早月川~剱岳の大展望台 【千石城山】へ行ってきました

その他の山々
01 /26 2014
 まだまだ寒さの厳しい中ですが、いよいよ『グランフォンド富山2014』の申し込み受け付けも始まったようです。
 が、現時点ではまだ寒くあまり春にむけての活動意欲は感じられないなぁ。

 それはさておき、去る25日は、ちょっとどこか手頃な山へとへ行きたくて悶々としていた週末に、少しの晴れ間を利用して、上市町にある【千石城山】へ登ってきました。

 【千石城山】の標高は『757.3メートル』と1,000メートルにも満たない低山ですが、アクセスの良さと標高以上の見晴らしが得られる人気の山であることであり期待に胸を膨らませながら登山道へと向かいます。


P1251265.jpg
【7時20分】
  車を走らせて、上市川第2ダム先にある登山道へと向かう途中にある最後の『種』集落より今回の目的地である【千石城山】と、その左側の山間から剱岳が垣間見得ました。

 車一台も通らない、ひっそりとした静穏な空間と、冬の冷気の中で眺めるこの光景は実に神秘的です。

 うん、ちょっと雲があるけれどこれなら山頂からの眺めも良さそう!!


P1251270.jpg
【7時半】
 上市川第2ダムを越えて、カヌー競技場の少し先の千石神社前の公衆トイレ脇の駐車場に車を止めていよいよ登山開始です。

 人気の山であり、天気もまずまずの為にもっと人がいるかと思いましたが運よく私が一番乗りだったようです。

 ラッキー!もしかしたら山頂を独り占めできるかも。 



 そんな今回のルート。
 
 道路は林道上はどこまでかはわかりませんが除雪されていましたが、登山道までは雪があるキャンプ施設の中を突っ切って向かうことになります。

 なお、ルートラボでは道なりに線が引かれていますが、実際には雪の踏み跡に沿って斜面を一直線に突っ切って登っており、実際に歩いた道のりはかなり短くなってるものと思われます。

 それではスタートです。


P1251272.jpg
 雪の残るキャンプ場の中を歩きます。

 綺麗な建物が並ぶキャンプ場ですが、人気のないキャンプ場はちょっと不気味です。

 また、今日は全国的に気温の高い日であったらしく、早朝でありながら雪は柔らかくこの先の道のりが不安になります。


P1251276.jpg
 キャンプ場を抜け、森の中へ。
 やはり気温が高いようです。暑い・・・

 本来の道はかなり蛇行しているのですが、直登された踏み跡に従って歩くために迷うことはありません。


P1251277.jpg
【8時】
 登山道入り口へ到着。

 看板は雪に埋まっていますが、本来ここは舗装された林道上のはずです。


P1251279.jpg
 登山道のはじめ、再びうっそうとした杉林の中を歩いて行くと。


P1251281.jpg
 次第に傾斜は急になりますが、広葉樹が広がりだして視界が開けてきます。


P1251293.jpg
【8時半】
 稜線に出ます。

 小さい山ですが、幾つかのピークが連なり、標高以上の雰囲気のある、白い稜線を歩くことが出来るなど気持ちの良い道のりが楽しめます。


P1251296.jpg
 そして稜線に出れば時に葉の落ちた木々の間から早月川から馬場島、そして剱岳方面が見渡せたりもします。

 しかしまだ日が低く、逆光でちょっと眩しいな。 


P1251300.jpg
 眼下には、白く雪化粧された低山たちの連なりに加えて、凍り付いたダム湖の姿も見てとれます。

 山頂付近の登山道は切りたったところもあり、中々に高度感があります。


P1251329.jpg
 しかし、この日は1月後半だというのに本当に暖かい日でした。

 高所の雪も解けかかってきており、踏み跡を歩いたつもりでも簡単に足が『ごぼり』ます。

 積雪は1メートル以上はあるでしょう。

 雪を踏み抜いた足は時に付け根付近まで沈み込みます。

 体力も消耗するし、何より抜け出すのに無駄な動きをするので暑い・・・汗だくです。

 『かんじき』が欲しいな・・・


P1251299.jpg
 予想外に苦労しながらも山頂まではあと少し。
 
 高度感と、雪山の冷たく澄んだ空気を身に浴びて、至福の時間を味わいながら山頂へ進みます。


P1251303.jpg
【8時50分】
 ようやく山頂に到着です。

 まだ誰もいないようですね。やった本日の一番乗りです!!

