さよなら2015年!!【塔倉山登山】

その他の山々
12 /31 2015
 さて、早くも2015年も今日一日。
 今回が今年最後の更新です。

 12月30日(水)
 そこそこの好天に恵まれた一日となりましたが、この先は年末年始にかけて悪天候の続く寂しい休暇となるようでした。

 振り返れば今年は自転車で東京から北海道まで色々やったなぁ・・・
 そういえば、自分でも忘れかけていましたが、156号から岐阜にも行ったのでした(笑)
 盛り沢山な一年でした。
 
 その反面山行は控えめな一年でしたが、最後に積雪に包まれた白い山に登って身も心も清めてくることとします。


PC301690.jpg
 さて、今回の目的地は立山町にある標高730mの塔倉山。
 
 登山口自体が400m以上に有るので、小一時間ほどで山頂を踏むこともでき展望も良いなど、緑の季節にはファミリー登山で人気の山のようです。
  
 近くまでは来たものの、どの山かわかりませんが、多分奥の山では無かろうか(笑)


PC301693.jpg
 民家もまばらなで道路上にニホンザルのうろつく道を登って行けば、ヘリポートのある立派な公民館の傍に、登山口への看板が備え付けられていました。

 この先の林道にももう一つ分岐がありますが、そこにもしっかりと看板が付けれれており、判りやすい道のりです。


PC301696.jpg
 除雪のされていない林道をヒヤヒヤしながら車を走らせて、登山口へとたどり着きました。
 立派な石碑と、広い駐車場がある中々良さげな登山口です。

 そして、雪には今日着いた轍も無く、どうやら私がこの日最初にして、唯一の登山者のようです。

 まったくの一人か・・・
 ちょっと不安かも。有名な山だから誰かいるかと思ったんだけどなぁ・・・
 
 しかし、ここまで来たのですから行きましょう。
 山と新雪を独り占め出来るなんて贅沢なことです。
 
 更には、たまたま今年は雪の少ない年ですからここまで来れましたが、通常の年ならばとても12月にここまではこれ無かったでしょうね。
 考えようによっては非常にラッキーでした。


PC301698.jpg
【11時】
 足跡一つない登山道へと足を踏み入れ、登山開始します。

 登山道の脇には傍の小さな沢からパイプで水が引かれています。
 下の里の方で融雪にでも使っているのかな?


