【トランスジャパンアルプスレース(TJAR)2014】を応援に行って来ました。

その他の山々
08 /09 2014
 本日、8月9日から、未明10日に始まり、最大8日間をかけて、2年に一度の壮大な山岳レースである「トランスジャパンアルプスレース」が開催される日です。

 本来であれば、今日から2泊3日でアルボルさんと、まったりサイクリング旅行へ行く予定でしたが、台風11号の接近により計画は立ち枯れになり、心ここに有らずで数日を過ごすことになりました。

 が、おかげで幸か不幸か昨年テレビで放送され、非常に感動し心打たれた本レースの開会式に行って来ることが出来ました。

【TJAR( トランスジャパンアルプスレース)】
 日本海側の富山湾から日本アルプスの北アルプス・中央アルプス・南アルプスを縦断して太平洋側の駿河湾までの約415キロメートルを一週間(予備日1日)で、交通機関を一切使わずに自分の足で走る・歩くことで競う競技。
 山小屋での宿泊禁止でキャンプ指定地でのテント泊を行うなどの特別な大会ルールがあり、参加にも厳しい条件が付けられている。
 距離415km、累積標高差26662m[2]の平均傾斜は6.4%であり、国際的なトレイルレースのもっとも過酷な部類、Category ALに相当する。
海外で最も過酷なウルトラマラソン・トレイルレースのひとつといわれる、ウェスタンステイツ・エンデュランスラン(160kmを24時間以内、登りで5500m)と比べてもその2.6倍の距離を走るという過酷さである。
 <出典: Wikipedia>

とのこと。
 いやあ、想像するだにすざましい道のりですが、それであっても何人もの完走者を排出するという、人間の力を再確認させられた素晴らしい道のりでした。

 しかし、あまりにも到達点が遠く、高すぎて、あこがれはありますが単なる山道歩き愛好家程度の自分には手の届かない世界ですね・・・

 ですからこそ、せめてスタートの雰囲気だけでも味わいたいと思い、いざ開会式へと乗り込んでいきました。


P8091376.jpg
【7時20分】
 スタート地点である、魚津市のミラージュランドの広部へ到着です。

 あれだけテレビで放送されたから早くいかないと駐車場が無くなるかもと思って急いできましたが、それほどでもなかったようです。
 ちょっと早すぎたか? 神主さんなどが、ご祈祷のリハーサルをしています。 


P8091377.jpg
 看板アップ。

 いあや・・・
 本当にここからスタートするんだなぁ。感慨深いぞ。


P8091375.jpg
 しかし、すぐにすることも無く退屈になり、園内をブラブラします。

 観覧車やメリーゴーランドがライトアップされていて綺麗です。
 休憩所もありましたが、家族や友人、関係者と言った面々が大半で、私のような完全な野次馬はほとんどいない雰囲気でちょっと入り難い。

 開会式まで目立たないようにしてよっと(笑)


P8091395.jpg
【20時】
 ようやく開会式が始まりました。
 思っていたよりも多くの人たちが集まってきました。100人くらいはいるのかな?

 しかし、今夜はつい先日までは熱帯夜だったのが信じられないほど寒い、20℃前半程度しかありません。
 暑がりの私でも、ちょっと肌寒さを感じます。

 その上に雨の降り、朝方からは台風の影響で風も出てくるはずと言った、非常に最悪のコンディションですが、選手の方々には、是非とも全員無事に完走を成し遂げて欲しいものです。


P8091393.jpg
 家族の方も、多く応援に来ておられるようです。
 この名前は、前回、前々回の優勝者の方ですね。


P8091392.jpg
 そして選手の方々の紹介が始まります。
 いいなぁ~皆さんワクワクしているんだろうなぁ。


P8091400.jpg
 皆、体脂肪の少なそうな鍛え上げられたスタイルをしているのが良くわかります。


P8091401.jpg
 総勢30名。
 何と、3名も女性がおられました。すごい!!


