Sea級グルメを食べ倒す!!

通常サイクリング
10 /16 2017
今回ものんびり平和な内容~

今週末は、以前より気になっていた、【第10回みなとオアシスSea級グルメ全国大会】が、近場の魚津市で開催されており、ネットで開催を知った時からずっと行きたいと考えていました。

171014-141226_R.jpg
先週より雨模様の多い日々でしたが、週末は天候にも恵まれて自転車で会場である道の駅蜃気楼へと向かいます。
10月も後半に差し掛かり、流石に半袖では肌寒くなってきました。

今シーズンも自転車に乗れるのはあと少しだな・・・

会場の近くのでは、海上保安庁の巡視艇が乗船体験を行っていたようで、丁度港に戻る姿を見ることができました。
いいなぁ~乗ってみたかったのですが、食べる時間が無くなってしまうので我慢です。


171014-150558_R.jpg
会場到着。
半日仕事だったため、14時に差し掛かりお昼時は過ぎていましたがなかなかの盛況です。

全国各地の名産海産物を使用した、B級グルメならぬSea級グルメ。
開催の情報をネットで見たときから是非とも来てみたかった。
なんと、全国各地から25種類ものメニューがやってきているうえ、各メニュー300~500円とリーズナブルでいろんなグルメを堪能しやすい値段設定となっているのも嬉しい。

ちなみに、別に好き好んで一人でチャリで来た訳ではなく、家族が付き合ってくれなかった故の行動である事を申し添えておきます(悲)
さあ、食うぞ!!


171014-142138_R.jpg
まずは一番食べたかった広島のあんかけ・かき味噌焼そば。

牡蠣好きなんですよね~
つるんと一気に腹にはいってしまいました。
一杯だけでは物足りないなぁ。


171014-142453_R.jpg
お次は三重県の津ぎょうざ。
大きな餃子の形の皮の中にマヨネーズ味のエビやすり身が入っていて、食べごたえがあって美味しい。


171014-142844_R.jpg
そして、これまた三重県鳥羽市のサメ春巻

サメと聞くと一瞬身構えてしまいますが、パリッとした皮の中でクリーミーなソースに包まれたサメは癖もなく実に美味い。


171014-143316_R.jpg
満腹感を感じる前に休まず食べ続けます(笑)

お次は北海道は紋別の、ホタテみそ焼きうどん

しまった、最初のカキ焼きそばとちょっと味が被った。
でも太いうどんと、ちょっと辛めの味噌に歯ごたえのあるホタテが実に美味しい。


171014-143937_R.jpg
そして、鳥取県境港市のカニ入りグラタンコロッケ
カニクリームコロッケも好きなんです。

また、昨年九州サイクリングで走った際には、鳥取県のグルメなどまったく口にする暇もありませんでしたからね、是非とも食べておきたいところです。


171014-144559_R.jpg
そして鹿児島市のカンパチを餃子にして、ピタパンというパン生地の間に挟んだ、カンパッチン。
酸味のあるタレがカンパチ餃子と絡んで、ピタパンもボリュームがあってこれも美味い。

いや~楽しい。
しかし、流石に大分腹が苦しくなってきた・・・
もう丼物とかはつらいかも・・・


171014-150537_R.jpg
休憩しながらフラフラと歩きます。
会場には、魚津市のゆるキャラである、『みらたん』の巨大ふわふわがやってきていました。

かわいいじゃないか。。。

さあラストスパートだ!!
食べられるだけ、堪能するぞ!!


171014-145013_R.jpg
再開後の1食目は、北海道苫小牧市の、ほっき水餃子
スープの中の水餃子と、柔らかいながらも歯ごたえのあるホッキ貝がつるっと入って行って美味しい。


171014-150259_R.jpg
そして、岩手県久慈市の、ホタわさコロッケ
わさび風味のコロッケの中に、歯ごたえのあるホタテが入ってるんだな。うん旨い。。。

けれども流石にもう食えんな・・・


171014-150919_R.jpg
すべてを堪能したいところでしたが、残念ながらこれで締め。

静岡県御前崎市の、御前崎カレー

今年のゴールデンウィークに御前崎まで行ってみなとオアシス御前崎の前も通過しましたが、車がいっぱいだったのでスルーした所ですが、こうして富山で食べられる機会があるとはラッキーでした。

カレーに鰹節って結構合うんだな~。

さて、これで流石にもう食えない(笑)
夕方に差し掛かかり、終了も近づいたころ満腹と満足しながら岐路へとついたのでした。

いやあ旨かった。

でもご当地グルメといえば、昔、小豆島サイクリングへ行ったとき、岡山県の日生で食べたカキオコとカキ焼きそばに是非とも来て貰いたかったな~。

あれは今までで食べた中で一番おいしいご当地グルメとして記憶に残っています。

またいつか行ってみたいものです。


171014-135835_R.jpg
そして蛇足。

滑川から魚津までの海岸線は着々とサイクリングロードとしての完成度が高められつつあるようでした。
途中の公衆トイレにはサイクルスタンドが整備され。。。


171014-135020_R.jpg
さらには既存のサイクリングロードから、海岸線の堤防道路に繋がると思われるスロープも工事中のようであり、いつの間にやら白線まで引いてありました。

