シーズン開始目前!!【レーシングゼロもオーバーホールする】

その他に関する童心
03 /02 2013
いよいよ3月になりました。
 春の足音がもうすぐそこまで聞こえるような気分にさせられますが、今日も一日雪のぱらつく寒々しい一日となりました。

 富山のサイクリングシーズンが本格化するのはもう少し先かな・・・

 さて、今回は大したネタも無いのですが、いつまでもブログのトップに豚肉の『肉塊』が表示されるのもちょっとあれなので、じきに来るべき春のシーズンに向けて、着々と進むCLX2.0の整備状況でもアップすることにしました。


IMG_4723.jpg
 さて、寒い中チマチマと作業を進めて、ようやくバーテープを巻き終われば完成と言ったところまで作業を進めることが出来ました。

 ついでにタイヤの前後ローテもしておこうかな・・・と、思ったときに何だかやたらとホイールのラチェット音が騒がしいのが気に障ります。

 フルクラムはホイールのラチェット音が大きいというのは有名ですが、音が大きいというのは様はラチェット部分のグリスが切れているのであり、余り感心した出来事ではないということをどこかで聞きました。

 う~ん、昨年大阪から帰った後にオーバーホールした後、大して走ってないんだけれどなぁ・・・

 今回はホイールまで手を付けるつもりはなかったのですが、乾いた音が気になってしょうがないのでフリーを外してみます。

 ちなみにレーシングゼロはフリーを外すのみでしたら、17mのレンチひとつで簡単に外すことが出来ます。薄いナットなのでスパナよりは、よりトルクのかけやすいメガネレンチやボックスレンチを使用するほうが良いと思います。
 なお、緩めるのは時計回りの逆ネジなので要注意。。。


IMG_4736.jpg
 さて中を確認したところ。わ、真っ黒。 
 
 距離的にはさほど走っていないのですが、やっぱり昨年のグランフォンド糸魚川の大雨の中で水分でも入ったのかもしれません。
  
 仕方ない。ハブもばらしてクリーニングしよう・・・


IMG_4741.jpg
 構造は至って簡単。
 玉押しを外す2.5ミリとシャフトを外す5ミリのアーレンキー。そして前述の17ミリのスパナが有れば特に難しいことも無く分解できます。

 外した部品は順番が判らなくならない様に、外した順に並べて置きます。
 
 実際フリー側以外は、フロントも含めてグリスは綺麗な物でしたが、ここまで来たら最後までやるしかありません。


IMG_4738.jpg
 レーシングゼロの心臓部。セラミックベアリングですね。
 通常のカップ&コーン式のハブのベアリングは小さ目のパチンコ玉のような大きさですが、ゼロのベアリングはこんな黒っぽいくすんだ小さな玉が全ての力を支えているのですね。


IMG_4755.jpg
 フリーのラチェットはやはりちょっとグリス切れだったのか?少し塗装が剥げて摩耗が見られました。
 でも金属同士がこすれ合えば摩耗くらいするよね。


IMG_4742_20130302230257.jpg
 パーツクリーナで内部を綺麗にしました。
 うん。気持ちがいいぞ。


IMG_4746.jpg
 ハブの内部にはとりあえず2種類のグリスを塗ってやりました。
 
 ベアリング部にはフィニッシュラインのセラミックグリス。
 その他のラチェットやシール部には更に粘度の低いカンパグリス。を使用しています。
 全部カンパグリスでいいのですが、何と無くセラミックにはセラミックグリスかな・・・と。


IMG_4752.jpg
 ぎっとぎとにグリスを塗りこみます。

 多分セラミックベアリングにこんなにグリスを塗ったくる必要は有りません。余計な抵抗になるだけだと思います。でもタップリ塗りたいんだからしょうが有りません(笑)

 あとはラチェット部にはカンパグリスを程ほどに塗って再び組み上げれば完成です。

 うん。ラチェット音もほとんどしなくなりました。
 寂しい気もしますが、グリスが効いている感が有って個人的にはこのほうが満足です。


IMG_4748.jpg
 そしてタイヤの前後ローテの際に、チューブに保護のためにベビーパウダーを軽く振りかけておきます。
 サラサラに仕上がりました。

 何か意味が有るのかって?どこかで保護のために良いと聞いたことが有るからです(笑)


IMG_4763.jpg
 そして、バーテープ。
 皆さんは巻く際は、下からですか?それとも上から?

 基本は下からのようですが、私はいつも上からこのように半回転分、出だし部分を巻き込んでから下へ向かってハンドルを引く方向へ巻き込んで行きます。

 こうすれば、ほどける心配もないし、最後にはみ出さないようにカットすることも、テープで止める必要も無いので個人的には気に入っています。
 

IMG_4782.jpg
 バーテープも巻き終わって、ついに完成。

 いやあ今年はRX2に始まり、NRS3、CLX2.0と、組み上げ&オーバーホールが3台続いたため、週末毎に自転車屋さんの様な生活をする羽目になりました。
 
 これが商売ではないので、オーバーホールも時期がかぶらないようにローテしないと中々に面倒です(笑)

 しかし、寒い中で手もギトギトになり大変でしたが、これで安心して今年の春を迎えることが出来るというものです。
 走り出すのが待ちどおしいぞ!


それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして。バーテープの巻き方参考になりました。テープがないのでスッキリしてよさそうですね。今度やってみます。

Re: タイトルなし

おうちえんそく様
ありがとうございます。最初に自己流で巻き始めたのが上から巻きで、気が付いたら下からがセオリーだった。と、いうことだったのですが、特に不具合も感じないのでそのまま今日に至っています(笑)
 多分問題ないと思いますのでぜひやってみてください。
 また何もかもプロに任せれば安心なのですが、パーツの交換一つにしても、自分でなぶる工夫が楽しめるのも私にとって自転車の魅力ですね。

普段はチネリのバーテープを使っていますが、飾りテープがどうしても剥がれてしまうのが不満でした。テープが不要ですとその悩みから解放されます。本当に参考になりました。このままだと、今のバーテープが汚れるのを待たずに貼り替えてしまいそうです。ありがとうございました。

Re: タイトルなし

おうちえんそく様
 最後のテープはなかなか丁度良い場所で一周できなかったり、まっすぐに貼れなかったり、皺になったりで難しいですよね。
 メーカー独特のロゴが印刷してあったりで、アクセントに貼っておきたいのですが綺麗にはるのは難しいものです。上から巻き、上手く行くといいです・・・行かなかったらご免なさい(笑)

OKI

FC2ブログへようこそ!