FC2ブログ

グランツール南2018に参加しました

サイクルイベント
07 /29 2018
今回は久しぶりに遠征してのサイクルイベント。
新潟県小地谷市で開催される、グランツール南へお邪魔してきました。

新潟県と富山県は隣り合う県なのですが、新潟県中央部の小千谷市は富山から参加するにはやや遠い場所にあります。
ですが、昨年仙台まで走った際に、国道17号や、国道252号の六十里越雪わり街道を含む新潟県内陸部を走った際の、自然豊かで風光明媚な光景が頭に残っており、別の機会にこの辺りを走ってみたいと考えていたのでした。



そして申し込んでみたグランツール南
定員300名、道のりは63キロ、標高も最大で250m程度と、小さめの大会ですが、地域の人々が一体となって作り上げた手作り感があふれる温かみもありつつ、エイドを含めた内容の充実度や完成度は大イベントに勝るとも劣らぬ良イベントでした。

この29日は台風が過ぎ去った後の、フェーン現象による猛暑の中で、初参加のイベントと道のりを満喫したのでした。
それではスタートです。


180729-070301_R.jpg
深夜に富山を発ち3時間半かけて、6時前には駐車場に到着。
仮眠したのち、受付会場かつスタート地点の越後岩沢駅へ移動します。


180729-070743_R.jpg
続々と集まる参加者たち。
定員は300人の規模的には小さな大会なのですが、沢山のロードが並ぶとやはり壮観です。


180729-070825_R.jpg
ちなみに越後岩沢駅の標高は、切りよく海抜100mとのこと。
大自然の中の小さな駅で非常に風情があります。


180729-072310_R.jpg
【7時半】
そうこうしているうちに開始時間となりました。
50人単位に分かれてスタート。
待っている間にもジリジリト日差しが強まって来ますが、総数が少ないのですぐに出発の出番はやってきます。

いよいよか~


180729-073616_R.jpg
スタート直後は、ぐるっと岩沢地内を一周しつつ、国道から山間部へと移動していきます。

街の中では、地域の方々が総出で見送って手を振って下さります。
感動的ですね。
地域の手作り感が大きい今大会ですが、この先でも暑い中多くの方々が沿道で応援してくださっていました。


180729-074625_R.jpg
一瞬国道117号の歩道を走り、そして山間地へ。

ここの集落でも沿道で手を振る方々が。
地域の隅々までイベントの協力が行き渡っています(笑)


180729-080023_R.jpg
また、このグランツールのコースは最大でも標高250mほどで、山岳走行をメインにしているわけではなく、ガッツリ登りたい人には物足りないかもしれません。(私は登りたく無い派)

しかし、各地の集落をめぐるように走るコースのいたるところに、棚田あり、ため池ありの、人々の生活の息吹が感じられるまさに風光明媚な山郷地域の光景を感ることができる楽しい道のりでした。


180729-080101_R.jpg
走っては幾度も美しい山村の光景がいたるところで眺められます。

ゆっくり足を止めたいところですが、イベントに来るとどうしても足が止められないんですよね(笑)


180729-080642_R.jpg
う~ん素晴らしい眺め。
のどかで走っているだけで気持ちがいいですね。


180729-081457_R.jpg
【8時15分】
15キロほど走って第1エイドへ。

今大会は60キロと短いながらも4つものエイドが参加者を出迎えてくれます。
また、あちこちの地域の集落センターのような建物を利用しているのでトイレがウォッシュレット付きなのもうれしい(笑)


180729-081840_R.jpg
そしてお楽しみのエイド食。

生野菜の、トマトやキュウリ、そしてオレンジやバナナ、そして「塩」

真夏のイベントなので、冷たいさっぱりとしたものが非常にありがたい。
体を冷やしてくれます。


180729-082006_R.jpg
おいしかったのがきゅうりに味噌をたっぷり着けて食べるもろきゅう。

さっぱりと、しょぱいのとが合わさり、汗だくになった体にぴったりです。


180729-082322_R.jpg
そして嬉しいかき氷。
レモンのはちみつ漬けがのっかった手の込みようです。

うまいし冷たくて最高!!

