2018年03月 - 童心週記
FC2ブログ

足湯探訪サイクリング【宇奈月温泉】へ

通常サイクリング
03 /24 2018
さて、今週末も素晴らしい快晴に恵まれました。
なんだか最近週末ごとに晴天続きで富山とは思えないですね、どうなってるんでしょう?

しかし、まだ3月であり、ちょっとした林道方面などは雪もあり走れないので、自然と平野部や県道等整備されたコースを狙って走ることとなります。

180324-095226_R.jpg
であれば、まだ肌寒いうちに、最近はまっている【足湯】を求めて、富山県最大の温泉街である宇奈月温泉方面へと走ってみることにしましょうかね。
最近新しい足湯もできたようですし、楽しみです。

こうして、青い空の下北アルプスが輝く世界を、新川広域農道から一路宇奈月温泉へと走り出したのでした。


180324-111722_R.jpg
【11時半】
と言いつつ、途中、あまりの晴天にくろべ牧場へと寄り道。
まだ動物たちは放されていませんが、飲食はできるようです。


P3240065.jpg
気温は15℃程度ですが、標高300メートル程までのヒルクライムをしたら汗だくになったので、ジェラートをいただきます。

あ~。
体が冷えすぎるくらい冷えるけど美味しい(笑)


180324-113755_R.jpg
そして、展望も抜群。
まだ茶色の牧草地から、平野を貫く黒部川と、それが注ぎ込む富山湾が能登半島まで一望できます。

いやあ~寄り道して正解。


180324-120438_R.jpg
新川広域農道を黒部方面まで走れば見える山々は一変し、正面に真っ白の朝日岳から雪鞍岳、白馬岳を眺めながらのサイクリングを楽しめます。


180324-122813_R.jpg
その後、広域農道を離れ、黒部川に沿って県道13.14号から宇奈月温泉へ向かいます。
この道のりも山々に挟まれた先にさらに白い山が見えたりと実に風情があっていい道のりです。


180324-124222_R.jpg
【12時半】
温泉の噴水が目印の、宇奈月温泉駅前に到着しました。
週末だけあって、駅前や道路上には旅行客で賑わっていますね。


180324-124412_R.jpg
反面、トロッコ駅はまだ営業前であり、閑散としたさびしい雰囲気です。
シーズンが始まれば、こちらのほうも賑わってくるんでしょうけどね。


180324-124910_R.jpg
そして、ようやく当初の目的である足湯に浸かることができます。
宇奈月温泉にもいくつかの足湯がありますが、まずは駅の中と外から浸かることのできつ、【駅の足湯くろなぎ】に浸かってみます。


180324-125119_R.jpg
ふう・・・
程よく温かいいいお湯です。
くろべ牧場と、宇奈月温泉までの二度の登りで固まった足がほぐされていきます。

また、造りもまだ新しく、綺麗で気持ちがいい足湯です。


180324-125101_R.jpg
そして、柵の向こうには、駅のホームから浸かることのできる足湯も有りますが、駅側の湯船は誰も浸かってませんね。
さてお次はどこへ行こうか?


180324-130010_R.jpg
再びロードに乗り込み、街中を走れば風情ある温泉街の街並み。


180324-133358_R.jpg
その中に、ひときわ真新しい建物を見つけました。
ゆめどころ宇奈月。

これが新しい宇奈月温泉総湯というやつのようですね。
日帰り温泉や、観光案内所も兼ねているようで時間があれば入っていきたいとことですが、残念ながらせいぜい足湯までの時間しかありません(笑)


180324-133404_R.jpg
入り口脇にある足湯に浸かっていきます。
ふう・・・
温かい。

やや小さい足湯ですが、傍には飲用用の温泉コーナーもあります。


180324-132200_R.jpg
そして、建物の反対側に回れば、もう一つ大きな足湯が備え付けれられています。
足湯としてはこちらがメインなのかな。

お湯は今は日陰のためか、ちょっとぬるめでした。


180324-140319_R.jpg
ゆめどころ宇奈月の2つの足湯を堪能したのち、傍のお店「やまとや」で豆腐ソフトを食べます。

うん。あまり甘くないさっぱりとしたソフトクリームでほんのり豆腐の味わいがあって美味しいです。
さ~て次の足湯で最後かな。


180324-130334_R.jpg
少し下って、宇奈月公園前の足湯【おもかげ】へ

こちらはなんだか正統派?の足湯って感じですね。
さあ入ってみましょう。。。


180324-130503_R.jpg
熱っ!!
熱い。熱いよここ。
源泉近くのお湯にはとても浸かっていられず、離れた場所へと移動します。

和倉温泉の妻恋船の湯も熱かったけど、これも負けず劣らずか、それ以上に熱い!!