P8091402.jpg
【20時55分】
 開会式が終了しました。

 選手や、応援の方々が休憩所へと引き上げていかれました。

 開催当初の第1回の頃は、式はもちろん受付と呼べるようなものも無く、参加者含めてほんの数人がヘッドライトの明かりを頼りに駐車場に集まって、時間になったらそろそろ行きますか~と言った雰囲気だったそうです。

 こんなにも華やかになったのはテレビで放映された結果が大きいようですが、これからも事故なく、少数精鋭、選ばれしもののみの頂上レースと言った感じで発展していってほしいですね。

 さて、この後10日0時よりスタートとなりますが、残念ながら台風の影響により早月尾根からの剱岳は通らずに室堂を目指すルートとなったようです。


P8091365.jpg
 まあ、今日は1日中、剱岳も含めて山々は雲の中で、たまに見えてこんな重そうな雲が北アルプス全体に溜まった状態ですからね。

 予報では、丁度剱の稜線に差し掛かる時間帯には、風速30メートルからの暴風雨が吹き荒れるであろうとのこと・・・
 恐ろし過ぎ。。。

 実行委員の方も言っておられましたが、「無謀と挑戦は違う」本当にその通りですね。

 しかも現在剱岳の登山道は、2,600メートル付近で一部崩落して、仮復旧の状態のはずですので、危険すぎるでしょう。

 さて・・・この後はスタートまでまだ時間があるな。

 地元民パワーを活かして、一回家へ帰るかな(笑)

 それでは今回は、いったんアップしますがまだ続きます(笑)


~【2時間後】~

P8091408.jpg
 ・・・さて、スタートも見学しようと、30分前にミラージュランドに到着しましたが、開会式の時とは打って変わり、多くのギャラリーが一目スタートを見ようと押し寄せており、開会式の時の3倍くらいの人数がやってきていたように思います。

 開会式には出て来なかったのに現金だなぁ・・・
 余りの惨状に呆れながらも、スタート地点の早月川河口付近の砂浜へと歩き始めます。
 

P8091436.jpg
【23時50分】
 続々と選手が集まってきて、それに群がるようにカメラのフラッシュがたかれます。
 
 すごいなぁ・・・まるでプロレスの選手入場の様です。


P8101443.jpg
 さあ、そしていよいよスタート目前。

 2分前から選手たちの時計合わせが行われ、30秒前から観客と共にカウントダウンの合唱が始まります。
 
 自分が走るわけではないけれどワクワクするなぁ~


P8101445.jpg
 そしてスタート!!

 各選手たちが一斉に人々の間を進んで行きます。
 
 私もカメラを置いて、多くの選手たちとハイタッチを交わし、応援の言葉を贈らせていただきました。

 ここからがすべての始まりですね。
 過酷な道程でしょうが、是非すべての選手が完走できますように!!
 
 皆さん頑張ってください!!

 
 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れ様でした。
ワタシも会場に行きたかった(笑)

#TJAR
TVでも特集された超人レース。
昨夜、Twitter上でレースが開始されたのを知りました。
各選手をGPSで追跡できるのが面白くて、仕事の合間に覗いています(笑)

普通の状況でもランで走るなんて想像もつかないレース内容。
今回は台風11号も加算され、さらに過酷な内容になるのだろうと想像しています。

いや、でもスゴい..スタートラインに立つだけでもスゴすぎる人達。
時折、流れてくる『Tweet』にハラハラしながら参加者の無事と完走をワタシも応援しています。

Re: タイトルなし

MMR様
ありがとうございます。

残念ながら、この台風による強風のせいかすでに数名の方がリタイヤを決められたようですね。
序盤も序盤で本当に過酷な道のりです。

ですが本当にスタートラインに立つだけでもすごい精鋭達です。
この先の行く末が楽しみでなりませんね。
実に羨ましいし、あこがれますね。

しかし、何だか年を取ると、若かりし頃のような他者と比較した強さへのこだわりではなく、自分自身を鍛えなおして、性能を再び引き出したい気持ちになるのが不思議です。

まだ自覚していないけれども老いに対する抵抗なのかな~(笑)

OKI

FC2ブログへようこそ!