しかしこめかみが痛くなってきた・・・
急いで食べようとしてはいかんな・・・


180729-084057_R.jpg
その後は信濃川沿いに走って川を渡り・・・


180729-084543_R.jpg
越後川口インター前を走って次第に高度を上げて・・・


180729-085620_R.jpg
【9時】
およそ25キロ地点
美しいバラ園などがあるおぢやクラインガルテンふれあいの里へ。
そしてそこが第2エイドとなります。


180729-090425_R.jpg
山本山高原の麓に位置する美しいエイドです。


180729-085652_R.jpg
ここでは一本きゅうりと、丸ごとトマト(笑)

きゅうり一本は途中で結構きつくなってきた(笑)
塩をぶっかけるとボリボリと、美味しく食べられます。

また、丸ごとのトマトにかぶりつけば、さっぱりして酸味が有って、暑いときにはもってこいの食材かもしれませんね。
大きいのが厳しい人は、ミニトマトも食べやすく美味しい。


180729-085836_R.jpg
そしてスイカ。
塩をたっぷりまぶして食べれば甘じょっぱくて最高においしい!!

日差しがどんどん厳しくなる中、ミネラルたっぷり補給して、先へと向かいます。


180729-091237_R.jpg
水分の取りすぎで腹が苦しい中登って行った先には、沢山ポケットパーク展望台があり、そこからの光景がまた素晴らしい。


180729-091326_R.jpg
おお・・・!!
信濃川に沿って広がる、小千谷市の光景が一望できます。

川と山と青い空、そして街と農地のコントラストが見事に広がります。
クッソ暑いけれど、天気が良くてラッキーでした。


180729-091351_R.jpg
眼下には蛇行する信濃川の姿。

これも素晴らしい。
ただ残念なことに天気は良かったのですが、八海山、駒ヶ岳、荒沢岳、守門岳といった高峰たちには雲がかかっておりその姿を見ることはかないませんでした。


180729-091411_R.jpg
そして振り返れば、これまでの道のりと先ほどの第2エイドが眼下に広がっています。

いや~結構上ったな。


180729-091500_R.jpg
そして信濃川の流れる先には越後平野の広がりと、その先には霞がかった弥彦山が見えています。

これも素晴らしい。
良いところを眺めることができました。


180729-091556_R.jpg
そして再スタート。
しばらく登ったのち、大きな第一、第二調整池のそばを走り下って、次の目的地へと進みます。


180729-092312_R.jpg
青空の下、大きく広がる田園風景。
のどかだなぁ~


180729-093235_R.jpg
そして里山を抜けて再びの登り区間が始まります。
この山地の集落でも人々が出迎えて手を振ってくださっていてありがたい限りです。

でも暑いので皆さんも気をつけて・・・

峠は前述のとおり250m程度で、時折10%超えのところが有るくらいなのですが、とにかく暑い・・・
運営の方々も何度も車でコースをパトロールされています。


180729-095321_R.jpg
登りの途中道端に、一級河川茶郷川源流の碑

源流って響き、心惹かれます(笑)


180729-095410_R.jpg
山深い道のりを、暑さに参りながら登り続けます。
そして、山の中にもいくつもの集落があって、人々の生活力の強さを感じさせられます。


180729-095507_R.jpg
小千谷市のみならず魚沼市等、新潟県の中央部で多くみられた、アーチ形の納屋。

変わった形ですが、やはり豪雪対策なんでしょうね。


180729-095920_R.jpg
【10時】
暑さにヘロヘロになりつつ、およそ40キロ地点の第3エイド市ノ沢へ。
道のりも半分を過ぎました。


180729-100031_R.jpg
日差しに当たれば軽く40度超え、ほっとけばどんどん上がっていきます。
走っていても熱いわけだわ。


180729-100212_R.jpg
さて、第3エイドはトマト、バナナといったレギュラーメンバーに加えて、カロリー補給のためか、おにぎりと、初登場の漬物たちが出迎えてくれました。

しかし暑い中、エイドでお世話される方々も大変なことですね。
感謝です。


180729-100247_R.jpg
塩おにぎり。
暑くて食べられないかな~と思いつつも小ぶりでするりと入っていきます。


180729-100400_R.jpg
そして漬物。
小千谷市は漬物も特産品のようでこちらはナスの漬物。


180729-100445_R.jpg
そしてきゅうりの浅漬けとキムチ漬けか?
塩気と辛味があって生き返ります。


180729-100604_R.jpg
そして何よりうれしいアイスキャンディー
冷たくて最高!!
しかしまたしても、こめかみが痛くなってしまった(笑)


