【負釣山】山頂へ行ってきました! 『サイクルトレイン&トレッキングの旅』

その他の山々
11 /24 2013
 11月も末に差し掛かり、平野でも朝晩の冷え込みが厳しくなった頃ですが、今週末は久方ぶりに天気の良い土日に恵まれました。

 ・・・となればいつもの様に、どこかへ行きたくてしょうがないわが身ですが、もうすぐ平地にも雪が降ることでしょうし、久しぶりに自転車にも乗っておきたいし、前回のように白銀に彩られた綺麗な山へも見に行きたい。
 だけれども、今年最後の晴天の週末かもしれないし、輪行だってしておきたいぞ!!

 いやはや、したいことだらけだ(笑)

 悩んだ結果、今回はちょっと変わった趣向で楽しんでみました。

 まずは、富山県東部を中心にを走る県内最大の私鉄、『富山地方鉄道』が実行している土日祝日の『サイクルトレイン』を利用して、黒部市旧宇奈月町の『愛本駅』までを輪行したのち、駅から登山口までをサイクリングした後登山に移り、富山県東部の入善町最高峰、標高959.3mの【負釣山(おいつるしやま)】山頂を目指すこととしました。


PB230949.jpg
 早朝、RX2カスタムに登山靴をくくりつけて、登山セットも準備完了の上で富山地方鉄道、通称『地鉄』に乗り込みます。

 地鉄は、富山市から東は『宇奈月温泉』、そして南は北アルプスの玄関口である『立山駅』までの富山県東部方面を網羅する地方鉄道ですが、土日祝日はなんとヨーロッパの電車のように、自転車を分解せずともそのまま持ち込むことが認められています。

 地鉄自体の運行範囲が狭いので、ロードでのサイクリングにはあまり有用性がありませんが、足の遅いクロスバイクで荷物を持っての移動であれば、目的地さえ合えば実に有効に活用することが出来るシステムです。


PB230956.jpg
【8時50分】
 一時間ほど電車に揺られて、愛本駅に降り立ちました。
 
 ここまで連れてきてもらった『かぼちゃ』カラーの電車に別れを告げます。


PB230958.jpg
 愛本駅は、かつての市町村合併前の宇奈月町の役場真正面の駅ですが、いまはひっそりとした無人駅となっております。

 時代の流れか・・・

 地鉄の駅は、私が子供のころは有人駅も多くありましたが、今となっては大半が無人駅となっております。


PB230959.jpg
【9時】
 レトロな駅前で出発の準備を整え、およそ7.5キロ先の【負釣山】登山道入り口を目指します。



 そんな今回のルートの一部。

 黒部市宇奈月町の愛本駅から、入善町にある『負釣山登山口』まで道程にしておよそ7.4キロ、標高差250メートルをまずは自転車で進みます。


PB230960.jpg
 愛本駅正面には、かつての宇奈月町役場の跡地が。

 かつてはここも町の中心部として賑わっていたのでしょうね・・・


PB230961.jpg
 走り始めて直ぐに、黒部川にかかる赤く美しいアーチが特徴的な『愛本橋』を渡ることになります。


PB230962.jpg
 黒部川が作り出した峡谷にかかるこの愛本橋は渡ってよし、眺めて良しの中々の道のりですが、この朝は逆光がひどくまともな写真が撮れなかったので先へと進みます。
 