180324-131133_R.jpg
どうやら源泉は90℃にも達するようで、源泉の後ろに備えてあるホースで水を入れて自由に調節して入って良いようです。

勢いよく水を流し込んでちょっと埋めてしまえば実に気持ちの良い湯加減となりました。
しかし、油断するとまたどんどん熱くなってくる(笑)

でも、熱いお湯になんだかんだで結構長く浸かっていたら、足から体までなんだかスッキリした気がしました。
ああ、気持ちよかった。


180324-142829_R.jpg
その後、県道13号の旧道から岐路へとつきます。
旧道はスノーシェードが連続する狭い道で、車には走りにくいのですが、高度があり黒部川から宇奈月温泉が一望できサイクリングに使うには中々よい道でもあります。

そんなこんなで、足湯と、宇奈月温泉の街を堪能した充実したサイクリングとなったのでした。

まだロードバイクの射程内にいくつか未訪問の足湯もあるので、チマチマ訪れてみたいですね。
それでは・・・


180324-154814_R.jpg
と、その前に蛇足。

帰路は、宇奈月温泉から黒部川に沿って海岸線から帰りましたがその途中魚津市で、今日二つの小学校の閉校式が行われていました。
最終的に、12の小学校を4つに統合するという中々の力技で、多くの子供たち以外にも、地域環境に影響するでしょうね。



180324-160157_R.jpg
創校140年を越える歴史ある小学校も、少子化の流れには逆らえないのでしょうが、何とも物悲しい。
かつて高度経済成長期には1,000人を数えた学校も、今は50人そこそこの児童数であったようです。

小学校は、最も多感な児童期を6年も過ごす上、地域との繋がりや支援無しで存在しえないものであり、影響は大きく。
統廃合の決断と実施は、大変ことだったでしょうね。

私の娘もつい先週小学校の卒業式を終え、今は中学校までの春休みを昼まで寝てダラダラ過ごしていますが
団塊ジュニア世代の私の在学時に比べて娘の世代は半分以下の児童数しかありませんでした。
はたして、娘が親になるときに、私たちの小学校はあるのだろうか・・・?


180324-155333_R.jpg
そんなセンチな気分に浸りつつ、午前中の快晴からいつの間にか薄雲がかかり始めた海岸線を岐路へ着きます。

閉校となる、かつての児童たちがデザインしたモニュメントに彩られた堤防。

人間の営みは僅かな時間で移ろっていきますが、広がる海だけはずっと変わらずこの先も有り続けてくのでしょうね・・・
大事に生きないといけないな~。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト



【鍋冠山】去りゆく冬に別れを

その他の山々
03 /11 2018
春の訪れも確かなものとなってきた3月も半ば。

今日は、厳しかった冬に別れを告げに
今年はなんだかんだで行けてなかったスノーシューを履いての雪山への登山を兼ねて、
2年ぶりに、富山県上市町にある、標高900メートル【鍋冠山】へ行ってきました。


180311-090148_R.jpg
平野部から眺める鍋冠山、丸い山頂が特徴的です。
今日は次第に天候は下り坂に向かうとの予報でしたので、さっさと登って下山することにしましょう。


180311-092501_R.jpg
【9時半】
西種地区のバス停に車を停めて、除雪のために水が流れる集落の中を登り始めます。

すごい勢いで水が流れているなぁ・・・
もはやちょっとした川状態です。


180311-093546_R.jpg
そして、今年はやはり雪が多かったのか、高峰山と、三角山の県道の分岐標識にたどり着く前に、道路は雪に覆われており、少し早目のスノーシューの出番となりました。

しかし、ここしばらく雪も降っていないため固く締まっており歩きやすい道のりです。


180311-094821_R.jpg
林道に入り雪の中を歩きます。

シーンと静まり返った林道。
いくつかの足跡があるのみで、周囲に人の気配は全くない。
静かだ・・・
だが不思議と寂しさは感じられないのです。

心地よい孤独感に身が包まれる中、雪の斜面を登り続けます。


180311-100913_R.jpg
林道の序盤、大きめの岩が見られるようになります。

確か、祠があるらしいんだけどなぁ?
どれだろう?
誰かの足跡でもあれば辿ってみるんですけどね。

登っていけないこともありませんが、とりあえず今日はパスします。


180311-105311_R.jpg
その後、西種造林作業路と、釡池方面への分岐点を過ぎ、
スタートから1時間半ほどで、高峰山との分岐点近くの標高806mの名の無いピーク傍を通過します。
いつかあの上にも行ってみたいですね。


180311-105555_R.jpg
そして、分岐直前の展望の良い開けたテラスからは剱岳の姿。

今日はこの後雲が出てしまいましたので、この日最後の雄姿でした。


180311-105702_R.jpg
【11時】
高峰山登山道との分岐点に到着。

標識が無いな。埋もれてるのかな?
そして高峰山に向かった足跡も全く無く、今年は人の入りが少ないのかな?


