チェリーコークと徒然なる日々

燻製・グルメに関する童心
12 /21 2013
 久方ぶりの更新ですが、12月に入ってからというもの富山県では雨と曇りと時々雪の天気が続き、全く活動意欲がわかない天気が続いていました。

 毎年のことながら、北陸の冬場は憂鬱にな気分にさせられますね。

 外での活動が出来ないのであれば、作っていないプラモが山積みになっているのでそれらでも仕上げるべきかもしれません。。。 

 そんな中、何気なくスーパーを覗いてみると珍しいものが。
  

PC211108.jpg
 なんと、懐かしのチェリーコークが販売されているではありませんか。

 いや~好きだったんですよねこれ。

 ちょっと独特のチェリー?風味がする飲み物ですが、その通常のコーラーともまた違うパンチの利いた味わいがクセになります。

 売り場から姿を消して久しく、最近は値段が高めの輸入物しか売っていなく、中々頻繁には買うことが出来ませんでした。

 たまに、色合いや味わいが似ているドクターペッパーを飲んでみたりもしましたが、ややドギツイ感じが強く、私には余り好ましい味ではありませんでした。


PC211109.jpg
 そんなこんなで再版されていたチェリーコーク。
 家飲み用の1.5リットルと、外出飲み用の500ミリリットルペットボトルを箱買いしておくことにします。

 これだけあれば飽きるほど堪能できるな・・・
 
 今度何時市場に出回るかわかりませんからね(笑)いや~何だかラッキーだなぁ


PC211121.jpg
 さてその後は、何時の間にやら忍び寄ってきたクリスマスのイベントに付き合い、娘と二人、親子でクリスマスケーキ作り教室へと行ってきました。

 娘は全く私に手伝わせようとはせず、最初はどうなる事かとヒヤヒヤものでしたが、フルーツも自分で切って盛り付けし、スポンジの周りに生クリームを塗ったりとなかなかの活躍を見せてくれました。

 いつの間にやらやるようになったものです。
 
 そして完成しましたが、クリームの立て具合が柔らかすぎて、ベチョベチョの状態で塗ったために、イマイチな外観になってしまいましたが造った本人には満足する仕上がりとなったようです。

 チェリーコークと共に、この夜美味しくいただくことが出来ました(笑)

 甘いケーキに、更に甘いチェリーコーク。

 これは胸焼けしますね。
 
 さて・・・平地にはまだ雪が降りてきていませんが、何時の間にやら冬になってしまいもうすぐクリスマス。
 
 年賀状の準備も終えれば、2013年の終わりももう少しです。
 早いものだなぁ・・・ 
 
 と、言った感じで、最近は何の変化も無い感じです(笑)

 
 それでは今回はこのへんで 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ケーキ作り、お疲れ様でした。
なかなかお上手ではないですか!
最後まで自分で仕上げるコトができれば、ご本人も満足なことですから。

ウチのこどもなら途中で投げてます。
若しくは僕がイライラして手を出してますw

しかし..チェリーコークですか(@_@)
ドクターペッパーなら飲んだことありますが~
未体験です、最近流通はしているようですね。
見掛けたら飲んでみますw

Re: タイトルなし

MMR様
ありがとうございます。

とても人に見せられるような代物ではございませんが、苦し紛れにアップしてしまいました(笑)
そこそこ美味しく仕上がりましたが、甘ったるくて多くは食べられない。

本人は頑固な上、デコレーションするのが大好きなので。。。
まあ、口や手を出したいのをぐっとこらえての2時間でしたが・・・

チェリーコーク。
好き嫌いが別れるようです。
まあ万人に受けていたら今頃も正規ラインナップされていたことでしょうね(笑)
甘いので、キンキンに冷やして風味を味わいつつゴクゴクと飲みます。
でも出来れば夏場に再販してほしかったところです

OKI

FC2ブログへようこそ!