FC2ブログ

峨山道トレイルラン2018(ショートコース10㌔)へ

トレイルランニング
10 /14 2018
さて、前回よりちょっと真剣にやってみようかと思い始めたトレイルラン。
秋も深まる頃合いですが結構色々なイベントが開催されておりますね。

月毎に参加もできそうなくらい近場でも色々あって、トレランって人気なんだなぁ~と思わせるところです。
自転車はどうしても距離も場所も食って、大掛かりなイベントになりますしね。

そして、一人で黙々と山の中を走っていても寂しいので、さっそくイベントに参加してみます。


181014-092855_R.jpg
初のトレランイベントは、ロードバイクではちょくちょくお邪魔している、お隣石川県羽咋市で開催された、 峨山道トレイルラン、の今年新設された【ショートコース】10キロを走ってきました。

国道159号そばの邑知小学校に集合します。

なお、メインの 峨山道トレイルランはなんと73キロのコースであり、古の鎌倉時代、曹洞宗の峨山禅師が毎朝、輪島市から羽咋市までの道のりをお勤めに歩かれた道のりに由来しているのだそうな・・・
昔の人はすごいな。
私も来年の今頃には、メインの大会のほうに参加できるようになりたいものです。
しかしなんと往復143キロのコースも有るんだそうな・・・それは出来るかな・・・


181014-085053_R.jpg
さておき、参加賞も豪華。
神子原の新米に、ゴール地点で使用できる色々な食券や、羽咋市の温泉の無料券も付いていました。
最近新米も新品種ラッシュですしね。


181014-095830_R.jpg
【10時】
さて、今回初のトレランイベント。
周りの人がみんなものすごく速そうに見えて、スタート前から緊張し通しでしたが、開会式の後スタートとなりました。


181014-100110_R.jpg
秋晴れの素晴らしい天候に恵まれた空の下、集団となって山の中へと向かって走り出します。
がんばるぞ~!!

そして重大な発見。
これまでロードバイクでは可能だった走りながらの撮影という行為が、ランニングしながらだとものすごく辛い!!

走ればブレるし、いちいち停まればキツイし、その分遅れていくので停まる気になれない。
一人で走っているときには無かった誤算でした。
そして、ロードバイクというものがいかに人間にとって効率のいい移動手段なのかということがよくわかります。


181014-110530_R.jpg
そんなこんなで写真はあきらめ、その分走ることに全力を注いで楽しんで行きます。

ショートコースは入門編との運営の方の言葉通り、いつの間にやら残り1キロを切りました。


181014-111046_R.jpg
ゴールの永光寺へ最後の石段ダッシュ!!
苦しいけれど、楽しい!!


181014-111224_R.jpg
【11時10分】
ゴ~ル!!
初トレランイベント無事完走しました!!

距離はGPSで見たところ9キロほどしか無かったのですが、それでも1時間ちょっとで走り切れたのはやはり集団の力に引っ張られての結果ですね。

自転車でも、ランでも周りに多くの同行者があれば、自分の限界まで力を引き出してもらえるのは一緒ですね。


DSC_0447.jpg
完走証は名前やタイム入りの詳細なもので更に自分で御朱印を押すことができる豪華なものです。


DSC_0448.jpg
更に、ゴール地点では豚汁の振る舞いや・・・


DSC_0449.jpg
イカ団子に、神子原米のおにぎり。

DSC_0450.jpg
アンパンなどもいただけて、走り切った体に浸みわたります。
アンパンがうまい。やはり運動した後が甘いものですね。


181014-111415_R_201810142026206c0.jpg
その後、12時半の閉会式までの時間を潰しつつ過ごし、参加者全員で閉会式を行っている途中に、73キロコースの優勝者の方がゴールしてきます。

朝5時に出発して、7時間半ほどで73キロか・・・すごすぎるな。
そこまでは無理でも、来年には私もフルコースを完走できるようになりたいものです。


181014-144926_R.jpg
閉会式を終えて、スタート地点の邑知小学校に帰った後、無料券をいただいたユーフォリア千里浜にて、温泉で疲れを癒し、いつもはロードバイクでの訪問のために眺めるのみだった、千里浜なぎさドライブウェイに降り立ちます。

なんて広々とした海岸なんでしょう。
青い海と空に包まれながら潮風を浴びて、初のトレランイベントを走り切った満足感に浸ったのでした。

とりあえず、今日が最初の一歩。
次のイベントももう決めてあり、来月にはもう一度能登の地へと足を踏み入れる予定です。

何はともあれ、楽しいイベントでした。
運営やボランティアの皆様もありがとうございました。
でもまだ本篇の73キロコースで大会は盛り上がっているのかな?


