FC2ブログ

秋はもの寂しきかな~さらば友よ~【二上山ヒルクライム&つくりもんまつり】

通常サイクリング
09 /24 2017
今週末は暑いくらいの快晴に恵まれました。
久しくまとまった活動もできていないし、ちょっとどこかへ行きたいなと考えて迎えた日曜日。

しかしながら、土曜日に遊休農地の草刈りをしたら結構足腰にきてしまいました。
う~ん・・・

しかも、今日は10月に関東へと旅立ってしまうあらくにさんの送別会もあるのです。。。
ほどほどにサイクリングを楽しむこととします。


170924-100245_R.jpg
さて、秋の実りを迎えた季節。
あちこちが黄金色に染まりつつあります。

美しいけれど、なんだか物悲しさも感じられますね。


170924-104928_R.jpg
しかし、久しぶりの快晴の週末。
青に染まった海と空を満喫しつつ、夏のような日差しに汗を流して富山の海岸線を西へ西へと進み富山新港へ。

実は今回特に行先を考えてなかったりします。
のんびりのんびり走りつつ、どこへ進もうかと考えていました。


170924-112331_R.jpg
庄川を超えて、小矢部川を渡る橋の上から二上山が綺麗に見えていました。

・・・そうだな。
苦しい思いの一つもしないのも締りがないし、あれを登ってまた考えよう。


170924-115457_R.jpg
9月後半だというのに暑い中大汗をかきながら、平和の鐘。

相変わらず大きいな。
取り合えずせっかく来たので鳴らしておきます。


170924-120612_R.jpg
そして山頂付近の展望台へ。
こっからのトレイルをあらくにさんやアルボルさんと駆け下ったころが懐かしいなぁ。


170924-121020_R.jpg
そして山頂からの展望。
高岡市街が一望です。
しかし、雲が多くて北アルプス方面は全然ですね。
これでは山に行っても展望は無かったことでしょう。
やはり今日はチャリで正解でした。


170924-130112_R.jpg
そして、これだけで帰るのも侘しいので、さらに西へと進んで旧福岡町の伝統行事、つくりもん祭りを覗いてきました。


170924-125955_R.jpg
見上げる巨大な『つくりもん』
ガネーシャ?
すごい・・・耳が可動式で動いてます。

五穀豊穣に感謝し、秋の収穫物である野菜などを利用して作られるこのモニュメントは、なんと300年からの歴史のある伝統なのだとか。

いったい誰が最初にこんなことしようと考えたんでしょうねぇ・・・(笑)
すごいちゃあすごいんですが。


170924-130346_R.jpg
野菜で作った肖像画。

しかし見れば見るほど芸が細かい。
全部を見る時間はありませんでしたが、通り沿いのいくつかを眺めてきました。


170924-130415_R.jpg
これはウルトラマンと怪獣か。


170924-131335_R.jpg
タヌキと狐と舞妓さん。
これは・・・
おとぎ話の一コマのようで実に楽しいな。


170924-131854_R.jpg
あ、ミニオンズだ(笑)


170924-132208_R.jpg
そしてカーズ。
う~ん色々大丈夫なのだろうか(笑)


170924-132658_R_20170925003524885.jpg
すっかり楽しんだ後、祭りの会場を離れて、小矢部川にかかる橋の上まで撤収しました。

小矢部川の流れと、背後の稲葉山に立つ風車のとりなす光景が印象的です。
あの山も、ヒルクライムコースで有名ですから近々行ってみたいものです。

さて、日差しも大分傾いてきて、早く帰らないと送別会に間に合いませんね。
短い時間ながらも、往復100キロちょっとのサイクリングを終了して、帰路へとついたのでした。


170924-182430_R.jpg

・・
・・・
・・・・
そして、夜には10月に富山を旅立つあらくにさんの送別会へ。
残念ながら車のためノンアルコールビールで乾杯です(泣)

しかし、いつもの他愛のない話題で盛り上がりつつ、そしていつものように解散したのでした(笑)
まあ今生の別れで無し、これでいいのでしょうね。

3人で走ることはしばらく出来ないのでしょうが、またその日が来ることを楽しみにして今後の研鑽に役立てましょう。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