 登り始めておよそ1時間半弱か。。。実に手頃な道のりと言えるでしょう。

 それにしてもいや~暑かった(笑)

 千石城山の山頂は平らで広々としており、半分埋まっていますがベンチやテーブルも有るようです。

 山側の木々も切り払われており、剱岳の展望が楽しめます。


P1251305.jpg
 白く染まった川原を流れる早月川から馬場島方面を一望。

 小さな『中山』とその上に聳える『剱岳』の姿がびっくりするほど近くに見えるようです。

 何だかあそこまで手が届きそうな錯覚に襲われますね。

 雪に染まった大地と言うのはどうしてこのように美しいのでしょう。


P1251308.jpg
 そして右側には『大日岳』、『奥大日岳』


P1251311.jpg
 さらに『大辻山』を中心に左右に『薬師岳』と『鍬崎山』もくっきりと見て取れます。


P1251320.jpg
 剱岳の左手には真っ白な山頂の毛勝三山の姿も。
 
 いや~何度となく見てきた山々も角度や位置を変えてみるとまた異なる景色が見えてきて、実に感慨深い。


P1251325.jpg
 しかし、やはり千石城山からの醍醐味は、剱岳の展望ですね。 

 中山から見た剱とは異なり、早月川から全体を眺めることのできるこの風景は一枚の絵画のようで圧巻です。


P1251322.jpg
 さてと・・・

 流石にまだお腹も減っていないので、持ってきたカップラーメンも食べる気にはならず、コーヒーで乾杯するのみに止めておきます。
 
 『千石城山』に乾杯!!

 昨日の天気予報では、今日は雲の多い一日になるとのことでしたが、早朝のこの時間はまだ太陽や、青空の姿も見られて素晴らしい登山時間となったのでした。


P1251328.jpg
【9時20】
 名残惜しいながらも、風景を存分に堪能したのち下山を開始します。

 それにしても今日のような良い日に誰も上がってこないものだな。。。

 と、思っていた所ですが下山中に10数名の登山者の方と続々すれ違うこととなりました。

 やはり人気の山なんだと実感です。
 
 そして大半の人はスノーシューを持っておられる。羨ましい・・・

 持っておられないからには、靴のままでも登れたかと聞かれましたが、正直に『ごぼって大変だけれど一応登れます』とお伝えしたのでした(笑)

 やはり帰り道の方が雪が緩くなったのか『ごぼり』易くなってきていました。

 無事に山頂へたどり着かれたでしょうか・・・?


P1251330.jpg
【10時10分】
 キャンプ場へがみえました。あとすこし。


P1251332.jpg
【10時15分】
 駐車場着。

 来たときには私の車一台でしたが、今は10台以上の車が停まり、まだ更にこれから登りはじめようとしておられる方々もいらっしゃいました。

 
 さて、今回の所要時間は。

【往路】
千石神社前発   7時半
登山道入口    8時
山頂着      8時50分
計 1時間20分

 ~休憩~

【復路】
山頂発      9時20分
千石神社前着  10時15分
計 55分

 往復休憩を入れても3時間の道のりとなりました。
 雪の状態が良かったらもっと早く往復できそうですね。
  
 標高757.3メートルの千石城山。
 悶々とした暗い曇り空が続いた後の、冬の週末に、実によい気分転換になりました。
 
 
P1251335.jpg
 準備を進める人々を横目に、一路帰路へ着きます。

 ああ楽しかった。

 帰り道の上市川第2ダムの堰堤の上からダム湖を眺めます。
 朝方凍り付いていた部分も大分小さくなってきています。

 それでも、来週からは再び気温も下がり出すようですね。
 今日はたまたま暖かかっただけのようですし、まだもう少し本当の春の訪れは先のようです。
 
 春までに、もう1つ2つ雪の低山に行ってみたいところですね。
 スノーシューか~。。。やはり有ったほうが良いのかなぁ?悩ましい。

 
 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

富山のピラミッド【尖山】へ行ってきました!! 

