春近し、ぶらりと走る

通常サイクリング
02 /18 2018
今回もささやかに更新

昨日も吹雪く寒さの厳しい一日でした。
が、開けて翌日、日が昇れば路上の雪も一気に消え、空気は刺すように冷たいながらも青空が広がるなんだかウキウキするような天気となりました。


180218-131832_R.jpg
久しぶりに週末に太陽を浴びられた・・・
2月も後半に差し掛かり、日も長くなっており、春が近づいてきたのが感じられるようになりました。

しかし、同じ北陸でも石川や福井は大変なことになっていたようですが、私の住む富山東部はそれほど深刻な事態も起こらず、雪も大分減って、軽くサイクリングへと繰り出すことにします。


180218-132156_R.jpg
まあそれでもいつものコースはまだまだ通れないな。
つまらないけれど、幹線道路沿いに進みます。

とは言え、路肩にはまだまだ雪もある上、もう昼もまわったのでさほど遠出もできませんしね。


180218-135749_R.jpg
そしていつもの海岸線へ。
風が強く、結構海も荒れていますが、久しぶりの晴天の週末。

多くの人が堤防沿いを散歩していました。


180218-140008_R.jpg
さて、堤防に腰かけて、途中いつもの『うずや』さんで買ったハンバーガーと、自販機の缶コーヒとで海を眺めながら昼食を摂ります。
いや、海を見ながらの食事は美味いね~

・・・でも寒い(笑)
冷え切った海風をまともに浴びて、あっという間にハンバーガーも缶コーヒーも冷めてきます。


180218-135858_R.jpg
しかし、ひと月振りに見る海は、今日の晴天と相まって実に美しい。

時折強い風と共に潮の飛沫を体に浴びつつも、辛く寒い冬の日々で溜まった悪いものが吹き飛んでいくような感覚です。
ああ~気分いい。。。


180218-152035_R.jpg
そして帰路へ。
今回は20キロ程度しか走りませんでしたがやはり自転車に乗るのは良いものです。

この先もしばらく天気予報は雪マークですが、日に日に春の足音が近づいてくるのも感じられ、新たな季節の訪れを楽しめる心情になって来ました。
つらい冬もあと少し。春になったら思いっきり走りたいものですね。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

ザンバラン ヴィオーズ・プラスGTのソール交換完了!!

登山用品に関する童心
02 /04 2018
 ここしばらく寒波も穏やかになって、そろそろ春の訪れも近いのかと思いきや、再びの寒波と降雪に悩まされる日々が続いております。
もう朝の雪かきは嫌ですな。勘弁してほしいです。


180204-130247_R.jpg
さて、そんな中昨年末にソールの交換に出していた愛用の登山靴ザンバラン ヴィオーズ・プラスGT。
無事に手元へ戻ってまいりました。

ちなみにソールとガードを交換して大体17,000円。
元が4万円オーバーの登山靴ですが、消耗品を交換して長く使えるのであれば妥当な値段かもしれません。

それでも、しばらくは冬眠でしょうね。
靴ひもも通した後、しっかりワックスも塗って次の旅立ちへの準備も完了しました。
やはり革登山靴って、風合やその佇まいが良く、不思議と見ていても飽きが来ませんね。

この靴で、早月尾根をはじめ、栂海新道から白馬岳までの道のりや、黒部源流等の様々な道のりを歩いたことが思い出されます。


180204-093213_R.jpg
そして交換後のソール。
ゴムがピカピカ。新品のゴムの香りがまた良い(笑)
角もしっかり立って、手で触っただけでもグリップがしっかりとしているのが感じられます。


171218-224840_R.jpg
ちなみに交換前。
踵やつま先はもう溝がなく、他のブロックもすり減って角が取れてしまっていました。


171218-224800_R.jpg
そして周囲のガードラバーもあちこち傷だらけで、ところどころ剥がれつつありました。


180204-093247_R.jpg
しかし、今回ソールの交換と共にガードの交換も行い、つま先のビブラムのロゴもしっかりと復活して新品のように蘇って帰ってきました。

