・。


それでは今回はこのへんで。

2019初サイクリング『新川広域農道』

通常サイクリング
01 /13 2019
ついこの前正月だったかと思いきや、もう1月半ばとなりました。
そして、この週末は、晴天に恵まれた絶好のアウトドア日和。

昨年来より痛めた膝は、少しずつランニングなどが可能なまでに復調していますが、いまだ山の下りや長距離ランには不安があるため、平野部を中心に負担のかからないコースでサイクリングへを行うことにします。


190112-111230_R.jpg
幸い暖冬で平野部には雪もなく、しかしながら剱岳を中心に見事な雪景色の北アルプスを眺めながら、新川広域農道を黒部方面まで走ることにします。

ロードに乗るのも秋の本州最東端以来か・・・
ずいぶんご無沙汰したものだ。


190112-123120_R.jpg
走りだせば、魚津市・黒部市方面に進むにつれて空は明るくなりはじめ、風は冷たいが、ときおり日も差し、日に当たっていれば暖かい快適なライドを楽しめました。

そして魚津市を超えて黒部市に入れば山の景色は一変し、こちらも雪に彩られた後立山連峰が目の前に広がります。


190112-124231_R.jpg
黒部川に到着。
広々とした河川敷が気持ち良い。


190112-124140_R.jpg
上流部もまた素晴らしい。
冬で空気が澄んでいるため遠くまでよく見えます。


190112-125522_R.jpg
河川敷を少し下れば、北陸新幹線の高架手前くらいがベストビューポジション。

朝日岳から雪倉岳はもとより、白馬岳を中心に鹿島槍ケ岳の頭まで覗いています。
こいつはテンションあがるわ~。


190112-125554_R.jpg
雪に染まった白馬岳、旭岳、清水岳


190112-125557_R.jpg
これまた真っ白な朝日岳


190112-125538_R.jpg
そしてちらりと除く唐松岳から鹿島槍ヶ岳までの頭。

今日の展望は最高だな。
黒部方面に走ってきて正解でした。


190112-134053_R.jpg
気持ちよく河川敷を下り、黒部市外に入ったのち、生地駅近くのジビエの肉を使用した餃子を提供する、ジビエぎょうざ家さんにて軽く小腹を満たします。


190112-135241_R.jpg
見た感じ普通の餃子ですが、中の肉はそれぞれ鹿と猪が使われており独特の風味があります。

岩塩と胡椒で食べると肉の味がはっきりと味わえてお勧めですね。
イノシシはちょっと野生の香りがして好き嫌いが分かれそうですが美味しい。私は好きですね。
シカは臭みもなく、肉の味もとても美味しい。これは普通の豚よりもいけるのではないだろうか。

八尾や南砺市などの山方面に行けばジビエが手軽に食べられる店もあったりしますが何分遠いですから、このような店が平場にあると嬉しいですね。

そしてあっという間に完食。
餃子と言わず、なんかもっと肉の塊をモリモリ食べたい(笑)


190112-141057_R.jpg
食事の後は、すぐ近くの足湯バイオー湯で足の疲れをほぐします。
あったまる・・・癒されるわ~。
やはり冬の足湯は最高ですね。

まったりしたのち帰路へとついたのでした。

こんな感じで程よく汗をかき、目も舌も心も満足した、幸先の良い新年初ライドとなりました。


それでは今回はこのへんで。

2019年になりました!

トレイルランニング
01 /03 2019
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ついに西暦は2019年。
そしてブログもいつの間にやら9年目に突入しました。

どれもたいした内容のない記事ばかりですが、今年も自己満足の楽しい『思い出日記』を気の済むまで書き連ねて行きたいと思います。

190102-133040_R.jpg
さて、まずは混み合う『岩峅雄山神社』にて、新年恒例の初もうでに出かけて正月気分を味わいます。


190102-134815_R.jpg
雪がパラつく寒いお参りとなりましたが、この寒さの中で飲む、境内で売っている熱い甘酒がまた美味しい。

今年も頑張って活動するぞ!!
いい一年になるといいなぁ~

・・・と、いいつつも今回の年末年始は天候も今一つ。
その上、昨年12月に参加した、養老山脈トレイルランで痛めた右膝が完治しておらず、現在まで静養中だったのでした。

痛む場所からしていわゆる膝蓋腱炎と、腸脛靭帯炎をダブルで発症したのだと思われる感じで、
かれこれ2週間以上経ちますが、ようやく階段を降りても痛みを感じなくなった頃合いで、本格的な活動開始はもう少し様子を見たいと思います。


190103-000732_R.jpg
しかしながら、相変わらず新年早々通販にて新アイテムを手に入れてしまいました(笑)

モントレイルのトレイルランニングシューズである、カルドラドIII。
安かったのでついついポチってしまいました。

新年早々運送屋さんを働かせてしまい、申し訳ないです。


190103-000816_R.jpg
現在使っているアシックスのゲルフジトラブーコ5と比べれば随分とやわらかい履き心地に感じられますが、
ゲルフジトラブーコ5はゴアテックスが挟み込まれているためでしょうね。
その分防水性に優れているのでしょうが、やや重く感じられます。

アッパーがすっきりとしたさわやかなデザインのカルドラドⅢですが、ソールはむしろトラブーコ5よりオフロード向きっぽいパターンに見えますね。

膝も痛めていることですし、モントレイルのカルドラドⅢの柔らかげな履き心地を早く試してみたいものです。
そして天候や足場の悪そうなときはトラブーコを使うといった感じで使い分けられるといいな~

ああ~早く治らないかな~・・・走りたくてウズウズします。
ですがこれからは故障の危険も念頭に入れて、体力任せでない走り方なんかも考えながら練習しなければ・・・
何かを始めると、いろいろと勉強しなければいけないことが次々出てきて退屈しません。


それでは今回はこのへんで。

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書