台風一過

通常サイクリング
09 /18 2017
三連休は微妙な天候が続きましたが、最終日の18日。
午前中は雨模様のぐずついた天候でしたが、午後になって次第に晴れ間が見えてくるようになってきました。

う~ん久しぶりの休日に日差しと出会えました。
せっかくパールイズミのクイックビブや新ヘルメット、OGKゼナードも買ったし、少しだけでも走りたいな。


170918-145035_R.jpg
そんなわけで軽く午後に、サイクリングのひと時を楽しむこととしました。
いつもの常願寺川河口、今川橋付近の釣り堤防から海を眺めれば一面茶色に染まった海が広がっていました。

すごい。
平野部は大した雨も降らなかったのですが、山ではかなりの雨が降ったようですね。


170918-145129_R.jpg
見事な2トーン。
あの境目はどうなっているんでしょう?


170918-145113_R.jpg
当初はこのまま軽く富山市方面へと進もうかと考えていましたが、海の上に黒い大きな雲が居座っており、大人しく青空が見られる滑川、魚津方面へと引き返すことにします。

まあもともとがっつり走りたい気分では無いしね。
今年はもう雨に打たれるのはごめんです(笑)


170918-145201_R.jpg
無数に並んだ船を眺めて、河口を後にします。
いつみても、これだけ並んだボートの姿は迫力があります。


170918-150011_R.jpg
堤防沿いを引き返します。
海側は快晴ですが、山側は雲に覆われて、所々ゲリラ豪雨並みの雨が降っているのが見て取れます。
やはりまだ天候は不安定だな・・・


170918-150105_R.jpg
振り返れば、富山の岩瀬側に大きな黒い雲が強烈な豪雨を降らせているのが見えました。
やばいな・・・
雲が追いかけてきてる。


170918-150557_R.jpg
空を見上げれば黒い雲が増えてきています。

まだ降りそうにないけれど、嫌な色の雲だな・・・
早く帰ろう。


170918-142113_R.jpg
と、言いつつも小腹が空いたため老舗ハンバーガーショップのうずやさんに立ち寄って小休止します。
ここのハンバーガーは美味いんですよね。


170918-142736_R.jpg
ベーコンエッグバーガー。
パテもソースも美味い。

こういう個人経営の隠れた名店ってどんどん減っているので、できるだけ長く続けてほしいものです。


170918-151939_R.jpg
その後はウェーブパーク滑川へ。
久しぶりの晴れ間に誘われてか、多くの人が堤防や足湯で癒しのひと時を楽しんでいました。

さらに曇ってきたな・・・
海風も強いし撤収だね。


170918-152016_R.jpg
おや、いつのまにやらサイクルスタンドが設けられていたようです。
丁度いいので、ちょっとひっかけて、折角のクイックビブショーツを履いてきたのでトイレに行って見ました。


いまさらですがクイックビブのレビューをすると(笑)
結果、フックを外すのがちょっと面倒でしたが、あとは楽なもの。
普通のショーツと変わらず使用でき、フックの取り付けは外すよりもはるかに簡単。

そしてビブショーツは、普通のショーツより遥かに快適ですね。
確かにサイクリストの行きつく先が、ビブショーツになるのがわかる気がします。

走っていて背中も出ないし、通常時に準備体操をのために屈伸など大きく体幹を動かしてもずり落ちてくる感覚が無い。
これは素晴らしい。

上半身のジャージを脱いで、ビブショーツだけの姿がかなり変態チックですが、この快適さはやめられないな。
いい買い物をしました。


170918-160826_R.jpg
その後帰路の途中ではあちこちで黄金色に輝く稲穂が重くなった頭を垂れて、刈取りの時を今か今かと待ち構えていました。
台風のせいで折角の連休で刈れなくて農家の人たちも大変でしょうね。

そして季節はすっかり秋か・・・
去年の今頃は九州に向けてのサイクリングの準備で慌ただしかったなぁ・・・

年月の移ろうのは早いものです。
今年はあと何回活動ができるかな?