完成すればますますサイクリストにとって走りやすい道になるのでしょうが、これまでひっそりと走れた海岸線沿いの空間が、あんまり賑やかになってしまうのもちょっと嫌かな・・・


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

超散財【アルテグラ6800&レーシングゼロC17】を購入

サイクル用品に関する童心
10 /08 2017
巷ではアルテグラも8000系が発売されて話題になっていますが、旧タイプの6800が様々なサイトで特売されているのを見かけ、勢いよく購入してしまいました(笑)


171007-133135_R.jpg
注文してから一週間で到着、早いなぁ。
購入先はウィ-グルで。

濃いグレーが締まって見えます。8000系のデザインよりはまだこっちのほうが好みですね。

また、特に現在使用している6700系のアルテグラに不満もなかったのですが、愛車のCLX2.0を購入してからはや丸7年が経過し、そろそろ新車もどうかな・・・。

と、いう気持ちでいたのですが、8000系になっても素人目に特筆すべき進化は無いようですし、次のモデルチェンジでの、おそらくは12速化まで待ってもいいかなという気持ちになりました。

12速になれば、様々な規格の変更も現れるかもしれませんしね。
あと数年は11速が継続ですから、この際11速を導入して、CLX2.0をリニューアルして延命を図ることにします。

でも、電動化などは興味が湧きませんね・・・
自転車は、自分のような素人が、時には失敗しながらもいじり倒せるからこそ面白い。
自分で手が出せないパーツや、不測の事態に対応できないような装置は増やしたくないですね。


171007-133148_R.jpg
そして、ちょっとだけ今までから変更。
クランク長を172.5mmに変更してみます。

私はどうもケイデンスで走るのが苦手で、あまり上手に回せずに力で踏む傾向なので、であればいっそのこと、どのくらい差があるのかわかりませんが、長いクランクを使ってみるのもありかなと。

まあ今更ですけどね。


171007-133304_R.jpg
170mmのクランク並べてみると、やはりちょっと長いですね。

実際の換装は、今シーズンが終わって冬になってからのんびりやろうと思っているので体験できるのは来年からのつもりですが、使ってみるのが楽しみです。


171007-131240_R.jpg
・・・そしてなぜか一緒に購入してしまったレーシングゼロ。
価格保証システムを使って8万を切る価格になったらついついお得な気がして合わせて購入してしまった・・・

支払い・・・大丈夫なのか・・・(冷汗)

まあ、現在使用しているレーシングゼロも、CLX2.0と同い年で早7年目であり、そろそろ新調したいな~とは思っていたんですよね。
他のメーカーも試してみたい気持ちもありましたが、整備にも慣れて楽ですし、また私はウエイトもあるので剛性に定評のあるゼロで良いかなと。

また、レーシングゼロもなんだかいろんな種類が増えましたが、スタンダードなゼロが一番ですね。


171007-132131_R.jpg
そしてレーシングゼロC17となって、リムの幅が2mm広がって25Cのタイヤが標準仕様になるのだとのこと。

新旧並べてみると、なるほど。。。確かに少し広い。


171007-132651_R.jpg
一応23cも使用は可能なようです。
ためしに新旧並べてみますが、ほとんど違いが判りませんね・・・

実際走ってみないと、そして25Cを装着してみないと感想も何も無いな。

とりあえずこちらはその気になればすぐに交換可能かな?
でもお金がないのでしばらくは23Cを使うことにしましょう(笑)

そんなこんなで散財の挙句のCLX.2.0のリニューアル計画がいきなり開始されました。
全て入れ替え完了となるのが楽しみです。


それでは今回はこのへんで

秋晴れの空の下

通常サイクリング
10 /02 2017
今週末は仕事のため大した活動はできず。
しかしながらも素晴らしい秋晴れの好天が広がり、午後のわずかな時間を利用して軽サイクリングを楽しんできました。


170930-131024_R.jpg
いまだ刈入れ前の稲穂を残した、金色の波の彼方に広がる北アルプス。

う~ん素晴らしい。
これ程の展望が見られるのは年に数えるほどです。


170930-131203_R.jpg
山が近いなぁ~。
一日休みだったら剱岳にでも行きたかったな。
今年はもう厳しいかなぁ?


170930-131226_R.jpg
広がる青空の下、美しい景色を眺めつつ、サイクリングを楽しみます。
さて次はどうしよう?


