黄金の巨人を探し出せ!! 【GIANT ESCAPE RX2 2012】

サイクル用品に関する童心
11 /11 2012
 世の中には無いものねだり症候群と言うものが存在します。
 
 その症状は、通常の物欲地獄とは少し異なり、普通に販売しているときにはろくに興味を持たなかったくせに、絶版になったり、販売終了になってから突如として、病的なまでにその物品が欲しくて欲しくて堪らなくなるといった、危険かつ厄介な症状を発症するといったものです。


 そんな私も、突如その病に感染してしまい、とある物品が欲しくて欲しくて仕方がなくなってしまいました。

 その物品は、巨大自転車メーカー『GIANT』のクロスバイクのスポーツモデル『ESCAPE RX2』の2012年版のラインナップに存在した、【ゴールド】カラーの車体です。

 以前より通勤や、ちょっとした街乗用にクロスバイクが欲しい欲しいとは思っていたのですが、なかなか買おうと決心するまでは達しなかった折、ふらりと立ち寄ったスポーツデポで目撃した『エスケープ RX2』の車体色『ゴールド』の美しさにすっかり虜になってしまいました。
 
 しかし、そこに有ったサイズはXS。身長180センチの私には流石に小さ過ぎます。

 是非このカラーのRX2を我が物にしたいと思ったときは、すでに2012年の9月後半・・・
 当に、自転車メーカーは翌2013年モデルに切り替えを始めており2012年モデルはメーカー在庫も既にない状態。

 その日以後、欲しい欲しい・・・と思いつつ、何とかならないかと考えて、大手の『サイクルあさひ』や『スポーツデポ』等に、チェーン店内での在庫確認をして欲しいとお願いした際に、やんわりと嫌がられ、結構心が折れてしまいました。

 そして、ここからが今日の本題。

 これはもう無理かな・・・と思ったときネット上で、プロショップ間の在庫確認が出来るシステムを持つ、『グーサイクル』というサイトでダメもとで問い合せた結果、Mサイズの在庫が有るとの返事が返ってきました。

 やた!!Mサイズだ!!Lでもいいけれど流石にもともとの流通量が極端に少ないLサイズはまず見つからないと思っていたので、Mサイズが有っただけでも御の字です。

 しかし。。。そのショップの場所は『大阪』・・・(笑)

 余談ですがそのサイトは、富山から最も近い都会の名古屋等の『中京圏』は登録ショップが少ないのか検索すらできず、必然的に関西地区か、関東地区かの二者択一での検索でしたので、むしろ『大阪』から返事が来たのはラッキーと言うべきでしょうね・・・

 大阪か・・・大阪ね・・・ちょうど明日は日曜日か・・・
 ・・・それに、このチャンスを逃せばもう二度と手に入らないかも・・・・・・・・・・

 ・・・こうして片道400キロオーバーの旅を決心したのでした。
 

 
 今回のルート(笑)
 高速を車でひた走り、一路返答を下さった、大阪府堺市のサイクルショップ『カワハラダ』さんへ出発です。


 PB110474.jpg
【5時】
 まだ、真っ暗闇の北陸道を一路、大阪府へ向かって出発します。
 寒い。。。


PB110500.jpg
 北陸道を過ぎて、名神に入り・・・
 名神に入ると、いきなり交通量が増えてきます。


PB110517.jpg
 大阪環状線へ・・・
 狭いし分岐も多くて危ない。慣れていないと危ないですね。


PB110520.jpg
【9時50分】
 長い長い高速の旅を終えて、ようやく目的のショップ【カワハラダ】さんに到着しました。

 一見単なる民家のようですが、その実なかなかに品揃えが豊富で、富山県内の、どのプロショップよりも展示された自転車及びパーツの種類の数も多く、非常に品揃えが豊富だと感じました。
 都会のショップは皆こんな感じなのか?