180729-100916_R.jpg
さあ残すところはあと20キロちょっと。

暑くて重たい体に鞭打って緑の道のりへ飛び出します。


180729-102324_R.jpg
登って行けば、峠の山頂付近に大きなため池。

このグランツール南のコースには、いたるところに大小のため池が作られており、新潟の米どころとして育まれてきたことが伺えます。


180729-102818_R.jpg
そして山間の中、かつてこの全てが棚田であったのだろうと思われる緑の中を走り抜けて、最後の大きな峠へと向かっていきます。


180729-103139_R.jpg
山を切り取って作られた林道内の木陰の道は、今日の炎天下の中のオアシスロードでした。


180729-103424_R.jpg
峠を越えて、視界が開ければやはり集落があってホッとしますね。

ここで山間コースはほぼ終了。
あとはスタート地点かつ、ゴールへの道のりです。


180729-103459_R.jpg
開かれた高地の中の水田を、県道47号へ向かって一気に駆け下ります。

広々とした爽快な道のり。
木々の向こうには山々が垣間見え、本当に美しいサイクリングロードです。


180729-104026_R.jpg
【10時40分】
第4エイドかつ最終エイド、真人ふれあい交流館に到着です。

ここでは暑い中おばあちゃんたちが大勢、エイドのお世話をしておられました。


180729-104257_R.jpg
そんなエイド食。

レモンの乗った牛乳ゼリー
甘くて冷たくて美味しかったです(笑)

そしてここでは冷たい甘酒が最高でしたね。
甘酒がこんなにさっぱりして飲みやすいとは・・・

もう10キロも走ればゴールだというのに、ゴクゴクと何杯もおかわりしてしまいました。


180729-105333_R.jpg
その後、真人の街を抜けて、ゴールまで、水田の広がる道のりや、小さな峠を経て、信濃川沿いを進みます。


180729-110517_R.jpg
そして再び信濃川を渡ればあとは朝来た道を引き返すような感じでゴールまで一直線です!

と、書けば簡単ですが、実際は暑いのと甘酒を飲みすぎて腹がチャポチャポなのとで、すっかりペースは落ち切っています。
暑い~苦しい~とボヤキながら最後の道のりを進んでいきました。

でもいいんです。
このイベントは時間は関係ないんだから(笑)


180729-111619_R.jpg
【11時15分】
ようやくゴール!!

完走者の到着に合わせて、祝福のラッパ音が響き渡ります。
およそ60キロ、4時間弱のイベントが無事終了しました。

いや~満足満足。
丸一日のイベントもいいけれど、こういった半日で集中して楽しめるイベントもいいですね。

今日は本当に暑かったけれど、楽しかった!


180729-111838_R.jpg
そしてゴールの受付で、参加賞をもらいます。
完走証と、これまた名物らしい、へぎそば。
そしてグランツール南の刺繍入りの靴下。

やけに履いている人が多いなと思ったら、昨年の参加者たちだったのか!


180729-113908_R.jpg
その後会場を後にして、これまた参加者たちに振る舞われる昼食を目当てに駅前の山紫さんへ。

すでにゴールした方々の自転車が並んでいます。


180729-112726_R.jpg
特製、夏野菜カレー

バイキング形式で、好きなだけよそって食べることができ、エイドでも並んでいたトマトやキュウリも好きなだけいただけるようでいた。
しかし何より氷入りの冷たいお冷がありがたい(笑)

カレーはちょっと辛口で、涼しい店内でまたまたたっぷり汗をかきつつ平らげました。
野菜が美味しい!
もう暑さに参ってカレーは無理かと思ったけれど、カレーの香りにつられて一口食べだすときっちり完食しました。

カレーは偉大だな。
御馳走様でした。


180729-114128_R.jpg
その後、駐車場に戻り汗だくの体をぬぐいながら自転車を片付けて帰路へと着きます。

帰る前にぐるっと駐車場を回ってみましたが、新潟県内や甲信越ナンバーの方が多いようですね。
意外に富山は一台もなく、私だけだったのか?

まあ富山県民にとって、新潟県の上越より上は、心理的にものすごく遠く感じるんですよね。
しかし今回往路は深夜発の、オール下道で3時間半で到着。
高速を使えば3時間を切るでしょうから、考えているほど遠くは無いんですよね。

また、小地谷市のみならず、中越地方の長岡市、魚沼市、十日町などと、この辺りはあちこちでサイクルイベントが開かれているようでして、また別の機会に訪れてみたいと思います。

そして、グランツール南の実行委員の皆様、岩沢地区の皆様暑い中、楽しい時間をありがとうございました。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

真夏の【僧ヶ岳】へ行ってきました。

僧ヶ岳
07 /22 2018
毎日尋常ではない暑さが続いています。
毎年暑い暑いとぼやいていますが、今年の暑さは過去最高のような気がしますね。
日本はどうなってしまうのか・・・

さて、そんな殺人的な熱波のため、連日天気はいいのですが、すっかり活動意欲も減退して引きこもり気味になっておりましたが、これではいかんと意を決してアウトドアへと出かけます。