180311-105941_R.jpg
とりあえず、分岐から少し歩いて今日の目的地、鍋冠山への取り付きにたどり着きます。
ここも足跡が全然ないな。


180311-111305_R.jpg
まあ残りは足跡はなくとも、雪さあれば適当に上っていけば山頂にたどり着いてしまえるほどの道のり。

時折見えるリボンを頼りに急登の斜面を登っていきます。


180311-111705_R.jpg
【11時半】
2年ぶりの、鍋冠山山頂に到着しました。

しかし、登頂したものの次第に雲が広がり、風も強くなってきました。
う~ん、思っていたよりも天候の悪化が早そうです。

これは長居は無用だな。

そして、山頂の木にくくりつけられているはずの鍋冠山の看板も見当たらず。
2年の間に、どこかへ飛んで行ってしまったのかな?

180311-112216_R.jpg
とりあえず、山頂のテラスへ。

一番高い、このてっぺんに登って周囲を見渡しますが、雲が出始め、風も強くなってきておりとっとと退散することにします。


180311-112245_R.jpg
山側は霞み始めて、剱岳の山頂は雲の中に隠れてしまいました。

それでも大日岳や大辻山にかけての稜線、背後に白く輝く弥陀ヶ原はしっかりと見ることが出来ました。


180311-111711_R.jpg
また、平野部の展望はなかなか。

灰色がかった光景もなかなかオツなものです。


180311-112549_R.jpg
そして、山頂の木々には雪の花がまるで満開の桜の様に咲き誇っていました。
これは綺麗なものです。冬ならではかな。


180311-113305_R.jpg
さて、せっかく久しぶりに雪の山頂まで来たので、勿体ないから暖かいカップラーメンとコーヒーで昼食とします。

久しぶりの山頂ラーメンは実に美味しい。
体が温まります。
けど、風が強いから冷めるのも早いな・・・

掻き込むように流し込んで、速やかに下山を開始したのでした。


180311-125618_R.jpg
【13時】
やはり下りの帰り道は早く、1時間ちょっとで集落へと舞い戻ることができました。

その後、車に乗り込んでから30分もしないうちに雨となり、ぎりぎりで雨に打たれずに、おそらくは今シーズン最初で最後の冬山を楽しむことができたのでした。

次は新緑の世界を楽しむか、はたまた桜の季節の到来か・・・


それでは今回はこのへんで。

牡蠣祭りは戦場だ!!春の陽気を満喫の日

通常サイクリング
03 /04 2018
さて、今日も晴天に誘われて性懲りもなくサイクリングへ行って参りました。

昨日は足湯を求めて石川県七尾市の和倉温泉まで遠征しましたが、今日は近場の入善町で、牡蠣祭りが開催されるとのことで、牡蠣好きの私としては、ノコノコと訪問してみることとしたのでした。

180304-114146_R.jpg
会場である深層水パーク付近の入善漁港からの展望は素晴らしい。
今日も海は青く、背後には白馬の大展望が広がっています。

今日も素晴らしいサイクリング日和です。


180304-112958_R.jpg
【10時半】
すでに会場は賑わっています。
会場近くの堤防にはズラリと車が停まり、なかなかの人気イベントであることが伺えます。

さて・・・牡蠣が食べられるかな?


180304-103304_R.jpg
会場はあいにく狭く、人でごった返していました。

何とか牡蠣を買い、人の合間を縫って囲炉裏で牡蠣を焼きだします。
炭火の熱気がものすごいぜ・・・
サングラスが溶けるんじゃなかろうか(笑)

そして中の水分の弾ける爆発音があちこちで聞こえ、私の牡蠣もご多分に漏れずはじけて手にかかって熱い思いをさせられます。
牡蠣を焼くって激しいんだなぁ(汗)


180304-103800_R.jpg
それでも何とか焼けて、炭火で焼いた新鮮な牡蠣を堪能します。
アチチ~殻が熱い!!!
コテで殻をこじ開けて、アツアツの状態で口に放り込みます。

うん。これは実に美味い!!
何もつけなくても潮の味が溢れ出て、いくらでも食べられそうです。

昨日の能登食祭市場で食べたカキフライも美味しかったけれど、生の炭火焼きも抜群に美味い!!