それでは今回はこのへんで。

色々ダメになってきた・・・

サイクル用品に関する童心
09 /14 2017
毎年更新されるサイクル用品。
そろそろ物欲が刺激される季節がやってきますが、なるべく通販サイトなどを見ないようにしてやり過ごす修行僧のような気持ちで頑張りたいと思います(笑)

しかし、私はもともと大して頻繁に活動しないうえ、貧乏性のため結構物持ちがいいほうなのですが、先日大雨の中、仙台までのサイクリングを終えた後に色々と不具合が発生してしまいました。


170827-235818_R.jpg
まずはこれ。
何かわかりますかね?

正解はサイクルショーツ。
パールイズミの超音波接着で縫製されたシームレスショーツですが、恐ろしいことに仙台サイクリングの途中で接着部分がはがれ始めてきました。

気が付いた所から、なるべくテンションをかけないように履いたりして何とかもたせましたが、危うくデリケートゾーンを丸出しにして走らざる負えないところでした(汗)

縫い目がないのは良いのですが、はがれ始めたら止めようが無いのがこの超音波接着の恐怖ですね。


170828-001315_R.jpg
よくよく調べてみれば、ほかにもいくつもの場所で接着がはがれ始めていました。
とりあえず布用接着剤で補修を試みます。

実は以前も買って2.3回使用した程度で接着がはがれたことがあり、交換して貰ったことがあるのですが、流石に年数もたったしなぁ・・・
寿命と思うしかないかな。。。高かったから大事にしてたのになぁ・・・


170828-003201_R.jpg
布がペロ~ンとめくれているので、接着剤を塗ってセロテープで固定しておきます。


170828-180753_R.jpg
ひと晩経って確認して見ると、結構しっかり接着できました。
これならもうしばらく使えそうです。

でも流石にこれで超ロングライドに行く勇気はないな。。。
今度旅の途中ではがれたら目も当てられないどことか、何か当てないと走れなくなってしまいます(笑)

やはり縫製は、文字の通り縫ってあるのが一番安心できますね。


170910-210310_R.jpg
そんなこんなで買ってやった!!
パールイズミのクイックビブ!

以前より気になっていた商品でしたが、シーズン切り替えのこの時期近所のスポーツデポで大安売りをしていたため飛びついてしましました。


170910-210323_R_201709142221053d3.jpg
以前からビブショーツを使ってみたかったのですがやはりトイレ大について不安が大きかったのですがこれなら安心そうです。

縫い目も、ちゃんと縫い付けてあって、長期間の使用も安心できそうです。
いやあよかった・・・




170908-224929_R.jpg
・・・と、ふと見てみればヘルメット。
これまた一張羅のGIROアトモスの頭部固定バンド、ロックロック4が経年劣化でボロボロになっていました。

う~ん。
これも、これまで2回ロックロック4を交換してきましたが、もう在庫品そのものが経年劣化しているんでしょうね。
実際あっという間にラバーの部分にヒビが入っていたのを、接着剤を使用してだましだまし使っていたのですが、流石にそろそろ帽体のほうも10年を数えましたし限界かなぁ・・・


170908-224759_R.jpg
そんなこんなでこれも買ってやった!!

以前より気になっていた、OGKのフラッグシップヘルメット、ゼナードです。
う~んマットブラックにグリーンの差し色が渋い。
付属品のパッドも沢山付いてくるし、OGKはお得ですよね。


170908-225008_R.jpg
アトモスと並べてみると、ゼナードのほうがやや大きく見えますが、実際かぶると圧倒的にゼナードが軽く感じられます。

やはり年月に伴う進化は歴然ですね。


170908-225028_R.jpg
そして固定バンドもあっさりと千切れそうにないプラスチック製(笑)
これなら安心してロングライドへ出かけられそうです。

そして国産だけあって交換パーツも安いのがまた嬉しいところです。


170910-205922_R.jpg
さあ、まだあるぞ!?
なんと、バーテープが擦り切れた。。。

う~ん。
春に交換したばかりなのだか、マイクロファイバーのバーテープはコルクより弱いのかな?

