ESCAPE RX2を改造する 【その3~完成編】

メンテナンスに関する童心
12 /08 2012
 12月に入って早一週間。
 師走の呼び名の通りだんだんと世間も慌ただしくなってきた感があります。

 さて、今日も日中は家のことをしつつ虎視眈々と作業のチャンスを伺い、昼過ぎからようやく前回から引き続きの、エスケープRX2のカスタム化に向けて、大詰め組み付け作業を行っておりました。

 残すはハンドル周りといった、ブレーキ及び変速機のワイヤー関連の取り付け。
 寒い中、かじかむ手で一つ一つ確実に作業を進めていきます。

 
 IMG_4303.jpg
 久しぶりのVブレーキの調整も、このタックスのブレーキシューチューナーを使えばものの数分で完了。
 これは便利なものが出来たものです。


IMG_4302.jpg
 前回の試走サイクリングの際、ハンドルバーをもう少し幅を詰めた方が乗りやすいと感じたため、パイプカッターを使って左右共に1センチほどカットします。


IMG_4293.jpg
 走行にはほとんど影響がありませんが、フレームから生えているシートポストは意外に目につくので、ここも抜かりなく交換します。

 なおキャリアの装着も想定しているため、カーボンは念頭にありません。
 大したものではありませんが、味気ない純正品からレースフェイスのシートポストに交換します。
 

IMG_4297.jpg
 サドルは現在使用しているセラサンマルコを移植。純正サドルも悪くはなかったのですが、カスタムパーツを装着するほうが気分的に盛り上がるので交換です。

 なお、当初はこのように交換したパーツパーツの重量を比較して、合計何グラム減量した・・・

 なんてことをアップしていこうかと思いましたが、面倒なのに加えて、もともとエスケープは軽さを誇るバイクでもないのでやめておくことにしました。
 
 まあ、全部で1キロ近くは軽くなったのではないでしょうか?クランク周辺だけでも数百グラムの差が有りましたしね。


 IMG_4323.jpg
 さて、結果としてはとりあえず一応の完成を見ました。

 メーター等のアクセサリ関連はまだ未取り付けですが、走行に必要なコンポーネントは全て取り付け完了と相成りました。

 フレーム、フォーク、ハンドルバー、ホイール関連以外は総取り替え完了です。
 
 交換パーツ代などで、最上位グレードのRX0が買えてしまうくらいですが、深く考えないことにします。


PB110554.jpg
 また、大阪から引き取った直後の状態と比べると、色々なパーツを交換し、ハンドルの位置も変更したことにより、かなりシルエットはスマートになり、かつ幾分精悍さが増したように見えます。


IMG_4324.jpg
 さて、今回の改造のキモはこのハンドル周り。
 
 既に通常の通販などでは手に入らないために、10年ぶりのヤフオクで手にいれた、デオーレLXのデュアルコントロールレバーの採用です。

 今や絶滅危惧種のMTBコンポーネント版デュアルコントロールレバー。
 私は現在もMTBで使用していますが、慣れると結構使いやすくていいものなのですが、競技レベルの世界では受け入れられなかったのかもしれませんね。

 このように余分な費用をかけつつも10速化を見送って、9速で進化が停まった状態のデュアルコントロールレバーを使用したのには理由が有ります。


IMG_4326.jpg
 それは、クロスバイクとしてのカジュアル感を維持しつつ、フラットバーを使用しながらロードバイクのドロップハンドルプラスSTIレバーに近づく様なマルチな操作感を手に入れることが出来ることにあります。

 通常のトリガーシフトでは、フラットバーの場合はグリップ部分を握った状態でしか変速、ブレーキ操作はできませんが、デュアルコントロールレバーの場合は、慣れればこのようにバーエンドを握った状態でも簡単な軽いブレーキや、シフト操作が可能です。
 とはいえフロントのシフトアップまでは流石に厳しいですが・・・

 また、トリガーシフトと比較して、親指が常に自由になっているのも大きいですね。そして何より見た目のインパクトが違います。

 その性能や、使い勝手には様々な意見があるでしょうが、この独特のシルエットは現在市販されているコンポーネントにはない大きな魅力です。


 そして今回初採用した『エルゴンGP5グリップ』も素晴らしい。

 グリップの掌部分の置きやすさは見た目の通りさることながら、特にバーエンド部分が今まで使ってきたバーエンドのどれよりも良い。

 具体的には、長く大きく太いことと、カーブが大きくハンドルの前まで張り出しているため、手をかなり前に出して握ることが出来ることです。

 さらには、グリップが『樹脂』で出来ていて、素手でも握り心地が柔らかいこと。

 更に、写真で見てもわかる通り、グリップ部分と、バーエンドとのつなぎ目がかなりフラットなために、その部分に手を置いても痛みがなく素手でも快適な握り心地を得ることが出来る点ですね。

 グリップ単体を購入すると考えるとかなり値段が張りますが、『グリップ+バーエンド』を購入するとして考えるならば、街乗り仕様としてはこのグリップは最高の快適性と性能を持つ製品では無いでしょうか。

 こられの事により、グリップを付け替えただけなのに、ブルホーンに交換したものに近い状態へと仕上がります。

 なお、使い勝手の良さを求めるならば、ドロップハンドルや本格的なブルホーン化と言う選択肢もあるでしょうが、それならば最初からロード用のコンポーネントが採用されたRX1以上を購入したほうが手っ取り早い話ですしね。
 なにより、フラットバーを取り外してしまえば、それはもはや『エスケープRXシリーズ』でなくなってしまうような気がして余り食指が伸びません。


