新年はオーバーホールから 【GIANT NRS3改を整備する】

メンテナンスに関する童心
01 /05 2013
 新年あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

IMG_4523.jpg
今日は、年が明けてから初めての晴天が広がり、今年初めての北アルプスを一望できる気持ちの良い一日となりました。


IMG_4524.jpg
 剱の頂も、早月尾根も、見事な雪化粧で真っ白になってしまっています。

 何だか今頃は、誰かが山頂に登っているのではないかと思わせるようなそんな雰囲気ですね。


 さて、そんな美しい天気の下、今年最初の記事は地味に屋内で開始です。

 年末年始は休みが多いとはいえ、新年の挨拶回りや、家族・親類集まっての宴会等で、二日酔いのままあっという間に時間が過ぎてしまい、気楽な独身貴族ならばともかく、大人になってしまうと大したことは出来ないものですね。

 とりあえず、自転車に乗れない冬の間に整備をしておかないとな・・・


IMG_4550.jpg
 とりあえずはこれから。
 現在スリックタイヤを履かせて街乗り仕様に落ち着いていますが、この度『黄金のGIANT RX2』が手に入ったことにより、MTBとして完全復帰してもらう予定の、いまや絶版となった、『GIANT NRS3改』から、整備を始めます。

 もはや2005年の製品であり、ほとんど使っておられる方もいないでしょうし、ご多分に漏れず、このNRS3も、今回手に入れたRX2と同様に、各パーツは総入れ替えしており、もはや新車当時のパーツはリアサス周辺と、フレーム、メカニカルブレーキ本体のみとなってしまっています。

 本来フルサスのMTBであり、スリックタイヤを履かせていたとはいえ、街乗りには少々重くてあまり向いてはいない車体です。


DSCF3256.jpg
 ですが、もともとはMTBから自転車の世界に入って行った私にとって、ロードが活動の主体になる以前には、数々のトレイルや『しまなみ海道』へも自転車旅行に行った思い出の沢山ある車体です。
 懐かしい・・・

 かれこれ、ここ3年ほどノーメンテナンスで走らせていましたから、ちょっと真剣に整備するかな・・・


IMG_4492.jpg
 さて、寒い中チマチマとばらしては各部を洗浄グリスアップしています。
 
 しかしオーバーホールとなるとパーツの付け替え以上に、手がグリスでギトギトになってしまい中々写真等も撮り難いですね。
 
 今回は3年ぶりの整備の為、ワイヤー関係はもとより、チェーン、変速機関係に加えて、BBや、ヘッド周りも全部ばらしてギトギトにグリスを塗ったくってやりました。
 
 放置して錆びて、使用不能になったら目も当てられませんしね。
 流石にサスまではバラせませんが、まあそこまでは良いでしょう。

 本当は面倒なオーバーホールなどはショップに一任したいところですが、残念ながら先立つものが有りません(笑)
 年末に使いすぎた・・・カードの引き落とし額が恐ろしいぞ・・・


IMG_4497.jpg
 デオーレのデュアルコントロールレバー内部も洗浄し、グリスアップを行います。
 
 シフトワイヤーを交換する際はカバーを外さないといけないため、少々面倒ですが、内部まで丸見えの為整備性は良いような気がします。


IMG_4534.jpg
 ハブもばらして整備します。
 XTの玉押しは17ミリのハブスパナが必要ですが、ダイソーで買った怪しいスパナで充分代用が効きます。


IMG_4532.jpg
 ハブの中は大分グリスが劣化していましたが、今回ベアリングも綺麗にして、これでもかとデュラグリスを塗ったくります。
 
 しかしいつみてもこのデュラグリスというのは、プレデターの血液の用な蛍光色に輝いていて綺麗だと思います(笑)
 

