今年も燕がやって来た!!2017

燕に関する童心
06 /10 2017
さて、毎度毎度の観測報告。

今年もGWから無事にツバメはわが家に巣をつくっており、毎日その成長を楽しみにしております。


IMG_0404_R.jpg
【6月5日】
巣作りも終え、雛も孵ったツバメのつがいが一生懸命雛たちに餌を運んでいます。

今年の燕の夫婦はとても警戒心が強く、私の姿が近くにあるだけでなかなか巣に近づいてはくれなかったのですが、ようやく給餌中の姿を写真に収めることが出来ました。


IMG_0402_R.jpg
巣の中の雛たち。
親鳥にピィピィと威嚇されながら巣の中をのぞいてみます。

そんなに心配しなくても、とって食いやしないよ。
家賃代わりに観察させなさい(笑)

狭い巣の中には5羽もの雛たちがひしめき合っていました。

例年と比べたら小さい巣だったのですが、これはすごい。
超満員だ。


IMG_0423_R.jpg
【6月10日】
そしてわずか一週間後。

わっ!
もうこんなに成長したの?

もう成鳥の面影が現れてきています。
ヒナの成長は早いなぁ。。。

よくそんな狭いところに入っていられるな・・・


IMG_0420-2_R.jpg
そして今日はあいにくの大荒れの天候でしたが、他の巣で育ったと思われる若鶏たちが、もう飛行の練習のためあちこち飛び交う様になっていました。

大雨の中、畑の支柱に佇んで、飛び立つこともできないままの若鶏たちに、親鳥が必死に餌を運んでいました。

手助けは出来ないが、頑張れ!
そしてこの雨の中、子供たちに必死に餌を運ぶ親鳥の姿に心打たれます。

人もまたかくありたいものですね。
我が家に居候する雛鳥達の旅立ちももうすぐかな。
無事に巣立って、また来年返ってくる日が楽しみです。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

今年も燕がやって来た!!2016【その4】

燕に関する童心
07 /24 2016
いよいよ梅雨も明けて、夏本番
今週末は素晴らしい快晴の週末となりましたが、先週旅行へ行ったことも有り家の仕事を片付けていたらあまりまとまった時間は取れませんでした。


KIMG0021.jpg
そうこうしつつも、昼前にはようやく時間が取れるようになった為、軽く50キロほどのサイクリングに行ってくることとしました。

快晴の日差しの中、国道8号を富山市に向かって走り続けて、神通川を渡ります。

青い水面が綺麗だなぁ。
遠くには呉羽山も見えています。


KIMG0026.jpg
余りに神通川が綺麗だったため、今日は河川敷を走って、適当なところで折り返して帰路へ着くこととしました。

真新しいアスファルトの舗装がされていたり、河口からの距離を示す看板も有ったりして、そのうちサイクリングロードにでもなるのかな?

しかし気持ちのいい青空です。
今日は富山湾サイクリングが開催されているはずですから、参加者の方々はツいてましたね。


1469368873234.jpg
とはいえ、今日かなり暑いです。

昼近くから走りだしたことも有り、いきなりの日差しの暑さに身体がびっくりしたのかもしれません。
汗がすごいや。。。

何度かコンビニによってドリンクの補給を行います。

お茶やスポドリだけでなく、たまには気分転換。
禁断のボトルにコーラです(笑)

1469368884621.jpg
キャメルバックのボトルのような、押すだけで中身の出るボトルであれば、炭酸ガスが貯まったら勝手にガスだけ抜けていってくれるので吹き出す心配はありません。

余り長持ちしませんが、自転車に乗りながらコーラを飲むのは気分のいいものです。
炭酸でスッキリします。


1469369331518.jpg
しかし暑いや・・・

帰りの途中、涼を求めてモンベルショップに立ち寄ります。
自転車ラックも有って、いたせりつくせりです。

暑いよ~。
ソフトクリームが食べたい・・・

残念ながら有りませんでした(泣)
そうこうしながら、ペースを上げずにのんびりと帰って行きました。

やはり夏は暑いね。
特に今日のような猛暑の時は、気持ちがあさってを向いたような状態で走ると危険です。
それなりの心構えをした上で走らないと、いけませんね。


KIMG0044.jpg
そして、ようやく今日の本題。

汗だくになり自宅について、自転車を片づけようとしていたら懐かしい声。
ピイピイと自宅の車庫の周りを5羽ほどの燕たちが飛び回っていました。

なんだいお前たち。
大分前に巣立っていったのかと思っていたら、お別れの挨拶に来てくれたのかい?


KIMG0038.jpg
生家の車庫の中が懐かしいのか、何度か出入りした後、電線の上に停まって、しばらくするとまたどこかへ飛び立っていきました。

燕は旅立ちの前、最後に家主に別れの挨拶に来ると言われています。

不思議ですが本当に、ある日ふいに一斉に姿を見せて、そして旅立っていくんですよね。。。

先週は旅行に行ってたから今日まで待っててくれたのかな?