PC301700.jpg
 少し歩いて直ぐに杉林が拡がります。

 が、う~ん困った。

 杉林を突っ切って行くのだと思うのですが、次のリボンが見つからない。
 地面も雪で白く、道が判らないぞ。

 しばらく林の中をウロウロして、ようやくリボンを発見します。
 ちょっとヒヤッとしましたが、安心しました。
 

PC301705.jpg
 杉林を過ぎれば急登の連続。

 ほとんどがロープも張られた良く整備された道ですが、どうやら雪の下は赤土の様ですごく滑る。
 帰りの下りの苦労が思いやられます。
 
 また、今回登山者としては新雪を踏みしめて歩くことが出来た登山道ですが、ずっと山頂付近までタヌキか何かの小動物の足跡が続いており、良い道案内になりました。

 やはり人間が歩きやすい場所ならば、動物も歩きやすいというこのなのでしょうね。
 
 
PC301706.jpg
【11時40分】
 苦しいロープ区間を過ぎて、標高600mの石碑へ到着。

 ガイド本に有った大きなアカマツが出迎えてくれました。


PC301707.jpg
 そして、展望も開けてきます。

 白く染まった低山の姿や平野部が覗けるようになってきました。


PC301710.jpg
 そして、ここからは少しアップダウンの続く稜線歩きとなります。
 
 積雪も増えてきて、脚が長ぐつごと埋まるようになってきました。

 サラサラの雪なので歩き難くはないのですが、時々中に入った雪を出しながら進みます。


PC301713.jpg
【11時50分】
 標高670mの展望台より、塔倉山を正面に見据えます。

 綺麗だわ~
 稜線は狭く、左右切れ落ちているので遮るものが無く、ここからの眺めは中々に迫力があります。


PC301714.jpg
 そして、展望も中々に良い。
 雲があるのが残念ですが、晴れていれば山頂よりも見晴らしが良いのではないかと思います。

 灰色がかった山々の繋がりと、背後の白く輝く剱岳がチラリと見えて、実に良い光景です。


PC301717.jpg
 さて、山頂へ向って登山開始です。

 小動物の足跡に案内されながら、切れ落ちた稜線を踏み外さないように気を付けて進みます。


PC301719.jpg
【12時10分】
 標高730m塔倉山山頂に到着です。

 一時間と少しでしたが、充実した内容の良い登山が楽しめました。

 山頂は広く平らで開けており、足跡一つない新雪をもう存分踏みしめて歩けました。


PC301720.jpg
 そして、展望もやはり良い。

 前述のとおりの低山たち。
 更に雲が増えてきたかな~
 残念、快晴の時にまた来てみたいものです。
 

PC301723.jpg
 そして富山平野方面。

 美しい・・・富山湾を一望できます。
 良いところだ。

 こんなところを独り占めできたとは実にラッキーだった。


PC301722.jpg
 そして山頂には、さらに塔倉山東峰へと続く道もありましたが、ここよりも展望が悪いとのことであり今回はパスします。


PC301726.jpg
 さてひと息つきますかね。
 行く年を惜しんで、山頂でちょっと早めの年越しそばを頂きます。

 今回はポットにお湯を入れてきたのですが、この位の道程でしたら普通のポットでも充分にカップめんが作れます。
 
 ロープ区間の連続で随分と汗をかき、更には冷えてきていましたので、暖かいソバが体に染み渡りました。
 
 雪山を眺めつつ食べるカップめんは、久し振り。
 後はポットの中に入れたお湯でコーヒーを飲み、リラックスした後下山を開始します。 

 
PC301728.jpg
【12時半】
 下山開始。

 さようなら塔倉山。
 またいつか。


PC301735.jpg
【13時10分】
 無事下山完了。

 昼になって、心なしか雪も溶けたような気がします。
 相変わらず駐車場には私の車のみですが、林道についてる轍の数が増えたかな?
 やはり通る人いるんですね。

 さてと。。。
 いい汗かいて身体も冷えてきたし、さっさと帰るかな。

 なぜならば、この後は今年最後のイベントが待っています。
 ・
 ・・
 ・・・
 ・・・・
 ・・・・・

KIMG0260-2.jpg
 その晩。
 今晩は富山市街の居酒屋で、大学時代の同級生達と忘年会です。
 
 全員40を越えてオッサンになり、話す内容も年相応に変わってきましたが、その中でも昔と変わらぬノリを実感できることが楽しい限りです。
 
 しかし、体力はさほど衰えていないと思うんだけれども、長く酒が飲めなくなった・・・
 今年は何とかセーブして、帰りまで持たせることが出来ましたが、これが老いか(笑)

 そんなこんなで、街も年末の忘年会シーズンで賑わう中、雪山で清め酒で清め、今年最後に相応しい一日を堪能したのでした。
 
 来年もいい年になりますように。


 それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

そうだ温泉へ行こう!【宇奈月温泉ランニング】

ランニングに関する童心
12 /20 2015
 しばらくどんよりとした日々が続いていましたが、20日(日)は雲一つ無い晴天が広がる爽やかな一日となりました。
 もしかしたらこの日が今年最後の晴天となるのかもしれません。

 だとしたら、勿体ないから少し外に行ってこようかな。


 
 そんな今回のルート。
 天気は良かったのですが空気が冷たく、田んぼには霜が降り、水たまりも凍り付くといった冷え込んだ一日でもあり、ロードバイクで風を切って走る気にはならず、飽きずに今回もランニングしてきました。

 滑川の海岸線から、蜃気楼ロードを通ったのち富山地方鉄道の線路に沿って、宇奈月温泉までのおよそ35キロの道程です。 
 とっくにトロッコ電車の運転も終了していますが、今年最後にガッツリ走って足湯にでも浸かって帰ってくることにします。


PC201698.jpg
 なお、今回から新調したランニングシューズでの長距離ランを行います。 
 アシックスのGT-2000 NEWYORK4です。
 
 あまり頻繁にランニングをするわけではないので数年ぶりに新調しましたが、やはり新しいシューズは良いですね。
 びっくりするほど柔らかいクッションの効いた履き心地に感動です。
 これならどこまででも走れそうな気分になりますね。
 