PB230969.jpg
 橋を渡ってすぐの民家間近の道の脇でかなり大きいサルに出会います。
 
 近すぎてちょっと怖いな。。。

 でも山もすぐ傍ですし、この辺りでは珍しい光景ではないのだろうなぁ。


PB230970.jpg
 県道13号線を入善町方面へと進み、バーデン明日の大きな看板と、道路標識を右折します。


PB230971.jpg
 右折するとすぐに、広い片側1車線の道の向こうに目的地である『負釣山』が正面に見えてきます。


PB230977.jpg
 道はしばらくして直ぐに人気のない1車線の林道へと姿を変えて行きます。

 沢沿いの道を少し走れば林道の途中には森に囲まれた神秘的な趣きの有る『山神社』といった神社前を通り過ぎます。


PB230979.jpg
 余談ですが、この林道まさに電柱ごとと言っていいくらいの間隔でクマ出没注意の張り紙が・・・

 嫌だなぁ・・・こういうのがあるから自転車での登山アプローチは気が抜けません。


PB230980.jpg
 そして看板に従って左折。

 ここからは少し登りがきつくなっていきます。


PB230981.jpg
 より深くなった森林に加えて、沢沿いの舗装された林道を登って行きます。

 実に良い森林浴を楽しめる道程です。


PB230983.jpg
 そしてしばらく進んで林道奥中野線の案内の標識で道なりに右折します。


PB230985.jpg
【9時45分】
 右折後すぐに登山道への駐車場へと到着します。

 10台近くは停められそうな駐車スペースと、簡易トイレにベンチやテーブルなども設置されており、人気の登山道であることが伺えます。


PB230988.jpg
 登山道の案内看板。

 山頂まで2.6キロ、2時間との事。
 標高も千メートルに満たない低山であり、実に手頃な登山が楽しめそうです。


PB230990.jpg
 自転車をデポし、サイクリングモードから登山モードへの準備も終えました。

 まずは登山道入り口までの数百メートルほどの未舗装路を歩きます。



PB230993.jpg
【10時】
 電車、自転車と乗り継いで、ようやく『負釣山』登山道入り口へと到着しました。
 
 道には紅葉した落ち葉が堆積しており秋が過ぎて冬が訪れ始めていることを感じさせられます。

 長い道のりでしたが、ようやく登山開始です。


PB230995.jpg
 よく整備された階段状の登山道。

 登山道は全体的によく整備された歩きやすい道程ですが、比較的急登が多いため歩きごたえがあります。


PB230998.jpg
 そして登山道には大量のドングリがばらまかれています。

 冬眠前のクマさんが喜んで食べているのでしょうね・・・
 

PB231000.jpg
【10時7分】
 1合目の標識にたどり着きました。

 この負釣山の登山道には、1合目から9合目までしっかりとこのような標識が備え付けられており安心して歩くことが出来ます。

 急登の多い登山道でしたが、この後も順調に高度を稼ぎ、

【10時15分】
 2合目

【10時23分】
 3合目(頂上まで1.8キロ)

 と進んで行きます。


PB231007.jpg
【10時30分】
 4合目を過ぎてすぐに三角点の置かれたちょっとした平地があり、そこは平野部に向かって木々が切り開かれており、黒部川扇状地及び富山湾が美しく広がっている姿を見ることが出来ました。

 なお、小さい山ですが、その分サクサクと山頂へ向かって進行して行く過程が楽しめて、これはこれで面白いものです。


PB231013.jpg
 そして登山道から垣間見える周囲の紅葉した低山達と、白く染まり始めた周囲の千メートル前後の山々達の姿。

 実に美しい。
 
 この先、山頂付近へと進めば2千メートルを超える立山連峰の展望も広がるはずであり、実に楽しみです。

 その後も快調に歩を進めて・・・

【10時37分】
 5合目(山頂まで1.3キロ)

【10時47分】
 6合目


PB231025.jpg
 なお、6合目にたどり着いたあたりから稜線がやや狭くなり始め、さらに傾斜が厳しくなり、時に縄場なども見られるようになります。

 さらにはその周囲にチラホラと雪が見られるようになりました。


PB231026.jpg
【11時】
 7合目に到着。
 
 ここまで来ると、完全に登山道は雪に覆われています。

 やはり高所は雪が有るんだなぁ・・・

 この7合目はベンチなどが整備され、山方面や、平野がよく見渡せる中々の休憩場所となっております。

 その後もより深くなる雪と、強くなる傾斜に苦しめられつつも山頂を目指して先へと進みます。


【11時7分】
 8合目(山頂まで0.5キロ)


PB231034.jpg
【11時11分】
 9合目を過ぎます。

 途中でなんだか爪の有る大きな足跡も発見しました。。。クマにしては小さいし、ちょっと形が違う気がする。
 何かの動物の通り道になっているのか?


