サイクル用品に関する童心 - 童心週記
FC2ブログ

トピークMTX トランクバッグDXを再び更新する。

サイクル用品に関する童心
09 /09 2018
9月に入りましたが、8月の暑さから一転、台風と長雨により活動のできない週末が続きます。
まあ過ごしやすくなってきてくれて助かりますけどね。

そんな訳で今回は小ネタ。

2年ほど前に、【トピークMTX トランクバッグDX】を買い替えて、通勤などに使用していましたが、

2年前の記事にも書きましたが、その際に購入したものは容量は小さくなった上に、持ち手の位置も悪くて使い難いことこの上ない失敗作でした。
そう思いつつも、仕方なく使用していましたが、ふと通販サイトなどを除いてみると、いつの間にかマイナーチェンジが施されていたようです。

気になる点に、修正が施されているようでいても立ってもおられず、購入してしまいました(笑)


180816-182941_R.jpg
そんなこんなで届いた、NEW MTX トランクバッグDX
見た目や付属品はあまり変化がありませんが、前作の悪い個所がしっかりと修正されているようです。


180816-182953_R.jpg
マイナーチェンジ前と並べて見ます。

まずは何と言っても持ち手の位置の変更!!
これは本当にありがたい。
キャリアから外す時も、持ち運ぶ時も不便で仕方がなかった側面から上方部へと移動したことにより使い勝手がはるかに良くなりました。


180816-183041_R.jpg
そして、上方部に持ち手が移動したことにより、初代モデルのように持ち手を開いて、荷物の固定に使用することが出来るようになりました。
たまに長物とかを積むときに以外に重宝するんですよね。

さらに個人的には、屋根部にポケットがあっても不安で物は入れられないので、全面ドローコードにしてくれたほうが大きめのウインドブレーカーなどもちょいと固定するのにいいんですけれどね。

また、初代モデルから大幅に減少した容量を補うために外付けでボトルホルダーが追加されています。
ただ、滑りやすい布地ですので、ドロ-コードで締め上げるだけでなく、口元に引っ掛けて固定しておかないと、段差の衝撃でボトルが吹っ飛ぶます(笑)
さっそく缶ビールを買って走った際にきれいにアスファルトに落下して、缶に穴が開きました。もったいない・・・


180816-183110_R.jpg
その他については、内貼りが中身の見やすいイエローに変更された以外、付属品も容量も全て一緒。

気になる点もありますが、とにかくマイチェン前の物が使い辛かったのでこれでひとまず満足です。
やはりトピークだな。


180817-185350_R.jpg
バッグの交換ついでにキャリアも変更。

プラスチック製キャリアのMTXビームラックEXから、MTXビームラックのVタイプへ。

アルミ製かつ積載位置が5.3センチ下がり、低重心化やスタイリングのアクセントにに効果があると思われます。
やや重くなりますが、やはりアルミのキャリア部分が質感が高くていい感じです。


180820-080143_R.jpg
装着状態。

うんいい感じです。
ストレートタイプのキャリアでは、サドルとバッグが干渉して装着できないため、キャリアを加工して、接続部分を後方にずらして使用していましたが、目論見通りサドルの下にバッグが収まりました。

これにて低重心化と、オーバーハングの減少が図られて、良いことずくめです。
また、余談ですが、荷物を積んでの押し歩きをする際に重心が高いと、軽量なクロスバイクはすぐに前輪が浮いてしまうので、マスを集中できるのは結構ありがたいです。

そんなわけで、鈍重なスタイリングや使用場所は限定されるリアキャリアとバッグですが、日常での快適さや便利さはリュックや大型サドルバックなどをはるかに上回るものであり、今後も上手に付き合っていきたいですね。



それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト



真夏の『たてもん祭り』&シマノ『PD-ES600』の導入

サイクル用品に関する童心
08 /05 2018
連日暑さが続き、日中は活動が制限され、夜になれば熱帯夜で寝苦しい夜が続いて体力を消耗していきます。
晴天の週末ですが、とても登山や自転車などに乗ろうという気分になりませんね・・・暑すぎる。


180804-195118_R.jpg
ですがそんな中でも、8月に入ればあちこちで花火や夏祭りの音色が聞こえ始めて、季節の移ろいを感じさせられるようになりました。