 それではスタートです。


PC201697.jpg
【9時40分】
 いつもの通り、ウェーブパーク滑川から。

 水面の美しい海を眺めつつスタートの準備を整えます。
 先週に比べて波は穏やかですが、沖合には数名のサーファーの姿もあり、皆この晴天を満喫しているようです。


PC201699.jpg
 さあスタートです。

 白く輝く漁船たちを横目に白く染まった山々を眺めながら、遥か30数キロ先の宇奈月温泉まで、海岸線を走り出します。


PC201701.jpg
 なお、途中堤防沿いの日陰はいまだに凍り付いている部分もあり、滑らないように気を付けてのランとなりました。
 朝は冷えてたからなぁ・・・雪は無くてもやっぱり冬だなぁ。


PC201703.jpg
【10時15分】
 早月川河口に到着。

 先週よりも大分山も白くなりましたね。
 そして雲一つない最高の天気です。


PC201705.jpg
【10時40分】
 魚津の道の駅蜃気楼に到着。

 とりあえずペース的に、10キロ一時間。
 しかし問題はこの先ですね。
 20キロあたりから、がくんとペースが鈍って行くはずです。

 トイレ休憩等を行い、さっさと先を急ぐこととします。
 

PC201706.jpg
 穏やかな海岸線を走るのは実に気持ちがいい。
 青い海と空が拡がる最高の天気です。

 潮の香りを感じながら走っていると、微細な海のエキスも一緒に吸い込んでいるようで心身がリフレッシュされていきますね。
 
 そして、当然この日も多くのサイクリストやランナー、そして散歩する人々と出会ったのでした。


PC201711.jpg
【11時半】
 片貝川を渡ります。

 ここから先は海と別れて、次第に山に向かって走り出していくルートとなります。
 
 鉄橋の先に見える山々は、次第に景色を変えて行き、後立山の姿が垣間見える様になってきました。
 遠くまで来たものです。


PC201715.jpg
【12時】
 県道2号から岡交差点より海を離れて、JR黒部駅前にたどり着きました。

 新幹線の駅とは全く異なり、閑散としています。


PC201716.jpg
 駅前の商店街も、ほとんどの店舗が閉店又は開店休業状態のような雰囲気です。

 人がいないな・・・
 駅前でこの状態ですから、この先8号線までは、更に寂れたかつての商店街の光景が広がっていく、物哀しい大通りでした。


PC201727.jpg
【12時55分】
 8号沿いのチェーン店で軽く食事を摂った後も走り続けて、真新しい新幹線の黒部宇奈月温泉駅に到着です。

 開業当初の賑やかさも今はすっかり鳴りを潜めて静かな感じですね。
 まあ日曜の午後ですからね。


PC201728.jpg
 そして富山地方鉄道の新黒部駅前にはこの先の宇奈月駅より遥か欅平の道程をつなぐ、トロッコ電車が展示されていました。

 平地で見るとこじんまりとした可愛らしい電車ですね。


PC201731.jpg
 そして、次第に緩やかな傾斜が始まり、疲労した足には苦しくなり始めます。
 新川広域農道に近づく頃には車も家屋も少なくなり、美しい後立山の姿をはるか白馬まで眺めることが出来るようになります。

 美しい・・・


PC201732.jpg
 白く染まった朝日岳
 今年は雪が少ないながらも、さすがに2500m級の山は真っ白ですね。


PC201734.jpg
 左から、雪倉岳を経て、鉢ヶ岳、そして白馬・・・かなぁ?
 
 いつも立山側からしか見ていないから、角度が変わると良くわからないですね。
 

PC201739.jpg
 そして、こちら側から見ると、僧ヶ岳までの道程も、鋲ケ岳、烏帽子山そして僧ヶ岳へとつながる稜線の道程が良くわかりますね。


PC201745.jpg
 そして旧宇奈月町を抜けて広く整備された13号を走ります。

 周囲はすっかり白く雪化粧を始めた山に囲まれた山間の空間へと変貌しました。
 先ほどまで海岸線を走っていたのが夢のようですが、この景色をゆっくりと満喫できるランニングはなかなか楽しいものです。

