2016初スキーに行ってきました

その他に関する童心
01 /31 2016
 今日は久しぶりの快晴の下、娘を連れてスキーに行ってきました。

 一年ぶりのスキーでおっかなびっくりになっていた娘も、1.2回リフトに乗って滑ったら何とか昨年レベルには滑ることが出来る様になっていました。

 よかった・・・
 やはり、雪国富山県民たるもの、スキーも最低限程度は滑ることが出来る様にしてあげないといけませんしね。


P1311711.jpg
 日差しがまぶしい・・・
 太陽の下では、スキーウェアを着ていると暑いくらいです。 
 今年は暖冬のため雪も少なく、所々で土の地肌が見えそうになったカフェオレ色の雪の部分も有ったりしましたが、駐車場もいっぱいで実に賑わっていました。

 
P1311707.jpg
 気持よく娘と共にスキーを楽しみます。 
 しかしいい天気だなぁ・・・

 らいちょうバレーを滑り降りて正面に見える山々の美しさは目を見張るものがありますね。


P1311705.jpg
 遥か視界の先には白く染まった大日岳。
 
 遥かアルプスの頂は、暖冬も押しのけるほどの積雪ですね。


P1311712.jpg
 そして更に奥には、これまた白く染まった浄土山方面が雲の隙間から時折顔を覗かせていました。

 良いなぁ。。。
 残念ながら、第一ゲレンデ付近では高度が低く、立山は見えません。
 早く娘を鍛えて、ゴンドラリフトで山頂からの景色を見たいなぁ・・・

 ああ~どこか山行きたい(笑)


KIMG0286.jpg
 そうこうしつつ、適当なロッジで昼食。
 大盛りカツカレーが、思った以上にでかい・・・
 40歳過ぎて食べるものでは無かったな・・・ 

 苦しくて午後からの滑りに支障が出そうです。


KIMG0288.jpg
 その後も午後になって気温が上がり、雪がジャリジャリになりつつある中、一日タップリ遊んで帰路へと着いたのでした。。。

 駐車場の雪の中で何してるの?
 運動して暑くて、雪に埋まったら、冷たくて気持ちがいいそうです。

 私も暑かったのですが、同じ事をしたら一気に冷えて風邪を引いてしまいそうです(笑)
 やっぱり子供は元気だなぁ。


 それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

皮革の薫りは暖かい

登山用品に関する童心
01 /28 2016
 今週は寒波も和らぎ、ここ数日は富山でも久方ぶりの爽やかな晴天が見られました。
 なぜその晴天を週末に回せないのか。先生は悲しいぞ。 

 夕方になっても明るくなって次第に春が近づいてくるのを実感できるようになりましたね。
 待ち遠しいなぁ。

 さて、前回の自転車に続き、もう一つの春を待ちわびるアイテムの手入れでもしようかな。
 
 愛用の登山靴、ザンバランヴィオーズプラスGTの手入れもしっかりと行います。
 購入してから早2年が過ぎて、これまでに様々な山々を共に旅してきました。

 先端の割れた靴ひもを交換し、オイルを塗って磨いているとちょっと気になる所が目についてきました。 

 
P1261690.jpg
 先端や側面に張り付けられたゴムのガードが、部分的にちょっと削れたり、剥がれたりして来ています。
 
 長く使い込んでいれば当然の事なんでしょうが、う~ん気になる。

 多分修理に出せば何かしてくれるのでしょうが、このくらい自分でちょちょっと直しましょう。
 

P1261692.jpg
 今回はあまり難しいことは考えずに、黒い強力な接着剤を使用して補修します。

 信頼のセメダインスーパーX
 普通の靴の補修にも使えるのですから大丈夫でしょう。


P1261691.jpg
 なるべくはみ出さないように目張りなどもして、ヘラを使って丁寧に補修したい部分に擦り込んでいきます。


P1261699.jpg
 完成。

 まあこんなものかな。
 ちょっとはみ出しも有るけれど、使っているうちにまたなじんで行くでしょうね。


P1261696.jpg
 ついでに靴底も、岩などでソールに切り傷が入った所などに塗りこんでいきます。

 大分ソールも角がすり減って来たな・・・
 土踏まずを岩にのせる癖があるのか、その部分のすり減りが激しい。

 ソールの張替って、どのくらいでやればいいのかな?


P1281700.jpg
 とりあえず完成。
 
 再度オイルをしっかり塗って、磨きあげました。

 石油ストーブにあたりながら、登山靴を手入れする行為は、自転車の整備の時間とはまた異なり、ゆったりとした落ち着いた気持ちになれる不思議な時間です。

 また、オイルを皮革とが混ざり合った香りが何とも言えず好きですね。
 嗅いでいると、心が落ち着きます。
 登山靴はやっぱり皮製が良いと思います。


 大分使い込まれてくたびれた雰囲気も有りますが、足から直結して、旅の舞台となる地面を踏みしめる登山靴は、ある意味では自転車以上に思い入れを感じるツールです。

 相棒よ、春になったらまたアルプスへ踏みこもう!


