魔の小学校立山登山を体験する

立山
07 /31 2017
 ご無沙汰気味です。
 もう7月も終わりになろうかというところですが、最近暑いのと何だかとても忙しくてブログを起こす時間と気力が無い状態です。
天候も荒れまくっていたし、大人しくしているに限りますね。

IMG_0539-2_R.jpg
かと言って、何もしていないのかと言えばそんなことも無く。
連休には家族で函館旅行に行ったりと、結構充実した夏を満喫したりもしています(笑)

さて、そんな娘も小学6年生。
ついに、富山県のみならず、多くの小学生が夏の挑戦の一環として訪れる立山登山に挑戦することになりました。

かく言う私も引率の一員として、これまでの一登山者としてではなく引率として小学生と共に立山登山に行ってきました。


P7290041_R.jpg
天気はあいにくの雨時々曇りと言った雨優勢の天候です。

今年は雪も多く、雪渓歩きに子供たちは苦労しているようでした。
また、一ノ越までのダラダラ区間も初めての子供たちには地味に効いてくるようで、雨に打たれる悪コンディションの中で不平や悲哀が飛び交う地獄絵図の様相を呈し始めてきます。


P7290050_R.jpg
一ノ越を越えれば予想通り。
いつもの大渋滞が始まります。

この日は天候も悪かったせいか人は少なかったように感じますが、それでも地獄谷からの硫黄の香りが漂う中、30分近く雨雲の中、すれ違いで待機する場面もあり、一般登山客の怒号や、マナーの悪い他校の小学生が石を落しながら登山道以外を駆け昇る光景なども見ることが出来ました。

ですが、これは人を呼ぶだけ呼んでおきながら渋滞についての管理がされないのも大きいのでは無いかと思いますね。
ちゃんと、登り降り用のルートを設定するだけでこの問題の大半は解決するはずです。

別にコンクリで舗装する必要も無いし、看板とロープで幾つか乱立している登山道を仕切るくらい出来ないのかなぁ?

イラつかされる登山者も、文句を言われる保護者も小学生も皆憐れ。
まさに立山は江戸時代からの謳い文句の通り、現世で地獄を体験できる場所です(笑)


P7290054_R.jpg
その後、一ノ越から3時間近くかけて、ようやく山頂へ。
悪天候の中、何とか全員無事に登頂出来た喜びもつかの間。

ちょうど昼時の山頂は登山者でごった返しています。


P7290064_R.jpg
それでも何とか山頂でのお祓いを済ませて、昼食を摂ることが出来ました。
疲れた…

昼食が終わる頃には14時近くになり、あれほど人でごった返していた山頂は嘘のように静けさが戻りつつあります。。。

何だかなぁ。
小学生に挑戦させることを否定する気も無いけれど、これが立山登山か…

そんな中でも山頂まで登った子どもたちにはそれなりの達成感と充足感が得られたのでしょうが、やはり好天下の異世界の高山帯の景色を見せてあげたかったなぁ。

快晴時の雄山山頂からの景色を見てこそ、郷土の象徴としての立山が記憶に残るものになると思うのですが、集団行動だと簡単に変更もできない所がもどかしい。

子供たちの記憶の中で、立山は雨に打たれて何が何だかわからないままに終わった行事として記憶されるのは残念としか言いようがないなぁ。

なんと言っていいのか難しいですが、学校の立山登山って準備から実行まで色々問題が多いイベントで、とにかく疲れます(笑)
とても山に行った気がしないや・・・


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

初ファミリー登山で【尖山】へ

その他の山々
07 /10 2017
さて、梅雨真っ盛りの7月ですが、ものすごい暑さも同時にやってきており毎日ヘロヘロになっております。

そんな中、今回は小学校恒例の立山登山が近づいていることも有り、登山未経験の妻子の練習がてらに標高559mの尖山へと初めての家族登山に行ってきたのでした。

う~ん。初めてだから無理はさせられないけれど、尖山か・・・
もう今の時期ではクソ暑いだろうなぁ・・・


P7090003_R.jpg
【8時45分】
横江の駐車所に車を置き、集落を通り抜けて登山道入口へと向かいます。

今の時期ならば、普通車でも登山口まで車で行くことも可能ですが、流石にそれではトレーニングにならないですからね。


P7090004_R.jpg
尖山登山口までの林道は一部崩落しており、修復作業中で登山道は迂回路が設けられていました。


P7090005_R.jpg
草の生い茂る林道を、汗を流しながら歩きます。
暑い・・・
正面には尖山が見えていますね。


P7090008_R.jpg
突然妻子がびっくりしたので何かと思ったら、林道脇の草むらに牛が放牧されていました。

猪避けのカウベルトを兼ねてるんですかね。
そういえば新聞に載ってたかも。

自分より大きな動物の傍には野生動物は寄ってこないのだとか。
でもこんな場所で出会うと驚きますね。


P7090009_R.jpg
林道を快調に歩く二人。
まだまだこれからが登山本番ですよっと。


P7090011_R.jpg
【9時10分】
登山口に到着です。
以前は無かった、綺麗な案内板が設置されていました。


P7090038_R.jpg
初めての沢渡り。
水が冷たいと喜んでいました。

先週までの豪雨で登山道には水が流れている場所なども有り、苔むした岩などで滑らないように注意させながら歩き続けます。


P7090014_R.jpg
水場。
冷たい水がコンコンと湧き出していて汗だくになった手や顔を洗ってさっぱりします。

娘は冷たい水に喜んで、ペットボトルに詰めていました。


P7090016_R.jpg
次第に傾斜も高まる中、美しい滑滝も越え・・・


P7090019_R.jpg
沢を越えて尖山本体の取り付きに着いたころには、嫁はかなり遅れる様になってきました。
完全運動不足ですね。
う~ん室堂から立山登れるかな~?