PB231038.jpg
 しかしここまでくれば、山頂は目と鼻の先。

 気合を入れて登り続けます。

 しかし、さらに強まる傾斜に加えて、30センチは有る積雪に加えて、縄場も有る急登により足を取られて思うように先へ進めないといった、苦しい進軍を余儀なくされます。

 更にはスパッツを履いてない靴からは、冷たい雪が足首に侵入して来たりと想像以上の苦しい状態でした。


PB231041.jpg
 ようやく山頂が見えました・・・

 コンパクトな山ですが、中々に盛りだくさんで楽しめる行程でしたね。


PB231042.jpg
【11時20分】
 登山開始より1時間20分。

 標高959.3メートルの負釣山山頂へとたどり着きました。

 いやあ爽快。 
 

PB231043.jpg
 そして、雲がやや多いながらも冬の快晴の為、遥か後立山方面までが見渡せる美しい風景が拡がっています。

 これが見たくてわざわざ電車に乗ってまでここへ来たというものです。


PB231048.jpg
 まずは山頂から後立山方面を眺めて左手側から眺めていくと、最も近く大きく見えるのが白銀に輝く『朝日岳』

 美しい・・・


PB231065.jpg
 そして雲の間からかろうじて顔を覗かせてくれた『白馬岳』方面


PB231062.jpg
 さらに遠くなって、『五竜岳』、『鹿島槍ヶ岳』方面

 ちょっと遠すぎて良くわからないですね。

 
PB231054.jpg
 そして『剱岳』

 この角度から見るのは初めてですが、また違った顔を見せてくれています。 


PB231053.jpg
 そして近くなってきて『毛勝山』、『駒ヶ岳』方面。


PB231060.jpg
 そして『僧ヶ岳』

 負釣山自体がさほど山深くないことも有り、ちょっと遠いですけれども各種名山が一望にできる中々に良い場所です。

 欲を言えば、もう少し山頂付近の木々を伐採出来たらもっと素晴らしい光景が広がるのでしょうけれどね。


PB231049.jpg
 そして、山頂からは山ばかりではなく、黒部川が作り出した『黒部川扇状地』をも一望することが出来ます。

 いやあこれも綺麗だ。。。

 
PB231061.jpg
 さて、登頂した時点でお昼近くであり、ささやかながら昼食を摂ります。

 他の登山者の方と楽しく談笑などしつつ、バーナーを雪で埋めて囲炉裏を作りながら、定番のカップラーメンと湯煎で食べる肉団子を腹いっぱいになるまで詰め込みます。

 が、苦しい・・・食料を持ってき過ぎた。
 この程度の道のりでは大してお腹も減らないし、もっと少なくてもいいな・・・

 苦しみつつも自分の弁当を食べ切りましたが、山頂で出会った奥様グループにおすそ分けなどを頂き、さらに苦しい腹具合となったのでした(笑)


