お花見サイクリングへ行こう!! 【呉羽山&富山城址公園へ】

通常サイクリング
04 /12 2015
 ここ数日寒の戻りのために、少々肌寒いながらも本日は久し振りの晴天に恵まれました。
 
 4月も上旬であり、絶好のお花見日和のため、出来れば150キロくらいガッツリ走ってプラスお花見と洒落こみたいところですが、娘のお守りも頼まれてしまったので、一人好き勝手に遠出するわけにはいかなくなってしまいました(笑)

 せっかくの晴天。悶悶として過ごすのも嫌だな・・・
 さて、どうするかな。


P4121467.jpg
【10時】
 こうなったら一緒に連れて行ってしまうしかないでしょう(笑)

 とはいえ娘に100キロオーバーは流石に無理ですしね。

 仕方ないので路線を変更して、爽やかな晴天の下で北アルプスを眺めつつの、お花見サイクリングへと変更です。

 行先は富山の花見の名所、東西を分ける【呉羽山】と【富山城址公園】の傍を流れる【松川べり】を目指す、およそ40キロの道程です。

 40キロか・・・はたしてうちの子は走れるかな?
 まあ疲労で動けなくなったら富山地方鉄道のサイクルトレインで帰る事も可能なため、ここは一つチャレンジさせてみる事にしましょう。 

 それではまったりとスタートです。


P4121470.jpg
 さあ行くぞと、走り出していきなり道草(笑)

 田んぼの畔に黄色も鮮やかにタンポポが群生しています。

 今日お仕事のお母さんへお土産に摘んで行くそうです。
 優しいなぁ・・・
 

P4121472.jpg
 国道8号線を富山方面へと進み、常願寺川へ。

 時速は15キロ程度でゆったりと進んで行きます。
 まだ、道のりは10キロにも達しておらず、ドリンクを飲み飲みしつつ、娘も元気です。


P4121477.jpg
【11時15分】
 10キロちょっと走って、神通川に到着です。

 水面の向こうに見えるのが目的地の呉羽山だと伝えると、流石に疲れてきたのか弱気な言葉も出てきました。

 まあ、1時間以上走り続けているからお腹もすいてハンガーノック気味になっているのでしょう。
 橋を渡ったコンビニで、暖かいものを食べさせて栄養補給してやれば、また元気が出てくるはずです。

 なお、交通量の多い8号線ですが、基本的に歩道はしっかり整備されているので、交差点を除けば危険や心配も無くここまでやってくることが出来ました。


P4121482.jpg
【12時】
 ようやく呉羽山の登り口に到着です。

 やはり、良い花見日和の為かどんどん車が登って行きます。
 
 標高100メートル足らずの呉羽山ですが、うちの娘にとっては初めてのヒルクライムです。
 頑張れよ~


P4121487.jpg
 と、言いつつ。
 序盤の急登は厳しかったようで、徒歩で登らせます。

 自転車も私が2台とも押して登ってあげます。

 実は子供の自転車よりも、お父さんのRX2カスタムの方が軽いからね。
 この重量を押し上げるのは、子供にはきついだろうね(笑)


P4121489.jpg
 その後は桜並木の中を自転車に乗ってみたり。。。
 

P4121504.jpg
 再び押してみたりしながら山頂へと向かいます(笑)


P4121506.jpg
 満開の桜たち。

 午後は、思ったより天候は良くはなりませんでしたが、充分綺麗なものです。


P4121513.jpg
【12時25分】
 呉羽山山頂の展望台へ。

 当然のごとく、多くの観光客達が訪れていました。
 
 また、娘は初めての『山頂』踏破に満足しているようでした。
 

P4121518.jpg
 ちょうど北陸新幹線も走って行きました。

 新幹線と、富山市街と北アルプスの見事なコラボレーション。

 少々黄砂のせいか霞がかっているのが残念なところです。


P4121523.jpg
 その後は茶屋町方面へと下山し、富山大学前へ。

 娘が『私はこの大学に行けばいいの?』などと言っていたのが可愛いものです。
 行けるものなら是非行ってください(笑)
 