180304-105550_R.jpg
なんとか無事に炭火焼牡蠣を堪能したのちも、その他のグルメを満喫していきます。
まずは牡蠣ラーメン。

塩の味が旨い。
牡蠣はラーメンに紛れて正直よくわからない(笑)


180304-110555_R.jpg
そして、アワビとイカ焼き。

アワビ。改めて食べてみましたが、牡蠣のほうが好きかな。
でもイカはコリコリしてとても美味い。


180304-111752_R.jpg
さらにイワナとヤマメお塩焼き。
どちらも頭から骨ごと食べられて実に美味い!

そして味の違いが私には判らない(笑)

と、いった感じで人ごみの中、海鮮グルメを満喫したのでした。


180304-120227_R.jpg
そして帰路へ。
黒部川の河川敷からは、白馬から立山までの北アルプスの全容がパノラマとなって広がっていました。

すごいぞ!今日は本当に最高の天気です。


180304-122213_R.jpg
その後は、黒部市の生地地区で、珍しい船の通過のために稼働する、生地中橋が稼働する場面にタイミングよく出会います。

おお!初めて見ることができた。


180304-122319_R.jpg
地元の人は見慣れてしまっているのでしょうが、巨大な橋が、道路ごと稼働して目の前にやってくる様はなかなか迫力があります。
う~ん。
実に今日はツイテいる!


180304-124400_R.jpg
そして今日の締め。
新年早々に訪問した、黒部市浄化センターに備え付けられた足湯、ばいおー湯に浸かって、ささやかな疲労を抜いていきます。

今日も性懲りもなく足湯
しかし今日は20度まで気温が上がっているのでテントの中が暑い・・・

足だけ浸かりつつも、全身から汗が出てきます(笑)
やはり足湯は寒い季節に浸かるのが楽しいかもしれないな。

そんなこんなで、この週末は二日連続で快晴の春を満喫したのでした。
こんな充実した週末は本当に久しぶりだなぁ。


ぞれでは今回はこのへんで。

今年最初の県境越え【足湯を巡って氷見~和倉温泉へ】

富山-石川
03 /03 2018
今日は、なんだか今年最高の好天日となりました。
これはもうどこかに出かけないわけにはいきません(笑)

180303-065149_R.jpg
朝日に輝く北アルプスが眩しすぎる・・・
朝方は放射冷却で冷え切っており気温は0℃で田んぼの水たまりも凍り付いていましたが、
日中の気温は最高15℃にまで達するとのことで、もう春の陽気です。

さて、そこで、山へ行こうか自転車に乗ろうか迷ったあげく、僅差で自転車と相成りました。

もう冬も終わりだし、足湯めぐりでもしようかな・・・
そして、どうせなら自転車に乗りながら山も海も眺められる、氷見から国道160号方面へ行こう。

そして折角ですから足湯も求めて、中々行きづらい富山県西部の氷見市から、県境を越えて石川県和倉温泉の足湯までを巡ってみようと思います。


180303-083909_R.jpg
【9時】
道の駅氷見番屋街傍の比美乃江公園へとやってきました。

いや~本当に最高の天気です。
世界が明るい。


180303-085749_R.jpg
さて、富山湾越しの北アルプスを堪能しようと思ったところでしたが、生憎結構霞んで来てしまいました。

う~ん残念。


180303-085746_R.jpg
その代り、海は物凄く綺麗です。

これから向かう岬たちが海の彼方に伸びていきます。


180303-085014_R.jpg
出発の前に、まずは目的地の一番目。
ひみ番屋街の足湯に浸かっていくことにします。

ここは人が多いですからね。
早い時間に入らないと芋の子を洗うような状態になってしまい趣が無くなってしまいます。


180303-084923_R.jpg
中は桧と温泉の香りが混じり合う落ち着いた空間。

窓は曇って展望はいま一つですが、雰囲気はすごくいいですね。


180303-084503_R.jpg
早速今日の一回目の足湯。

はあ~・・・気持ちいい。
湯加減も程よく熱く、ほぐされますね。

湯の花も多く漂っており、見た目にも温泉らしいいい湯です。
さて、温まったところで、先はまだまだ長いので出発です。


180303-093207_R.jpg
しばらく走って石川県へ。
これが今年初の県境越えです。

今年は何回?何県超えられるかな?


