2018年04月 - 童心週記
FC2ブログ

三度目の正直【林道大辻山線】を走破する!

通常サイクリング
04 /29 2018
さて、いよいよGWも前半戦の半ばとなりました。
多くの人は、この快晴の3連休を利用して旅立っておられることと思います。
私も連休後半に旅立つつもりだったのですが、どうも天候が芳しくなさそうですね。
ついてないなぁ~。

 しかしながら、もう目前に迫ったサイクリング旅行への最終調整として、過去に何度か走ろうとして雪融け前で通行出来なかった、『林道大辻山線』を走ってくることにします。

それではスタートです。


180429-105338_R.jpg
【11時】
上市川第2ダムを越えて、林道起点の豆山橋へとやってきました。
このあたりで標高は300m。
ここから10キロ先の大辻山や高峰山登山口を有する鳥越峠の標高は850mに達し、標高差、およそ500mのヒルクライムの始まりです。


180429-105504_R.jpg
振り返れば、4月だというのに、熱い程の日差しの下、青々とした水を湛えたダム湖がはるか先まで美しく延びていました。


180429-112532_R.jpg
林道は所々崩落や落石などの冬の傷跡が見られましたが、序盤は快適そのもの。

深く広がる山林の中を、雪の残る大辻山の肩を正面に眺めながら走ります。


180429-113935_R.jpg
しかし、標高を上げていくつれて雲行きが怪しくなってきます。
後谷橋のあたりからは、流れ出た土砂や、落石、木の枝葉が道路一面に広がる個所なども見られて、いまだ全面開通の時期ではないことが伺えました。

うひゃ~ドロドロ・・・
後始末が大変だ。


180429-114319_R.jpg
そして当たれば即死クラスの巨大な落石もちらほら。


180429-115629_R.jpg
【12時】
標高750m、大辻山水芭蕉群生地へ。

180429-115730_R.jpg
以前夏にMTBでやってきたときはすっかり水芭蕉の季節は終わっていましたが、今日は見事な白い花を見せてくれました。
きれいだなぁ・・・
時に10%を越える傾斜が続く林道を、暑い日差しの中、泥や岩を避けながら気を張って走ってきた中、ホッとするひと時です。


180429-115749_R.jpg
大きな団扇のような白い花。
水芭蕉って不思議な花ですね。

なお、この林道大辻山線ではこの場所以外にも、いくつかの場所で水芭蕉が群生しており、目を楽しませてくれました。
でも、次に見に来る気になるかは、林道の状態次第かな(笑)


180429-120315_R.jpg
そして、ここまで登れば展望も素晴らしい。
深く広がる森林の先には剱岳の頭に、毛勝三山の姿がはっきりと見え始めます。
楽しいなぁ~


180429-121030_R.jpg
と、思ったのもつかの間、鳥越峠手前の林道はいまだ完全に通行不能状態であり、雪崩落ちてきた雪と土砂で完全に道がふさがっていました。

うわ・・・やばいなこれ。。。
まだ林道通過は早かったか。
さりとて今更引き返すこともできず、崩壊地が大した距離では無いことを祈りつつ、雪や土砂にタイヤごと足首まで突っ込みながら突入していきます。


180429-121457_R.jpg
幸い、塞がっていた区間は短く、何とか通過しましたが、自転車もおろしたてのニューシューズXC7も泥まみれなってしまいました。
最悪だ・・・

おまけに足元が悪い中を自転車を押し上げてきたので予想以上に疲労しました。
今日は軽い調整のつもりだったのにえらいことになってしまったな・・・


180429-121716_R.jpg
【12時20分】
標高850m、鳥越峠に到着!!
疲れた~

車は一台も停まっておらず、反対側も似たような状況なのではとの不安がよぎります(笑)
しかし、この静かな空間を独り占めできるというのはなかなか気分の良いものでした。


180429-123137_R.jpg
その後、一気のダウンヒルが待つのかと思いきや、何度かのアップダウンを繰り返し、白岩川水源の森の標識へ。
どうやらこのあたりの森が、白岩川の源流になるのでしょうね。

