オリンパスTG-5を手に入れた!!

ホビーに関する童心
07 /02 2017
さて、あれほどの好天が続いた6月から、7月に入った途端に季節はすっかり梅雨になってしまいました。

折角の週末も雨ばかりで何の活動も出来ず悶々と家の掃除をし、障子の張り替えをして、風呂のカビ取りをしたりとしています。。。

いや、むしろこの生活こそがまっとうな堅気の人間の活動でしょうね・・・
週末になるたびに遊び歩いている方がおかしいのだな・・・

さて、そんな梅雨の最中、特に書くことも無いので以前の話。
6月23日に発売された、オリンパスのタフネスデジカメ、TG-5を購入しました。

国内発表と同時に予約して、無事発売日に手元へと到着したのでした。


IMG_0462_R.jpg
そんなわけでTG-5。

カラーはレッドを選択しました。
ブラックかレッドしか選択肢が無い所が悲しい。本当はTG-870や620にあったグリーンが有ればいいんですけれどね。

ですが、前モデルの、TG-4のレッドは色味もやや淡く、デザインも何だかのっぺりとしていてイマイチだったのですが、TG-5のレッドは発色も鮮やかで、所々のブラックのアクセントもメリハリが効いてメカニカルな雰囲気が有って、かなりいかしています。
ジョニーライデンカラーとでも言うべきか。


IMG_0463.jpg
さて、昨年から待ちに待っていたアウトドアコンデジの大本命TG-5ですが、結構でかい。

今まで使用していた同じくオリンパスのタフネスデジカメTG-620とその大きさを比較してみます。


IMG_0464.jpg
並べてみるよりも、立ててみる方がその違いは一目瞭然ですね。

厚みや長さが一回り違います。
手にした重量感もTG-5は一回り上の重量感で、結構違和感が有ります。

TG-620はコンパクトで軽く、起動も早くサイクリング中でも使い易い良いカメラでしたが、やはり旧式感は否めず、レンズの暗さや画質等、折角のビッグサイクリング旅行の際などで物足りない場面が多々見られたため、TG-5への移行は避けられない所でした。
カメラの事何も知らない頃から付き合ってくれてありがとう・・・


P6231831_R.jpg
そして、5月のゴ-ルデンウィーク前に購入したキャノンのG9XMark2とも比較してみます。

G9Xは1インチセンサーを搭載する、コンデジでは有数の高画質、高性能なカメラです。
当然タフネス差はカヤの外ですが、TG-5と並べてみるとそのコンパクトさに改めて驚かされます。


P6231832_R.jpg
立ててみるとやっぱりその差は歴然。

TG-5がでかいと言うよりも、G9XMark2のコンパクトさに驚かされしまいます。

残念ながら、肝心の写真の比較をしたいところですがイマイチ天気に恵まれないので大きさ程度の中途半端な比較です。

実際写真を撮ってみれば大きなセンサーを持つG9XMark2の方がカメラとしての性能や画質、原寸大での画質は上回るのでしょうね。

でもTG-5もGPSや気圧センサーなどアウトドア心をくすぐる機能が盛り沢山に着いているので遊び心をくすぐられます。
まあ、写真を拡大しなければどちらも大差はないのでしょうが(笑)

G9XMark2は普段使いに、TG-5はアウトドアをメインとしつつも、そしてG9XMark2の1インチセンサーで登山テント泊の際に是非とも星空を撮影したいものです。

・・・しかし、同時期に発売されたデジカメを、二つとも購入するとは我ながら何て気前がいいのだろう・・・
どちらも頑張って使い倒すぞ!!


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

キヤノン【G9X Mark II】を手に入れた!!

ホビーに関する童心
04 /30 2017
さて、今日も快晴でしたが今回はちょっとGWのビックサイクリングに向けての準備と、昨日は遊休農地の草刈りをし、それらの疲労抜きのため活動は休止です。

しかし、休養がてらに立ち寄った家電量販店で見てはいけないものを見てしまって衝動買いをしてしまいました。


P4291821.jpg
それがこちら。
キヤノンの新製品、PowerShot G9 X Mark IIです。

コンパクトなサイズでありながら、1インチセンサーを装備したハイスペックコンデジですね。
カメラマニアでは無いので細かい説明は出来ませんが、とにかく現在使用している5年落ちのオリンパスTG-620とは、防水屈折系デジカメとの比較であることを差し置いても余りある高性能機です。