なんてね(笑)
また来年無事に帰ってきてほしいものです。


それでは今回はこのへんで。

今年も燕がやって来た!!2016【その3】

燕に関する童心
07 /02 2016
さて、今日は7月になったばかりだと言うのに35℃を超えるような信じられない猛暑の一日となりました。

この先どうなるのか・・・

P7021755.jpg 
そんな暑い初夏の車庫の中で、先日新居を構えた2世帯目のツバメの雛が孵りました。
全部で4羽。

ピイピイと元気な声で親鳥に餌をねだっています。
まだ小さいな~

すでに1世帯目の入居者家族は立派に巣だってしまい、今年のはこの家族たちが巣立つのを待つだけですね。

夏の間に大きく育って、元気に南の島(笑)へと旅経って欲しいものです。
さて・・・


P6261755.jpg 
ちょっとこれで終わりでは短すぎるので軽く新装備のレビューを
ドイターの最小バックパック、ロードワンを購入しました。
ドイターのザックもこれで何個目か(笑)?

容量は公称5リットルですが、まあ異形のスタイルと、背中のパネルの形状により、実際は財布やウインドブレーカー等の小物にプラスアルファくらいの収納力ですかね・・・?
泊りの荷物を入れるにはちょっと厳しいかな。

しかしドイターらしく堅実に、中には収納のための細かい仕切りが沢山作られています。
まあ基本がミニマムなので余り小分けにするほど入れられ無いから、期待するほど効果はないかな?

でもこのサイズなのにレインカバーも付いているんですからね・・・お得?
買っておいてなんですが、どういう風に使おう?

でも、輪行袋を入れて程ほどに遠出のサイクリングや、その帰りにお土産や、帰って飲むビール(笑)を買って帰る時などは非常に重宝することと思います。



P6261756.jpg
背面。
エアストライプは浅めですが、通常のリュックのようなウエスト部分のストラップは無く、チェスト部分しか固定しないストラップによりロードの姿勢になると、背面が浮き上がるような形となって上手く風が抜けるようになり、思ったよりも暑苦しくない感じです。

また、細い特殊な形状によりサイクルジャージのポケットも使えるので、トータルで見ると積載能力はかなり高いと言えるのかもしれません。

実際の使用感も軽く、荷物も適当に詰め込んでササッと気軽に出発したいようなロングライドの際には重宝しそうです。
また2リットルまでのストリーマにも対応しているので、ランニングの時にも使えそうですね。

ああ・・・梅雨が明けたら、思いっきり活動したい!!


それでは今回はこのへんで

今年も燕がやって来た!!2016【その2】

燕に関する童心
05 /30 2016
さて、すっかり初夏の季節となりつつある今日この頃。
わが家に2世帯目の、下宿人がやってきました。

P5301753.jpg
新たな燕の夫婦たち。
あっという間にマイホームを新築していました。

先週は泥の塊が付いているかな?ってくらいだったのですが、バタバタした今週末が終わってふと軒先を見上げたらすっかり仕上がっていました。

頑張ったなぁ・・・
夏の間に子育ても終えなきゃいけないもんね。
わが家の貸し出しは、年に1世帯様までと思っているんだけれど、そんなに頑張ったなら仕方ないですね。


P5301754.jpg
そして、4月からの下宿人には既にヒナも生まれており、今は子育ての真っ最中です。

物凄い睨まれてる・・・
警戒されてますな。
この一家は最初からとても警戒心の強い一家で、近づくとすぐに逃げていく方々でしたが、流石に今はヒナを守るために頑張っていますね。


P5301758.jpg
向かい合って暮す2組の燕たち。

珍しい光景ですね。
去年までは結構同時に巣を作ろうとすると喧嘩していて結局1つだけに成ったりしており、2つの巣が同時に並び建ったのは今年が初めてです。

上手く2組とも巣立って行って欲しいですね。
仲よく巣立ちまで共存するんだよ。


それでは今回はこのへんで。

今年も燕がやって来た!!2016春

燕に関する童心
05 /08 2016
 例年わが家にはツバメが多いときは複数単位で間借りしにやってきておりますが、今年ももれなく燕のツガイがやってきました。

P5051788.jpg
 今年は暖冬だったことも有ってか、いつもより早く4月半ば前には飛来してきており、早々に以前の住人たちが作った巣を間借りして、自分の住処にしたツガイが今年の一番の来訪者でした。

 やっぱり燕も、自分で作るよりももともと有る巣を利用したほうが楽なのかね?
 正直巣造りをしない燕の姿はあっさりして、見ていても興ざめかな・・・

 そして、なぜだかやっぱり巣の中には一羽のみ。


P5051789.jpg
 昨年も同じことを書いたのですが、何故かもう一羽は離れた梁の上で夜を過ごしています。

 こういう習性なのかな?
 でも、何と無く今年の燕たちは昨年までの連中に比べると淡白な感じがしますね。。。
 燕にも個性が有るのでしょうね。
 
 まあなんにせよ、今年も無事にヒナが生まれて、元気に飛び立っていってほしいものです。
 引き続き観察を続けましょう。

 
 それでは今回はこのへんで。

OKI

FC2ブログへようこそ!