ESCAPE RX2を改造する 【その1~分解編】

メンテナンスに関する童心
11 /25 2012
 先日より計画していた黄金のESCAPE RX2の改造計画について、発注していた部品も揃った上に連休と、落ち着いて自転車に触れる時間が出来たため、ようやく改造開始することができました。

 
IMG_4235.jpg
 追加パーツはウィーグルと、ワールドサイクルの連合軍で購入。そして、一部既に絶版品となっている物を久々のヤフオクで購入。

 下手すれば安い車体の一つや、最上位グレードのRX0が買えてしまいますが、そんなことは気にしません。

 あくまでRX改造計画の目的は【黄金のRX2カスタム】の完成なのですから。
 
 改造のコンセプトは、クロスバイクの使い勝手の良さを残しつつも、各パーツをグレードアップし、ロード並みの走行性能と、巡航能力を持たせることでしょうか?
 出力は肉体上どうしようもありませんが、装備、性能は向上させられるはず。


IMG_4224.jpg
 さて、パーツをバラすのは簡単です。慣れれば物の小一時間と言うところでしょう。
 外した標準装備のパーツたち。

 ただ、左ペダルがどうにも外れない。
 新車とはいえ、1年近い在庫車だったからでしょうか?
 
 金属同士が固着しているのかもしれません。まあ、どうせ使わないからいいのですけれど、なんだかスッキリしないなぁ。
 
 取り合えず、サドルにシートポストも含めて、この写真中のハンドルバー以外は全交換です。
 残ったパーツでもう一台自転車が組めそうです。

 ヤフオクで売れるかな?
 でもこの程度のグレードのパーツ二束三文でしょうし、出すだけ面倒だな。
 

IMG_4219.jpg
 ペダル同様在庫車だったおかげか、BBの取り外しにもかなりの苦労が伴いました。
 
 BBの左ワンは反時計回りで外せる単なるスペーサーでありアッサリと外せたのですが、時計回りに回して外す右ワンがなかなか外れない。

 か・・・固い・・・・やばいネジ山をなめてしまいそう・・・

 隙間にクレ556を吹きまくり、工具にはネジ外しを丸々1本分塗りたくってじっくり力いっぱい床に押さえつけながら回し、『ガキン!!』と金属の固着がはがれる音がして、何とか右ワンを引きはがすことが出来ました。

 危ない危ない。もうしばらく格闘して外れなければショップに持っていこうと考えたくらいでした。
 もっとネジ山にグリスをギトギトに塗っておいてくれたらよかったのに。


IMG_4227.jpg
 とりあえず、丸裸になったRX2の姿。
 
 ちなみに、このエスケープRX2の塗装はかなり弱いです。
 
 工具が少し勢いよくカチンと当たるとその部分の塗装が簡単に欠けてしまうことが分かりました。
 
 とりあえずは、タッチペンで上塗りして誤魔化しますが気を付けないとな・・・
 この美しいゴールドフレームが台無しになるところです。目立つところをやらなくて良かった・・・


IMG_4232.jpg
 とりあえず、フレームとフォークのみでの重量でも測ってみましょう。

 フロントと、BB部分にキッチンスケールを置いて・・・

IMG_4234.jpg
 フロント部分が【850g】


IMG_4233.jpg
 BB支点の部分が【1,543g】

 合計で、【2,393g】ですね。

 これって軽いのか?はたまた重いのか?比較対象がないので良くわからないですね。

 ですが丸裸にしたフレームを手にした感触は、非常に薄い薄い金属で造られた、実に繊細な工作物であると感じます。

 何だか大事に手を触れないと、壊れてしまいそうな繊細さを感じさせます・・・
 実際に組み上がってしまえば、ガンガン体重を乗せて、アスファルトの路面を走行することとなるのに不思議なものです。

 さてあとは用意した交換部品の組み付けのみです。
 末永く使える良いマシンになりますように~!!


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!