P4301824.jpg
当然、アウトドアがメインのカメラでは無いので、操作系もスッキリまとめられていて、手袋をしたままでの操作は難しそうです。

さらに、大本命のオリンパスTG-5がそろそろ発売されそうですが、とりあえずこのGWに予定しているサイクリングまでに綺麗な写真が撮れるカメラが欲しかった。

要所要所の重要ポイントで、このカメラを使い、通常時はTG-620を使用する形のコンデジ2刀流で行くことになりそうです。

G9 X Mark II購入の本来の目的は、家族の記念撮影や旅行の際などに、明るいレンズの1インチセンサーカメラが欲しかったためであり、そのうち値がこなれた頃にと、通販での購入は足踏みしていたのでした。


IMG_0010_R.jpg
とりあえず使ってみます。
こちらがG9 X Mark II。

今年もわが家にやって来た燕の夫婦は、田んぼに水も張られ始めた今は巣作りの真っ最中です。


P4301822.jpg
そしてこちらがTG-620

・・・このブログサイズで見ると余りさを感じませんが、原寸大にしてみると細部の映り込みが全然異なります。


IMG_0011_R.jpg
そして花。
こちらがG9 X Mark II。


P4301823.jpg
そしてこちらがTG-620

・・・これもブログサイズで見ると、全然違いがわかりませんが、原寸大にしてみると輪郭の鮮明さ等の違いは歴然となります。

でも快晴であれば、このブログに使う程度であればさほどの差は無いようですね。
記念写真の様に引き伸ばしたい時や、曇天でも綺麗に撮っておきたい思い出の時間などで大きな差が出るでしょうね。


IMG_0005_R.jpg
『クリックで拡大』
しかし、G9 X Mark II。
星空撮影モードが備え付けられており、かねてからの憧れであった星空が、何の苦労も無くここまで綺麗に撮れてしまいます。

すご~い。
北斗七星を狙ったのですが、肉眼で見有る以上の星々が映り込んでいます

これはすごい。
是非山でテン泊する時に持っていきたいですね。


IMG_0022_R.jpg
そんなこんなで自転車の整備もほぼ完了。
タイヤの摩耗は程ほどで、もう少し使えそうでしたが、あちこち傷みがあったため、念のためミシュランパワーエンデュランスのホワイトへと交換しました。

・・・ブルーは地味だったけど、ホワイトは今度は何だかあっさりしすぎている気がする・・・
いまいちバシッと決まらないなぁ。
パワーエンデュランスにもデジタルブルーの設定が有ればいいのに。

しかし、後は荷物や装備品をセットするだけです。
無事にゴールして、この新しいカメラG9 X Mark IIで、多くの美しい光景や楽しい思い出を切り取ってこれたら良いな。


それでは今回はこのへんで。

ガチャガチャを回してみる。

ホビーに関する童心
11 /20 2016
今週は天気も悪いのでのんびり休息タイムです。
そんな中、家族でフラリと外出した際に、ガチャガチャで面白い物を発見。


IMG_5928.jpg
テントだ。

色は3色、形は2パターン有りましたが、見事1発で希望のカラー&形の物が出てきました。
わーい。私の山用のテントとよく似ている。

これが欲しいなぁ・・・と、思って何気なく回してみましたが、ついてるぜ♪


IMG_5929.jpg
そしてこのテント、光ります。

う~ん雰囲気有る。
夜中に外からテントを見たらこんな感じかも。
テントの中で光らせて見たら面白いかもしれない。

何十年かぶりに回してみましたが、色んなガチャガチャが有るものです。


IMG_5931.jpg
しかし良い感じである。

何と無く、手持ちの黒部湖を遊覧するガルベのチョロQと黒4ダムのクリアファイルでジオラマ作製(笑)

いいね~なんか癒されます。

今年はテント泊も出来ずに、もはやアウトドアシーズンの終了が近づいていますが、これを見ていると来年こそはテン泊に行きたくなってきますね。


それでは今回はこのへんで。

RE1/100ナイチンゲールを手に入れた!!

ホビーに関する童心
09 /12 2014
 久々にプラモデルを買ってしまいました。

 シャア・アズナブル最期の機体 MSN-04II ナイチンゲール!!

