フィジーク ICSブリンクライトを装着しました

その他に関する童心
02 /25 2012
 大分季節も春めいてきた気がします。もう少ししたらサイクリングシーズンが訪れそうな今日この頃です。
 徐々に、ブログの内容もバイク関係の内容へとシフトしていく予定です。

 さて、今回はささやかに更新です。

 散財シリーズとして、フィジークのサドルにワンタッチで装着可能というテールランプを購入してみました。
 サドルバックに直接装着するような、某メーカーの製品はたくさんありますが、サドルに直接装着してしまえるというのはすっきりして、見た目重視の私にとってはなかなかの魅力でした。

IMG_2472.jpg>
 見た目はあっっさりしていますが、よく見るとけっこうボッテリしています。


IMG_1390.jpg
なお、このテールランプを装着するときは、当然同じICSシステムを利用して装着している上の写真のようなフィジーク純正サドルバックは取り外す必要があります。

IMG_2478.jpg
さてと取り合えず装着。
う~ん。サドルバックの際もそうでしたが、もっとツライチな感じでサドルと一体化したようなフォルムになるのかと思いましたがかなりとって着けました感が漂っています。

IMG_2480.jpg
 リアビュー。
 サイドビューと同様ですね。何だかポッコリしています。純正品であればもう少し装着後のデザインにも気を使って欲しい所です。

IMG_2476.jpg
 とりあえず点灯してみます。
 スイッチは発行部分自体を押すことによって、点灯、点滅への切り替えが可能、。明るさははっきり言って暗いです。
 まあ、実用に問題はないでしょうが、キャッツアイなどのライトメーカーの提供する製品との明るさは比較にはならないですね。まあ値段も定価で1,500円程度のものだから、こんなものなのかな・・・

 まあ、明るすぎないのでかえって、日中の集団走行の際などでは、後ろの人がまぶしくないのでいいのではないかと思います。

IMG_2474.jpg
 消灯時。なんだかUFOみたいですね。
 
 明るさや、純正品としての一体感にはやや不満が残りますが、コストパフォーマンスや使い勝手、デザインなどはまあ及第点でしょうか。
 純正のサドルバックも質感や、デザイン、一体感など、同じようなことろが気になっていたのでICSシステムは空白にしておくか、このテールランプでも着けておいて、サドルバックは気に入ったものを装着するというのがいいかもしれませんね。

 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

30年前の新聞が出てきました

その他に関する童心
02 /05 2012
 現在私の住む家は築30年を超えております。
 
 小さいころから慣れ親しんだ我が家ですが、いよいよ私の娘も小学校入学の年となり、娘の勉強部屋を用意してあげるために、倉庫同然であった和室を洋室へリフォームしようと畳を引っぺがしたところ、懐かしいものを発見しました。


 IMG_2169.jpg
 昭和55年の読売新聞です。当時我が家は読売だったのか・・・

 なつかし~。我が家が新築当時の年度のものですね。ほかの部屋は長い年月の間にリフォームしたり、フローリングにしたりと、手を加えて変わっていったのですが、この2階の和室に至っては畳をはがすこともほとんどしなかったため、当時のままの状態で残っていたようです。
 

 IMG_2168.jpg
 水曜ロードショー懐かし~。
 幸せの黄色いハンカチか~。そういえば最近阿部寛さんでリメイクされてたなぁ。

 最近はゴールデンタイムに映画番組がほとんどなくってさびしい限りです。くだらないバラエティやしょうもないマンガのドラマばかり量産していないで、70年、80年代の洋画をジャンジャン流してほしいです。日曜映画劇場が最後の砦。
 
 あまりにもテレビがつまらないと、ますますネット依存が強まってしまいます。
 
 
IMG_2165.jpg
 さて、宝くじの広告ですね。落書きがあるのはご愛嬌。

 一等前後賞の賞金が5億円に達しようかというこの頃、30年前当時は3,000万円でしかなかったようです。
 このころの物価って、どんな感じだったのでしょうね。

 私が宝くじの賞金について理解し、認識し始めたころは6,000万円だったような。
 そのころと今って、そんなにお金の価値って違ってたかな?ジャンプは170円だったが・・・

 やはり、その当時から働いてないと、物価なんて理解できないものなのかもしれませんね。
 

IMG_2153.jpg
 夢あふれる記事。これは昭和55年の4月6日(月)
 北陸自動車道が名神高速道と、福井県敦賀あたりでつながった時のようですね。

 似たような紙面をつい数年前、東海北陸自動車道が全線開通した時にも見たような気がします。


IMG_2163.jpg
 とはいえ、30年前の当時、北陸自動車道は富山市までしかつながっておらず、現在のように新潟県までつながったのはもっと後の話。
 言われてみれば、私が子供の頃は、高速道路の工事がそこかしこで行われていた記憶があります。

 しかも、北陸自動車道が、全線2車線になったのですら私が車の免許を取ってから何年か経ってからだったような気がします。
  
 現在でも、富山から他の県へ行くときは、山越え&何十本ものトンネル越えを強要されていることを考えれば、当時、富山県から他の県まで行くときは相当苦労があったはずです。高速道路ができたことは地域の人の生活を大きく変えたことでしょう。


