今年も【燕】がやってきました【1】 ~2014年の来訪者たち~

燕に関する童心
06 /08 2014
  さて、昨年より『燕』たちに対して住居の提供を始めた我が家ですが、前回のゴールデンウィーク最後の記事でもふれたとおり、今年も無事に巣作りが行われました。

 燕は古来より幸運を呼ぶとも、安全な家にしか巣を作ろうとしないとも言われますし、ひいていえばわが家はツバメが暮している間は災難には見舞われないであろうということでしょうね。

 おそらくは野生の力でそういった危険な兆候を感じ取っているのだと思います。

 さて、今年は忙しくて、なかなか記事にする暇がありませんでしたが、ここまでの経過をざっと記載してみます。


 P4292026.jpg
【4月29日】
 淡路島から富山へ帰ってきた夜。
 3泊4日の兵庫の旅を終えて帰ってみれば、いつの間にやらツバメ達が巣作りをほぼ終えていました。

 出かける前はなかったんだけれども、仕事が早いなぁ。
 まだ巣は湿っていますが、乾いて固まった後は子育てが始まることでしょう。


 P5311333_2014060821383027e.jpg
【5月31日】
 グランフォンド富山の前日受付を終えたのち、ガレージの中の巣を覗いてみれば、見事に雛が孵り、親鳥がせっせと餌を運んでいる真っ最中でした。

 巣作りが始まってはや一月かぁ・・・
 雛も孵って大忙しのようですね。何もかも順調のようです。


P6081334.jpg
【6月8日】
 ところが、子育てが始まって1月。
 本日ガレージを覗けは

 車の傍にうずくまるツバメの姿が。
 
 ・・・おいおい、どうしたんだい?
 近づいても飛んで逃げる様子も無く、そもそもツバメは地面に降りることはまず無いと思っているのですが。

 若い雛鳥が、巣から落ちたのか?
 それとも親取がどこかにぶつかって、怪我でもしたのかな・・・?


P6081336.jpg
 脚立に登って、巣の中を覗いて見れば、かなり大きくなった雛鳥の姿が。

 ・・・ということはお前は親鳥の片割れか?
 何だか雛取の方が大きく見えるんだけれども・・・

 そういえば先ほどからツバメが1羽、ガレージの傍をウロウロ、ウロウロしています。
 雛鳥にばかり餌をやって、ろくに食べていないんではないかい?

 しかしさて困った。どちらにしてもこのままにはしておけません。


P6081337.jpg
 巣に戻そうかと思いましたが、思った以上に巣は小さく、上手く入れることが出来ません。
 落ちてきそうです。
 ますます持って困ったな・・・さてどうしようかな・・・
 
 とりあえず、タッパとティッシュで『仮巣』を作って、糞避けのために打ち付けてあるベニヤ板の上に置いてやることにします。
 とりあえず、飛べるように回復してくれればよいのですが・・・
 上手くいく事を祈るのみです・・・


P6081335.jpg
 さあ、上まで行くぞ。
 軍手でそっとつかんで巣の傍まで持っていきます。

 しかし、ツバメって想像以上に小さくて軽い生き物です。
 ろくに抵抗もしないということは、相当弱ってるのかな・・・


P6081338.jpg
 仮巣の上にそっと置いておきます。
 居心地は悪いだろうが急ごしらえだから勘弁しろ。 

 しかしもうすぐ雛も巣立ちだろうに。あんたも頑張らないとどうするんだね。。。


P6081334_01.jpg
 夜、心配になってみて見れば、親鳥が一羽、そして仮巣に先ほどの一羽の姿が見てとれました。
 よかった、まだ生きてるし、もう一羽も仮巣への警戒心を解いて巣に戻ってきてくれたようです。
 
 ツバメたちには危険人物認定されているようですが、せっかくやってきた借家人たちには、どうか今年も家族そろって、無事に飛び去って行って欲しいものです。


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!