そして、ここも水芭蕉の大群生地でした。


180429-124141_R.jpg
大辻山登山口本道を過ぎ、登山者の気配も感じられるようになり、また国立立山少年自然の家が取り付けた標識などが見え始めて、人里が近くなってきたのかと思いきや、今度は多くの残雪に苦しめられます。

SPDシューズとはいえ、雪は足が取られて辛い・・・
まあ、土砂や倒木がない分は、先程よりははるかにましなのですが・・・


180429-124753_R.jpg
【12時50分】
何とか難所を超えて、登山口の駐車場へ。
車の入ってこれない場所は全く人気がありませんでしたが、林道に路駐する車も多く、やはりこの快晴の下多くの登山者が大辻山へと足を運んでいたようです。

やれやれ、こんなひどい目に合うとは思わなかった。
やはり林道は5月過ぎてからのほうがいいのかもしれないな。


180429-125811_R.jpg
しかし、ここからはようやく最高のダウンヒルが始まります。
標高800mの林道の隙間からははるか平野部が見通せました。

今日はたしか富山湾岸サイクリング。
多くのサイクリストたちがあの霞の向こうの海岸線を駆け抜けていることでしょう。


180429-130130_R.jpg
そして素晴らしい立山山麓の展望台にも出会います。
立山から鍬崎山などを一つの箱庭のように閉じ込めてみることのできる、絶妙な角度の展望台です。


180429-130154_R.jpg
いやあこれは素晴らしい。
白く輝く立山や弥陀ヶ原と、鍬崎山の下に広がるグリーンシーズンのスキー場たちの対比が見事。

立山山麓を切り取った絵画のような大展望に見入ってしまいます。


180429-130203_R.jpg
立山と弥陀ヶ原。


180429-130457_R.jpg
そして、真正面に大きく屹立する鍬崎山。
いやあ素晴らしい。

苦労して峠を越えて来た私へのご褒美のように感じられてしまいます。
この素晴らしい光景を見るために、あの未開通の林道を超えてきたのだと思えばなんだか報われた気分です。


180429-131843_R.jpg
【13時20分】
その後、国立立山少年自然の家や、礼拝山登山口を通過しつつ、時に10%を超えるような、今度は強烈なダウンヒルを満喫して、無事に林道大辻山線を抜けて、芦倉雄山神社前にたどり着きました。
正面の道は、アルペンルートへ向かうのであろう車やバスが引っ切り無しに登っていきます。

さて、今日は疲れたけれど、刺激に満ちた体験ができて楽しかったな。
でも次はちゃんと開通してから通過する事ににしましょうかね。

日の高いうちに帰路について、来週に備えて汚れに汚れた装備の手入れをすることにします。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト



サドルとシューズを巡る道【フィジーク アリオネR3 OPEN&シマノ XC7(SH-XC700) ワイドタイプ】

サイクル用品に関する童心
04 /23 2018
サドルとシューズ、これらは共に自転車と体を接続する最も重要なパーツたちですが、今回はGWを前にして、それらの更新(散財)を行いました。


180421-171216_R.jpg
まずは7年ぶりのサドル交換。
フィジーク アリオネR3 OPENです。

フィジーク初の穴空きサドルにして、久しぶりのホワイトカラーの登場に
、ついつい押さなくてもいいボタンをクリックしてしまいました。


180421-172727_R.jpg
さっそく取り付けます。
R3のほうが、手に取った感じや見た目は一見スリムに見えるのですが、現在使用しているアリオネバーサスと大きさも厚さも変わらず、シートポスト等の調整も不要のままポンつけできました。

その他、ICSにも当然対応しており、ラピッドX3テールランプやサドルバック等も変わらず使用できるので、やはり同一メーカーだと交換しても楽ですね。

でもやはり穴あきサドルの方がデザイン的にもアクセントになってカッコイイです。
バーサスは長いこと使っていても特に不満もありませんでしたがちょっとノッペリした見た目が気になっていました。

ただ、サドルのサイドにアリアンテのようなガードを付けて欲しかったな・・・
立てかけなどで傷がつくことを考えて、せめてバーサスのように丈夫な素材で作ってほしかったものです。

さて、パッドの厚みはバーサスのほうが厚い感じですが、R3にも十分な厚みのパッド量が確保されていると感じられます。
実際乗ってみたらどうなるかな?