その他の山々
01 /03 2014
 新年1月3日は久方ぶりの晴天に恵まれたため、今年初の登山として、富山県立山町にある、標高559メートル【尖山】へと足を運びました。


 P1031246.jpg
 さてさて、立山インター方面から立山山麓方面へと進む途中で【尖山】の姿を見つめます。

 名前は『とがりやま』ですが、『とんがりやま』とも言われて親しまれているようですね。
 
 不思議なほどの三角錐のその形状は、周囲の山々から見て際だって異質で、スキー場やアルペンルート等への観光地への道のりの途中にあることからか地元の人間以外にも良く知られており、ちょっとした北アルプスの高峰よりも遥かに知名度の高い山です。

 私も子供のころは立山がどれかわからなくても尖山はああ、スキー場の途中にあるあれか~くらいに知っていましたからね。

 なお、、頂上では磁場の乱れも有るようで、かつては人口のピラミッド説や、UFOの着地地点ではないかとの噂もあったようですが、今では何かの宗教的儀式のために、もともと三角錐に近かった自然の尖山を削ってより一層三角錐に近づけたのであろうとのことです。

 また、磁場の乱れについても、見ての通り独立した峰の為、長い年月の間に山頂に多くの落雷を受けて岩石が磁場を帯びたためと言うことらしいですね。

 もともとこの辺りは岩峅~芦峅~立山へと続く、立山信仰の通り道ですし、何だか納得しちゃいますね。

 ちなみに、もう少し離れたスーパー農道などの富山市寄りのあたりから見ればよりいっそうその独立した三角錐の姿が際だって見ることが出来ます。


P1031247.jpg
【8時半】
 さて、浅はかな知識による知ったかはこの程度にし、冬期登山用の駐車場へ到着しました。

 冬の雪の有る期間は、ここから登山口まで3キロほどの道のりを歩いて向かう必要があります。

 富山地方鉄道横江駅のすぐま近のこの駐車場には、5台ほどの駐車スペースがありますが、すでに数台の車が止められており、尖山の人気が伺えます。



 そんな今回のルート。
 片道3キロ弱。標高差およそ270メートルの小コースです。

 なお、今日のこの晴天を狙ってか、この後も私が下山するまでにも続々と登山客が訪れ、数10人単位の登山者とすれ違うこととなりました。

 それではスタートです。


P1031250.jpg
 しばらくは横江の集落の中を歩きますが辻ごとに尖山への道しるべが備え付けてあります。 


P1031252.jpg
 集落を抜ければ森の中へ。

 正面に目的地の尖山を眺めながら、暗い森の林道を沢沿いに歩きます。


P1031253.jpg
 山頂まであと2キロの看板を発見。いたせりつくせりですね。

 道路は除雪がされていないうえ道幅も狭いため、ジムニーでも持ってこなければ車で来ることは難しいでしょうね。


P1031255.jpg
【9時10分】
 ようやく登山口へとたどり着きました。

 大き目の駐車場があり、雪が無ければここまで来るまで来ることが出来るようです。
 
 いやはやしかし、年末年始の間は毎日泥酔し、二日酔いの生活が続いていたため今一つ調子が出てきません。
 体が重い・・・


P1031257.jpg
 さて、前回11月の【負釣山】登山の際、山頂付近の雪に足を取られたり、靴の中に雪が入ってきたりした苦い経験から、今回は初の足首を覆う『スパッツ』と、ホームセンターで買ってきた『スパイク』を装着して挑むこととします。


P1031304.jpg
 スパイク装着。

 これがなかなかに具合がよく、アイスバーンぽい場所から、急登の圧雪箇所などの上り下りにおいて絶大な効果を発揮してくれました。全く滑らない、快適~♪

 尖山にアイゼン・・・は大げさすぎますしね。
 
 実際、他の方々はほとんどが『ゴム長ぐつ』に『スキーストック』で登ってきておられて、登山靴を履いた私の姿ですら場違い感が感じられるほど、日常的な姿が似合う山です。


P1031256.jpg
【9時20分】
 それでは登り始めます。

 入り口には記帳箱があり、仮設トイレなどの整備要望のために登山者数を集計するため、登った方は名前を書いていって欲しいとのこと。

 なるほど、この山は見守る方々に実にしっかりとした管理がなされているようです。


P1031258.jpg
 しばらくは森に包まれた沢沿いを緩やかに登り続けます。


P1031309.jpg
 沢には立派な岩底の3枚滝なども有り、立山や称名滝付近のミニチュアのような趣があります。


P1031260.jpg
 沢渡り。

 鉄板がベコベコしていてちょっと怖い。


P1031262.jpg
 どうやら尖山の麓に取り付いたのかな?