170930-152253_R.jpg
とりあえず遠出する時間もあまりないので河川敷を下って海を目指すことにします。
昼もまわって大分雲が増えてきたな。


170930-145948_R.jpg
海産物の加工場が立ち並ぶ古い街並みが続く、海岸線の堤防の上を走ります。
魚の香りが海の香りと混じり合い独特の空間です。

そして、ビンディングも無く身軽なクロスバイクは自由自在に走りを楽しむことができます。


170930-145616_R.jpg
いつもの道の駅に到着。
日差しが強く暑いくらいでしたが、潮風は強く気持ちの良い空間です。
沢山の人がこの憩いの空間を散歩したりと満喫しています。

日も傾いてきたし、今日はこの辺かな?


170930-144612_R.jpg
最後にせっかくですのでソフトクリームを食べて帰ることにします。

つべつべ塩ソフトクリームとな。
ほんのり塩味が感じられるなかなかに美味しいソフトでした。

しかし、いつもスタート地点にしていましたから、まずここで物を食べるという発想がなかったわ(笑)
ちゃんと売店も食堂もあるんですけどね。

景色も満喫し、美味しいソフトも食べて、満足して家路へと帰路についたのでした。
今日はこんなもん(笑)


それでは今回はこのへんで。

秋はもの寂しきかな~さらば友よ~【二上山ヒルクライム&つくりもんまつり】

通常サイクリング
09 /24 2017
今週末は暑いくらいの快晴に恵まれました。
久しくまとまった活動もできていないし、ちょっとどこかへ行きたいなと考えて迎えた日曜日。

しかしながら、土曜日に遊休農地の草刈りをしたら結構足腰にきてしまいました。
う~ん・・・

しかも、今日は10月に関東へと旅立ってしまうあらくにさんの送別会もあるのです。。。
ほどほどにサイクリングを楽しむこととします。


170924-100245_R.jpg
さて、秋の実りを迎えた季節。
あちこちが黄金色に染まりつつあります。

美しいけれど、なんだか物悲しさも感じられますね。


170924-104928_R.jpg
しかし、久しぶりの快晴の週末。
青に染まった海と空を満喫しつつ、夏のような日差しに汗を流して富山の海岸線を西へ西へと進み富山新港へ。

実は今回特に行先を考えてなかったりします。
のんびりのんびり走りつつ、どこへ進もうかと考えていました。


170924-112331_R.jpg
庄川を超えて、小矢部川を渡る橋の上から二上山が綺麗に見えていました。

・・・そうだな。
苦しい思いの一つもしないのも締りがないし、あれを登ってまた考えよう。


170924-115457_R.jpg
9月後半だというのに暑い中大汗をかきながら、平和の鐘。

相変わらず大きいな。
取り合えずせっかく来たので鳴らしておきます。


170924-120612_R.jpg
そして山頂付近の展望台へ。
こっからのトレイルをあらくにさんやアルボルさんと駆け下ったころが懐かしいなぁ。


170924-121020_R.jpg
そして山頂からの展望。
高岡市街が一望です。
しかし、雲が多くて北アルプス方面は全然ですね。
これでは山に行っても展望は無かったことでしょう。
やはり今日はチャリで正解でした。


170924-130112_R.jpg
そして、これだけで帰るのも侘しいので、さらに西へと進んで旧福岡町の伝統行事、つくりもん祭りを覗いてきました。


170924-125955_R.jpg
見上げる巨大な『つくりもん』
ガネーシャ?
すごい・・・耳が可動式で動いてます。

五穀豊穣に感謝し、秋の収穫物である野菜などを利用して作られるこのモニュメントは、なんと300年からの歴史のある伝統なのだとか。

いったい誰が最初にこんなことしようと考えたんでしょうねぇ・・・(笑)
すごいちゃあすごいんですが。


170924-130346_R.jpg
野菜で作った肖像画。

しかし見れば見るほど芸が細かい。
全部を見る時間はありませんでしたが、通り沿いのいくつかを眺めてきました。


170924-130415_R.jpg
これはウルトラマンと怪獣か。


170924-131335_R.jpg
タヌキと狐と舞妓さん。
これは・・・
おとぎ話の一コマのようで実に楽しいな。


170924-131854_R.jpg
あ、ミニオンズだ(笑)


170924-132208_R.jpg
そしてカーズ。
う~ん色々大丈夫なのだろうか(笑)


170924-132658_R_20170925003524885.jpg
すっかり楽しんだ後、祭りの会場を離れて、小矢部川にかかる橋の上まで撤収しました。

小矢部川の流れと、背後の稲葉山に立つ風車のとりなす光景が印象的です。
あの山も、ヒルクライムコースで有名ですから近々行ってみたいものです。

さて、日差しも大分傾いてきて、早く帰らないと送別会に間に合いませんね。
短い時間ながらも、往復100キロちょっとのサイクリングを終了して、帰路へとついたのでした。