水に濡れながら使ったせいかな?
とにかく汚らしい・・・


170910-205929_R.jpg
おまけに走っている最中にバーエンドキャップが無くなっていた・・・
こんなことにならないよう両面テープで補強していたのにどこで落としたんだろう?

全く気が付かなかった。


170912-203215_R.jpg
ハンドル周りがみっともないと、走る意欲もマシンに対する愛着も減退してしまうため速やかに交換です。

近場のモンベルで手ごろなバーテープと、アルミ製のボルトで固定するバーエンドキャップを購入してきました。
これで途中で無くなることはあるまい(笑)


170912-211026_R.jpg
交換完了~。

やはりバーテープが新品になるとテンションあがるな。
そして、どうせ使い捨てなのだからクッション性も考えればコルク製が一番かもしれませんね。

とりあえず、なけなしの財力を使っていろいろリニューアルしました。
早く使ってみたくてウズウズしますね~

でも今度の3連休は台風直撃か・・・
間が悪いったらありゃしませんね。


それでは今回はこのへんで。

初秋の【金剛堂山】へ行ってきました。

その他の山々
09 /10 2017
今週も秋晴れの週末。
一週しっかり休もうかなとも考えていましたが、貧乏性のため勿体ないので出かけることにしました。

そんな今回の目的地は南砺市(旧利賀村)と富山市(旧八尾町)にまたがる前金剛、中金剛、奥金剛の三つのピークを持つ標高 1,637.8メートルの金剛堂山(前金剛)と最高峰1,650mの中金剛堂山です。

日本200名山にも名を連ねるこの山へ、いつか行ってみたいなと思いつつも、自宅から微妙に遠い場所に有るためにこれまで重い腰が上がりませんでしたが、今回思い切って行ってみることとします。


P9090118_R.jpg
【前金剛堂山より中金剛堂山へつながる風衝草原】


P9090044_R.jpg
【9時】
自宅を発って1時間以上車を走らせ、富山市、旧八尾町の市街地を超えて、経営難により閉鎖されたスノーバレー利賀へやってきました。
本来であればトイレ等も整備された栃谷登山口へ向かう予定でしたが、昨今の大水で橋が流されたとのこで通行禁止となっており、少し手前の竜口登山口よりスタートします。

水場はないけれど、きれいな小川や仮設トイレもあったりして、中々快適な登山口であります。


P9090056_R.jpg
ただ、利賀トレイルラン大会で使用されているこの登山口、距離は栃谷登山口とそう変わらないように見えるのですが、結構な急こう配で登りはともかく、下りはなかなかにスリリングでした。

道も広くて良いのですが、下りは捕まる木々が無くて滑りそうで足にきます。


P9090063_R.jpg
そして赤土むき出しの登山道が結構な区間続きます。

これはトレイルランで削れちゃったのか?
雨のせいでぬかるんでおり、下りの際はヌルっと滑り恐ろしい・・・


P9090066_R.jpg
ですが、全般的に道は広くきれいで急なところもない良い道のりです。
これなら誰でも安心して登れるでしょうね。

また、1キロごとに標識もたてられています。


P9090068_R.jpg
そして白いブナの林が広がる美しい道のりも見られます。
あまり見たことのない、白く大きく成長した巨木はなかなかに見ごたえがあります。


P9090076_R.jpg
しかし、ときおり赤土に、MTBでも走って削っちゃったのかと思うほどの溝も出来てしまっており、歩きにくい個所もいくつか見られます。


P9090091_R.jpg
その後、稜線に出れば木々の低くなり、気持ちの良い登山道を楽しめます。
ちょっと日差しが暑いけれども、緑の中の白い道のりを歩くのは気持ちがいい。


P9090094_R.jpg
辺りは晴天も相まって見事な展望が開けていました。

スノーバレー利賀を見下ろしつつ、冬にあらくにさんやアルボルさんと登った牛岳をはじめ、多くの山々の隙間から砺波平野を見ることができます。


P9090101_R.jpg
【11時半】
前金剛堂山に到着。
広々とした三頭には、祠をはじめ、石碑や石柱、方位盤など多くの構築物が整備されています。


P9090104_R.jpg
石造りの立派な祠。


P9090103_R.jpg
方位盤は直径2メートルはある巨大なもので、こと細やかに周囲の展望について記載されていました。
富士山や琵琶湖まで書いてある・・・細かいな。