180303-101423_R.jpg
そして160号は、アップダウンの続く海岸線からアップのみの山越えへ。
200m足らずのたいした山ではないのですが、冬の間に衰えた足にはつらい・・・


180303-102922_R.jpg
【10時半】
道の駅、能登食祭市場で小休止。

すでに多くの観光客でにぎわっております。
この辺まで来ると、遠出したって気分になってきます。


180303-103201_R.jpg
そして能登に来てもやっぱり素晴らしい快晴。

能登島を望む海は凪ぎ、静かなことこの上ありません。
今日は絶好のアウトドア日和でした。


180303-104207_R.jpg
そして小腹がすいたので道の駅のフードコートで軽くつまんでいきます。

能登フグのから揚げと、さつま揚げ。
フグは骨まで食べられて身もしっかりした白身魚の味わいが実に美味い。


180303-104658_R.jpg
そして牡蠣フライ。

これは揚げたてで絶品ですね。
牡蠣も今が食べごろでしょうし、たまらないな。

やはり地元の名物を食べ歩く旅は楽しい。


180303-112220_R.jpg
【11時半】
その後、和倉温泉の中心、源泉公園に到着です。

う~ん静かで日差しが暖かくていい感じ。
気分もいいので少し公園を散策します。


180303-112745_R.jpg
結構いろんな温泉関係の見所があり、飲める温泉などもあって楽しめます。

温かくて塩気が強い・・・
でもある意味美味しいかな。
汗をかいた体にはちょうど良いかも。


180303-113120_R.jpg
そして個人的に気に入ったのが、下に源泉が流されていて、温かくなっているベンチでした。

これは気持ちいいわ・・・
寝転がっていたら、温かくて気持ち良くて、本当に寝てしまいそうです。


180303-113836_R.jpg
そして有名な旅館、加賀屋
でかいなぁ・・・

そして背後に見える海や能登島の景色も綺麗だし、いい場所に建ってるんだなぁ。


180303-114055_R.jpg
そして、和倉温泉からの海も最高に静かで美しい。
このままどっか泊まりたい(笑)


180303-120928_R.jpg
さて、そんなことばかり言ってられないので当初の目的に従い足湯めぐりを敢行します。
まずは和倉温泉総湯に併設された足湯へ。

木造の大きくて、実に雰囲気のある日帰り湯が楽しめる温泉です。


180303-121247_R.jpg
そして、正面には温泉卵のマスコットキャラクターのおんたま君が、豪華にも石像で出迎えてくれています。
和倉温泉は、温泉卵が売りのようであちこちの温泉で温泉卵をPRしていました。


180303-120725_R.jpg
さて、無料で入れる足湯も実にきれいな作りです。
まるで庭園のようだな。
さっそく入ってみましょう。


180303-120332_R.jpg
ふう・・・

少しぬるめですが、長く浸かっていられる程よい湯加減です。
太陽の光が透き通った温泉を照らして実にきれいです。
まるでローマの風呂のよう(笑)


180303-121633_R.jpg
すっきりしたところでさらにもう一丁。

今度は湯ったりパーク内の、妻恋船の湯という、これまた立派な建物の足湯へとやってきました。
すごいなぁ・・・


180303-121828_R.jpg
中も広々としていて、これまで見た足湯の中でも一番立派です。
さっき入ったばかりで足もほぐれまくっていますが、早速入ってみましょう(笑)!!


180303-121751_R.jpg
熱っ!!

吹き出し口近くのお湯はかなり熱い!!
アチャチャチャ!!!熱いって。

しばらく我慢して浸かり、時に吹き出し口から離れたところまで歩き、また吹き出し口に戻ってを繰り返して、堪能します。


180303-121909_R.jpg
高温注意って書いてある(笑)
熱いわけだわ。

でも、この熱さは癖になります。
湯船の底の石畳も気持ちいし、これまで入った足湯の中でも一番だな。
いやあ来てよかった。
これだけ大きくて、温かければいっそ全身浸かっていきたくなりますね(笑)


しかしこれで、富山およびその周辺の足湯の中でも行きづらい和倉温泉の足湯をクリアし、堪能することができました。

だがしかし、足湯ハンターの旅路はまだまだこれからです(笑)
次はどこの足湯を目指そうか。

・・・などと考えつつ。
久しぶりのロングライドで終わった足に鞭打ちつつ、アップダウンが連続し、向かい風へと風向きが変わった国道160号を引き返したのでした。
ああ楽しかったけど辛い・・・そして日焼けした顔が痛い・・・


それでは今回はこのへんで。

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書