180421-133602_R.jpg
加えてもう一つ。
シマノSPDペダル用のサイクリングシューズの上位製品
XC7(SH-XC700)もを購入してしまいました。
金が・・・

そのデザインはなんだかエナメルの靴のようなつやつやの表面ですが、見慣れると次第にかっこよく感じてきます(笑)


180421-133634_R.jpg
そのソールはミシュラン製。
ロゴが所有欲を満足させられます。


180421-133708_R.jpg
 さて、つい昨年にもビブラムソールを採用した、GIROのTerraduroを導入し、中部地方一周サイクリングや、富山-仙台サイクリングなどのロングランでも使ってみましたが、残念ながら私の足には細く、長時間の使用では足の甲の横の部分が痛くてたまらなくなり、だましだまし時に弛めて使用したりしていましたが耐えられず、勿体ないですが使用を断念し大人しくシマノのワイドタイプを使用することにします。


180421-134433_R.jpg
しかし、XC7は流石に高級品だけあってその一足の重量45サイズにしてGIROTerraduroの540グラムに対してクリート込みで380グラム。

さらに、7年前から昨年まで使用してたシマノSH-M087が450グラムですから、手にしてみても当然、足に履いては更に軽快に感じられます。

ただ、幅は同じ45なのですが、XC7のほうがSH-M087より若干広くなっているようです。強く締めないと緩いかも。
余裕が無いよりはいいけれど、もう少し締まり気味のフィッティングでもよかったな・・・

本当に理想のサドルとシューズに出会うのは難しいですね。。。


180422-104300_R.jpg
とりあえず新しい品々の感触を確かめに、まるで夏のような強烈な日差しの下、試走に出かけます。
山を見れば、僧ケ岳の雪絵もクッキリと現れており、いよいよ田んぼの季節がやってきたことを知らせていました。


180422-115007_R.jpg
さて、クリートを合わせながら進むので遅々として前進できませんでしたが、何とか新川広域農道をひた走り、黒部川を越え入善町までやってきました。

ちなみにアリオネR3はバーサスよりもパッドが薄い分、尻に軽い痛みを感じ始めましたが、これはまだ馴染んでいないからが大きいような気がします。ですが、穴空きサドルの効果か、股間の圧迫感はバーサス以上に感じず、体になじめばこれまで以上の快適なサイクリングが楽しめそうです。

また、XC7も何とかクリートの位置も定まり本格的に踏み込んでみましたが、軽さはもちろん、ソールの硬さがペダルをしっかり押さえて絶妙に踏み心地がいい。
また、GIROTerraduroと異なり、シマノのペダルPD600にシマノのシューズですからクリートの位置関係もばっちりで、久しぶりにカチカチと小気味よいビンディングの装着感を堪能することができるようになりました。
やはり同一メーカーで統一が一番無難だな。


180422-115208_R.jpg
標高150m程の明日温泉では温泉の駐車場の枝垂桜がまだ何とか持ちこたえてくれていました。
これで何とか今年も花見ができました。


180422-115517_R.jpg
そして、最近凝っている足湯めぐりへ。
駐車場そばの『ひばり野湯』に浸かっていくことにします。


180422-115622_R.jpg
ふう・・・
今回は貸し切りの足湯。
このお湯は茶色い色がついているのかな?

やや熱めのお湯にですが、気温が高いからかもしれませんね。
足がすっかりほぐれたところで次の目的地へ向かいます。


180422-121314_R.jpg
水が張られ始めた水田。
キラキラと実に美しい。


180422-130545_R.jpg
しばらく下って平野部へ進めば、昨年も訪れた入善フラワーロードが開催されています。
桜は今年は今ひとつ堪能できませんでしたので、満開のチューリップや菜の花で目を楽しませることにします。


180422-123528_R.jpg
色とりどりのチューリップが実に見事です。


180422-125921_R.jpg
歓送迎会をはじめ、世俗の儀式に付き合わされ、体力的はもとより精神的にも疲労するこの季節には、色とりどりの花々の美しさに癒されます。


