野外活動では『火』・『水』・『鍋』は必需品なわけで・・・

登山用品に関する童心
07 /08 2013
 今回も中身はほとんど無し(笑)

 前々からトレッキング時の休憩用にガスコンロが欲しかったのですが、あまり使用頻度も無いものに大枚を叩くのもどうかと思っていた所です。

 しかし、いつまでも固形燃料と手鍋のセットで活動するのも如何なものかと思い立ち、意を決して買ってしまいました。


P6290373.jpg
 とは言っても、メーカーは、『サウスフィールド』

 D-Xトレッキングバーナー3000です。

 スポーツアルペンの独自ブランドであり、いわゆる廉価メーカーの代物ですが、そのカタログスペックは、性能的にも重量的にも一流メーカにひけはとっていません。
 まあ、厳冬期の北アルプスに登るわけでは無し、おまけに年間何度使うか分かったものではない物です。
 
 更には値段も半額程度でお買い得。実際私の使用頻度からすればこれで充分でしょう。


P6290375.jpg
 とりあえず点火してみます。

 アチチチチ~!顔が焼ける。

 やはりガスバーナー。
 これまでの固形燃料とは出力が桁違いですね。
 
 これならばカップヌ―ドル用のお湯を沸かすくらいあっという間でしょう。
 なんだか、小中学校の頃のガスバーナーでの実験を思い出させます。
 

P6290381.jpg
 しかも、コンロ部分を折りたためば、相当コンパクトになる上、収納ケースまで付いてきています。
 

P6290376.jpg
 そして、クッカー。

 コンロが有ったところで、それを火にかけ、調理する鍋が無ければ何にもなりません。

 これも廉価メーカーのX-アドベンチャー製ですが、中々に良い造りです。

 しかもこちらはスポーツゼビオのブランド。
 
 私の装備はアルペンと、ゼビオの安価な独自ブランドの連合軍で構成されていくようです。

P6290378.jpg
 中身はポットと、鍋と、蓋のセット。
 これだけあれば、一人分ならば大概の事は出来ますね。十分なセットと言えます。 


P6290379.jpg
 とりあえずコンロの上に鍋を置いてみます。

 う~ん本格的になってきた。テンションあがるぞ!!早く何か温めてみたいものです。


P6290382.jpg
 当然ながら収納時も、ガスボンベと、コンロを丸々クッカー中に納めて、コンパクトに収納することが可能です。


P6290383.jpg
 そして付属の収納袋で縛り上げれば綺麗にワンセットに出来上がります。

 いや~、これまでの調理セットとは天と地ほども違います。

 かさばらない上に軽く、見栄えも良い、素晴らしい仕上がりです(笑)
 

 このように、いわゆる本格登山用の一流メーカーの物ではありませんが、とりあえず用途を満たしていれば、私程度のぬる~い山行には十分な代物であると思われます。
 

 P7060018.jpg
 そしてさらにドイター互換ストリーマも購入。

 純正品と比較すれば、本体部分の色が薄い所と、吊り下げ様の穴がない所でしょうか?

 今までは3リットル用の物しか持っていなかったのですが、何度か使っているうちに、3リットルのストリーマが必要な状況というのは、なかなか無いことが判ってきて、もう一回り小さいものが欲しいと思っていました。

 日帰り程度で、どこかで補給のチャンスがある場合には、3リットルのストリーマの容量は持て余しがちになる感じですね。

 しかし、これも経験によって季節と行程から、どのくらいの水の準備が必要なのか、把握出来るようにするしかない所なのかもしれません。
 要らないと思いきや、途中で水切れになってはシャレになりません。


P7060020.jpg
 そして両者の吸水口。

 互換品には給水部分にキャップがないなど些細な、違いが見て取れますが、機能には違いがない両者です。

 まあ、もともとキャップ自体がリュックに通すときに邪魔だと感じていたので無くなったことによりむしろ使い易くなった気がします。

 と、このように今回はいわゆる二次ブランドで各種必要品をそろえることと相成りました。

 名の通ったブランドと比較すれば、色々と不安なことも頭をかすめるところですが、実際は自分の使用頻度、実力等を計算し、そして財布と相談の上冷静に対処するよりほかありません。
 …ちょっと大げさだな(笑)

 う~ん。早くどこかの山へ行きたいぞ!!


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

思わずニヤリとしてしまいました。
この手の装備は予定がなくても所有したい品々。

しかし装備を充実されている御様子から近々、山行に入られるのてすね。
あと欲し~い装備は、、と、いうより山装備は男心をそそる物ばかりです。

Re: タイトルなし

chiefさま。
ありがとうございます。
 やはり男たるもの、言うなればサバイバル用品には心惹かれてしまうものですよね。
 まあ、私の場合は山行と言うよりは、ハイキングに毛の生えたような計画しか考えてはいないところです。
 しかし、それでも欲しいものは数知れず・・・いや実質あと数点かな?でものその数点が大物なので、決心が中々つかないところですね。
 今後は冷静に、買ったはいいいが実施できる日があるのか、お天道様とお休み様と、一番大事なお財布様と協議のうえで行動したいと思います(笑)

OKI

FC2ブログへようこそ!