立山登頂リベンジへ!!

立山
08 /03 2014
 さて、本日は先月その頂まで訪問しようとしながらも、目前にて悪天候により撤退を余儀なくされた、立山主峰雄山、大汝山、富士の折立の三高峰を踏破したのち、夏休みの小学生の集団による立山登山の大渋滞から逃れるルートを体験するために、真砂岳山頂を踏破した後に、大走りから雷鳥沢を抜けて室堂へ帰るルートを踏破してきました。

 それではスタートです。


P8031360.jpg
【7時50分】
 室堂に到着し、早速立山主峰、雄山山頂を目指します。

 しかし、残念ながら今回も快晴には恵まれず、序盤の高曇リの後は次第に山頂付近は雲に包まれ、展望のない上に寒い登山となってしまいました。 
 
 なお、今回は深夜の桂台からのスタートと言った非人道的な活動ではなく、職場のYさんと優雅に公共交通機関を使用しての道のりを選択しました。

 しかし、公共交通機関を利用しての室堂到達の後の、立山登山は想像を絶する程『楽ちん』でしたね・・・
 アルペンルートを徒歩で登るなんて行事が空しくなる程『楽ちん』です。

 これだけ楽して3,000メートル峰に登れるんだから、沢山の人が立山登山に訪れるのもわかるなぁ・・・


P8031369.jpg
 さて、天気は全体的にイマイチでしたが、序盤は中々見晴らしがよく風景を楽しむことが出来ました。

 一ノ越までの道のりを進みます。
 いやあ、バスでここまで連れてきてもらったので体力は余裕綽々ですね。

 思ったほど混雑もしていないし、いい感じです。
 
 一ノ越に到着後、Yさんを待ちます。


P8031372.jpg
 一ノ越からは今日最初で最後の展望が楽しめました。

 岩だらけの竜王岳。


P8031373.jpg
 薬師岳と、それに続く稜線。

 この道もいつか歩いてみたいなぁ・・・


P8031374.jpg
 鹿島槍。

 その稜線に繋がる五竜岳、唐松岳も良く見ることが出来ました。


P8031378.jpg
 そして、多分雲の平方面。
 
 また行きたいなぁ。。。

 さて、山々の展望が楽しめたのも一ノ越までで、この先は黙々と雲が登ってきて、高峰達の姿はかき消されて行ったのでした。


P8031389.jpg
【9時5分】
 雄山山頂に到着。

 室堂から1時間半かからなかったか。
 帰りもバスに乗れるため、結構のんびりペースで歩いていましたが、疲れてないから歩みも早いですね。

 とりあえずこれでようやく雄山神社でお祓いを受けることが出来ました。
 ああスッキリした。


P8031391.jpg
 山頂でお祓いを受けている間も、続々と人が登ってきます。
 雲はありますが、雨が降ってこないのが救いですね。

 しかし、日光がさえぎられているため風も冷たく結構寒い。
 ウインドブレーカーを着こみます。


P8031409.jpg
【9時55分】
 富山県最高峰、3,015メートル大汝山を越えて以後、はしゃぐ中高年達でにぎわう大汝休憩所へ。
 
 映画の影響もあるのでしょうが、どうして山では若者よりも中高年の方が、子供っぽくはしゃいじゃうんですかね?

 ここに限らず、自らの惨状を下界に帰ってから映像ででも見たら赤面物だと思うのですが・・・


P8031413.jpg
【10時15分】
 2,999メートル、富士の折立へ

 雲がかかって、後立山も、室堂方も見えませんが黒部ダムが確認できました。

 以後は、真砂岳及び、大走り方面へと向かいます。



P8031430.jpg
 立山から真砂岳までの稜線へ下りきれば、岩だらけのガレた登山道も随分と歩きやすくなります。

 そして、開けない視界の中、近間の高所で花開く小さな命にしばし心を奪われます。


P8031431.jpg
 これはタンポポか?


P8031433.jpg
 真砂岳山頂に近づきます。

 緩やかな登りと広い登山道の稜線は歩いていてとても気持ちの良い道のりです。
 天気が良ければなぁ・・・ 

 さて、大走りの分岐も越えますが、ガスのせいもあってピークがどこなのかわかりにくい。

 しかしケルンの群れを過ぎ、ようやく看板を発見し、真砂岳の山頂の位置が判明しました。


P8031442.jpg
【11時】
 今日の最後のピーク
 標高2,861メートル真砂岳山頂に到着です。

 中々に広い山頂で、休憩場所には困りませんが、風が強く且つ冷たく、岩陰に隠れて昼食の準備をします。


P8031440.jpg
 今日のランチ
 
 味噌ラーメンと、アルファ米の上にぶっかけたレトルトの牛丼。

 今回は、立山に登るだけと思い行動食は全く持ってこなかったので、その分昼食をがっつり食べてやろうと思っていたのでした。

 食べて見ると、カップラーメンは当然のことながら、牛丼が非常に美味い!!
 