IMG_4498.jpg
 ブレーキもオーバーホールするかな・・・

 ヘイズのメカニカルディスクブレーキが純正装備されていたNRS3ですが、正直ディスクブレーキは整備が面倒です。
 
 たまにトレイルに行くくらいの用途であれば、Vブレーキで充分ですね。

 現在はMTBと言えば当たり前にディスクブレーキが装備されていますが、NRS3の販売当時はディスクブレーキも少し良いグレードの車体にしか付いておらず、おまけにフルサスにもすごく憧れていたので、このブラック&ゴールドのカラーが発売された折に一目ぼれし購入したものです。 
 
 が、いざ自分で整備をするようになったらフルサスもディスクブレーキも重いし、整備する箇所も多くなってしまい少々面倒な代物ですね。


IMG_4501.jpg
 ブレーキもオーバーホール。

 油圧式はいじったことが有りませんが、メカニカル式の造りは結構単純なものです。
 
 さっきから、BBに、ヘッドパーツに、ホイールのハブ、さらにはリアディレーラーのプーリーにと、ベアリングの清掃ばかりを続けています。

 しかしブレーキ内部には、少し錆びが出てました。
 危ない危ない・・・ばらして確認しておいて良かった。
  
 後は、ワイヤーとチェーンを取り付けて、微調整をすれば整備完了です。


IMG_4554.jpg
 完成
 オーバーホール後はMTB本来の用途が主流となるため、ブロックタイヤへ換装したため足回りが一回り大きく見えて迫力が有ります。 

 やはりマウンテンバイクにはブロックタイヤが良く似合いますね。

 これまで山から平地まで酷使してきた、NRS3改ですが、本当に色々なところに行ったバイクでした。

 しかし現在はロードバイクが活動の主体となり、トレイルへ行く機会がめっきり無くなった上に、街乗り用としてはクロスバイクであるRX2を手に入れたため、以後殆ど乗らなくなると予想され、少し物寂しい気分です。
 
 
 DVC00003.jpg
 現在では、準備や後片付けに手間のかかる上に、場所を選ぶトレイルライディングは、すっかりやらなくなってしまいました。


P6040059.jpg
 しかし、自転車に関する知識もほとんど無かった頃に、友人たちと夢中になってあちこち走り回ったあの頃は何もかもが新鮮で、もしかしたら自転車が一番楽しい時期だったかもしれません。

 知識不足で、このNRS3を購入する以前には、2台のMTBを乗りつぶしてしまっていますがその失敗の積み重ねにより次第に整備力も上がっていきました。


DSCF0516-2.jpg
 本当にいろんなところに行ったなぁ・・・懐かしい。

 まあ、当時はまだ独身で自由気ままに好きなことが出来てましたしね(笑)

 MTBでのスキー場や、林道等を使ったトレイルライディングは本当に楽しい物であり、そのうちまたNRS3改と共にどこかトレイルに突入してみようと思います。

 さて次は、現在のメインバイクであるCLX2.0の整備もしないとな・・・
 整備は面倒ですが、機械いじりは好きなのであまり苦にはなりません。
 
 それに、自転車シーズンの春まではまだまだ時間があり、慌てることもありません。
 のんびり整備しようかな。

 何だか新年一番の記事は、単なるオーバーホールのはずが、結果的に自分の自転車に対する初心を改めて思い出させるものにもなりました。
 
 
 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まだ乗ってます

サドルの下のサスペンションをこていする部品のベアリングが落ちました 部品あるでしょうか?

Re: まだ乗ってます

伊藤様

コメントありがとうございます。
しかし、私もあまりディープな修理までは対応した事が無いので今でも部品が調達可能かは存じあげません、申し訳ありません。
ただ、以前他の方のブログでNRS3のベアリングは安物で、強度も低いとのことで、市販の高級なシール式のベアリングに交換しておられた方の記事を見たことがあります。
大した知識は無くとも、『モノタロウ』などで同サイズのベアリングを調達したらば問題なく使用できるのではないかと・・・
いざとなれば、自分の場合はそうしようと思っております。

OKI

FC2ブログへようこそ!