汗だくになりながらも夏の空気を感じ取ろうと、魚津市の花火大会と、ユネスコ無形文化遺産にも登録された『たてもん』の煌びやかな輝きを眺めに出かけます。

180804-204114_R.jpg
全長16mにも達する、船の帆のようなたてもんがいくつも立ち並び、引廻される勇壮で幻想的な眺めを堪能しました。

祭りはいいですね。
中心市街地で行われるこの祭りも、空洞化で引手不足が深刻なのか、ボランティアで引手も募集していたようです。

祭りを頑張っている人たちを、周りで見学して満足するだけでなく、今度は引手として参加させてもらうのも悪くないかも。
そして総重量は5トンにもなるのか・・・
体力を維持させておかないといかんですね。


180728-111125_R.jpg
さて、余談。
久しぶりにペダルを変更しました。

シマノのSPDペダル、ロード版の最高峰、『PD-ES600』を導入しました。

ペダルなど早々消耗するものでもないので、長らく、PD-A600を使用していましたが久しぶりの新作についつい財布のひもも緩んでしまいました。

見た目は一回り小さく、後部のケージが省略されたデザインとなったことによりコンパクトかつ、スポーティな見た目へと進化しています。

ただ、鉄製のSPDクリートでどうせ傷だらけのずたずたになるのだから、塗装はダークグレーじゃなくて、シルバーにしてほしかったな。
クランク等のコンポとの色合いは合っているからきれいな最初の内はいいんですけれどね~


180728-112709_R.jpg
でもピカピカのペダルは気分がいいですね。

この状態で、前回の記事で紹介した、グランツール南にも使用してみましたが、使用した感覚は重量も何十グラムか減っているようですが、プラシーボの範囲ですね。

なお、ケージは小さくなりましたが、シューズはソールの硬度が高い、シマノXC9 - S-PHYREであれば違和感なく使用できます。

装着についても、PD-A600同様ビンディング部分が下を向くのがデフォで変わらないので特に違和感のない使用感です。

新しいペダルで心機一転。
夏に向かって走り出すぞ!!
・・・って無理だわこの暑さ。

早くもう少し涼しくなってほしいものですね。


それでは今回はこのへんで。

サドルとシューズを巡る道【フィジーク アリオネR3 OPEN&シマノ XC7(SH-XC700) ワイドタイプ】

サイクル用品に関する童心
04 /23 2018
サドルとシューズ、これらは共に自転車と体を接続する最も重要なパーツたちですが、今回はGWを前にして、それらの更新(散財)を行いました。


180421-171216_R.jpg
まずは7年ぶりのサドル交換。
フィジーク アリオネR3 OPENです。

フィジーク初の穴空きサドルにして、久しぶりのホワイトカラーの登場に
、ついつい押さなくてもいいボタンをクリックしてしまいました。


180421-172727_R.jpg
さっそく取り付けます。
R3のほうが、手に取った感じや見た目は一見スリムに見えるのですが、現在使用しているアリオネバーサスと大きさも厚さも変わらず、シートポスト等の調整も不要のままポンつけできました。

その他、ICSにも当然対応しており、ラピッドX3テールランプやサドルバック等も変わらず使用できるので、やはり同一メーカーだと交換しても楽ですね。

でもやはり穴あきサドルの方がデザイン的にもアクセントになってカッコイイです。
バーサスは長いこと使っていても特に不満もありませんでしたがちょっとノッペリした見た目が気になっていました。

ただ、サドルのサイドにアリアンテのようなガードを付けて欲しかったな・・・
立てかけなどで傷がつくことを考えて、せめてバーサスのように丈夫な素材で作ってほしかったものです。

さて、パッドの厚みはバーサスのほうが厚い感じですが、R3にも十分な厚みのパッド量が確保されていると感じられます。
実際乗ってみたらどうなるかな?


180421-133602_R.jpg
加えてもう一つ。
シマノSPDペダル用のサイクリングシューズの上位製品
XC7(SH-XC700)もを購入してしまいました。
金が・・・

そのデザインはなんだかエナメルの靴のようなつやつやの表面ですが、見慣れると次第にかっこよく感じてきます(笑)


180421-133634_R.jpg
そのソールはミシュラン製。
ロゴが所有欲を満足させられます。


180421-133708_R.jpg
 さて、つい昨年にもビブラムソールを採用した、GIROのTerraduroを導入し、中部地方一周サイクリングや、富山-仙台サイクリングなどのロングランでも使ってみましたが、残念ながら私の足には細く、長時間の使用では足の甲の横の部分が痛くてたまらなくなり、だましだまし時に弛めて使用したりしていましたが耐えられず、勿体ないですが使用を断念し大人しくシマノのワイドタイプを使用することにします。


180421-134433_R.jpg
しかし、XC7は流石に高級品だけあってその一足の重量45サイズにしてGIROTerraduroの540グラムに対してクリート込みで380グラム。