P4121526.jpg
 そして再び神通川。
 神通川左岸の桜並木も見事に咲き誇っています。

 この頃になると、娘もかなり疲れたようで、『休憩するよ』と言うと、展望デッキのベンチに座り込んでいました。


P4121530.jpg
【13時】
 富山市中心部へ入り、富山城址前へ。

 富山城を始めて見た娘が少々興奮して喜んでいます。

 『お城に登ってみたい!!』

 というリクエストに応えて公園の中へと入って行きます。


P4121531.jpg
 お堀には桜の花びらがビッシリと降り積もっていました。
 
 凄い量だな・・・


P4121533.jpg
 そして、中に入ってビックリ。
 公園内はまるでお祭りのような状態でした。

 ここは花見の名所の為、賑わっているのでしょうが、こんなにも出店が出ているなんて知らなかったなぁ・・・
 
 公園の芝生の上も、お弁当を広げる家族連れで賑わっています。


P4121538.jpg
 松川べりも満開の桜と見物客で賑わっています。


P4121545.jpg
 そして富山城の展望台へ。
 富山市街から、公園の中が実に良く見えます。

 でも風が冷たくて中々に辛い(笑)
 
 しかし、富山城の内部は、いつの間にやら綺麗に改装されていたり、博物館になっていたりと近代的でものすごく立派になっていました。

 遥か昔の30年くらい前の姿しか見たことが無かった私は少々びっくりしてしまいました。
 こんなに綺麗になっていたの!?
 
 公園もものすごく綺麗だし、時の流れはすごいものだなぁ・・・

 私の記憶中での富山城址は、ボロボロの内部と、木々に囲まれた薄暗い公園内のこれまたボロボロの汽車で遊んだ記憶しか無かったので驚きで一杯でした。
 娘はこの綺麗な公園を富山城址とインプットして成長していくのでしょうね。


P4121550.jpg
 富山城址を出発し、その後は帰路へ着く途中、富山市街を流れる『いたち川』の桜の見事さに再び足を止めてしまいます。

 今日はどこへ行っても花見日和だなぁ・・・
 

P4121554.jpg
【15時半】
 帰り道の途中の回転寿司でお昼ご飯も食べ帰路を急ぎ、再び常願寺川へ。

 ここまで30キロの道程を走り、次第に日も暮れかかって、肌寒い時間帯となってきましたが、後は帰路を急ぐのみです。
 
 出発より6時間近くが経過し、私の方は体力的にはどうという事は無いのですが、スローペースで走り続けていることによる尻の痛みが辛い状態になっていました(笑)

 しかし、娘も疲れた体に鞭打って、残りの道程を頑張って走り切ってくれました。
 いつの間にこんなに走れるようになったのでしょう?

 そして、君がいてくれたおかげで、人で賑やかな花見の空間でもお父さんは寂しさを少しも感じずに楽しい気持ちでいっぱいだったよ(笑)

 一人で長距離を走る肉体的な満足感は得られませんでしたが、それ以上の充足感を得ることが出来た本当に良い一日となりました。
 
 この40キロは素晴らしいサイクリング。
 また別の道程も一緒に走りたいものです。


 それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

春爛漫

こちらの桜はもう終わってしまいましたが
そちらは、満開なのですね。
春爛漫で、外に出かけたくなりますね~

Re: 春爛漫

ひまわりパパ様
ありがとうございます。
こちらはそろそろ満開から葉桜へと散りかかってきた頃合いです。
この季節は少し走っただけで、あちこちに桜色の木々が咲き誇る姿を見ることが出来る素晴らしいサイクリングシーズンですね。
満開の桜の下を進むことが出来ただけでも少し得した気分になれます。

お花見

関西では、お花見の時あいにくのお天気模様でした。北陸の綺麗なお花見ありがとうございました。娘さんとの楽しい思い出の1ページでしたね。

Re: お花見

勝本様
コメントありがとうございます。
いつの間にこんなにも体力がついていたのかと感心させられる道のりでした。
また、返信が遅くなりましたが、娘が相手してくれるうちにお付き合いしてもらおうと、GW私は関西方面へと遊びに行っていました。
今年の秋も、再び六甲山系へ訪れたいものです。

OKI

FC2ブログへようこそ!