 それでは今回はこのへんで

寒波が来りて

メンテナンスに関する童心
01 /25 2016
 2016年も一月近くが経過して、ようやく寒波が到来して冬らしくなってきました。
 しかしここまで暖冬ではありましたが、まともな晴天の日は一日も無く、何と無く活動意欲も湧かないままに時間が過ぎていく物足りない日々です。

 冬らしい澄み切った晴天の空の元、どこか行きたいものですね。
 正月からずっとどんよりとした天候の下で生活していると、気が滅入ってきます。
 

P1241701.jpg
 さて、そんな中でも犬は久し振りの新雪の中、喜び勇んで縦横無尽に駆け回っていました。
  
 除雪は面倒ですが、田んぼの真ん中の農道は今回の強い寒波によりサラサラのパウダースノーに覆われていて、人間も、新雪の散歩道を歩くのは結構楽しいものです。

 ああ・・・なにかまとまったアウトドア活動がしたいなぁ。


P1241696.jpg
 さて、何事にも無気力になりがちな寒い鉛色の空が続きますが、ようやく春に向けてモタモタとオーバーホールを開始します。

 う~ん。
 3年ぶりにフルオーバーホールをしようかと思ったけれど、ホイールは秋にバラしたし、ヘッド周りも綺麗だな・・・
 
 シルバーウィーク以降は大して乗ってないんですよね。
 ディレーラーやブレーキも付けたまんまでグリスアップ位でいいか・・・
 
 何だかんだで今回はワイヤー等の消耗品交換がメインになるかなぁ。
 でもせっかくチェーンもBBも外したし、クランク周りとペダルでもばらしておこうかな。
  
 
P1241695.jpg
 あとはプーリーも交換しておこうかな。

 ガイドプーリーとテンションプーリー。
 どうせ消耗品ですからアルテグラで充分ですね。
 
 比べてみると古い方は結構摩耗しているのが判りました。
 
 メンテをショップに頼むのは楽ですし、プロの整備に任せる安心感もありますが、こうしてばらしてパーツ一つ一つの損耗の有無をチェックし、清掃・増し締め注油して車体と対話していくのは楽しい。

 別にレースで勝ちたいわけではないのですから、極端な話走っている最中にワイヤーやチェーンが切れなければ何とかなるのが自転車の良いところですね。

 最初は当然下手で上手く組めないかもしれませんが、次第に理解が進み上手に組み上げられるようになって行くのもまた楽しい。

 大人のホビーにとって自分でいじれることというのは大切なことですね。
 

 それでは今回はこのへんで。

2016年が始まったが・・・

その他に関する童心
01 /09 2016
KIMG0264.jpg
【元旦の僧ヶ岳】
 早いもので2016年も始まり、1週間が過ぎました。
 
 雪がなかなか降らず季節感がいまいちですが、日も少しずつ長くなってきたような気がして来ましたし、これからは季節もどんどんと春に向かって行くことでしょうね。


KIMG0271.jpg
 そして、ロードバイクの消耗品も届きましたし、冬の間にチマチマとオーバーホールを行い新しいシーズンを迎えたいと思います。
 寒いとガレージでの作業が辛いですからね。
 
 暖冬万歳です(笑)


KIMG0272.jpg
 しかし現在、新年早々、昨日より持病の扁桃炎によりダウン中。

 苦しい・・・喉がポンポンに腫れている・・・
 年に数回痛くなるのですが、こんなひどいのは久しぶりだ。

 白血球数と特にCRPの数値がヤバいな。
 主治医に入院を勧められましたが、ベテラン扁桃ホルダーの私は自宅療養を選択します。
 大体2日もすれば快方へ向かうんですよね・・・ 

 扁桃を患ったことのある方はわかると思いますが、水どころか唾液すら呑み込めず垂れ流し、喋るどころか息をするのも苦しい悲惨な状態です・・・
 
 正月前あたりからちょっと風邪っぽいなぁ・・・。
 と、暖かくしたりうがいをしたりと気を付けていたのですが、扁桃の奴は容赦してくれませんでした。
 新年早々仕事を休む羽目になってしまった。このやろう・・・

 長年面倒で放置していましたが、思い切って扁桃腺切除を今年の目標にしようかな。
 今年は厄年だし、長年付き合ってきたわが身に宿る厄=扁桃を落としてしまうのも良いかもしれない。


 それでは今回はこのへんで

OKI

FC2ブログへようこそ!