 次第に傾斜が強くなってきます。

 しかし、実に綺麗に登山道が除雪され、整備されていると思ったら、山頂で知り合った方が

 『昨日整備してたんだよ。踏み跡が無くて大変だったんだよ。』

 とのこと。

 この雪の中を・・・本当にありがとうございます・・・

 夏の僧ヶ岳~駒ヶ岳の際に出会った方々もそうでしたが、ひとしれず登山道の整備をしておられる方々のおかげで気持ちよく歩けることを忘れてはいけませんね。


P1031266.jpg
 雪の斜面と、森と青空。

 ああ~本当に気持ちいい。

 年末年始の不摂生と、アルコールに染まった身体が浄化されていくようです。

 
P1031268.jpg
 山頂付近は雪に埋もれていますが、階段も整備されているようです。


P1031269.jpg
 みえた、山頂だ!!

 逆光がまぶしい~!!
 

P1031270.jpg
【9時50分】
 標高559メートル【尖山】山頂へと到着しました。

 いや~爽快。


P1031305.jpg
 山頂はベンチも有り、結構広くゆったりできる上に、木々も綺麗に刈り払われており実に良い展望が開けています。


P1031271.jpg
 まずは立山方面。

 遥か彼方まで広がる山々の向こうに、北アルプスの白銀の峰々。

 いやあ素晴らしい光景です。

 尖山の特徴的な三角錐の形状による天然の展望台のような立地のために、まるで空中に浮かんで眺めているような錯覚に襲われます。

 来てよかった。


P1031283.jpg
 ちょっと遠いけれどもアップ。

 まずは剱岳、大日岳


P1031285.jpg
 そして右に視線を移せば、立山方面

 弥陀ヶ原が綺麗に雪に染まっているのが良くわかります。


P1031274.jpg
 そしてさらに右手には薬師岳


P1031280.jpg
 そして時計回りに視点を移動していけば、どこまでも続いていくモノトーンの山々。


P1031277.jpg
 富山平野も一望できます。


P1031294.jpg
 新川平野方面。

 ちょっと霞んでいるけれども、綺麗に見えます。

 いやぁ。360度、どこを見ても標高以上の展望が開ける素晴らしい天然の展望台です。


P1031287.jpg
 さて・・・
 
 まだ午前10時であまりお腹もすいていませんが、せっかく来たので記念に食事をしていくことにします。

 お正月ですのでやはり餅が食べたいですしね。

 『もちもちラーメン』を持ってきました。

 まあ、このカップラーメン好きなんで、季節に関係なく食べていますが、冷たい風が吹く中のもちもちラーメンはまた一段と美味しい。


P1031302.jpg
 そして食後のコーヒー。尖山に乾杯!!


P1031306.jpg
【10時40分】
 小一時間ほど山頂でくつろいだ間、入れ代わり立ち代わり登山者の方が登ってこられました。

 今年初の山頂に名残惜しいような気持ちがしますが、そろそろ私も下山を始めることします。
 

P1031310.jpg
【11時】
 登山口へ。

 やはり小さい山だけあって、下りはあっという間ですね。


P1031313.jpg
【11時20分】
 駐車場着。

 集落を鋏んで、ちょこんと山頂が頭を覗かせていた事に気が付きました。

 駐車場は今も満車で、道を挟んだ向かいの駅の駐車場も満車状態です。

 当然下りの間も実に多くの登山者の方とすれ違いました。こんなに沢山の人が来ているとは思わなかった・・・

 さて、そんな今回の所要時間は

【往路】
 8時半    駐車場発
 9時10分  登山口発
 9時50分  山頂着
 計1時間20分

【復路】
 10時40分 山頂発
 11時    登山口着
 11時20分 駐車場着
 計40分

 といった、移動のみならば往復2時間といった実に手頃な道のりであったことが判ります。

 しかし、今回初めて登ってみてこの山のもつ魅力が少しわかったような気がします。
 
 魅力的な外見や伝説、登山道の風景の豊かさ、そして山頂の豊かな展望。

 体力的にも優しく、多く愛好者が存在するのも頷けますね。


P1031320.jpg
 その後車での帰り道。

 コンビ二から眺める久しぶりの剱岳がまさに威風堂々と言った表現が相応しく佇んでいました。

 ここ一月ほど本当に悪天候続きでまともに山も見えない日々でしたから、今日の美しさがひときわ眩しく輝いて見えます。

 また暖かくなったら色々な山へ登ってみようと思います。。。あ、ちゃんと自転車でどこかに走りにも行きます(笑)