IMG_4331.jpg
 さて、MTB用のデュアルコントロールレバーを装着した場合には、リアディレーラーは通常とは異なり『ローノーマル』の製品を使用すると操作感が自然になります。

 写真の通り、ロードと異なり最もワイヤーを緩めた状態で『ロー』のポジションにチェーンが移動しています。 
 また、変速時の感触も、アセラのカチャリカチャリと言った間を置いた感触から、カチカチ小気味よい感触へと変わり満足できる仕上がりです。
 
 なお、9速用のMTBコンポ用のローノーマルリアディレーラーも、レバーと同様に国内の通販サイトでは早々見かけなくなり、ヤフオクなどで中古品が新品のような価格でやり取りされていますが、我らがウィーグル様では現在も普通に購入することが可能です。お金に余裕が有ったら、予備を買っておきたいところですね。
 

IMG_4338.jpg
 そして、ハンドル位置をより低く、遠くのコンセプトのもとに調整した結果なんとかハンドルの高さはロード並みに落とすことができました。
 
 どちらかと言うと、クロスバイクよりフラットロードに近い存在になったのではと思います。


IMG_4340.jpg
 しかし、ハンドル幅の差は歴然。

 ロードバイクのCLX2.0のハンドル幅が400mm程度なのに対して、RX2は改造後もバーエンドの幅も含めて540mmに達しています。
 もう少し詰めたほうが良いかも・・・しかしレバー形状の関係上、後せいぜい片側1センチ程度しかカットできませんが、とりあえずは乗ってみた後の感触次第ですね。
 

 さて、今回の換装内容をまとめると・・・

クランク
 SHIMANO M391 26/36/48T → SHIMANO M590 DEORE 26/36/48
Fディレーラー
 SHIMANO ACERA 31.8 → SHIMANO DEORE XT 31.8 
Rディレーラー
 SHIMANO ACERA → SHIMANO DEORE XT
シフター
 SHIMANO ACERA 9S → SHIMANO DEORE LXデュアルコントロール9S
ブレーキレバー
 SHIMANO ACERA → SHIMANO DEORE LXデュアルコントロール9S
ブレーキセット
 SHIMANO M422 → SHIMANO DEORE LX(LX パワーモジュレータ SM-PM70追加) 
ギア
 SHIMANO HG50 9S 11-32T →  SHIMANO CS-HG80 SAINT 9S 11-28T
ペダル
 Aluminum CAGE LITE  → バズーカ MG-4ペダル
シートピラー
 Aluminum 27.2x350mm → Race Face - Ride XC 27.2mm x 375mm
ステム
 Aluminum 31.8 100mm → ITM 31.8 120mm
サドル
 GIANT SPORT LITE D2 → SELLE SAN MARCO

・・・いやはや換えに換えたりですね。一体どこを目指しているのか自分でも疑問に思います(笑)

 ですが、多少の快適さは犠牲にして、より長距離をスピード感を持ちつつも走れる状態にしながらもクロスバイクの持つ使い勝手の良さを残した状態へ改造したつもりであり、ロードバイクとはまた異なった、中近距離かつ市街地専用機として活躍してくれることでしょう。
 今後ライトやメーター等のアクセサリ関連を装着すればより一層その傾向が強まるのかもしれません。


IMG_4351.jpg
 さて、すっかり暗くなった後、作業場から外に出て見れば辺り一面は真っ白な銀世界へと変貌していました。

 なんだこれは・・・いつの間にこんなことに。
 とうとう積雪が我が家のそばまでやってきたようです。ものすごく寒い・・・

 天気予報を見てみれば、この先もしばらくは雪の降り続く日々が続くようです。
 せっかく組み上げた【エスケープRX2カスタム】もしばらくはタンスの肥やし状態が続くことでしょうね。
 
 この地方に住む人間としては、毎年のことながらもこの雪にはゲンナリとしてしまいます。
 あ~あ、さっさと春になってくれないかなぁ・・・早く晴天の下で走行してみたいものです。


それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

取付編②

OKI様
道具が...すべて揃っているではないですか!
パイプカッターまで!僕は破壊工作までは得意ですが、組立は専門外です。
素晴らしい...
ハンドル回りも考えられていますね、すごい
早く、実走させたいところですね~
余談ですが、6月に福井県でBRM601(オダックス近畿)200㎞ブルベが企画されているのです。
名所をトーレスした良い感じのコースです。

Re: 取付編②

chief様
 ありがとうございます。あの改造もしたい、この改造もしたいと長年チマチマと作業をしているうちにだんだんと工具も増えていきました。
 全バラ後の組み付け作業も数回こなしているので、あまり新鮮味も無く淡々と作業をしていた次第です。しかし暖房のない部屋では、気温が低すぎてグリス類がベトベトしていて作業し難い季節です。
MTBのデュアルコントロールは、あと数年もすれば完全に過去の遺物と成りそうですからね、新車に使える最後の機会と思って導入することにしました。
 近くて遠い福井県ですね(笑)福井県も、サイクルイベントが活発なところですから運営も上手いでしょうし、きっと楽しい時間が過ごせるのではないかと思います。chiefさんなら、200キロ程度のブルベは丁度良いくらいではないでしょうか?

OKI

FC2ブログへようこそ!