170924-182430_R.jpg

・・
・・・
・・・・
そして、夜には10月に富山を旅立つあらくにさんの送別会へ。
残念ながら車のためノンアルコールビールで乾杯です(泣)

しかし、いつもの他愛のない話題で盛り上がりつつ、そしていつものように解散したのでした(笑)
まあ今生の別れで無し、これでいいのでしょうね。

3人で走ることはしばらく出来ないのでしょうが、またその日が来ることを楽しみにして今後の研鑽に役立てましょう。


それでは今回はこのへんで。

台風一過

通常サイクリング
09 /18 2017
三連休は微妙な天候が続きましたが、最終日の18日。
午前中は雨模様のぐずついた天候でしたが、午後になって次第に晴れ間が見えてくるようになってきました。

う~ん久しぶりの休日に日差しと出会えました。
せっかくパールイズミのクイックビブや新ヘルメット、OGKゼナードも買ったし、少しだけでも走りたいな。


170918-145035_R.jpg
そんなわけで軽く午後に、サイクリングのひと時を楽しむこととしました。
いつもの常願寺川河口、今川橋付近の釣り堤防から海を眺めれば一面茶色に染まった海が広がっていました。

すごい。
平野部は大した雨も降らなかったのですが、山ではかなりの雨が降ったようですね。


170918-145129_R.jpg
見事な2トーン。
あの境目はどうなっているんでしょう?


170918-145113_R.jpg
当初はこのまま軽く富山市方面へと進もうかと考えていましたが、海の上に黒い大きな雲が居座っており、大人しく青空が見られる滑川、魚津方面へと引き返すことにします。

まあもともとがっつり走りたい気分では無いしね。
今年はもう雨に打たれるのはごめんです(笑)


170918-145201_R.jpg
無数に並んだ船を眺めて、河口を後にします。
いつみても、これだけ並んだボートの姿は迫力があります。


170918-150011_R.jpg
堤防沿いを引き返します。
海側は快晴ですが、山側は雲に覆われて、所々ゲリラ豪雨並みの雨が降っているのが見て取れます。
やはりまだ天候は不安定だな・・・


170918-150105_R.jpg
振り返れば、富山の岩瀬側に大きな黒い雲が強烈な豪雨を降らせているのが見えました。
やばいな・・・
雲が追いかけてきてる。


170918-150557_R.jpg
空を見上げれば黒い雲が増えてきています。

まだ降りそうにないけれど、嫌な色の雲だな・・・
早く帰ろう。


170918-142113_R.jpg
と、言いつつも小腹が空いたため老舗ハンバーガーショップのうずやさんに立ち寄って小休止します。
ここのハンバーガーは美味いんですよね。


170918-142736_R.jpg
ベーコンエッグバーガー。
パテもソースも美味い。

こういう個人経営の隠れた名店ってどんどん減っているので、できるだけ長く続けてほしいものです。


170918-151939_R.jpg
その後はウェーブパーク滑川へ。
久しぶりの晴れ間に誘われてか、多くの人が堤防や足湯で癒しのひと時を楽しんでいました。

さらに曇ってきたな・・・
海風も強いし撤収だね。


170918-152016_R.jpg
おや、いつのまにやらサイクルスタンドが設けられていたようです。
丁度いいので、ちょっとひっかけて、折角のクイックビブショーツを履いてきたのでトイレに行って見ました。


いまさらですがクイックビブのレビューをすると(笑)
結果、フックを外すのがちょっと面倒でしたが、あとは楽なもの。
普通のショーツと変わらず使用でき、フックの取り付けは外すよりもはるかに簡単。

そしてビブショーツは、普通のショーツより遥かに快適ですね。
確かにサイクリストの行きつく先が、ビブショーツになるのがわかる気がします。

走っていて背中も出ないし、通常時に準備体操をのために屈伸など大きく体幹を動かしてもずり落ちてくる感覚が無い。
これは素晴らしい。

上半身のジャージを脱いで、ビブショーツだけの姿がかなり変態チックですが、この快適さはやめられないな。
いい買い物をしました。


170918-160826_R.jpg
その後帰路の途中ではあちこちで黄金色に輝く稲穂が重くなった頭を垂れて、刈取りの時を今か今かと待ち構えていました。
台風のせいで折角の連休で刈れなくて農家の人たちも大変でしょうね。

そして季節はすっかり秋か・・・
去年の今頃は九州に向けてのサイクリングの準備で慌ただしかったなぁ・・・

年月の移ろうのは早いものです。
今年はあと何回活動ができるかな?


それでは今回はこのへんで。

OKI

FC2ブログへようこそ!