IMG_2164.jpg
 今いろいろ話題の原子力発電所。
 これは今でいう能登半島の、志賀原発についてでしょう。珠洲市か志賀町かで検討されていたようです。

 当時も今も、原発は大きな話題を提供していたようです。


IMG_2139.jpg
 そんな、部屋の床下からは、昭和56年8月16日(日)の終戦記念日の新聞も収まっていました。タイミングよく入ってるなぁ。
 

IMG_2175.jpg
 そのほかにもいろいろみていると面白い記事がたくさん。

 三浦友和、山口百恵、婚約記念スペシャルだそうです。当時は相当な大スターだったのでしょうが、私の年齢ではさっぱり記憶にありませんね。盛り上がっていたのでしょうね。

 三浦さんといえば、最近はレイルウェイズに出演されていましたね。うちの60オーバーのばあ様たちが見てきて感動してきたようです。

IMG_2161.jpg
 古手川祐子さん。若い!!

IMG_2173.jpg
 プレイボーイ。誰だキャティって?
 ググってみると、当時の有名なグラビアアイドルのようです。

IMG_2162.jpg
 そして家電。
 あったわ~こういう掃除機。
 ちなみにうちにあったのは真っ赤で二つに割れるやつでした。

IMG_2159.jpg
 またもや掃除機の広告。
 う~ん最近のおしゃれ家電にはない、いかにも掃除機って感じの掃除機です。

IMG_2172.jpg
 そして、耐久消費財の代表。自動車の広告。
 ほんとに自動車の広告はたくさん出ています。あのころは景気良かったんだろうなぁ。
 
 まずは今は亡き日産サニー。燃費ナンバーワンだったようです。当時も今もやはり大衆に受け入れられるためには燃費は重要だったようです。
 ちなみに10モード測定で、1,200㏄で15.5キロ、1,400㏄で14.5キロと書いてあります。
 排気量がやけに中途半端に感じるのはなぜなのでしょう?当時は200とか、400とかで分けるのが主流だったのでしょうか?
 

IMG_2157.jpg
 そしてこちらも燃費ナンバーワン(笑)
 こちらも今は亡き、三菱ミラージュさんです。

 2ドア、4ドア、ハッチバックとさらに当時は最先端だったのか?フルオートマチックも選択できたようです。
 さらに排気量も1,200、1,400、1,600と選べたようです。

 三菱は当時も車種設定が豊富だったようですね。もっとも今の三菱は見る影もありませんが・・・


IMG_2151.jpg
 そして日産ブルーバード。SSS-ターボの文字が。
 昭和55年=1980年ですから、これから高性能ターボの全盛時代がやってくる頃ですね。熱いなぁうらやましい。
 ターボは男のロマン。

 下のほうに小さくフェアレディZの特別仕様車の広告も出ています。


IMG_2145.jpg
 そしてマツダカペラ。当時も足のいい奴をアピールしていたようです。
 こちらも燃費アピール。1,600㏄で14.5キロ。
 さっきのサニーはなんなんだ?もう何でもいいんですね。


IMG_2141.jpg
 そして野球。

 記事は昭和56年8月16日(日)
 現在の巨人の原監督が、現役時の記事ですね。一試合で連続アーチを描いたとのこと。なんとも景気の良い記事です。


IMG_2133.jpg
 そしてこちらは、昭和55年4月9日(水)
 現在、横浜(今はDeNAか?)監督の中畑氏が現役時のものですね。

 写真は笑っていますが、2ランも実らず敗北したようです。


IMG_2149.jpg
 そしてこちらは、昭和55年4月16日(水)1980年。

 現ソフトバンクの王会長が現役最後の年のものですね。この日に4号ホームランを放ったそうです。
 1980年当時、まだ30歳くらいだったのでしょうし、もう少し続けてほしかったなぁ。

 30年前の30代と、いまの30代ではやはり環境が違うのだろうけど・・・


IMG_2142.jpg
 野球つながり。ライパチ君(笑)昭和56年5月4日の新聞
 毎週日曜日の楽しみでした。
 でも、当時は私も小さかったから正直どんな話だったのかよく知らないんですけれどね(笑)


 と、言った感じで部屋の片づけをしている途中にこんなお宝を発見したため、そのあと先に進まなくなってしまいました。昔の新聞を見つけたりすると、ついつい読みふけってしまいますよね。

 

IMG_2176.jpg
 ・・・その後、何とかリフォーム前の部屋の片づけを終えたときには、辺りは真っ暗になっていました。

 ほとんど物置につかっていたため、さしたる思い出もないはずの部屋でしたが、こうしてすべてを片づけて見てみるとびっくりするほど広かったんだなぁ・・・あの壁、あの窓、あの天井。すべて変わってしまうのです。

 父が我が家を新築したとき、喜び勇んで家の中を駆け回って探検した懐かしい幼いころの自分の姿が、畳を引っぺがした下の、新築当時の新聞と共によみがえってきたような気がしてきます。

 現在は、娘の部屋として生まれ変わったこの部屋には、今後娘と共にたくさんの思い出を吸収していって、いつまでも忘れられない、かけがえのない部屋になっていってほしいと思います。


それでは今回はこのへんで

OKI

FC2ブログへようこそ!