PB231075.jpg
【12時20分】
 たっぷり1時間山頂でくつろいだ後、下山を開始します。

 いやあ何だかハイキングに来たみたいだったな。

 たまにはこういう和気あいあいとしたのもいいですね。

 
PB231079.jpg
 下りの登山道は、登りに比べて周囲の風景をより楽しむ余裕が出てきます。

 ブナの木に囲まれた回廊のような尾根沿いの登山道。

 こういった風景はとても好きですね。


PB231082.jpg
 山頂からかなり下ればそこはまだ雪ではなく、紅葉の世界。

 色とりどりの木々によって作り上げられた山の鮮やかさが目にまぶしいです。


PB231085.jpg
【13時20分】
 下山完了。

 千メートルに満たない低山でしたが、手頃な登山道や、山頂での多くの見所があり中々に良い山でした。
 
 しばらくベンチで余韻に浸りながら休憩などしつつ、のんびりと帰り支度を行い、やんわりと帰路に着きます。


PB231089.jpg
 帰り道の林道。

 改めて渓流沿いの森林の登山道を眺めてみれば、実に良い雰囲気のある道であることが再確認できます。


PB231090.jpg
 バーデン明日を越え、県道13号線付近へとたどりつけば、今日歩いた負釣山と、その登山道の稜線がはっきりと見て取れます。

 ああ・・・あそこを歩いてきたんだなぁ・・・。

 こうやって、自分の歩いた山頂を下界から眺めるのもまた良いものです。


PB231093.jpg
 そして来た道を戻って、早朝に渡った『愛本橋』へ。

 この時間ともなれば逆光にも襲われず、宇奈月温泉方面の黒部川の峡谷と、山々の美しさを橋の上から眺めることが出来るようになっています。

 さて、まだまだ体力も有るし、帰りは自走で帰ろうかな。

 早朝にここまでクロスバイクで来るのは、早起きもしなくてはならず、やや面倒で辛い道程ですが、下り基調の帰路であれば楽しいサイクリングです。

 
PB231095.jpg
 そのまま富山地方鉄道沿いに下って行けば、現在建設中で平成27年に開通予定の北陸新幹線黒部駅舎が急ピッチで建設されていました。

 周囲に大きな建物も何もない場所なのですが、ここだけ異様に飾り立てられているようで違和感が有りますね。
 
 こんな不便な場所にある駅なんか使う人いるのかな?よほど大きな無料駐車場でも有れば考えないでもないですが。


PB231098.jpg
【15時20分】
 日も次第に暮れかかってきたころ、たっぷり下山口から20キロ程走って、魚津市の蜃気楼ロードの海岸線にたどり着きました。

 いやあ海がまぶしい。今日の冒険の最後に相応しい光景です。

 やはり山も良いけれど、海も良いですね。標高が下がったことも有ってか、かなり暖かくなりウインドブレーカーを脱がないと暑くて走っていられません。

 今日は雪山から海岸線までといった、まるで富山の縮図を体感したかのような楽しい一日を過ごすことが出来ました。

 富山地方鉄道を利用した輪行袋のいらない、サイクルトレインを利用した移動方法は、行動範囲がやや狭いながらも工夫次第では色々な楽しみ方が出来る予感を感じさせるものでした。

 電車を使って移動するだけで楽しさが倍増するのが自転車での不思議なところですね。

 これからは一層冬が深まっていきますが、まだ幾つかサイクルトレインを利用して行ってみたい場所が有りますので、次のチャンスが訪れるのを心待ちにすることにしましょう。


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

中山山頂より、白銀の剱岳を仰ぐ!!

その他の山々
11 /17 2013
 今日は久方ぶりの、休みと晴天が重なる幸運な一日でした。

 この秋も殆ど思ったような活動が出来ず、11月初頭に予定していた鍬崎山にも行けず悶々とした生活を送っていましたが、尚の事、今日のこの晴天を逃すわけには参りませんね。