P9121358.jpg
 いやあ・・・

 この機体が1/100スケールで発売されることになるとは感無量ですね。

 逆シャアが映画で流れていたころは、私はまだ小学生で、映画館にも連れて行ってもらえず、ビデオ化されても家にビデオデッキも無くレンタルで見ることもできなかった哀しい少年時代。


P9121358_01.jpg
 そんな私の心を慰めたのは、少年にはまだだちょっと難しい、角川の文庫版、逆シャアの小説でした。

 中学生になって、ようやく映画を見ることが出来て満足しましたが、大人になって両者を比較することが出来るようになると、私は断然小説派のほうがお気に入り。
 アニメ版はなんかなぁ・・・
 

P9121359_01.jpg
 まあそんなわけで、私にとってのシャア最期の機体は、長らくササビーではなく、このナイチンゲールであったのでした。

 当然当時発売されていたプラモのサザビーは買っていましたが、やはりストーリーを把握していいない状態ではいま一つ感情移入出来なかったのですよね。


P9121359.jpg
 さて、早速内部を確認。
 
 パーツでかっ!!
 しかしこのREシリーズは、これまでのMGシリーズのような内部構造等の再現といったリアルさの追求は置いといて、完成状態での出来具合に重点が置かれているようです。


P9121360_01.jpg
 そのため、説明書の中身も非常に簡潔になっています。

 実際作製にかかる時間もグッと短縮されるようです。

 正直、時間のない大人に取っては、一度作ってしまえば装甲を外して楽しむと言った行為はまず行わないので、この傾向は大歓迎ですね。

 腕一本作るだけで数時間・・・
 といった精密さは、最初は楽しかったのですが、幾体ものMGを重ねると、もはや面倒くささの方が勝ってきて、サクサク作れた昔のキットが懐かしくなります。


P9121361.jpg
 しかしちょっと残念なのは、これまた説明書。

 MGに有ったような、詳細な機体の解説が有りません。
 
 この見開きのみの簡素なものです。
 う~ん、まあ詳細な説明と言っても、Hi-νのようにサザビーの焼き直しのような内容になってしまうのでしょうけれど、あれが楽しみでMGを買いあさって来たようなところがあるのでかなり残念です。

 なにはともあれ、遂に1/100スケールキット化されたナイチンゲール。早く作りたい!!
 未立体化ガンプラシリーズの、最大のビッグネームでしょうね。
 
 あとこれに匹敵する機体と言えば、もはやΞガンダムと、まず無理だろうけど、ガイア・ギアαくらいか?

 個人的にはV2・・・はワンランク劣る気がするしな。。。
 でもどれも早く見てみたいぞ(笑)


 それでは今回はこのへんで

富山にガンダムがやってきた!!【ガンダムワールド2012in魚津】

ホビーに関する童心
09 /18 2012
 9月の3連休は、猛暑ながらも絶好の行楽日和でした。
 まずは行楽の手始めに、前から気になっていた『ガンダムワールド2012in魚津』へと足を運びました。


 P9160001.jpg
 こんな感じで出迎えが。
 この新川文化ホールは、ありふれた田舎地域の展示場なのですが、以前見に行った『ペーパークラフト展』といい、なかなかに興味深いイベントがちょくちょく開催されるなかなか良い施設です。


P9160002.jpg
 パネルの展示物から始まり、徐々に気分を盛り上げていきます。
 ちなみに私は人混みや、時間のロスを避けるのと、メインの展示物をじっくりと眺めたいがために、こういった文章もとりあえず写真に撮っておいて、帰ってからパソコンの画面でじっくりと読み上げるといった手法をよく用います。

 とはいえ、まあ今回は・・・大半は知ってる内容ばかりなんですけどね(笑)この私がいまさら復習するまでも無いな。

P9160006.jpg
 3万分の1スペースコロニー。
 いいね、モビルスーツとかのいかにも主流のみではなく、こういう世界設定的なリアリティの構築。こういうの好きです。


P9160009.jpg
 1分の1ザクヘッド。
 流石にでかい。。。モノアイが点灯して左右に動いています。


P9160010.jpg
 そしてザクの兵装。ヒートトマホホークにザクバズーカ。ザクマシンガン・・・
 やはり、ビーム兵器をもっともらしく説明するよりも、実体弾を使用するザクの装備は現実的で、親しみと想像を掻き立てられます。 


