北陸新幹線3駅を巡ってみる(おまけ付き)

通常サイクリング
03 /15 2015
 3月15日(日)は、いよいよ春の到来を実感させる良い晴天でした。

 どうやらついにシーズン到来です。そろそろ走らないといけませんね。

 折しも昨日開通した北陸新幹線により、富山県内はいまだ喜びに満ちた興奮と熱気に包まれており、あちこちでお祭りのような状態となっているはずです。

 私も勢いにあやかり、ほんの少しなりともそのパワーを貰いたいところです。



 そんなわけで今回のルート。

 いつものとおり、ウェーブパーク滑川から、まずは海岸線に延びる富山サイクリングロード沿いに黒部方面へ進み、黒部川を越えて入善町に寄り道して、富山県最低峰、標高17.36メートルの【園家山】に立ち寄ります。

 その後、海岸線を離れて内陸に入り、【黒部宇奈月駅】、【富山駅】、【新高岡駅】を一筆書きに巡り、再び海岸線からスタート地点へと帰投するといった、およそ140キロの道程です。

 今まで富山駅や黒部宇奈月温泉駅は開通前に眺めたことはありますが、新高岡駅は見たことも無く、また園家山は今まで何度も側を通りながらも、その存在に気が付きもしなかった、それぞれに初めての道程です。

 しかし、今回の行程は内容が盛り沢山なので細かいところは端折って行かないとな・・・。

 それでは今年最初のロードにして、いきなり100キロオーバーの道程のスタートです。
 

P3151466.jpg
【8時20分】
 ウェーブパーク滑川より行動開始です。

 このような青々とした美しい晴天は、実に一月ぶりくらいではないでしょうか?
 北陸の鉛色の空に耐え忍んだ季節を振り払うような爽やかな日差しです。

 気温は3℃とやや肌寒いですがこの後10℃以上まで上がるようですので安心して先へと進むことにします。


P3151478.jpg
【8時40分】
 滑川漁港から堤防沿いを進み、富山湾岸サイクリングロードに沿って早月川を渡ります。

 やはりロードバイクは速いし楽ですね。
 ランニングでは何回か通りましたが、比較にならぬほどにぐんぐん先へと進むことが出来ます。
 当たり前か。

 
P3151479.jpg
 【8時50分】
 魚津市の、道の駅蜃気楼を越えて、美しい海岸を満喫できる蜃気楼ロードを走ります。

 今日は朝から散歩をする人々が大勢いましたね。
 

P3151481.jpg
 まだ朝方のために日が低く、北アルプス方面は逆光でよく見えませんでしたが、反面海は青々として綺麗です。
 
 本当に気持ちいいなぁ・・・
 

P3151490.jpg
【9時】
 片貝川を渡り、引き続きサイクリングロードへ。

 なお、サイクリングロードには青い線がずっと引かれているため、初めての人でも迷わずに進むことが出来ますね。


P3151498.jpg
【9時20分】
 黒部の生地の街並みをサクッと抜けて、黒部川にたどり着きました。

 ここから河川敷に沿って山の方へ向えば黒部宇奈月温泉駅へ行けますが、ちょっと寄り道して行くことにします。
 
 すでに視界の先に森のように目的地の【園家山】が見えています。


P3151502.jpg
【9時半】
 園家山キャンプ場へたどり着きました。

 自噴水のある東屋や大きな池。
 はたまた変わった円形劇場などもすぐ傍にあり、なかなか趣のあるところです。


P3151504.jpg
 さて、登り口がわかりませんが、先の道のりは長いのでさっさと登り始めます。

 ズブズブの砂のような山で登りにくい上に、荊が自生しているようで油断すると痛い目に遭います。

 この園家山自体、黒部川の流れによって作られた砂丘の一つの様で、数ある砂丘の中でも最大の物であるようです。
 また、全国でも珍しい一等三角本点が据え付けられた山とのことですね。


