岩瀬街並み散策サイクリングへ

通常サイクリング
04 /26 2015
 昨日、城ケ平山ハイク&黒部川までの往復80キロのサイクリングを終え、それなりに程良い疲労感を感じつつのんびりと日曜を過ごそうとしていたところでした。
 しかし、『どこか連れてって』と、のたまう娘さんのリクエストに応えて、本日もサイクリングに行ってきました。

 う~ん正直今日はゆっくり休みたかったのだけれどなぁ・・・
 まあせっかくだから、軽く走りに行こうか。


P4261467.jpg
【10時】
 そんなこんなで、まずはお馴染みの常願時川河口へやってきました。

 ここより、富山サイクリングロードを通って、かつては北前船廻船で栄えた、古い街並みの残る『岩瀬』の街へ観光目的でサイクリングを行う、およそ30キロ弱の道程です。

 今日もやや霞んでいますが、天気は昨日以上に快晴の模様です。
 海風がやや冷たいですが、気持の良いサイクリングが楽しめそうです。


P4261502.jpg
 スタートしてすぐに、この水橋市街の常願時川から岩瀬の道のりは、大半を防風林の中を進んで行くことになります。

 せっかく海が綺麗なのにはっきり見えないのは残念ですが、これはこれで風情があります。

 滑川以降の開けた感じが無いのは残念ですが、堤防沿いも実は走れないことはありません。
 
 しかし、今日は子供連れのサイクリングですので実直にサイクリングロードを走って行きます。


P4261498.jpg
 途中、開けた場所に着いたため、せっかくですので海を眺めていくことにします。
 
 素晴らしい。
 遥か彼方まで海岸線が続いており、遠くは朝日岳まで見通すことが出来ます。


P4261500.jpg
 そんな中、娘さんはしっかりと波打ち際で貝殻を拾ってきたようです。
 
 珍しい綺麗なのが、いっぱいあったそうな。
 こんな殺風景な海岸でも散策すればいろいろ出てきそうです。


P4261497.jpg
 さあ、ゴールはもう少し先です。

 輝く海と、砂浜はまた夏のお楽しみにして、先を急ごうか。
 お父さんはやっぱり微妙に疲れています(笑)


P4261470.jpg
【10時半】
 岩瀬街にある物産館にして、サイクリングステーション。
 岩瀬カナル会館に到着です。

 路面電車の駅も近いことからか、そこそこ観光客の姿が見て取れますし、先ほどのサイクリングロードも自転車で散策する人々の姿を多く見かけました。


P4261471.jpg
 快晴の日差しの下、売店で買ったアイスなどを食べながら休憩です。

 波に併せて揺れる船着き場の感触を楽しみつつ、私は缶コーヒを飲みながら、まったりとした時間を過ごします。


P4261472.jpg
 なお、売店の前にはサイクリングステーションの看板が。

 絵を見ると、空気入れとか貸してもらえるのかもしれませんね。 

 競輪場や、サイクリングロードも近いし、富山の自転車文化中心地としてはちょうど良いかもしれません。


P4261475.jpg
 その後は岩瀬の街へ向かいます。
 
 アーチ形の橋から富岩運河を眺めます。
 水面が煌めいていて本当に綺麗だ。


P4261476.jpg
 運河の向こうには北アルプスの山々。


P4261479.jpg
 そして、橋を渡って古い街並みの残る岩瀬大町へ。

 普通の住宅街の傍に、通りを一つ挟んで観光地然とした空間が広がっています。


P4261481.jpg
 通り沿いの建物はかつての北前船で栄えた頃の光景を再現しているかのようです。

 
P4261485.jpg
 そして近代的な銀行も、ここでは衣装をあしらった一風変わった仕上がりとなっています。

 通り沿いには国指定重要文化財である森家や、お食事処などちょっと立ち寄れるところもあり中々に面白いところです。


P4261486.jpg
 そして、高さ25メートルの富山湾展望台へ。

 ここを本日の最後の目的地として帰路に就くことにします。


P4261487.jpg
 空を見れば青い空に旅客機が。

 富山空港は神通川沿いにありますから今から着地するのでしょうね。
 何本も飛んできます。


P4261488.jpg
 展望台頂上へ。

 自転車に乗っているときは、もう疲れたと言っていましたが、すぐに回復して頂上からの眺めを堪能していました。

 元気だなぁ。
 体力の上限は低くても、回復力が違うんだろうなぁ~

 私はここ最近黄砂のせいか、体調が悪くて身体のパフォーマンスは今一つの状態が続いているような気がするので、その元気さは羨ましい限りです。


P4261491.jpg
 展望台からは360度の眺めを楽しめました。
 やっぱりちょっと霞んでいたのが残念かな。

 今日は、前日の疲れもあって、体調は今一つでしたが、快晴の天気の下でサイクリングを楽しめました。
 
 その後は昼食を食べ食べ帰路に付き、半日の楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 
 次にサイクリングに行きたいと言ったら、どこに行こうかな?
 子どもに無理ないルートを考えるのも楽しいものです。


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!