180422-125758_R.jpg
そして今日はジェラートが旨い。
昨年は寒すぎてとても食べる気にならず閑古鳥な鳴いていた出店も今日は大繁盛でした。


180422-132228_R.jpg
この時期、このあたりの地区では菜の花もあちこちで植えられており、フラワーロード以外の場所でも大きな菜の花畑に出会うことができます。

フラフラ走って、かなり大きな菜の花畑に出合い、黄色い絨毯の光景にしばし心を奪われます。
いい香り・・・


180422-132322_R.jpg
暖かい太陽の下、黄色く輝く一面の花畑と、菜の花の香りに包まれていると時間を忘れてしまいそうになります。
ここは天国なのだろうか・・・(笑)


180422-134839_R.jpg
その後、現世に帰ってきたのち、帰路の途中の黒部宇奈月温泉駅でGWに使用するJRの切符を受け取ってきました。
富山は、新幹線が来たのはいいのですが、在来線がすべて3セク化してしまい、JRの切符を受け取るには富山駅か新高岡駅、黒部宇奈月温泉駅しかないという何とも不便なことになってしまいました。

まあ電車で県外に出ることなんて殆どないから滅多にない手間ではあるんですけれどね。。。

・・・帰宅後。
今日は本当に暑く、半日ほどのサイクリングでしたが日焼けで腕や足が真っ赤になってしまいました。
痛い・・・風呂で腕を洗えない・・・
まあ、これからのサイクリングシーズンに備えて早めに慣れておいたと思っておくか。


それでは今回はこのへんで。

新たなる旅立ちの序曲【本州太平洋側縦断&四端踏破サイクリング】について

本州縦断&四端踏破
04 /12 2018
4月当初の好天はどこへやら。

ここ3週程は、週末になる度の悪天候によりどこへ行く間もなく、桜もスッカリ散り去ってしまいました。。。
今週末も今一つの予報であり、なかなか天候というものは上手くいかないものです。

さて、そんなわけですることもなく落ち着いており、今年から始める新たなる冒険に向けて少しまとめておこうと思います。

これまで私は、いろいろな場所へサイクリング旅行へ旅立ってきましたが、よくよく振り返ってみると
2015年には【富山から函館】、そして2016年には【富山から博多】までのサイクリングを終えており、

なんと、気が付けば
『ほぼ本州日本海側縦断サイクリング』を成し遂げていたではありませんか!!
すげ~(笑)

そして、ふと気が付けば、もう一つのルートへの憧れが、くすぶり始めてきました。
そう、次なる目標は『本州太平洋側縦断サイクリング』です!!

そして、この本州縦断にはもう一つ面白い目標設定があることがわかりました。

それが、本州の東西南北の最果て

ooma.jpg
最北端 青森県大間町【大間崎】


todo.jpg
最東端 岩手県宮古市【魹(トド)ヶ崎】


siomisaki.jpg
最南端 和歌山県串本町【潮岬】


bisya.jpg
最西端 山口県下関市【毘沙ノ鼻】
【※写真は、下関市HPよりお借りしました。後日自分で撮って差し替えたいと思います・・・】

が、本州太平洋側縦断のコース上に見事にそろっているのです。

おまけに、山口県下関市が掲げている、本州四端踏破ラリーなども貫徹すれば、記念品が貰えるというおまけつきです。
これは是非ともやってみたい!!

本来は日本一周サイクリングなどが出来ればよいのでしょうが、私もまだ子育て中の社会人であり、リタイア組や学生さんたちのように何週間も何か月もかけては走れません。

それでも本州太平洋側縦断は、日本海側以上のゆうに2,000キロを超える道のり。
連休の1度や2度で走りきれるものではなく、いくつかのブロックに分けて完走したいと思っています。

更に、この旅は、これまでのビッグサイクリングのような一日300キロからの道のりを走る過酷で慌ただしいものとせず、

予てからの憧れであった、のんびり一日150キロ程度、最大でも200キロ程度に抑えた、見知らぬ道のりを満喫できるような旅にしたいと考えています。

具体的には、
①青森県青森市から下北半島を一周しつつ、大間崎から青森県八戸市へ【最北端】
②青森県八戸市から三陸を走り、宮城県仙台市へ【最東端】
③宮城県仙台市から初の北関東を走り東京へ
④東京から箱根越えののち名古屋へ
⑤名古屋から紀伊半島を一周して大阪へ【最南端】
⑥大阪から、瀬戸内を走り、最終目的地、山口県下関市へ【最西端】