 昼食にお湯を沸かしてカップラーメンといった昼食ばかりも飽きていたので、このご飯ものの美味しさは新鮮でした。
 
 また、食べながら思ったのですが、カップラーメンの残り汁をアルファ米にかけておじやにしても結構いけるんでは無いかな?

 荷物も少なくて済むし、やってみる価値はあるかも。


P8031441.jpg
 真砂岳と、内蔵助カールに乾杯。
 うっすらと見えるカールを眺めながら、暖かいコーヒーを飲みほします。

 そうこうしているうちに、昼時となり、山頂には数十人単位の登山者で埋まりました。
 
 この曇り空でもこんなにも多くの人がやってくる。
 やはり、立山は人気の山なのだな。。。
 

P8031444.jpg
【11時50分】
 真砂岳を発ち、大走りへと入ります。
 
 ものすごい急斜面に刻まれた道です。
 足を踏み外したら転がり落ちて行ってしまうのではないかな?


P8031445.jpg
 大走りの本道へ。

 全体的に傾斜の急なガレた岩場の道のりが斜面をジグザグに刻んで延々と続いています。

 う~ん。結構めんどくさい道のりです。


P8031461.jpg
 しかし、山々の隙間からは富山湾から、能登半島までをも見通せる、まさに窓が開かれていました。
 綺麗だなぁ・・・

 きょうは山は曇りだけれども、下界は晴れていたのでしょう。


P8031458.jpg
 どんどん高度を下げていくと、雷鳥沢が一望できるようになります。

 日曜の午後でありながらも多くのカラフルなテントが張られており羨ましい限りです。

 また、大きな建物がいくつもあるのが見て取れます。
 この高地にこんなにも沢山の建物があったんだなぁ・・・

 しかし、見えているのになかなか辿り着かないジレンマとの戦いが続きます。


P8031471.jpg
【12時40分】
 ようやく長かった、大走りを下り終えました。
 って、一時間もかかっていないのか。

 登るのは大変ですけれど、下るのは本当にあっという間ですね。

 Yさんも苦しい苦しいと言いながらも頑張っておられます。
 直ぐに慣れてきて、この苦しさが快感になってくると思うので、頑張って下さい(笑)
 

P8031474.jpg
 そして降り立った先には、大きな雪渓が残っていました。
 8月になったというのになんと立派な雪渓なのでしょう。
 
 とりあえずは雪渓を渡って対岸へ移り、雷鳥沢の登山道を目指します。

 
P8031482.jpg
 雷鳥沢に降り立った後、意外に苦しい登り返しや、活発に活動する地獄谷からの亜硫酸ガスに苦しめられながらも一路室堂を目指して歩き続けます。

 今日は一時ガスの強いときがあったようで、まさにそのタイミングで通過した我々は、ツンとくる匂いと、目や鼻の痛みを我慢しつつ進みました。

 いやあ、これは確かにまともに吸い込んだら倒れちゃうわ。。。

 さて、それらはさておき、実際の道のりにおいて、大走りよりもこの雷鳥沢から室堂までの石畳&階段の道のりの方がよほど苦しいと思ったのは私だけでしょうか(笑)

 疲れた所にこの階段の昇り降りは参ってしまいますね。


P8031486.jpg
【13時半】
 苦しい登り返しを終えて、室堂は目前のみくりが池温泉にたどり着きました。

 帰りのバスはまだ十分に余裕があるため、今回は温泉に浸かった後に帰路へと着くことにしました。

 早朝8時前から5時間以上行動し、道のりにして11キロの山を歩き続けた両足も、温泉に浸かってすっかりリフレッシュさせることが出来ました。

 さて、今回は室堂から立山を巡り、真砂岳を通って雷鳥沢に向かうと言った、まさに室堂平一周の道のりと言っても過言ではない道程。

 しかも初めてバスを使っての余裕ある行程での立山登山を楽しむことが出来ました。
 これまでは、八郎坂からアルペンルートを登っての道のりしか経験していませんでしたが、バスで行く道のりと言うのは実に効率的に立山を楽しむことが出来るものだと、今更ながら実感しました(笑)

 そして、大走りからの道程も体験し、より一層立山についての知識と愛着が増したような気がしますね。

 まあ、今年はようやく立山でお祓いもしてもらったし、次に訪れるのは来シーズンになるかな。


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いつか登りたい!

立山、良いですね~
いつか登ってみたいです。

Re: いつか登りたい!

ひまわりパパさま。

 ありがとうございます。
 立山は、いい意味でも悪い意味でも、子供もお年寄りも含めて誰もが簡単に楽しめる3,000メートル峰ですね。

 たとえ山頂まで登らなくとも、春先の雪の大谷などは一見の価値があるかもしれません。

 私は何だか最近雨男になったのか、なかなか晴天に恵まれませんが、晴天に当れば家族旅行にもピッタリの場所ではないかと思いますよ。

OKI

FC2ブログへようこそ!