さらに、7年前から昨年まで使用してたシマノSH-M087が450グラムですから、手にしてみても当然、足に履いては更に軽快に感じられます。

ただ、幅は同じ45なのですが、XC7のほうがSH-M087より若干広くなっているようです。強く締めないと緩いかも。
余裕が無いよりはいいけれど、もう少し締まり気味のフィッティングでもよかったな・・・

本当に理想のサドルとシューズに出会うのは難しいですね。。。


180422-104300_R.jpg
とりあえず新しい品々の感触を確かめに、まるで夏のような強烈な日差しの下、試走に出かけます。
山を見れば、僧ケ岳の雪絵もクッキリと現れており、いよいよ田んぼの季節がやってきたことを知らせていました。


180422-115007_R.jpg
さて、クリートを合わせながら進むので遅々として前進できませんでしたが、何とか新川広域農道をひた走り、黒部川を越え入善町までやってきました。

ちなみにアリオネR3はバーサスよりもパッドが薄い分、尻に軽い痛みを感じ始めましたが、これはまだ馴染んでいないからが大きいような気がします。ですが、穴空きサドルの効果か、股間の圧迫感はバーサス以上に感じず、体になじめばこれまで以上の快適なサイクリングが楽しめそうです。

また、XC7も何とかクリートの位置も定まり本格的に踏み込んでみましたが、軽さはもちろん、ソールの硬さがペダルをしっかり押さえて絶妙に踏み心地がいい。
また、GIROTerraduroと異なり、シマノのペダルPD600にシマノのシューズですからクリートの位置関係もばっちりで、久しぶりにカチカチと小気味よいビンディングの装着感を堪能することができるようになりました。
やはり同一メーカーで統一が一番無難だな。


180422-115208_R.jpg
標高150m程の明日温泉では温泉の駐車場の枝垂桜がまだ何とか持ちこたえてくれていました。
これで何とか今年も花見ができました。


180422-115517_R.jpg
そして、最近凝っている足湯めぐりへ。
駐車場そばの『ひばり野湯』に浸かっていくことにします。


180422-115622_R.jpg
ふう・・・
今回は貸し切りの足湯。
このお湯は茶色い色がついているのかな?

やや熱めのお湯にですが、気温が高いからかもしれませんね。
足がすっかりほぐれたところで次の目的地へ向かいます。


180422-121314_R.jpg
水が張られ始めた水田。
キラキラと実に美しい。


180422-130545_R.jpg
しばらく下って平野部へ進めば、昨年も訪れた入善フラワーロードが開催されています。
桜は今年は今ひとつ堪能できませんでしたので、満開のチューリップや菜の花で目を楽しませることにします。


180422-123528_R.jpg
色とりどりのチューリップが実に見事です。


180422-125921_R.jpg
歓送迎会をはじめ、世俗の儀式に付き合わされ、体力的はもとより精神的にも疲労するこの季節には、色とりどりの花々の美しさに癒されます。


180422-125758_R.jpg
そして今日はジェラートが旨い。
昨年は寒すぎてとても食べる気にならず閑古鳥な鳴いていた出店も今日は大繁盛でした。


180422-132228_R.jpg
この時期、このあたりの地区では菜の花もあちこちで植えられており、フラワーロード以外の場所でも大きな菜の花畑に出会うことができます。

フラフラ走って、かなり大きな菜の花畑に出合い、黄色い絨毯の光景にしばし心を奪われます。
いい香り・・・


180422-132322_R.jpg
暖かい太陽の下、黄色く輝く一面の花畑と、菜の花の香りに包まれていると時間を忘れてしまいそうになります。
ここは天国なのだろうか・・・(笑)


180422-134839_R.jpg
その後、現世に帰ってきたのち、帰路の途中の黒部宇奈月温泉駅でGWに使用するJRの切符を受け取ってきました。
富山は、新幹線が来たのはいいのですが、在来線がすべて3セク化してしまい、JRの切符を受け取るには富山駅か新高岡駅、黒部宇奈月温泉駅しかないという何とも不便なことになってしまいました。

まあ電車で県外に出ることなんて殆どないから滅多にない手間ではあるんですけれどね。。。

・・・帰宅後。
今日は本当に暑く、半日ほどのサイクリングでしたが日焼けで腕や足が真っ赤になってしまいました。
痛い・・・風呂で腕を洗えない・・・
まあ、これからのサイクリングシーズンに備えて早めに慣れておいたと思っておくか。