 当然、早朝に出発して富山県からここまでやってきたことを伝えると、ご主人もびっくりしておられましたね。

 また、開店早々の訪問だというのに快く遠方からの『変人』を迎え入れてくださってありがとうございました。小一時間ほど、セッテイング等整備調整のために待つこととなります。

 それにしても、開店早々でも幾名かのお客さんが店内に入ってこられます。繁盛しているのか。はたまたこれが都会の自転車プロショップの日常なのか・・・


PB110521.jpg
 余談

 ショップのすぐ傍には、どうやら小さな古墳があるようで、立ち入り禁止の金網が、宮内庁の名のもとに設置されています。


PB110523.jpg
 近くには行けませんが、木々の合間からは確かに古墳と思しき土の盛り上がりが見て取れます。


PB110524.jpg
 そして、私が無理をしてでもこのショップへ行こうと思った要因の一つが、その所在位置でした。

 なんと、このカワハラダさんの店の真正面が、『仁徳天皇陵』なのでした。

 日本最大の古墳である仁徳天皇稜は、今年のゴールデンウィークに、富山~京都~奈良~大阪までのサイクリングを行った際に、是非訪れてみたいと思っていた名所の一つでしたが、時間と体力の関係でカットした因縁の場所です。

 残念ながら、遠目には単なる木々の小山にしか見えませんが、あの小山自身が古墳なのかと思うと感動的です、もっと近くで見れたら良かったのですが、ここまでこれただけでも十分満足でした。

 やはり何かしらの縁と言うものは有るのですね。
 
 生憎雨の日の訪問であり、晴れていれば、RX2を受け取った後、仁徳天皇陵までサイクリングをしようと思っていたのですが、生憎この日は、朝からジトジトと雨のパラついた一日で、断念せざる負えなかったのが残念でした。


PB110540.jpg
 その後、無事にESCAPE RX2を受け取り、再び長い長い富山県までの道のりを帰ります。

 夕方になって富山県に入り、見慣れた北アルプスの山々が見えてくるとホッとします。


PB110554.jpg
【17時30分】
 早朝富山県を出発してからおよそ12時間半。
 道程にして、往復800キロ以上。
 
 途中、食事や昼寝もしながら、やっと大阪から帰ってくることが出来ました。
 しかし以外に大阪までって簡単に行き来できるものですね・・・疲れたけど(笑)

 そして、黄金色のRX2がわが手元に。ようこそ我が家へ!!
 これからよろしくな!!


PB110565.jpg
 さらに購入した大阪府堺市のカワハラダさんで、120㎜のステムをおまけしてもらいました。

 正直、MサイズのRX2は、もう少しサイズが大きくても良いというレベルであり、微調整のためにステムを低く長くしたいと思い、品揃えが豊富なショップ内から、ステムを一つ選んだところ、無料でサービスしていただけました。

 こんな妙な客のために、どうもありがとうございました。


PB110569.jpg
 金色に輝く、ESCAPE RX2のフレーム。
 かっこいい・・・
 
 実物はもっと落ち着いた金色で、まさに『渋カッコイイ』といった表現がよく似合います。


PB110562.jpg
 フロント周り。
 540㎜のハンドルバーは、少し窮屈そうですが長距離ライドのポジション的には、このくらいの幅でないと辛いものがあるでしょうね。
 あとバーエンドもつけないとな・・・バーの幅足りるかな?

 アセラの操作感は、カチャリカチャリと言ったもの。
 アルテグラや、デオーレクラスのカチカチとした操作感に慣れているとやはり物足りないものがあります。


PB110561.jpg
 リア周辺
 シマノアセラのリアディレーラーと、メッキっぽいスプロケ。
 フロント3枚装備なのに、リアの最大がマウンテンバイクでもないのに32Tは不要ですね。
 
 速やかに28Tくらいに交換してしまいましょう。


PB110568.jpg
 クランク周辺
 やはり値段相応に、質感はかなり低い。そしてクランクやペダルの回転は重い。まあ、その辺は少し走って当りがでればスムーズになるでしょうけれどね。
 
 以上。見ての通り、装着されているパーツ自体は、シマノアセラが基本となり、無駄に目の肥えたわが身からすればどちらかと言うと、ショボイ構成ですが、街乗り仕様及び6万円台のマシンとしては十分な構成であると考えられます。