 しかし、ここまで来ると返ってアルプスの高峰達は見えなくなってしまいます。


PC201748.jpg
 しかし、進むにつれて山間のため、日陰も多くなり日光が当たらなくなってとても寒くなってきました。
 さっむ!!
 日に当たっていた時はさほど感じませんでしたが日陰が続くと、どんどん身体が冷えていきます。

 路肩にも雪が見え始めて、足元に注意しながら体を冷やさぬように先を急ぎます。


PC201752.jpg
 途中にあった電光掲示板によれば気温は3度とのこと。
 これは寒いわけです。
 

PC201754.jpg
 しかし、ようやく温泉街までの最後のトンネル、宇奈月トンネルへとたどり着きました。

 この500mのトンネルを抜ければゴールは目前。

 暗いトンネルの中を、時折通過する車のライトを頼りに通過していきます。


PC201758.jpg
 そして入り口はちょっと残念ながら寂れた空気の漂う温泉街へと足を踏み入れました。

 ようやくここまで来た~
 でも本当に人気が無いなぁ・・・
 

PC201761.jpg
【14時55分】
 そして富山地方鉄道、宇奈月温泉駅前を通過します。

 地鉄の駅にしては綺麗で立派な駅なのですが。。。


PC201765.jpg
 しかし、駅前名物の温泉の噴水はどうやら停止中のようです。
 やはり日曜の午後で、お客が少ないからなのかな?

 止められた噴水の姿がより一層寂れたような雰囲気を醸し出してよろしくないですね・・・
 少ないながらも観光客も少しはいるのだから、噴水は無理でも、お湯位は張っておいたほうが良いんじゃないのかな・・・


PC201764.jpg
 ポツポツと観光客の歩いている温泉街をさらに走って、トロッコの駅へと向かいます。
 これでも新幹線効果が有るのかなぁ?


PC201767.jpg
【15時】
 着いた・・・
 今日のゴール地点。
 トロッコ電車の始発駅、宇奈月駅へ到着です。

 入り口などにはすっかり板が打ちつけられて冬支度が整えられていました。
 静かな駅は、来春までしばしの休憩に入るようです。


PC201769.jpg
 駐車場を少し進んだ先にあるやまびこ展望台からの景観。

 赤い鉄橋が山々の中に映えて、実に絵に成りますね。
 しばらくは誰も走ることのない線路が、紅葉も終わり切って雪化粧の始まる手前の峡谷の中で、何とも言えない哀愁を漂わせている様に感じられました。


PC201770.jpg
 さて、帰るかな・・・・

 振り返れば今日の一日の成果でもある温泉街の姿が一望できました。
 綺麗だ・・・

 思った以上に山深いところまで来ちゃったなぁ・・・
 良くここまでランニングで来たものです。
 
 静かな山間の温泉街の空気の中、しばし感慨にふけっていたのでした。

 さて、それじゃあ帰路へと着きましょうかね。


PC201774.jpg
 帰り道の、カフェの中に足湯が備え付けられていました。

 地鉄の駅の途中でちょうどいいから入って行きますかね。
 5時間以上履き続けたランニングシューズを脱いで足湯でリフレッシュしていくこととしましょう。


PC201773.jpg
 ああ~・・・
 気持いい・・・

 疲労しきった上に、身体が冷え切っているため、やや熱めの温泉が痛いくらいに染み渡ります。
 きもちいいわぁ~♪

 脚のみならず、すっかり冷えてかじかんだ手もお湯につけて温めることが出来ました。

 やっぱり運動の後の足湯は最高ですね。
 これでカフェにビールが売っていれば飲みつつ浸かっていられたのですが、アイスやジュースのみの健全なお店であったのが残念な限りです(笑)
 
 しっかり温まった後、足湯を後にしたのでした。 


PC201775.jpg
 そして、電車の出発まで少し時間が有ったので、正面の食堂で宇奈月の地ビールで乾杯です!!
 地ビールですが、あっさりして飲みやすくて美味しい。
 
 今日もお疲れ(笑)
 あああ・・・・ビールが美味い。
 
 食事をするほど時間が無かったのが残念ですが、足湯で暖まった後に飲む冷えたビールは最高のご褒美となりました。
 ランニングはこれが良いよね(笑)

 初めから飲んで帰るつもりの旅路を考えているのですからタチが悪いことこの上ありません(笑)
  
