2019年03月 - 童心週記
FC2ブログ

能登和倉万葉の里マラソン2019(フルマラソン42.195㌔)

ランニング
03 /13 2019
さて昨年来、ランに凝りだしてから、更新も滞りがちですがちゃんと活動はしていました。

そして今回はトレイルに飽き足らず、ついに人生初のフルマラソンイベント、石川県七尾市の『能登和倉万葉の里マラソン』に挑戦してきました。

能登島や能登半島七尾湾周辺を走るこのレース。
これまで自家用車やサイクリングなどで、何度となく訪れたことのある地域ですが、自身の足で走るのは初めての経験です。

更には昨年の冬から走り続けてきた一つの区切りとして、目標4時間以内、いわゆるサブ4でのゴールを掲げて挑んだ志の高いイベントでした。
そのためレース中の写真は全く無い、ただ自身の備忘録となっており、他の人が見ても何のことやらの記事になっております。
それではスタートです。


190310-083218_R.jpg
3月10日(日)
大会当日、七尾市内の港に設けられた指定駐車場に車を置いて、シャトルバスでスタート会場となる和倉温泉街に到着しました。
スタートは10時と、トレランやサイクルイベントに比べるとかなり体に優しいスケジュールです。

また、天気もそこそこ良く、時に快晴の時間帯も見られてマラソンをするには最適な日だったのではないでしょうか?

ただ受付会場はやや狭く、近場の更衣室なども満員で、ちょっと離れた小学校の体育館を使用させていただきましたが、帰りは足が死んでおり、更衣室までの往復も一苦労だったのでした。


190310-145348_R.jpg
さて、スタートまで手持無沙汰のため
和倉温泉のマスコットキャラわくたま君と記念撮影をしたりしてスタートを待ちます。
初めてのフルマラソンを前にして、落ち着きませんね。


190310-095335_R.jpg
しかし、スタート10分前ともなると、スタートとなる温泉街のメインストリートには信じられないほどの人で溢れていました。

すごーい。
6,500人以上が参加しているという本大会。
1万人以上が参加するような大会はどんなことになってるんでしょうね。
マラソンって人気があるんだな。


190310-100244_R.jpg
申告制で予測タイム順に並んだのち、10時のスタートから3分以上経過して、ようやくスタートのゲートを通過します。
以後、初のフルマラソンの完走と、4時間切りという目標達成のため、いつもと異なり写真も撮らずに真面目に走っていました(笑)


それでもスタートしてからも数キロは人ごみにまみれるためマイペースは難しいと感じつつも、キロ6分程度は出てました。
また2、3キロごとに給水、軽食エイドが設けられており、トレランイベントと異なり水分や補給食などは一切気にしないでいいところが新鮮でした。

沿道での応援も、老若男女の方々が道端で手を振り、エイドでは演奏し太鼓を打ち鳴らし、また踊りと実に賑やかしい。

マラソンイベントはこれまでに参加したサイクルイベントやトレランとは大分様相が異なりますね。
やはり数千数万人が参加する地域を挙げてのイベントともなれば、主催者の力の入れようも異なるのでしょうね。


190310-144833_R.jpg
・・・そして何とかゴール。

4時間切りを目標としつつも、30キロ辺りからは足が痛くペースがガクンと落ち、何とか5時間を切った程度の体たらく。
結果は目標にはほど遠いものでしたが、エイド以外では足を止めずに最後の最後まで走りきることが出来ました。

また、結果として各エイドを満喫し食事もおいしくいただきました(笑)
鍋つゆのようなタレと能登牡蠣、能登白ネギが入った、能登マ丼や
能登菜の入った中島菜のおかゆ。
スギヨのカニカマ、細巻、アンパン、サケフレークにぎり等々・・・
走りつつも結構食べられるものです(笑)
必死に走っていたので味も形もよく覚えていませんが(笑)

しかし何よりもエイドごとに【塩】が一番ありがたかった。
塩タブレットや、ゼリーも持っていたのですがそんなささやかな塩分ではなく、直接【塩の塊】を口に放り込むのが、疲労した体に一番効いたような気がします。

35キロ過ぎからの私設エイドでのコーラもうまかった・・・
やはり疲れたときはコーラだな。

そしてスタッフの方々や七尾市の皆様ありがとうございました。
お年寄りから中高生の子達にまで応援してもらって実に楽しかった。


190310-145059_R2.jpg
と、
4時間後半台の完走証のタイムを眺め、走り切った満足感と、いろいろ楽しかった思い出を思い起こしつつも、反省点も多々思い起こされてきます。

フルマラソンの経験が無いことから、結局ラストの数キロまでキロ6分前後からペース上げる勇気が出せなかったり、
また、絵にかいたような30キロからの足の痛みに襲われて、痛みを抱えつつも走る経験が無く、痛みに任せてどんどんペースを落としてしまったりと。。。
まだまだ経験も、そもそも鍛え方も足りないな。

ランの面白さに目覚めてほぼ半年、幸い大した故障もせず続けてこられました。
もうしばらく、トレイルを含めてランを並行して活動していきたいと思います。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト



OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書