P3151507.jpg
【9時40分】
 思ったよりも立派な山頂へ登頂。

 富山県最低峰【園家山】17.36メートルの頂に立ちました。

 何だか結構満足です。
 これで富山県最高峰と、最低峰の両方を踏破したことになります。


P3151508.jpg
 周囲を見渡せばキャンプ場へと通じる道が見えました。
 
 なんだ、ここから登れたのか・・・
 今度からはちゃんと下調べをしておかないとな・・・


P3151511.jpg
 その後、黒部川へと舞い戻り、右岸の堤防沿いの管理道路を上流へ向かって登り始めます。

 広々として実に気持の良い道です。
 遮るもののない空間の先に広がる朝日岳や白馬岳といった北アルプスの山々が拡がり、 遥か五竜岳まで頭を覗かせています。

 この道のりはこの日一番の快走区間かつ大絶景でしたね。


P3151513.jpg
 白馬を正面にして黒部川を登ります。

 素晴らしい光景です。
 
 黒部川まで来ると、普段見慣れぬ山々の姿が広がっている上、見慣れた山も角度が変わっていて、実に新鮮です。


P3151521.jpg
 8号線の橋が見えてきましたが、変わらず美しい光景。
 このままずっと上流まで進んで行きたい気持ちにさせられますね。

 しかしこの先は、国道8号を渡って、黒部川の左岸へと移動します。


P3151523.jpg
 黒部川左岸へと渡り、緑地公園の広がる気持の良い河川敷を進みます。

 市街地に近いためでしょうが、左岸の方が綺麗に整備されていますね。


P3151526.jpg
 その後、高速沿いに堤防から離れて、遂に新幹線の高架と、黒部宇奈月温泉の案内看板が現れました。

 ここまで来ると、見学に向かうのであろう自家用車の数も多く走ってくるようになります。


P3151528.jpg
【10時20分】
 スタートからおよそ35キロ地点。

 今日の第一目的地である【黒部宇奈月温泉駅】へと到着しました。

 駅の周りは昨日訪れた新富山駅と同様にイベントが行われており、周囲は色とりどりのテントの下、多くの見物人や、乗降客でにぎわっていました。


P3151532.jpg
 それにしても何もない田園の中に、突如現れるこの駅はやっぱり不思議な駅です。

 黒部市や下新川郡の人口、はたまた交通の便からしても、そして宇奈月温泉や黒四ダム方面の集客力からしても何と無く不釣り合いですね。ここを使うシーンが私には想定できない。

 まあ、富山の人間が使う事をよりは、某企業や富山県外からの人間を呼び込む事に特化した駅なのかもしれません。


P3151535.jpg
 また、新幹線駅のすぐ傍には富山地方鉄道の新駅である、新黒部駅もひそやかにオープンされていました。

 時間帯のせいか、余り人の乗り降りもなさそうですが、うん中々立派な駅ですよ。
 またサイクルトレインなどで訪れてみたいですね。
 

P3151537.jpg
 さて、速やかに黒部駅を経ち、その後は一路次なる目的地【新富山駅】を目指します。

 ここからは国道8号を使って最短距離と時間で目的地へと進むことに専念します。

 
P3151539.jpg
【11時20分】
 長い8号線を突き進み、およそ64キロ地点である、常願寺川に辿り着きます。

 そして、今年初めてのロングランでもあり、すでに足には疲労感が襲い始めてきました。
 冬の間それなりにトレーニングしてきたつもりでしたが、やはり実戦は違うな。

 まだ今日に道程の半分にも達していないのだが・・・ 
 

P3151545.jpg
 しかし振り返れば見慣れた角度からの北アルプスが広がり私に力を与えてくれます。


P3151542.jpg
 大きな剱岳が正面に。

 やや視界は霞んでいますが、久し振りのその勇姿に力づけられます。
 
 よし、高岡へ行って、その姿が霞むまで頑張ろう。 


P3151548.jpg
【12時20分】
 途中昼食を摂った後、昨日14日にも訪れた【新富山駅】の、今度は裏口である駅北口へたどり着きました。

 正面へ行くと混雑して無駄に時間を食いますからね。今日は裏口でいいや。

 それでも多くの人々が駅から出入りしている姿を見て取れます。
 きっと正面では賑やかにイベントが行われていたのでしょうね。


P3151552.jpg
 さて、速やかに新富山駅を離れましたが、周囲には綺麗な公園や大きな木も植樹されていたりと、より一層良い景観へと変わっていました。

 なんだか正面入り口側はホテルやショッピング、オフィス街といった市街地主流の空間とし、裏側北口は憩いの公園や文化施設が多い空間と言った住み分けがなされているのかもしれませんね。