P9160011.jpg
 そして、実物大ザクマシンガン『弾頭』
 徹甲弾、榴弾、炸裂弾・・・う~んマニアックだなぁ。


P9160024.jpg
 そして1分の1ガンダムヘッド。まあ大きいのはすごいけれど・・・ハリボテ感が・・・
 

P9160017.jpg
 そして10分の1ガンダム。


P9160016.jpg
 さらには10分の1シャア専用ザク


P9160026.jpg
 そして目玉の一つ。144分の1、巨大ジオラマ。
 作成した人の根性に脱帽です。


P9160038.jpg
 ひそかに戦うガンダムとグフ。両者はこんな団体戦に参加はしていませんでしたが、フィクションの中でこういった戦いが繰り広げられていたのかと、想像するのもまた面白いものです。


P9160040.jpg
 そしてこっそりとビル陰から狙いを定めるジムスナイパー。
 そのほかにも大きなジオラマの中には、モビルスーツの特性を生かした特徴的な作りが数多くみられました。実に芸が凝っています。


 P9160018.jpg
 その他にも懐かしい展示品たちが。
 昔懐かしい、ガンダム関係のオモチャ達も数多く展示されていました。実際に見たことのあるものも有れば、無いものも有り。
 このガンダム人形売ってたわ~。お菓子屋で400円だったか。欲しくても高くて買えなかったなぁ・・・


P9160019.jpg
 そして今やネットでネタ扱いのガンダム玩具。まさに超合金。今のリアル路線で売っているガンダムとはまさに一線を画す存在ですね。


P9160022.jpg
 絵本。戦争で遊園地が壊れたから、子供たちがガンダムで遊んでいるんだそうです・・・今のガンダムの世界では、笑い話以外の何物でも無い内容でしょうね・・・


 P9160037.jpg
 ガチャポン。
 ガチャガチャ買いまくったなぁ・・・ちなみに今もまだ押し入れに200個くらい転がっています。そのうちプレミアでも付かないかな?


P9160042.jpg
 カードダス。
 一枚20円だったかな・・・本屋の前においてあった販売機から湯水のように買いまくっていた黒歴史が思い出されます。集めたなぁ・・・


P9160030.jpg
 そして10分1ゼータ。
 ガンダムの中では一番好きな機種なのですが、この立像のデザインは、う~ん・・・スリムさと鋭さが感じられなくてちょっとあまり好きな造形ではないですね。残念。


P9160034.jpg
 その他の10分1の方々達。比較的新しい年代の機種が多いですね。
 その他にも、多くの模型や、ジオラマ、玩具等が展示されていましたが一つ一つ紹介しているときりがないのでこのへんで。
 

P9160049.jpg
 そして、今回の一番の目玉なのかな?ユニコーンガンダムですね。
 サイコフレーム部分が点灯しているのが芸が細かいです。


P9160050.jpg
 ユニコーンだけで1ブースを独占するほどのスペースが設けられていました。
 どうやらユニコーンガンダムは人気が有るようですね。
 
 確かに、逆襲のシャアの直系の内容で多くの設定を等しくする点や、宇宙世紀の舞台・起源、登場人物等魅力的な要素が盛りだくさんなのは確かでしょうが、なんだかいまいち心惹かれませんね。
 なんででしょう?

 ユニコーンはMSのデザインはいいけれど、内容は・・・
 突然降って沸いたような話とキャラに、ガンダムの根源に関わるような設定の数々。こんな簡単に結論出させてよかったのか?と。宇宙世紀の話にしても、冨野監督が自ら語ったのならともかく、これが公式設定だからお前らファンは納得しろとでも言われているようで、ついついおっさんファンは反発してしまいたくなりますね。


IMG_1916.jpg
 まあ、それは置いといて。
 富山の地方都市で、このようなマニアックな展示会を楽しめたことは大いに賞賛すべきことですね。しかし願わくば、かつて静岡で見たような1分の1ガンダムの勇士を、ぜひこの北陸の地でも眺めたいものです。
 これを見てしまった後では、正直どんな展示会も色あせて見えてしまいますね・・・


IMG_1946.jpg
 現在は、お台場に帰ってしまったようですが、是非北アルプスをバックにこの勇士を見て見たいものですね。
 スペースの関係でもなかなか難しそうですけれど、また何時か見に行きたいものです。
 ・・・いっそ日本全国順番に立てて回ればいいのに。


それでは今回はこのへんで

OKI

FC2ブログへようこそ!