大型ザックを買ってしまった・・・ 【ドイター エアコンタクト65+10ℓを装備】

登山用品に関する童心
07 /27 2013
 前々から、いつかは山に行ってテント泊などをしたいな~などと思っていたのですが、そのためには揃えないと行けない物品が多々存在しており、二の足を踏まざる負えない状況でした。
 
 自転車用品もそうですが、山用品も高いですからね~ 

 が、散財の神は私に夜な夜なしつこくささやき続け、遂に責め苦に耐え切れずに買ってしまいました。


P7270395.jpg
 憧れの大型ザック。

 ドイター エアコンタクト65+10ℓを購入してきました。

 これなら私のもくろんでいる、1、2泊程度(その内延びるのか?)の山行に必要なテントやシュラフといったキャンプ用品を飲み込んだくらいでは、おつりがくるサイズですね。
 
 最初はミッドナイト×オーシャンカラーにしようかと思いましたが、実際に現物を見てみると写真と異なり、グレー×エメラルドカラーも中々に鮮やかな色合いで、青系にも飽きていたので一目で気に入ってしまいました。

 なお、近場の好日山荘で、グレゴリー、カリマー、マムート、ノースフェイス等々・・・各ブランドの同サイズのザックを片っ端から背負ってみましたが、やっぱり値段の関係と、以前よりデザインが好きなので当たり障りなくドイターに落ち着きました。


P7290444.jpg
 それにしてもでかい!!一般的な生活をしていたら、まずお目にかかることは無いであろうサイズです。

 それでも身長180センチの私が背負えばさして大きい感じはしないのですが、身長130センチちょっとの娘が背負うと、まるで亀の甲羅のようです。

 そういえばミュータントタートルズってアニメが昔あったっけ・・・


P7270387.jpg
 どのくらい大きいかといえば、写真の通り空気入れがすっぽり収まってしまうサイズです。
  
 メーカーの数値によれば、高さ84センチ、幅40センチ、奥行き28センチとのことですが、自転車と一緒で、外から眺めたときの大きさと、実際にまたがった時の大きさの感じ方が違うのと同じことでしょうね。


P7270397.jpg
 そして重量ですが、メーカーのカタログには2710グラムと有りますが、実際はもっとありそうです・・・

 全体が乗り切っていない、不安定な状態での計測ですが、2900グラム以上を示しており、実際は3キロ程度の重量があるのではないかと考えられます。

  カタログでは2キロを切っている、同じくドイターの計量モデル、ATCライトの65+10ℓのザックと比較検討もしてみたかったのですが、残念ながら店頭には有りませんでした。

 まあ、それでも実際に背負ってみると全くそんな重量物とは感じないのですけれどね。
 
 こちらの方が、より強度があって長く使えるのでしょうし、良しとしましょう。
 

P7270385.jpg
 実際に背部に接する部分。

 肩の位置の調整機能や、極厚の肩パッド。

 また、腰部のパッド重厚さや、ストラップ大きさなどは軽量モデルとは比較になりません。

  これがまぎれも無い山岳縦走用モデルであることを主張してきます。

 う~ん。ワクワクしてきた。


P7270391.jpg
 鯉のぼりの口の様に大きく開く開口部。



P7270399.jpg
 2気室構造に加えて、背面からも内部にアクセスできる便利なチャック。

 下の方に入れたものでも簡単に取り出すことが出来ますね。

 しかし、これだけ豪快に開放することが出来るとなると、閉め忘れに要注意ですね。
 

P7270394.jpg
 歴代の所有ザック達とのサイズ比較。

 左から
 ①65+10リットル エアコンタクト
 ②30リットル トランスアルパイン
 ③20+4リットル クロスエアー
 ④12+3リットル レースEXPエアー
 ⑤10リットル スピードライト
 ⑥?リットル  ヒップバック
 
 と、これ以外にも携帯ケースから自転車用小物入れまで様々に取り揃えております。

 これまで基本自転車での使用前提で揃えていたので、小さいものしか持っていなかったのですが、やはり、65リットルのエアコンタクトの大きさは圧巻です。

 まるでサイコガンダムの様な圧倒的存在感・・・

 さて、③や、④は日帰り登山または、主に自転車用ですし、②のトランスアルパインに至っては、山小屋宿泊前提の容量。
 流石にテントやシュラフの携帯は難しい・・・

 ⑤、⑥に至ってはもはやアタックザック程度の存在。

 山でテント泊を行うなどと考えるとには、やはりもう一サイズ上のザックを持たないわけにはいきませんでした。

 しかし・・・昔からドイターばかり買っているな。

 そろそろドイターから表彰状が来ても良いのではないだろうか・・・


P7270389.jpg
 そして、ザックだけではなくウェアも新調。

 これまでは自転車用のウェアで登っていましたが、ザックの色合いに併せてモンベルのシャツも購入。

 いや~色合いも揃えてしまうと、益々余計なやる気が出てきますね。

 入れ物も手に入れたし今年の夏は、いよいよ山で泊まるぞ!!


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!