それでは今回はこのへんで。

工作の時間です

サイクル用品に関する童心
12 /17 2017
12月も3週目
雨は深夜から雪に変わり、朝起きてみれば景色はすっかり雪景色へと変化していました。


171217-161226_R.jpg
昔に比べれば随分雪も少なくなったけれど、歳を取った分寒さに対する耐性が低下して来ていますので冬の辛さはどっこいどっこいの様な気がします。

さて、そんな週末、断続的に雪も降り外に出ることもできないのでチマチマと工作に励むことにします。


171214-184049_R.jpg
まずは自転車に取りつけていた時計が壊れました。
私の使用しているサイコンのキャッツアイCC-AT200Wは、走行距離などの実用的なページと時計が同時に表示されないため、別途2,000円程度のアナログ式時計をベルクロテープで固定して取り付けていました。

が、最近は一時間で5分以上遅れ、電池を変えてみれば次は5分以上早くなる状態になってしまいました・・・

これは壊れちゃったな。。。
Gショックぽいデザインがかっこよく気に入っていたのですが・・・
2年半ほど使っていましたが、おそらくベルクロテープで車体に直付けでしたので、路面からの振動でいかれてしまったのではないだろうか?


171214-184207_R.jpg
そんなわけで自転車用時計作成第二弾。
今回も2,000円ほどの安価なものですが、デジタルかつ電波式の時計に変更します。

安価な電池併用式ソーラー&電波時計も出回っていますが、実際自転車に着けて走るんでしたら電波式の機能のほうが嬉しいですね。
電池交換なんか簡単ですし、価格も電波式のみのほうが安いのでお勧めです。


171214-184244_R.jpg
裏面とアタッチメントの接合部にはプラスチック製の強力なマジックテープを接着してハードな走行でも安心して使用できる状態にしています。

また、自転車からの振動が予想以上に激しいことを考慮して、取り付け用のアタッチメントには既製品のD型と平スポンジ材切り貼りしてクッションとし、衝撃吸収性を高めることとします。



171214-215119_R.jpg
また、実際に装着する際にも再度D型のスポンジに切れ目を入れて重ね合わせて、フィット感の向上と、更なる衝撃吸収性を高めることとします。


171214-214745_R.jpg
でこんな感じ。
ちょっと時計が大きい気もしますが、まあ慣れるでしょう。

コクピット感が増してよい感じです。
また、デジタルのほうがアナログよりも瞬間的に時刻を認識できるので安全性の向上にも寄与するでしょうね。


171214-215943_R.jpg
側面からみると結構浮きあがってしまいますが、まあ許容範囲かな。
そもそも浮いていないと衝撃がまた時計本体に伝わってしまう。


171214-220438_R.jpg
なお、アタッチメントに使用するベルクロは、写真のとおり。
トピークのサドルバックに縫い付けてあるシートポストに固定する用の物を取り外して流用しました。

Sサイズくらいのサドルバックであれば、無くても全然平気ですし、100均のベルクロなどよりも遥かに作りが良いです。

流石トピークですね。
でもまさかこんな使われ方をするとは思ってもいないでしょうが(笑)


171214-215542_R.jpg
なお、D字型スポンジに切れ目を入れることにより、ステムやハンドルバーなど、あらゆるところに装着することが可能となっております。

とりあえずはこれで時計の問題は解決です!!
春になって走り出すのが楽しみだなぁ~
・・
・・・
・・・・
・・・・・
ってまだ問題があるの?


171216-110318_R.jpg
お次はキャッツアイのラピッド エックス3
新しく、充電式フラッシングライトが欲しくて購入したものです。
が、製品の性能そのものには全く不満はありませんが、問題は最近主流のラバーバンド式の取り付けです。


171216-113451_R.jpg
既製品のラバーバンドは、細くて頼りなくまた取り付けようと思ったら全然長さが足りん・・・
なんじゃこれは、ふざけてるのか。

こんな長さでどこに付けようというのか?
テールランプならば無理やりリアステーなどの細いパイプに付くのかもしれませんが、実際フロントのどこに付けることを想定して、このバンドを付属させているのか?