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

トレランを始めてみよう【ハゲ山~城ヶ平山周回】

トレイルランニング
10 /06 2018
毎週のように台風がやってくる困った気候です。
これも温暖化の影響でしょうかね?

さて、10月最初の連休ですが今年最後のビックサイクリングも終えてなんだか魂が抜けたようになっている今日この頃です。

活動もちょっとマンネリになってきているのかもしれません。
そんなことも思ってか、前から興味のあったトレランについて、少し真面目に挑戦してみようかと。


181006-113921_R.jpg
すでに道具は揃えています(笑)

これまで登山も趣味の一つで時々嗜んでおり、意識して早く登ろうとしたこともありますが、あくまで登山の延長としての『急ぎ』でしかありませんでした。

しかし、サイクルイベント以上にあちこちで開催されるトレランイベント。
残り少ない2018年と平成を前にし、イベントに参加しつつも、新たな山の楽しみ方の発見や、自分への挑戦につながればいいかなぁ・・・


181006-114504_R.jpg
【12時】
とりあえず、上市町にある丸山運動公園から、林道を抜けて、ハゲ山登山口のある西種地区-ハゲ山-城ヶ平-大岩地区-丸山運動公園のコースを走ることにします。

練習のためにもホームコースを持ったほうがいいということですので、舗装路10キロ、トレイル5キロの500m未満の低山を縦走する、道のりにして15キロちょっと、累積標高差1,150mの道のりを試してみることにします。

そして台風到達前の晴天となった今日ですが、10月だというのにものすごく暑い。
どうやら30℃を超えているようで、立っているだけで汗が流れてきます。

今回は淡々とタイムの記録かな。


181006-124504_R.jpg
【13時】
西種地区に入りハゲ山登山道入り口へ。
ここまでスタート地点からの標高差は200mほどですが、舗装路の林道のアップダウンで結構足がやられました。


181006-130339_R.jpg
【13時20分】
ハゲ山山頂。
ようやく半分かな。

トレイルに入りましたが、登山道の傾斜は、舗装路の傾斜をはるかに上回るものだと改めて実感します。
無理せずに歩くところは歩くほうが良いとのことであり、無理はせずに歩きます。


181006-130355_R.jpg
剱岳
午前中はものすごい快晴だったのですが、霞んできました。
次第に雲と風が出てきており、やはり台風が近づいているのだな。


181006-130424_R.jpg
ゼリーでパワーを補給。
これはまっず・・・歯磨き粉の味だわ。

まだドロッとして甘ったるいパワーバーのほうがましだな。


181006-133556_R.jpg
【13時50分】
城ヶ平山山頂

風に加えて、小雨もパラつくときもあり、山頂は貸切でした。
午前中は賑やかだったんだろうな。

でも暑いから風が気持ちいい・・・


181006-133719_R.jpg
灰色がかっていますが、平野部と富山湾が一望!
いい景色です。
しかし、立ち止まらずに補給食を放り込み先へ進みます。


181006-135830_R.jpg
【14時15分】
大岩へ到着。
この前テレビでそうめんが放送されていたせいか賑やかです。


181006-135943_R.jpg
とりあえず自販機でコーラを。
生き返る~!!
あとはスタート地点の丸山総合公園まで下り基調の舗装路を走るだけです。


181006-142536_R.jpg
しかし予想外の事態。
下り基調で楽勝と思っていた帰路でしたが、下山してからは天候が回復。
遮る物のない舗装路は灼熱地獄!!

暑くて走れない…これは予想外。

山を走り、ランニング以上に消耗した体は、この暑さの中全く本来の働きをしてくれません。
いかん、無理すると立ちくらみがしそう…


181006-145516_R.jpg
歩きに時々ランニングを混ぜて、なんとか先へ進みます。
さっきまでは灰色だった剱の美しいこと(笑)


181006-145920_R.jpg
【15時15分】
ゴール…
暑かった…


181006-150019_R.jpg
でも何とかゴール。
今度は3時間を切りたいな。
涼しければいけるだろうな。

しかし今回は10月でありながら予想外の真夏日でありましたが
これは本当の真夏にはとてもやってられないだろうな・・・

そして、疲労度も通常のランニングとは全く違う。
噂にたがわぬ、舗装路のみの距離の倍は疲労しています。

こんなんで長距離を走れるようになるのかな?
奥が深い。


181006-153431_R.jpg
帰り道
年に何度あるかというほどに、ますます美しくなる山々をバックに、エアコン全開で車を走らせ帰路についたのでした。

いつか、あの山々の山頂までもトレランで行けるようになりたいな。


それでは今回はこのへんで。

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書