しかし、なんだかガードのゴムが小さい孔の沢山空いた発泡した素材に代わっています。
う~ん・・・前のゴムの1枚板のような素材のほうが良かったな。
土が詰まって取れなさそう。


180204-093229_R.jpg
そして、ソールの踵の○にあったはずのザンバランのロゴが無い・・・
無い。。。

まあなくても困らないけれど、ちょっと寂しいな。。。

とりあえず新品で購入からほぼ5年。
履くほどに足になじむこの登山靴。
ソールも更新したので、また新たな絶景への道のりへ、歩み出したいですね。


180205-200715_R.jpg
今回の寒波も強烈で、地吹雪がひどくホワイトアウト寸前です。せっかく溶けてきたのになぁ・・・
こんなの久しぶりだわ。
早く春が来てほしいものです。


それでは今回はこのへんで。

糸魚川あんこう祭りに行ってきた!

燻製・グルメに関する童心
01 /29 2018
寒気もようやく落ち着きを見せ始めた今週末。
冬が美味しいあんこう汁が食べたくて、家族でグランフォンド糸魚川の会場でなじみのあるマリンパーク能生へと行ってきました。


180128-084354_R.jpg
そして今回は電車を利用。
大火のあった糸魚川駅からシャトルバスを使って会場へと向かうことにします。

早朝は道路もバリバリだったので、トンネルが連続する富山~糸魚川間を高速で走るのも恐ろしいですからね。
道中ぬくぬくと寝ていられるし、ビールを飲み飲み1時間ちょっとの旅を楽しめる、電車の旅も良いものですね。


180128-092906_R.jpg
会場到着。
あんこう汁販売の30分前に到着しましたが、人はまばらですが、すでに列ができ始めていました。

それでも、冷え込みは厳しいものの、少し日差しもあって良い日でした。
吹雪いていたら流石に並んでいられません。


180128-100726_R.jpg
そして待ちに待ったあんこう汁。

美味そう~
いかん湯気でメガネとカメラが曇る。


180128-100901_R.jpg
コラーゲンたっぷりのプリプリの身。
濃厚で、身も肝も沢山入っていて実に美味しい。

骨ごとぶつ切りにしてドカンと入っているのであんこうの美味しさが溶け込んでいます。
そして以外に腹持ちもよく、体も温まりました。


180128-102021_R.jpg
そして会場に吊るされるあんこう。
でかいなぁ・・・
グロテスクな外見ですが、これがあんなに美味しいとは不思議なものです。


180128-113626_R.jpg
腹側
う~ん・・・
表側以上にグロテスクな外見です。

これから吊るし切りの実演が始まるのですが、さすがにカットですね(笑)


180128-113822_R.jpg
市場に並ぶあんこう。
吊るしてあるあんこうから見たら子供みたいなものですが結構いい値段がしますね。

やはり吊るし切りのあんこうは特別な存在なんだな(笑)


180128-095131_R.jpg
さて、その他浜焼きコーナーや、あんこうのから揚げなどもありチマチマ摘まみつつ会場を満喫します。


180128-113204_R.jpg
そして、マリンドーム能生自体にも飲食店やお土産屋などが多数入っていますので、日本酒の試飲をしたり、名物コンブアイスを食べたりと充実した時間を過ごしました。


180128-123743_R.jpg
その後、会場を後にし糸魚川駅へと帰り着きます。
新幹線の駅でもあり、なかなかに立派な作りです。


180128-123901_R.jpg
そして駅内にあるジオパークステーション駅パル内には、糸魚川のヒスイやレトロな電車や、滑り台も有ったりとなかなかに凝った楽しい場所でした。

日本海側と、山側の駅それぞれに物産館やこのような展示場があり、レンタルサイクルやセブンのコンビニも着いた観光の拠点施設なんでしょうね。


180128-124426_R.jpg
さらにはプラレールや、Nゲージで作られた糸魚川から東京までのジオラマもあったりなど、なかなかに童心をくすぐられる展示物が有って帰りの電車までの時間を楽しませてくれました。

