氷上のクリスマスプレゼント

その他に関する童心
12 /25 2012
 結婚して、子供もできてすっかり落ち着いてしまうと、季節の移り変わりにもすっかり鈍感になってしまいます。
 そういえば、世間はクリスマスだったんだっけ・・・

 全然実感がない。
 この時期は、ただ年賀状を早く書かねばと思い憂鬱な気分にさせられる年の瀬です。

 今日は豪雪の降り続く大人には厳しいホワイトクリスマスとなりましたが、そんな洒落た言葉と無関係に、雪が大好きな娘をスケート場に連れて行って来ました。
 
  PC230280.jpg
 あまり物事に積極的にでない私の娘も、スケートは好きらしく毎年毎年冬になれば連れて行けとせがんでくるので仕方なく毎年連れていっています。

 スキーは怖いから大嫌いなくせに、固い氷のスケートは平気とは、良くわからないものです。

 滑り始めた直後はリンク上で、ガイドパイプにしがみつきながらも、一生懸命昨年までのスケート感を取り戻そうとしているのが可愛らしいものです。

 昨今は、フィギュアスケートなどが隆盛で、テレビでも良く放映されているのでその影響もあるのかもしれませんね。多分、かわいい衣装に目を奪われているのではないかと(笑)

 まあ、何であれ上達したいと思う気持ちがあることはいいことです。
 
 しかし寒い・・・
 連休だけあって、スケート場は結構な人出でにぎわっています。
 
 みな、おっかなびっくり楽しそうに滑っては転びしています。

 スケートって、滑れるようになるまでが楽しいんでしょうね・・・
 実際滑れるようになってしまうと、ただの丸いスケートリンクの上をグルグル滑ってるだけでは物足りなくなるでしょうね・・・
 スケートが楽しいと感じられるのが羨ましい。
 

PC230292.jpg
 私は多少スケートの心得がある為、正直ただ滑っていても疲れもせず、そのため体も暖かくならず、娘の指導や伴走程度では、寒くて寒くて仕方がありません。 
 そのため、ときおり壁を押してみたり、短いダッシュをしたりして寒さをしのぎます。
 

PC230290.jpg

 そんな私を差し置いて、娘は暑い暑いと言いながら、初心者スケート教室に参加したりします。
 
 去年くらいまでは、滑れるようになりたかったら参加しておいで。
 と、いくら言っても首を縦に振らなかったくせに、自分から参加しに行くようになりました。
 あの弱虫が、成長したもんだなぁ・・・


PC230287.jpg
 転んでも、頑張って立ち上がります。感動的だなぁ・・・
 でもまあ、フィギュアなんかは絶対やらせないけれどね(笑)


PC230296.jpg
 そして小一時間後、教室も終わった後、ややおぼつかない足取りながらもそれなりにスケートっぽい動きが出来るようになっていました。

 凄いなあ。幼いうちは、どんなことでもあっという間に吸収して出来るようになって行くのですね。
 アラフォーのオッサンである私には失われた素晴らしい能力です。

 この成長ぶりを眺められたことが、私にとってのクリスマスプレゼントと言えるかもしれませんね・・・

 さて、スケートですっかり疲れ切った娘は今はすっかり夢の中。
 サンタさんは今からこっそりと、枕元にプレゼントを置きに行きます(笑)
 

それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!