でもあまりにも暑いので、一日中の活動も厳しいな。。。

そんなこんなで今回の目的地は富山県魚津市と黒部市をまたぐ地域の名峰、標高1,855メートル『僧ヶ岳』。
なんと五年ぶり3度目の『僧ヶ岳』山頂を目指すこととします。

富山東部の名峰であり、整備されたとても気持ちの良い道のりであったことを思い出し、半日程度のよい活動になると思われました。

それではスタートです。


180721-074144_R.jpg
【7時半】
黒部市旧宇奈月町より、林道別又僧ヶ岳線を走り、標高1,043mの第3登山口駐車場にたどり着きます。

駐車場には既に10台程度の先客が見られました。

そして霞んでいますが、朝日岳から鹿島槍までの後立山の峰々が一望できました。
この日は夏らしくどんどん雲が上がり霞んでいきましたので、この時間帯の眺望がベストでしたね。


180721-073244_R.jpg
そしてびっくり。
こんな綺麗なトイレが設置されていました。


180721-073305_R.jpg
中も素晴らしい。

おがくずを利用したバイオトイレで、ほんのりと香るおがくずの香りがトイレの悪臭を感じさせず清潔感があって居心地の良い空間です。

そしてユニークなのが、横に自転車が括り付けられていて
使用後は水を流すのではなく、この自転車のペダルを前後に回転させることでおがくずを撹拌して排泄物の発酵分解を促すという仕組みだそうです。

さっそく使用して回してみました。
ペダルも重くはなく、おがくずが撹拌されるのが分かって実に面白い。

こんな山の中に感激ですね。
やはり地域に愛される名峰名だけはあります。


180721-074721_R.jpg
【7時50分】
さて、トイレに来たわけではありません(笑)
駐車場から5分ほど林道を進み、
標高1,050mの第3登山口に到着しました。

なお、第3駐車場より先の林道は閉鎖されており、車は通行不能のため未だこの第3登山口が最も標高の高い、僧ヶ岳への入り口となります。


180721-075726_R.jpg
【8時】
登山口からほんの少し急登がありますが、あとはまるで林道のようにやさしい道のりが続きます。

標高1,200m、かつての避難小屋後に到着します。

おそらく、林道ができる以前は宇奈月温泉からの長大な登山道を登る登山者の貴重な生命線だったのでしょうね。


180721-080001_R.jpg
そして謎の鉄塊。
かつて僧ヶ岳とその先の越中駒ヶ岳においてのモリブデン鉱山の名残ですね。
この整備された道のりは、鉱山の遺産なのでしょう。

そして、今日多くの登山道がいたる山々に広く整備されているのも、かつて鉱山道があったればこそなのでしょうね。


180721-083648_R.jpg
登山道は程よく開けており、時折テラスが設けられた実に気持ちの良い道のりです。

朝日岳と眼下に広がる宇奈月ダム


180721-084447_R.jpg
美しいブナの森


180721-085050_R.jpg
はるか先に霞んで見える、僧ヶ岳と駒ヶ岳の山頂


180721-090641_R.jpg
池塘で歌うモリアオガエル


180721-091019_R.jpg
※グロ注意(笑)
うごめく大量のオタマジャクシと、ゼリー状の卵
うわぁ・・・


180721-093900_R.jpg
【9時半】
第4登山口との交点に到着です。

登山口は全体的に開けて明るく景色が良く、見どころもあり実に気持ちがいい。
ただ、その分今日は暑さもひとしおで、まったくペースが上げられません。

まあのんびり行こう。
ほんとに少し急いだだけで汗が噴き出して来るため、簡単に熱中症になりそうです。


180721-094611_R.jpg
道端に咲くニッコウキスゲ

標高1,500mを越え、次第に高山帯の世界へと近づいていきます。


180721-100558_R.jpg
そして前僧ヶ岳へのしばらくの急登が存在しますが、第3登山口からの登りらしい登りは、ここくらいのような気がします。

魚津市からの片貝川上流、東又コースとはまるで別の山のようです。


180721-102231_R.jpg
【10時20分】
前僧ヶ岳に到着。
木々の背丈が大分低くなる、僧ヶ岳の核心部に近づいてきました。


180721-101739_R.jpg
しかし、この時間にはもう雲が広がり始めて、眺望は無くなりつつありました。
黒部川扇状地も霞んでよくわからないな・・・残念です。


180721-102649_R.jpg
前僧ヶ岳から、仏ヶ平を見下ろし、僧ヶ岳、その先に駒ヶ岳を眺めつつ歩を進めます。
いい景色です。


180721-102840_R.jpg
仏ヶ平の花畑は、7月後半のこの時期やや遅きに失した感があり、ニッコウキスゲなどは萎れたものも多くみられましたが、なお十分な美しさで出迎えてくれました。


180721-103010_R.jpg
ピンク色のシモツケソウの花畑から僧ヶ岳を望む。

美しい。。。
このような光景が、手軽に見に来られる僧ヶ岳は素晴らしいな。


180721-102922_R.jpg
アップで。
小さな細かい花が沢山咲いた特徴的な花ですね。

癒されるなぁ~。


180721-104943_R.jpg
美しい仏ヶ平を後にして、ジブリの道のような登山道を抜ければ山頂は目前です。


180721-105703_R.jpg
【10時50分】
山頂に到着~!!