の6つのブロックに分けて走ることを計画しています。

当然、1年で終わる旅路ではなく、何度もの連休と、
スタート地点までへの結構な【交通費(笑)】が必要となる、色々ハードなものです。

そのため、完結までには、3年~5年はかかると見繕っています。

ずいぶん気の長い目標ですが、一つ一つの道のりが、なかなか楽しそうなサイクリングで、東西南北端到達の目標がそのスパイスとなっているよい冒険の旅路です。

そして、いつの日かの完走を目指し、最後まで冒険の記録を書き連ねることを目標にしたいと思います。

文字ばっかりの記事ですが、
そんなこんなで第一回のスタートも、いつの間にか数週間後に迫りつつありまして。
後は好天を祈るのみです。


それでは今回はこのへんで。

砺波夢の平~庄川水記念公園足湯へ『県道35-25号をメインに』

通常サイクリング
04 /01 2018
つい数か月前の寒波はどこへやら。
いよいよ4月となりましたが、毎週の好天の週末に加えて、日差しはまともに浴びればもはや暑いくらいとなってきました。

天気のが良いのは有難いんですけれど、花粉もすごい・・・
そんな中、ほかにもタイヤ交換や、抜け毛が始まった犬の風呂など色々と家のこともしなければならない中、ついついサイクリングへと旅立ちます。



そんな今回のルート。

いつもとちょっと趣向を変えて、常願寺川河川敷を旧大山町方面へ登った後、富山広域農道よりもさらに山側を走る、県道35号へと移動したのち、県道25号などを使用して旧八尾町・婦中町の山間部、旧山田村などを通過し、砺波市の夢の平スキー場からの展望を堪能し、庄川水記念公園で足湯に浸かるといった、充実した行程です。

それではスタートです。


180331-100434_R.jpg
【10時】
常願寺川堤防を走り、富山地区広域圏クリーンセンター付近の雷鳥大橋より、旧大山町から県道35号へ合流地点へと向かいます。

なお、平野部はすでに桜も満開ですが、少し山側に上ればまだまだといったところですね。


180331-103912_R.jpg
県道35号は、道も広く、交通量も少なく中々の快走区間です。
サイクリングコースの青いラインが引いてあるのも頷けます。


180331-104825_R.jpg
青々とした井田川に差し掛かり、旧八尾町への丘と、背後には牛岳。
いい景色です。


180331-111610_R.jpg
富山唯一のサーキット、おわらサーキット前を通過。
今日は閑散としていてエンジンの音も聞こえません。


180331-111934_R.jpg
また、人気のない山道の中にポツポツと残る古民家は、まるで箱庭のよう。
このままずっと保存しておきたくなるような光景です。


180331-112235_R.jpg
峠には斎場。
ああ、だからこんな人気もない山なのに、やたら道が立派なんだな。
納得です。


180331-113113_R.jpg
【11時半】
旧婦中町の山を越えて、旧山田村へ。

山田村か・・・
かつて山田村の山間部でバイクで転倒しオイルケースが割れて、10数キロ押して歩いた悲惨な思い出がよみがえるため、これまで余り近寄ってきませんでしたが、改めて走ると国道156号の平、上平にも雰囲気の似た居心地の良い道のりです。


180331-113947_R.jpg
しばらくは街並みの続く、35号沿いを走ったのち、県道25号に入って集落を見下ろしながら再びの峠越えと移ります。

なお、県道25号沿いにはいくつもの牛岳を祀る神社が見られて、この山田地域で牛岳が強い信仰の対象となっていたことが伺える道のりでした。


180331-120239_R.jpg
【12時】
その後、県道222号を経て再び25号に入ってのち砺波市へ。
しかし思ったよりアップダウンが続く道のりです。
トレーニングコースとしては変化に富んで楽しいのですが、ちょっと時間の見積もりが甘かったかな?