開発者は実際に自転車に付けてみたのか?
キャッツアイの製品とは思えない不親切さです。


171216-110415_R.jpg
仕方ない・・・
ホームセンターで大きめのサイズのパッキン用のラバーバンドを購入してきました。

いろいろな場所に取り付けられるように、49.7mmと、74.6mm、89.6mmを準備しておくことにします。


171216-110610_R.jpg
しかし、パッキンとして売られているバンドは、直径49.7mmまでは太さ3.5mmとほぼラピッドX3に付属のバンドと同程度の太さでしたが、この直径を超えると一気に太さが増して5.7mmになってしまいます。

実際取り付けようとしても、太すぎて全く入りません。。。
さてどうしようか・・・


171216-110550_R.jpg
もう斬るしかない!!
養生テープで固定して、カッターでこそぎ取るようにパッキンの両サイドを削っていきます。


171216-111758_R.jpg
こんな感じで両面とも。

何個もやっているうちにだんだん上手くなってきました(笑)


171216-111521_R.jpg
んでこんな感じ。
なんとか固定用の溝にスッポリ収まるまでに削り取ることができました。


171216-113618_R.jpg
取り付けてみれば見事に太いカーボンのフロントフォークにも巻きつけて取り付ることができました。

ちょっとバンドが目立つのと、削ったことによる強度の低下が心配ですが、そもそも太さが5.7mmまで拡大していたものを細くしただけで、純正のラバーバンドよりはるかにシッカリとした装着感があって安心できます。

とりあえずはこれで今度こそ(笑)
時計の問題も、フラッシングライトの問題も解決です!!
春になって走り出すのが楽しみだなぁ~


それでは今回はこのへんで。

超散財【アルテグラ6800&レーシングゼロC17】を購入

サイクル用品に関する童心
10 /08 2017
巷ではアルテグラも8000系が発売されて話題になっていますが、旧タイプの6800が様々なサイトで特売されているのを見かけ、勢いよく購入してしまいました(笑)


171007-133135_R.jpg
注文してから一週間で到着、早いなぁ。
購入先はウィ-グルで。

濃いグレーが締まって見えます。8000系のデザインよりはまだこっちのほうが好みですね。

また、特に現在使用している6700系のアルテグラに不満もなかったのですが、愛車のCLX2.0を購入してからはや丸7年が経過し、そろそろ新車もどうかな・・・。

と、いう気持ちでいたのですが、8000系になっても素人目に特筆すべき進化は無いようですし、次のモデルチェンジでの、おそらくは12速化まで待ってもいいかなという気持ちになりました。

12速になれば、様々な規格の変更も現れるかもしれませんしね。
あと数年は11速が継続ですから、この際11速を導入して、CLX2.0をリニューアルして延命を図ることにします。

でも、電動化などは興味が湧きませんね・・・
自転車は、自分のような素人が、時には失敗しながらもいじり倒せるからこそ面白い。
自分で手が出せないパーツや、不測の事態に対応できないような装置は増やしたくないですね。


171007-133148_R.jpg
そして、ちょっとだけ今までから変更。
クランク長を172.5mmに変更してみます。

私はどうもケイデンスで走るのが苦手で、あまり上手に回せずに力で踏む傾向なので、であればいっそのこと、どのくらい差があるのかわかりませんが、長いクランクを使ってみるのもありかなと。

まあ今更ですけどね。


171007-133304_R.jpg
170mmのクランク並べてみると、やはりちょっと長いですね。

実際の換装は、今シーズンが終わって冬になってからのんびりやろうと思っているので体験できるのは来年からのつもりですが、使ってみるのが楽しみです。


171007-131240_R.jpg
・・・そしてなぜか一緒に購入してしまったレーシングゼロ。
価格保証システムを使って8万を切る価格になったらついついお得な気がして合わせて購入してしまった・・・

支払い・・・大丈夫なのか・・・(冷汗)

まあ、現在使用しているレーシングゼロも、CLX2.0と同い年で早7年目であり、そろそろ新調したいな~とは思っていたんですよね。
他のメーカーも試してみたい気持ちもありましたが、整備にも慣れて楽ですし、また私はウエイトもあるので剛性に定評のあるゼロで良いかなと。

また、レーシングゼロもなんだかいろんな種類が増えましたが、スタンダードなゼロが一番ですね。


171007-132131_R.jpg
そしてレーシングゼロC17となって、リムの幅が2mm広がって25Cのタイヤが標準仕様になるのだとのこと。

新旧並べてみると、なるほど。。。確かに少し広い。


171007-132651_R.jpg
一応23cも使用は可能なようです。
ためしに新旧並べてみますが、ほとんど違いが判りませんね・・・

実際走ってみないと、そして25Cを装着してみないと感想も何も無いな。

とりあえずこちらはその気になればすぐに交換可能かな?
でもお金がないのでしばらくは23Cを使うことにしましょう(笑)

そんなこんなで散財の挙句のCLX.2.0のリニューアル計画がいきなり開始されました。
全て入れ替え完了となるのが楽しみです。


それでは今回はこのへんで

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書