娘は通学や体育で歩くことも有るし、何より若いので元気な物でした。


P7090020_R.jpg
そして、山頂直前の階段を登って・・・


P7090022_R.jpg
【9時45分】
無事山頂にゴール。
本当に暑くて汗だくになったね。
お疲れさんでした。

やや曇り気味で、日差しは弱いのですが遮るもののない山頂はジリジリと暑さが体に浸み込んで来ます。

そして、立山方面の展望もイマイチで、ちょっと残念なところです。


P7090026_R.jpg
しかし、富山平野は良く見えて綺麗なものです。
でもちょっと木々が茂り過ぎかな~

やっぱりこういう低山は、冬か春先がベストだな。


P7090030-2_R.jpg
それでも、遅れてやって来た嫁さんと合流して、他の登山者の方に記念撮影をお願いしました。

しかし、今まで山は殆ど単独で、海抜0mから立山へ行ったり、剱岳に行ったり、栂海新道の登りや毛勝三山など、体力勝負の山行ばかりを実行していましたが、改めて家族でのんびり登るのもいいものだなぁと思いました。

あまり強行軍には着き合わせられないので、大した道のりには行けないでしょうが、辛い辛いと言いながらも山頂に達した後、満足感に満ちて、喜んで歩いているのを見ると自分も楽しくなって、もっといろいろ経験させてあげたいなという気になってきますね。

とりあえずは、夏の立山登山ですね。
夏休み中は渋滞していて、周りがみんなピリピリして、冷静に見ていたらとても楽しい物では無いのですが、娘を始め初めての経験を楽しいんでもらえればいいかな。


それでは今回はこのへんで。

オリンパスTG-5を手に入れた!!

ホビーに関する童心
07 /02 2017
さて、あれほどの好天が続いた6月から、7月に入った途端に季節はすっかり梅雨になってしまいました。

折角の週末も雨ばかりで何の活動も出来ず悶々と家の掃除をし、障子の張り替えをして、風呂のカビ取りをしたりとしています。。。

いや、むしろこの生活こそがまっとうな堅気の人間の活動でしょうね・・・
週末になるたびに遊び歩いている方がおかしいのだな・・・

さて、そんな梅雨の最中、特に書くことも無いので以前の話。
6月23日に発売された、オリンパスのタフネスデジカメ、TG-5を購入しました。

国内発表と同時に予約して、無事発売日に手元へと到着したのでした。


IMG_0462_R.jpg
そんなわけでTG-5。

カラーはレッドを選択しました。
ブラックかレッドしか選択肢が無い所が悲しい。本当はTG-870や620にあったグリーンが有ればいいんですけれどね。

ですが、前モデルの、TG-4のレッドは色味もやや淡く、デザインも何だかのっぺりとしていてイマイチだったのですが、TG-5のレッドは発色も鮮やかで、所々のブラックのアクセントもメリハリが効いてメカニカルな雰囲気が有って、かなりいかしています。
ジョニーライデンカラーとでも言うべきか。


IMG_0463.jpg
さて、昨年から待ちに待っていたアウトドアコンデジの大本命TG-5ですが、結構でかい。

今まで使用していた同じくオリンパスのタフネスデジカメTG-620とその大きさを比較してみます。


IMG_0464.jpg
並べてみるよりも、立ててみる方がその違いは一目瞭然ですね。

厚みや長さが一回り違います。
手にした重量感もTG-5は一回り上の重量感で、結構違和感が有ります。

TG-620はコンパクトで軽く、起動も早くサイクリング中でも使い易い良いカメラでしたが、やはり旧式感は否めず、レンズの暗さや画質等、折角のビッグサイクリング旅行の際などで物足りない場面が多々見られたため、TG-5への移行は避けられない所でした。
カメラの事何も知らない頃から付き合ってくれてありがとう・・・


P6231831_R.jpg
そして、5月のゴ-ルデンウィーク前に購入したキャノンのG9XMark2とも比較してみます。

G9Xは1インチセンサーを搭載する、コンデジでは有数の高画質、高性能なカメラです。
当然タフネス差はカヤの外ですが、TG-5と並べてみるとそのコンパクトさに改めて驚かされます。


P6231832_R.jpg
立ててみるとやっぱりその差は歴然。

TG-5がでかいと言うよりも、G9XMark2のコンパクトさに驚かされしまいます。

残念ながら、肝心の写真の比較をしたいところですがイマイチ天気に恵まれないので大きさ程度の中途半端な比較です。

実際写真を撮ってみれば大きなセンサーを持つG9XMark2の方がカメラとしての性能や画質、原寸大での画質は上回るのでしょうね。

でもTG-5もGPSや気圧センサーなどアウトドア心をくすぐる機能が盛り沢山に着いているので遊び心をくすぐられます。
まあ、写真を拡大しなければどちらも大差はないのでしょうが(笑)

G9XMark2は普段使いに、TG-5はアウトドアをメインとしつつも、そしてG9XMark2の1インチセンサーで登山テント泊の際に是非とも星空を撮影したいものです。

・・・しかし、同時期に発売されたデジカメを、二つとも購入するとは我ながら何て気前がいいのだろう・・・
どちらも頑張って使い倒すぞ!!


それでは今回はこのへんで。

OKI

FC2ブログへようこそ!