 それでは今回はこのへんで

祝2014!! 『新年早々から通販が届く(笑)』

サイクル用品に関する童心
01 /01 2014
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 早いものでブログ開始からほぼ4年目に突入しました。想像していた以上に長く続いていることが自分でも驚きです。

 ロードバイクによるアウトドア活動をメインとした当ブログですが、流石に寒風吹き荒れる中で行動するほど気合の入った人間でもないため、冬場になるとめっきりと活動件数が低下し更新も滞りつつあります。


PC291175.jpg
 さて、それでも昨年は、新しいクロスバイクを買ったりと中々に盛り上がった年末年始でしたが、最近はあらあら必要な物資も揃ってきて、特に欲しいものも無く、年末には再び娘をスキーに連れて行ったりと、穏やかな日々を過ごしておりました。


P1011218.jpg
 そんな穏やかな元旦でしたが年賀状と共に、なんと昨年末に注文していたウィーグルからの通販が届きました。

 まさか1月1日に配達してくるとはやるものだなぁ・・・


P1011220.jpg
 とはいえ、買ったものは大したものではなくまずは交換用のPRO4。


P1011221.jpg
 そしてちょっとびっくりさせられたのはチェーン。

 ・・・箱が無い。

 ・・・おまけにコネクティングピンもついていない。

 一応連結できるように、チェーンに既に折れた状態のピンが刺さっていますが、予備のピンも欲しかったんだけれどな・・・

 まあ使えるからいいか。ある意味、こういうことが有るから海外通販は面白いですね。


 P1011224.jpg
 そして靴。

 プーマのFaas300V2というランニングシューズですね。

 ちなみにサイズはUK11。日本サイズで30センチです。

 私は足幅が広く、通常のスニーカー等は幅広サイズでないとつま先が痛く、通常は29センチ以上の靴を履いている場合が多いのですが、ウィーグルはこういったビッグサイズの靴も豊富に取り扱っているのがうれしい所です。

 しかし、普段履きに使用したいなと思って買ってみましたが、写真で見ると実にいい感じだったのですが、 実物はものすごくランニングシューズ然としていました。

 布地もペラペラで軽い。色合いもサイトで見るよりやや派手で、普段履きにできなくはないだろうけれども、何だか違うな・・・
  
 ・・・ん?まてよ、この軽さと伸縮性って携帯シューズにちょうど良くない?
 ランニングシューズだけあって、靴底もホールド感もしっかりしているし・・・

 実は以前より、サイクリング旅行や山でのテント泊の際のリラックスシューズにピッタリの物が無いかと思案していた所なのでした。


P1011229.jpg
 と、言うわけで現在まで使用していたものを並べてみます。

 左から
 ナイキのソーラーソフト レイクサイド
 プーマのFaas300V2
 クロックス
 
 といった具合です。

 ナイキのソーラーソフト レイクサイドは布一枚の超簡単な構造の為に、携帯性は抜群なのですが、非常に抜けやすく、足のホールド感も無く、サイクリング旅行の街中使いではともかく、山のテント場ではすぐに脱げそうになり危なく、さらにはあまりにもペラペラ過ぎて、石でつま先をぶつけたりすると非常に痛い。

 クロックスはシンプルで持ち運びもしやすく履き心地も良く快適であり、濡れても汚れても拭くだけでOKといったアウトドアにはもってこいなのですが、何分たためないのでリュックの中でかさばるといった欠点があり、どちらも一長一短があります。
  
 ちなみに、そういった用途のノースフェイスのトラバースベースキャンプなどもいいなぁと考えていましたが、値段が高い上に、最大の29センチでもつま先が窮屈なため、何か良いものが無いかと思案していた所でした。

 
P1011230.jpg
 まずは各自の重量。
 プーマのFaas300V2

 487グラム


P1011231.jpg
 ナイキのソーラーソフト レイクサイド
 
 235グラム

 やはり圧倒的な軽さです。


P1011232.jpg
 クロックス

 491.5グラム

 なんと、クロックスの方がプーマより重かった。


P1011235.jpg
 そして携帯性。

 ナイキのソーラーソフト レイクサイドはやはり圧倒的に薄っぺらく出来ますが、プーマのFaas300V2もしっかりした『靴』でありながら柔らかい素材とフラットな靴底のためにかなりコンパクトにまとめることが出来ます。

 これは使ってみればなかなか面白いことになるかもしれないぞ。気が早いけれども楽しみになってきました。


 それでは今回はこのへんで

OKI

FC2ブログへようこそ!