 しかし肝心の目的地ですが、11月も半ばとなり雪は、北アルプスはもとより、2,000メートル以下の山々をも白く染め上げ始めています。

 ある程度歩きたいし、雪山も見たい。。。
 となればあまり選択肢も無いな・・・

 雪化粧を施された剱岳への展望台。今年2度目の【中山】へ向って出発することにしました。


 PB170951.jpg
【8時半】
 馬場島に向かって車を走らせる途中の伊折橋から早月川の流れの先に見える剱岳。

 平地から見たときはやや霞ががっていましたが、ここまで近づくと青々とした空に輝く白銀の山々がはっきりと見て取れます。


PB170956.jpg
 伊折の集落も越え、馬場島へのゲートも無事に通り過ぎます。

 このゲートが冬季閉鎖されるまであと少しですね。
 今日の晴天が最後のチャンスだったかもしれません。 

 なお、路面に雪が無いかと心配していましたが、幸い今日は積雪も凍結も無く快適に馬場島まで走ることが出来ました。


PB170961.jpg
【9時】
 中山登山道に到着。

 気温は10度を下回っていますが、風も無く登り始めるとすぐに暑くなり、最終的に長袖Tシャツとアンダーシャツのみで登ることが出来ました。


PB170963.jpg
 今日の駐車場は満車。

 この後も続々と人が登ってきて、2・30人位の登山者の方々と出会った日でした。

 やはり初冬の快晴の日に剱岳を眺めに行きたいと考えたのでしょうね。
 思うところはみな同じなのですね。 


PB170965.jpg
 冬らしく、日陰の登山道には雪がちらほら。

 久しぶりの森の匂いが薫る山道は気持ちがいいです。


PB170966.jpg
 序盤、視界が開ける部分があり早月尾根が一望できます。

 こうしてみると本当に長い尾根だなぁ。
 
 赤谷山や、大猫山方面へと向かうブナクラ取水堰は早月尾根に隠れて見えませんでした。

 来年あたり行ってみたいので、帰りにちょっと見に行ってみようかな。
  

PB170969.jpg
 そして中山と言えば巨大な立山杉の宝庫です。

 悠久の時を生きる巨大杉たちは、相変わらず登山道脇に佇んでいます。


PB170973.jpg
 次第に標高を上げて、1,000メートルを超えると日陰の雪たちは凍り付いて半分氷となっており、登山靴で軽く蹴りこんだくらいでは喰い込まなくなってきました。

 傾斜も無いので今のところはどうということはありませんが、なるほど。これが大がかりな雪渓であればアイゼンが無いと危険かもしれませんね。


PB170976.jpg
 さらに登って、五本杉ノ平を越えます。

 中山の巨大杉達は種類も数も多く、実に見応えがあります。


PB170981.jpg
【10時15分】
 標高1,255メートル、中山の山頂へ到着です。

 すでに数名の方が山頂で休まれていましたが、この後も続々と人がやってくるのでした。

 日光が当たって実に眩しくも暖かい、最高の登山日和です。


PB170982.jpg
 白と青みがかった茶色のコントラストが美しい剱岳。


PB171008.jpg
 アップで。

 美しい・・・この世にこれ以上に美しいものが有ろうか、と言ったところです。

 ただただボケ~っと見惚れてしまいますね。


PB171007.jpg
 時折山頂から雪が舞っているのが見て取れます。

 山頂は風が強いのだろうなぁ。
 
 デジタルズームではブログ用に縮小すればそこそこ見れますが、原寸大では汚くて見るに堪えませんね。

 こういう時はコンデジではなく、一眼レフなどで撮影出来たらなぁと思わされます。
 

PB170985.jpg
 向って右手側を見れば剱御前。


 PB171010.jpg
 そして左手側には荒々しい北方稜線。

 マッチ箱ピークの四角形が青空と白い雪のせいでよりくっきりと見えて美しい。。。


PB171004.jpg
 恐ろしいほどの傾斜で喰いこみを見せる大窓。


PB171012.jpg
 池ノ平山と赤谷山。


PB171000.jpg
 赤谷山と猫又山の登山道であるブナクラ谷。

 今度は、ここも通ってみたいものです。


PB171001.jpg
 大猫山、猫又山方面。
 紅葉の季節に行ってみたかったのですが、残念ながら天候に恵まれませんでしたね。 

 いやぁ。どこを切り取っても素晴らしく美しい。来てよかった。


PB171006.jpg
 その後はどんどんと増えてくる登山者を横目に遅い朝食のカップラーメンを食べ腹ごしらえの後、食後のコーヒーと洒落こみます。

 『剱岳に乾杯』

PB171017.jpg
 その後は、【11時5分】に下山を開始して、多くの登山者とすれ違いつつも再び早月尾根を一望できる見晴らし台へ。

 往路よりも日差しが高くなったせいがよりくっきりと全体像を見通せるようになっていました。
 実に綺麗な道のりです。また来年にでもこの道から剱岳へと向かいたいものです。

 う~ん行きたいところだらけだね。とても休みと体と晴天が足りない(笑)