P9090113_R_2017091018271236b.jpg
さて、この後がこの日のハイライト。
前金剛より、最高点中金剛へ向けて、風衝草原を歩きます。

冒頭の写真に見るように、遠目に見ているだけでその美しさが理解できます。
気分良く足を踏み入れます。


P9090121_R.jpg
その道のりは、実にすばらしいの一言。

昼近くになって雲が出てきたため、南北アルプスや白山等の展望は拝めませんでしたが、林の中を歩き切ったのちに広がる夢のような草原の光景は、標高以上の素晴らしいものです。


P9090115_R.jpg
草原は結構広く、谷を挟んだ白木峰の方へと繋がっているようにも見えます。

白木峰も有名な草原の景勝地ですから、このルートに沿って強い風が吹き木々が育たず、さらに風の通り道となって風衝草原が伸びているのかもしれませんね。

市名は異なっても、自然は繋がっているということでしょうか。


P9090126_R.jpg
中金剛手前の石碑
富山藩第10代藩主前田利保の歌碑だそうな。
達筆すぎて読めない。


P9090129_R.jpg
この途中のピークからは、前金剛までの道のりが一望できます。
中金剛山頂は木が茂っていて、前金剛側は見通すことが出来ません。


P9090134_R.jpg
【11時50分】
金剛三山の最高峰。
標高1,650m、中金剛堂山山頂に到着します。

しかし、前金剛に比べて非常にあっさりとした山頂でした。


P9090140_R.jpg
その先を覗き込めば、さらに広がる草原と奥金剛の山頂が見下ろせました。

あの道のりも中々にきれいそうな道のりだなぁ~と思いつつも、昼も回ったので下山することにします。

奥金剛の標高は1,616m。
なんだか下って登って、また帰ってくるのが面倒です(笑)


P9090139_R.jpg
また、中金剛山頂からは、はるかに広がる深い深い山々の先に、岐阜県の街並みが、霞の中に見えていました。

おお~。
ここはもう県境が目と鼻の先なんだな
あそこは飛騨市宮川町あたりかな?


P9090145_R.jpg
【12時半】
一通り展望を満喫し、昼食をとった後下山します。

標高以上の光景だったな。
帰路も美しい草原を眺めながら、山頂を後にしました。

秋になって紅葉が進めばもっともっと素晴らしい景色が広がるのでしょうね。


P9090158_R.jpg
【14時半】
下山完了。

途中説明したとおり、下山時はぬかるんだ土むき出しの登山等や、捕まりどころのない広い急降に苦しめられましたが何とか無事に帰って来ることができました。

もう9月に入りましたが、夏のように強い日差しで大汗をかきました。

しかしながら、竜口登山口には閉鎖されたスキー場はあれども水場がありませんので、写真の小川の水を頭から浴びてさっぱりします。
雪解け水ほどではありませんが、冷たく水も澄んでいて、なんだか飲めそうなくらいでした(笑)

さて、雲さえなければ360度の展望が楽しめたであろう金剛堂山。
しかし、山自身が持つ風衝草原の光景や周囲の山々の広がりを堪能するだけでもおつりがくる程の満足感が得られる、さすがは200名山ですね。
いつかまた、訪れてみたいものです。


それでは今回はこのへんで。

肉食いたい!!魚津グルフェスタ肉祭りに行ってきた。

通常サイクリング
09 /03 2017
仙台から帰って来て最初の週末は、気持ちの良い秋晴れの空が広がりました。

疲れも癒え、雨に打たれまくった旅の荷物の後片づけも済みました。
好きなことばっかりしてきたし、今日は家族サービスなどをして、のんびりと週末を楽しみましょう。

と、思いきや嫁は昨晩飲み会でダウン。
娘は寝ぼすけの引きこもりと化しており、もう昼近くなるというのに部屋から出てきません。

おおぃ。
なんだ誰も付き合ってくれないのか・・・(悲)