娘は退屈だったようですが、お父さんは久しぶりに日の光も浴びれて、最近悶々としているからいい気分転換になりました(笑)
また電車で出かけてみたいな。


それでは今回はこのへんで。

寒波到来・・・身も心も

その他に関する童心
01 /25 2018
全国的な寒波到来ですね。
登山靴もソール張替え中ですし、完全に活動は休止。

冬の寒さと一日中続く鉛色の空から降り続く雪に、流石にうんざりしています。
おまけに小学校PTAの役員決めのシーズンとも重なり、柄でもないのに責任ある立場のため完全に精神も侵され、もうこのままどこかの山で雪に埋もれてしまいたい気持ちになっている今日この頃です。

でも昔に比べたら全然少なくなりました。
それでも富山県民も雪への耐性が落ちたのか、今日はコンビニ入口ではまった車(2台)を、お客さんと協力して押して救出して、思わぬ達成感と連帯感を味わって、心豊かに帰宅ができました。


180125-190435_R.jpg
まあそんなことも言っていられないので帰ってから家族協力して雪かきです。

まだサラサラのパウダースノーだから軽くて良いのですが、朝になったら除雪車が通って壁を作ってしまうので、運動を兼ねて少しでも減らしておきます。


180125-190557_R.jpg
犬は老犬ながらも夏よりも冬のほうが調子がいいようで元気なものです。
うらやましい・・・

凍った水入れにお湯を注いでおいてやります。


180120-113623_R.jpg
それでも長くつらい冬ももう半ば。
こうやってウインタースポーツに付き合ってくれるのもあと少しかな?

早く新しい春と、新たな生活、そして冒険の旅路へと出発したいものです。
ああ・・・
早く心も春になりたい・・・・


それでは今回はこのへんで。

2018初スキーへ行ってきました。

その他に関する童心
01 /15 2018
1月に入ってからの最高に強烈な寒波が日本を襲いましたが、今日はその猛威も収まり初めて、2018年初めての快晴の一日となりました。

やはり快晴は最高ですね。
冬は灰色の空が延々と続く北陸は、なんだかどんどん憂鬱な気持ちにさせられてしまいます。
晴れマークの並ぶ、太平洋側が羨ましい。


180114-105203_R.jpg
さて、そんな素晴らしい晴天の一日の骨休め。
娘を連れて、あわすのスキー場へ行ってきました。

せっかくの快晴、ちょっとした低山にも行きたいところでしたが、晴天のたびに自由気ままな行動をするわけにもいきませんしね(笑)

それでも久しぶりの晴天に恵まれた、スキー場の山頂からは富山平野から能登半島までも見通せる素晴らしい展望が広がっていました。
いやあ素晴らしい。

一年ぶりにスキーをする娘も、しばらく滑っているうちに勘を取り戻したようで、急な斜面にも臆さずに滑り降りていました。


180114-130302_R.jpg
一日たっぷり滑ったのち、帰路につこうかと思いきや、駐車場の除雪の雪溜まりで雪に埋もれて遊び始めました。
なりはデカくなってもまだまだ子供だな・・・
なんだかスキーよりも楽しそうだ(笑)


180114-135817_R.jpg
山を降りたのちは、いつもの富山地区広域クリーンセンターの展望台へ寄り道。
白く染まった田園から続く山の景色が美しい。
いまいち乗り気でなかった娘も、無料で覗ける双眼鏡であちこち眺めていました。

今日は素晴らしい展望が開けていますから、ちょうど良いタイミングでしたね。

そして、今日は楽しかった。
一緒に来られて良かった。
小学校も卒後してしまえば、今度はいつ父親と一緒にスキーなどに付き合ってくれるかわかりませんからね(笑)

疲れたけど、良い冬の骨休めとなりました。


それでは今回はこのへんで。

OKI

超人に憧れた全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書