P3151553.jpg
【12時25分】
 神通川を渡ります。


P3151557.jpg
 その後、呉羽梨の果樹園の広がる県道208号線から呉羽駅を経由して、県道9号線へと道なりに進み・・・


P3151560.jpg
 街路樹の根が張ってボコボコになった県道58号線の歩道をのんびりと高岡方面へ進みます。


P3151561.jpg
【13時40分】
 ついに最終目的地目前の【庄川】へとたどり着きました。

 橋を過ぎた頃には、遠目にも大型ショッピングセンター付近に新設された新高岡駅方面に繋がる道路沿いに多くの車が有るのが見て取れます。


P3151565.jpg
 そして振り返れば随分と遠くなった北アルプスの姿が。

 しかし、ここからでも結構見えるものだな。
 もう折り返し地点も目前です。

 後は再びあの山々に向かって進んで行くのみです。
 

P3151570.jpg
 ショッピングモールやイベント会場で混雑する道沿いを進みます。

 こういう時は自転車の機動性が生かされますね。


P3151572.jpg
 そして遂に新高岡駅が視界に入りました。


P3151578.jpg
【13時55分】
 出発よりおよそ94キロ。
 今日の最終チェックポイントである【新高岡駅】に到着です。

 やはりこちらも新しくて立派なものです。


P3151575.jpg
 そしてこちらも、これまでの2駅と同様に真新しい駅舎の周囲には色とりどりのテントと、多くの人出で賑わっていました。

 でも何だかこの新高岡駅が一番賑わっていたような気がします。
 
 やはり直ぐ傍ののショッピングモールが効いているのかもしれませんね。
 

P3151583.jpg
 でも裏口は静かな物でした。

 う~ん・・・でもイベント期間を過ぎれば、どこもこんなものなんだろうね。


P3151581.jpg
 そして、こちらも新たに城端線の【新高岡駅】が併設されており、こちらは先ほどの富山地方鉄道の【新黒部駅】と異なり多くの乗降客が流れていました。

 新幹線を起点にして、既存の交通機関とが融合して利便性が増すのは良いことですね。

 さてと・・・
 昼も過ぎ、日も落ち始めてきました。
 そろそろ帰路につかないと気温も下がり、暗くなってしまいますね。
 

P3151584.jpg
 新高岡駅を後にします。
 早く人混みを抜けて快走路へと移りたいものです。

 しかし、駅の周囲の道はあちこち綺麗に整備され直されています。


P3151585.jpg
 新県道57号線を進み、高岡市を過ぎて射水市へ。

 凄いな・・・いつの間にか一杯店が出来てる。
 私の地元なんかと比べて、発展していて羨ましい限りです。


P3151589.jpg
【14時半】
 その後は端折って行きます。
 
 これまた新設された351号線にかかる、牧野大橋を渡って再び庄川を越えます。


P3151591.jpg
【14時45分】
 そしてようやく朝以来の、奈呉ノ浦を望む『海』へと帰ってきました。

 行先には、おなじみの海王丸パークや新湊大橋が見えています。


P3151593.jpg
 その後は渡船場の時間と合わなかったため、新湊大橋内のあいの風プロムナードを渡り対岸へと進みます。


P3151596.jpg
【15時半】
 富山市へ舞い戻った後、再び神通川を越えて


P3151600.jpg
【15時50分】
 更には常願寺川へとたどり着きました。
 
 北アルプスへ再び近づいてきました。
 もうゴールは目前です。


P3151604.jpg
 そして、水橋市街を抜けて、県道1号線を滑川方面へと進み・・・
 

P3151608.jpg
【16時10分】
 ようやくにゴール地点であるウェーブパーク滑川へと帰りつきました。
 
 朝から8時間近い時間をかけておよそ140キロの道程を走り切ったのでした。
 もはや尻が痛い・・・思えば去年も大して乗っていなかったので、尻の皮が薄くなってしまったのかもしれませんね。
 
 また、100キロくらい軽く走れるといった自信があったのですが、思った以上に足は動かなくなっていました。

 昨年の8月には二日連続で200キロ走っていたのになぁ・・・衰えるのはあっという間です。
 改めて鍛え直さないといけないですね。

 さて、今回は今年初のロングサイクリングということで平地の走行が主体とし、且つ心躍るような目的地を求めた結果、つい先日開通したばかりの富山県内の北陸新幹線の3駅舎&ついでに富山県最低峰園家山をめぐる道のりを堪能しました。

 各駅で多くの人々の楽しげな光景を眺めてきたところですが、新幹線により、単なる観光客目当てで無い繋がりが広がっていけばいいなあと思わずにいられませんね。

 とりあえずは今年中には新幹線で輪行もしてみたいものですね。


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!