P9030038_R.jpg
【10時半】
仕方ない。
軽くサイクリングでもしてくるかな。。。
黄金のRX2カスタムを引っ張り出していつものウェーブパーク滑川へ。

ついでに昼ごはんも食べて・・・
そういえば今日はミラージュランドで、魚津グルメフェスタ2017「肉まつり」をやってるんだっけ。

うん。天気もいいし、元気だし、肉食いたいぞ(笑)


P9030040_R.jpg
久方ぶりの快晴の下、富山サイクリングロードのさらに外側の堤防に沿って魚津市を目指します。

朝方少し雨が降ったけれど、おかげで空気も澄んでいるのかいい天気です。
やはり快晴のサイクリングは最高だな。


P9030043_R.jpg
早月川にたどり着きました。

橋上には多くの車が肉を求めて渋滞しています。
こりゃ車で来たら、大変だわ。
電車かチャリで来ないとな~

・・・と対岸を眺めていたら意外な人がやってきました。


P9030041_R.jpg
なんとあらくにさんではありませんか。
お子さん連れでウェーブパーク滑川からサイクリングに来ていたところだとのこと。

富山の西の端っこ在住の身で、わざわざこんなんところまでご苦労様な・・・
二言三言話をすると衝撃の事実。

なんと、いきなり関東へ転勤が決まったそうな・・・
え~!!急だなぁ・・・
しかも単身赴任。

なんてこったい。
貴重な連れが一人いなくなってしまうのか・・・

これからは早月尾根もアルペンルートも単独行で行くしかなさそうです(哀)
そうと知っていれば夏にアルボルさんと3人で大型サイクリングにでも行きたかったな・・・
さびしいなぁ。。。


P9030045_R.jpg
その後あらくにさん家族と分かれてミラージュランドへ。
にぎやかな喧騒が聞こえてきます。

満車の駐車場を横目に、適当なフェンスに括り付けて入場しました。



P9030048_R.jpg
【11時半】
中には多くのテナントが軒を連ねて実ににぎやか。

私が着いたときには行列もさほどといったところでしたが、次第にどんどん人が増え始めて目ぼしいところにはどんどん人が並んでいきました。


P9030050_R.jpg
さて、とりあえず自分のお目当てのものを手に入れることができました。

まずは長野県の、飯山みゆき豚丼
肉も柔らかいし、タレがうまいね。
でも、もっと山椒をかけて辛くすればよかった(笑)


P9030053_R.jpg
そしてハンバーガーと、ホルモンラーメン
うんどちらも旨し。

特にホルモンラーメンはスープからしてホルモンの風味があって旨い。


P9030060_R.jpg
食べ終わったのちはますます人出が植えてにぎやかに。
お目当てだった豚の半身焼きは売り切れてしまっていました。残念。

しかし、他にも軽く何か肉をつまもうかなと思いましたが、流石にもう食えない・・・
腹が苦しい・・・
やっぱりもう若くないんだな。。。ギブアップです。


P9030066_R.jpg
肉祭りを後にし、油っぽい腹を抱えてカロリーの消費と、さっぱりしたものがほしいと思い蜃気楼ロードを走ります。

ちょっと風が強いけれど、潮風を感じながら最高のサイクリングが楽しめました。


P9030067_R.jpg
道の駅蜃気楼。
う~ん結構久しぶり。

すぐ近くでイベントが行われているのですが、こちらも浜焼きや食堂内は多くに人でにぎわっていました。
ミラージュランドは肉ですが、こちらは魚がメインです。


P9030071_R.jpg
久しぶりの加積りんごソフトをいただきます。

甘酸っぱさのある、シャーベット風のソフトがさっぱりとして美味しい。
生き返りますね。


P9030070_R.jpg
その後は道の駅を発ってフラフラあちこちポタリングしながら帰路へとつきました。

しかし、魚の街魚津で、肉の祭典とは実に面白かった。
富山でも特に閉鎖的な東部でこんな攻めのイベントは珍しいですからね。
来年もぜひ決行して、より【過激な肉料理】を提供してほしいものです。

そして、来年のビックサイクリングの行先も決まったな(笑)
目標が決まればやる気も出てきます。


それでは今回はこのへんで。

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書