 その後、各駅停車の富山地方鉄道の電車に揺られながら帰路へと着いたのでした。
 今日の道程を眺めつつ帰ろうと思っていましたが、当然のごとく疲労とアルコールによる睡魔に敗れて途中で寝てしまい車窓からの眺めを堪能することは出来ませんでした(笑)

 35キロの道程を走り切った程良い疲労感を感じつつ、今年最後かもしれない快晴の冒険を終了したのでした。
  

 それでは今回はこのへんで

師走の海岸線を走る

ランニングに関する童心
12 /14 2015
 今年は12月に入ってもう半ばだと言うのにずっと暖かい日々が続きます。
 車も、せっかくスタッドレスタイヤへと交換したのに拍子抜けした様な日々が続きます。

 しかしながら、晴天が続いているわけでもなく、美味い具合に週末を外して晴天が現れると言った中々に憎いアンチ気象です。

 そんな中、久しぶりに週末と晴天が重なった12日(土)
 
 運動や、ブログの更新をしないのも何なので、いつものウェーブパーク滑川から道の駅蜃気楼までの往復20キロ弱のランニングしてくることにしました。


KIMG0220.jpg
【14時】
 最近は師走だけあって中々に忙しく、ようやく自由になった昼過ぎからのスタートとなります。

 青い海が美しいながらも、風はやや強く波が高い。
 海の中には幾人かのサーファーの姿が見てとれます。

 この日は天気は良いながらも波は高く、堤防沿いはテトラポットに打ち寄せる大波によって、ところどころ潮の霧煙で霞むようなところもあり、中々にスリリングなランとなりました。


KIMG0223.jpg
 早月川河口から、僧ヶ岳。
 
 すっかり川原の草も枯れ、暖冬ながらも流石に山は雪が見られます。
 綺麗だなぁ~


KIMG0225.jpg
 そして向かい風に苦しみつつも、スタートから小一時間ほどして、埋没林博物館傍の魚津北漁港へ。

 拡げて干された網が漁師街の空気を程良く演出しています。

 この匂い・・・
 生臭いわけではなく、変わっているけれど何と表現していいのかわからない。


KIMG0226.jpg
【15時】
 折り返し地点である、道の駅蜃気楼に到着です。

 海はここ数日の大雨で、やや濁っていますが充分に綺麗です。


KIMG0228.jpg
 とりあえずコーヒで乾杯。

 本当は前回の様に、もっと先まで進んで、どこかの駅の近くで一杯やって帰りたかったのですが残念ながら夕方から嫁さんの忘年会の送迎の任が充てられており、ここまでです。
 無念だなぁ・・・
 まあ仕方ない。大人しく引き返しますかね。
 

KIMG0230.jpg
 道の駅蜃気楼では、塩鰤の寒干しが吊り下げられていました。

 冬の風物詩だなぁ・・・生臭いけど。

 荒巻鮭なんかはスーパーなどでも良く見かけるでしょうが、ブリは珍しいですね。
 ささやかな驚きでしたが、ここまで来たかいがあったなぁ。


KIMG0231.jpg
 帰りが遅くなる前に帰路へ着くことにします。
 港のそばでは、多くの太公望たちがこの晴天に誘われて釣りに興じていました。

 釣りも良いなぁ。。。
 趣味に加えて、晩飯を釣って帰るという実益があるのも面白いでしょうね。

 とりあえず今日は美しい僧ヶ岳と毛勝三山の姿をバックに港を眺めて帰路へ着きます。
 
 帰りは追い風のため楽ちん~♪


KIMG0234.jpg
【16時半】
 夕日が海に落ち込みつつある中、スタート地点のウェーブパーク滑川へ帰り着きました。
 夕焼けが綺麗だ・・・

 波は未だに高く、沖合ではサーファー達がまだ頑張っていました。
 また、今日は久々の晴天の為か、多くのランナーやサイクリストの姿も見て取れましたね。
 みんな活動したくてうずうずしていたのでしょうね。

 今年も残すところあとわずか。
 天気と休日が上手くシンクロしてくれればよいのですが・・・
 そして、暖かいのもいいのですが、やはり冬は冬らしくそろそろ雪景色の一つも見たいものです。

 さて、今回はこんなあっさりとした内容でした。

 
 それでは今回はこのへんで

OKI

FC2ブログへようこそ!