PB171024.jpg
【11時50分】
 下山完了。

 お昼近くになりやや雲が出てきましたが、今もなお剱岳はその全容を見せてくれます。
 
 これからは素人を寄せ付けない厳しい冬がやってくるため、雪山に近づかない自分にとっては今年最後の登山になるかもしれない中山登山道でしたが、実に内容の濃い、良い一日でした。

 冬が来て、そして次の夏山登山シーズンがやって来たら、今年の不完全燃焼感からくる残エネルギーを思いっきり叩きつけて登ってやりたいと思います。


 それでは今回は・・・

 と思いきや、まだ午前中で時間の余裕がある為、ちょっと寄り道していつかは登ってみたい猫又山、赤谷山、池ノ平山方面の登山口である白萩側の上流にあるブナクラ取水堰を確認しに行く事にしました。

 と、言うわけで以下本日の蛇足、【ブナクラ取水堰を見に行こう!!】です。


PB171025.jpg
【12時5分】
 馬場島荘を越えてすぐに左折することによりブナクラ方面へと分岐しますが、今日はゲートが閉まっており、以後は徒歩で進む必要がありました。

 意外なことに駐車スペースに、車は一台も停まっておらず、今日こちら方面へと進んでいる人は、一人もいないということなのでしょうね・・・ちょっとさびしい。


PB171026.jpg
 コンクリ舗装された道のりを一人トボトボと歩きます。

 中山方面の賑やかさが嘘のように静まり返っており、自分の足音以外には白萩川の流れる音と、枝から雪の落ちる音のみが聞こえて来るのみです。
 
 そして道沿いの岩々には所々にいくつもの慰霊碑が埋め込まれています。

 何というか登山と言うよりは巡礼の旅に出かけるような心境にさせられます。 

 しかし、この身に浸み込んでくるような、そこはかとない不安と孤独感を感じつつ歩む道程。
 何故か嫌いじゃないです(笑)


PB171028.jpg
 途中断崖に巨大なスズメバチの巣を発見。

 でかい・・・幸い寒いからか蜂は身を潜めているようですが、夏なんかはこの辺をウロウロしているんだろうなぁ。嫌だなぁ。
 
 さらに取水堰堤に着くまでにもう2つ大きいのを見つけました。恐ろしい・・・

 スズメバチなど絶滅してくれないかな・・・


PB171031.jpg
 想像以上に長い緩やかな登り坂の道のり。

 まだつかないのかな~?

 途中マッチ箱ピークを中心とした北方稜線が正面に現れました。
 中山から見たときよりも、見上げる角度の為、迫力があります。

 しかし道程が長い。
 今度来るときはMTB持参で来た方がよさそうだな。


PB171033.jpg
【12時35分】
 30分しっかり歩いて、ようやくブナクラ取水堰堤にたどり着いた・・・と思いきや、後でよくよく調べてみるとここは白萩川堰堤だということが判りました。

 そういえば、途中で分岐点があったっけ。
 
 ここは池の平山の登山口ですね。
 大猫山、猫又山、赤谷山方面はもう片方の方だったようです。
 
 まあ大体雰囲気は掴めたので、これはこれでいいや。

 なお、この道沿いは、あちこちで砂防工事をしているようで奥深い山の中で常に人口の香りのする不思議な道のりです。 


PB171034.jpg
 さて、どうやってこの堰堤を越えていくのかと思えば、大きなマーキングが。
 

PB171037.jpg
 ちょっと覗いて見れば、登山道らしきものの姿が見て取れました。

 わぁ・・・きつそう。

 やはりこのルートから登る山々は、どちらかと言えば玄人好みのために道も小さく荒れて、厳しそうな雰囲気が感じられます。

 いかにも山深くに入って行く。と言った空気だなぁ。

 はたして行けるんかな?でも私にとって馬場島方面はホームグラウンドでもあるので、今後も行ける山には行ってみたいですね。

 来年はこの堰堤を越えていくことも目標にしよう。


 それでは今回はこのへんで

OKI

FC2ブログへようこそ!