 が、個人的には、もともとコンポーネントは総入れ替えするつもりだったので、何が付いていようとどうでもいいのですけれどね。

 せっかく調整してくれていたショップの店員さんには申し訳ない次第なのですが・・・もう大改造の準備は整いつつあります。

 大事なのはフレーム。この渋い金色は本当に見ていて気持ちいい。

 ずっと2013年モデルにもあるダークシルバーで妥協しようかとさんざん悩みましたが、多少無理してでも大阪まで引き取りに行って本当に良かった・・・

 しかし少々くたびれたので、改造の内容についてはまた今度。


 今回は無い物ねだりの物欲妖怪人間のために、大変な苦労をすることとなってしまいました。
 
 皆さんも細目に情報を仕入れて、欲しいと思ったものはタイミングを逃さずに購入に向けて動いてほしいと思います。買わずに後悔するより、買ってから後悔しましょう(笑)

 
 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

『欲しくて欲しくて堪らなくない病』

お疲れ様でした。
欲しくて欲しくて堪らなくなる危険な症状は、果たして改善されたのでしょうか、心配でございます。
この病は、聞くところによると物欲が満たされた瞬間 ステージ2に移行するようです。
きっとコンポ入替えも、ステージ2発症の兆候です。
そして更に危険なステージ3は、新たな熱源を見つけてうなされるのです...(笑)

それにしても「ゴールド」、アンカーのクロモリでゴールドカラーを纏ったロードを見たことがありますが存在感がすごかったのを覚えています。
十数台いるロードの中でデザインは細身のクラシカルなスタイル
それなのに印象に残る一台でした。
最終形態はどうなるのでしょうか?楽しみにしております。

Re: 『欲しくて欲しくて堪らなくない病』

雲助様
ありがとうございます。薬が効いたのか、今のところは小康状態で安定しています。
 メールで在庫の回答があってからの葛藤はまさに熱病で、凄かったですが(笑)
 ステージ2は既にじわりじわりと進行中・・・既にいくつかのパーツは手元に・・・
 まあ、それによる病の治療費も、ボーナス片手に突然カーボンロードを購入するような暴挙に比べれば可愛いものです。。。この際いっそ膿はすべて出し切っておくことにしようと思っています(笑)
 こうしてしばらくいじっている間は、新たな大きい物欲は湧いてこないので、それに期待ですね。
 金色は失敗するとひどく下品になりそうですが、デザインがバシッと決まれば実にカッコイイです。

ゴールドフレーム[i:63898][i:63898][i:63898]

おぉー、ゴールドのフレーム、いいですね
私も以前、ゴールドフレームを探してました。ただしMTBですが
クロスバイクならタイヤを換えれば、オフロードもいけそうですね

Re: ゴールドフレーム

山賊様
ありがとうございます。
ゴールドカラー、実際見るとかなりかっこいいのですよね。下手するとかなり下品になりそうですがRX2はシャンパンゴールドの様なあっさりした金色ではなく、ゴールドとカッパーの中間みたいな重量感の有る感じでかなり渋い。
 オフロード仕様は、純正のカーボンフォークも交換しないといけないでしょうから、少し大ごとになりますね・・・(笑)
 その用途は、現在クロスバイク化されている、同じくGIANTのNRS3改に専属復帰してもらうことにします。

カーボンフォーク

げっ、その価格でカーボンフォークですか?
私も今年のグランフォンド用のMTB(オン仕様)にカーボンフォークを装着しましたが、単品で3万円以上しました。
なので、その価格でカーボンフォークって、凄いお得感ですなぁー(゜Д゜)

Re: カーボンフォーク

何でも単品で購入するとやはり高いですよね・・・
 RX2は、安いカーボンでしょうが、フロントフォークはカーボン製です。
 やはりジャイアントのコストパフォーマンスは、他のメーカーと比べても頭一つ抜け出てますね。
 お金をかければどのメーカーも良いものは手に入りますが、改めて安くて良い品買うならこのメーカーに勝るものはないなと実感しますね。

OKI

FC2ブログへようこそ!