それでも美しい山村の景色が所々で垣間見え、ついつい足を止めて見入ってしまいます。


180331-121322_R.jpg
寺尾温泉そばの、赤い色が鮮やかな夢の平橋へ。
ここからは主に県県346号を走り、夢の平スキー場を目指します。


180331-121834_R.jpg
【12時20分】
そしていよいよ本日最後のヒルクライム。
スキー場への分岐に到達です。


180331-122717_R.jpg
適度な負荷の、10%程度の登り坂を登っていきます。

背後には山々と、そしてこのような山間部にも切り開かれた水田の光景が広がります。
人はどんなところにも暮らしていたものですね。
新緑が茂る、水の張られたころはまた別の美しさがあるでしょう。


180331-122957_R.jpg
【12時半】
思った以上にあっさりと到着
標高500mにも満たないスキー場にはもう雪もまったくありませんね。


180331-124057_R.jpg
緑と茶色が交じり合う、広々としたゲレンデ。
かつてアルボルさんやあらくにさんとMTBで走ったゲレンデですが、さすがにロードでは厳しいですね。


180331-124113_R.jpg
さて、山頂を目指したいところでしたが、さすがに空腹感を感じたため、営業をしていたコスモス荘で昼食を食べていくことにします。


180331-125514_R.jpg
カツカレ~。
味はまあ普通ですね。元がスキー場ですからまずまずです。
でもカツが揚げたてで熱くておいしい。


180331-131903_R.jpg
お腹も満足したところで再出発。
途中木々の切れ間から剱岳や立山まで見通せるテラスを発見し堪能します。


180331-134145_R.jpg
しかし・・・
快調に進んでいたところ、なんと4/14までは通行止めとのバリケードが。

なんだって~!!ここまで来てそれはないよ。。。
さすがにここまで来て引き返すのは不完全燃焼感が半端ないので、行けるところまで行ってみることにします。


180331-132053_R.jpg
しばらく走りますが、雪もなくまずは散居村展望台へ。
階段に雪が残っているけれど、足跡はありますね。


180331-132246_R.jpg
そして、展望台からの光景。
眼下に庄川流域の散居村の拡がりが一望できます。


180331-132811_R.jpg
さらにもう少し先には、散居村展望広場が整備されています。
こちらもまだ整備前のため、崖っぷちには転落防止のロープも張って無いので気を付けて近寄ります。


180331-132826_R.jpg
そして散居村の展望。
こちらは医王山を背後にした、砺波平野の展望を正面から見ることができます。

いやあどちらも綺麗です。
ここまで走ってきてよかった。


180331-133339_R.jpg
【13時半】
その後さらに走って、山頂への遊歩道までやってきましたが、この時点で昼を大分まわっており、帰路の時間を考えてカットとしました。
かつてMTBで駆け下った鉢伏山頂よ、夢の平よ・・・
またいつの日かやってくるよ。


180331-133508_R.jpg
さて、本来であればこのまま364号をまっすぐ駆け下って、国道156号から庄川水記念公園のさらに上に出る予定でしたが、通行止めの本領発揮。

雪により押し流された木々や土砂により、山頂を過ぎた不動明王像より先は通行不能となっておりました。
ここまでか・・・
引き返すのは残念ですが、楽しい道のりでした。


180331-141424_R.jpg
【14時】
その後、夢の平より、一気のダウンヒルを経て、あっという間に庄川水記念公園へと移動します。
やはり下りは速い。

公園は、桜もところどころ咲いているところもあり、なかなかの人出でにぎわっていました。


180331-141646_R.jpg
さて、まずは火照った体をゆずソフトで冷やします。
さっぱりとした酸味のある『ゆず』の風味が美味しい。


180331-142010_R.jpg
そして、足湯。
訪問客の数の割に小さな足湯のため、やや混雑しますが、ほどほどに温かく、湯の花も混じるいい足湯です。

もうしばらくして、満開の桜の中で浸かっていたら最高でしょうね。
でもすごい混雑しそう・・・


180331-140249_R.jpg
そして、景色も足湯も満喫したのち、日も下り坂となり始めたため、速やかに帰路へと就くことにします。

昨年満開の花吹雪を楽しんだ、小牧ダム沿いの桜はまだまだこれからといったところ。
次はお花見ライドとしゃれ込みたいところです。


それでは今回はこのへんで。

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書