いやあ楽しかった。
そして暑かった(笑)


雲は出てきましたが、暑さは一向に治まりません。
遮るもののない山頂は、さながら熱せられたフライパンのようです。


180721-105449_R.jpg
山頂からの展望はやはり今一つ。
後立山はおろか、駒ヶ岳にも雲がかかり山頂は拝めない状況です。

また、僧ヶ岳の山頂には数名の先客がありましたが、駐車場の車の数からすれば、多くの人がこの先の駒ヶ岳へと向かっているようですね。

5年前はここから駒ヶ岳へと1時間半程度で到着しましたが、この暑さではとてもそんな気にはなれない・・・
今日はここまでだね。


180721-105529_R.jpg
軽く昼食をとり、下山を開始します。
止まってたら暑すぎる・・・さっさと歩きださないと耐えられないや。

5年ぶりの僧ヶ岳山頂の碑よさらばです。
またいつかやってくるよ!

その後2時間かけて第3登山口へと下山しました。
暑すぎてやはりペースは上がりませんね。

しかしながら、僧ヶ岳は標高は2,000mにも達しない山ですが、見どころにあふれた魅力あふれる山であることを再認識しました。
これほどの手軽さで、高山帯の美しさを体感できる山は中々無いのでは?と思われますね。

それだけに、多くの人が足を運び、そして多くの人の手をかけて整備されているのでしょうね。
改めて、山を登らせていただくというのは自分だけの楽しみのためにあるのではないなぁと、汗だくで塩が吹く間もない程にドロドロになりながら思った一日でした(笑)


それでは今回はこのへんで。

大雨後の河口を巡る

通常サイクリング
07 /09 2018
季節は7月へ入りました。
連日30度を超える真夏日が続いていたかと思えば、先週末は全国的にとんでもない雨になりましたね。
日曜になりようやく雨も上がり、日差しが差す穏やかな天気が帰ってきました。

気温も真夏日となった午後から、ふらっとロードにまたがり近場の河口を眺めに行ってきました。


180708-135238_R.jpg
連日の豪雨で避難判断水位を超えた白岩川も、水は濁っていますが今は穏やかな顔を取り戻しています。


180708-140319_R.jpg
しかし、水橋フィッシャリーナは大水で被害を受けたようで奥には立ち入り禁止となっていました。


180708-140144_R.jpg
奥のほうをのぞいてみれば、手すりはひしゃげ、街灯はへし折れています。
この場所は相当な荒れ模様だったのでしょうね。。。恐ろしい。


180708-140133_R.jpg
茶緑に濁った桟橋内は全ての船が揚げられておりますが、その背後には久しぶりの山々の姿。
綺麗だけれど随分と近く見えます。
まだまだ山の中では雨が降っているんでしょうね。


180708-140303_R.jpg
常願寺川河口も増水し、異様な光景が広がります。
しかしながら、茶色い水の先に光が差して不思議なほど美しい光景に、見入ってしまいます。


180708-143020_R.jpg
富山新港内も水は濁って緑色。
しかし、不思議な霞がかった空気のせいか、港の先の岩瀬の町並みがとてもきれいに見えます。


180708-150109_R.jpg
そして神通川河口へ。

180708-150442_R.jpg
こちらも先日までは氾濫注意水位を超え、現在もかなりの水量となっております。
広大な河口とから川の水が流れ込み、海水と衝突する部分に不思議な波の山が出来ており、これもまた不思議な光景です。
あんまり眺めていると、吸い込まれそうな錯覚を感じますね。
恐ろしい・・・

180708-151435_R.jpg
橋の上から眺める神通川。
コーヒー牛乳のように茶色一色に染まった川の水。
上流の山は崩れたりしてないのかと、心配になりますね。

毎年のようにやって来る異常気象にはやってくるたびに不安な気持ちにさせられます。
幸い私の住む地域には被害はありませんでしたが、人間は小さいものですね。。。
被害に会われた方々が、一刻も早く平穏を取り戻されますように。


それでは今回はこのへんで。

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書