あえて言えば【天保山】山頂へ・・・かな?

その他の山々
05 /06 2015
 今年のゴールデンウィーク皆様いかがお過ごしだっだでしょうか。
 
 今年は全体的に良い天候に恵まれた連休であり、絶好のアウトドア日和だったことと思いますが、今回は私は家族サービスに徹する連休と成りました。
 やはり、人として大型連休たるもの自分の好きなことばかりしていてはいけません(笑)
 
 そんな今回の行先は大阪方面。
 他人には全くどうでも良いことですが、5月3日から2泊3日の楽しい旅行の始まりです。


 P5031498.jpg
 まずは無難にUSJへ
 私は生まれて初めてのUSJでしたが、想像以上に楽しいものでした。

 
P5031502.jpg
 USJを朝から日が暮れるまで満喫しました。
 予想通りの人混みでしたが、以外に待ち時間も少なくて済み、家族も楽しんでくれたようで何よりです。


P5041614.jpg
 そして二日目は海遊館へ。
 
 ここもまた凄い人混みですが、逃げ場がない分USJより辛いものがあるかもしれません。

 ひと通り海遊館を眺めた後、この近くに日本一低い二等三角点を持つ山
 標高4.53メートル【天保山】が存在することに気が付きました。

 かつては日本一低い山として国土地理院の地形図に記載されていたようですが、今は標高3メートルの仙台【日和山】に最低峰の座を明け渡しているようです。

 先月富山の最低峰【園家山】も踏破したことですし、大阪府最低峰もこの際踏破しておきましょう。


P5041618.jpg
 しかしその道のりは、海遊館からものの一分で、麓の天保山公園へたどり着くことが出来ます。 


P5041620.jpg
 見上げる急登(笑)
 
 気温25度を超える暑さの中、服装のチョイスを誤ってジーンズを履いてきた自分には辛い道のりです。


P5041621.jpg
 そして案内看板。
 山頂はもはや目の前です。


P5041623.jpg
 これが山頂広場か・・・

 ここまで5分もかかってないかな。
 

P5041624.jpg
 標高4.53メートル【天保山】山頂へ。

 銀色のプレートはもはや色あせていて、何か書いてあったであろう文字は何も読み取ることは出来ませんが、こんなあっさりした道のりでも山頂に立つのはうれしいものです。

 しかし、こうしている間にも続々と観光客や散歩する地元の人々が訪れてきます。

 ちょっと風情無いかな(笑)


P5041611.jpg
 そして家族の待つ、食い倒れ横丁内に戻って、大阪の地ビールで登頂を祝い乾杯します。

 写真を撮る前にちょっと飲んでしまいましたが、黒の方が天保山地ビールで、白い方が大阪港地ビールです。

 意外に黒いコクが強そうな天保山地ビールの方がクセが少なく飲みやすいものでした。
 
 天保山登頂証明書も貰って、いい気分でたこ焼きを食べつつ登頂の喜びに浸ります(笑)
 
 昼間っから酒が飲めるのが車を使わない旅行の良いところですね。
 都会さでは電車で移動できるから楽ちんです。

 暑い中、苦労して登頂した甲斐があったというものです。
 

P5041631.jpg
 そして2日目の夜は通天閣まで足を伸ばしてビールを飲みつつ串カツを堪能します。

 通天閣か・・・30年位前に来たことが有ると思うのですが、何も覚えていないな。

 あの頃は私が両親に連れられてきた立場でしたが、今は私が子供を連れてここへ来ているのですね。。。

 月日の経つのは不思議なものです・・・


P5051646.jpg
 3日目は【大坂城】へ
 おととしの8号線走破の道程以来、2度目の大阪城です。
 
 やはりでかい。
 富山城などとは比べ物にならないな。
 

P5051652.jpg
 GWはどこへ行っても行列に並ぶ必要が有りますが、今回は天守閣までやってきました。

 遥かビルの彼方に【六甲山系】の山々の姿が垣間見得ます。

 こうして思うと、結構関西方面は馴染みが深いな。
 また抽選に当たって、秋にあの山々の山頂へも訪れたいものです・・・

 この後、大阪を後にし渋滞の連続する高速を眠い目をこじ開けながら運転して、無事に富山県への帰路へ着いたのでした。

 大阪は楽しいな。
 富山からは比較的行きやすいし、交通機関も充実しているし見どころも多くてまた家族で訪れたいですね。
 帰りたくないなぁ・・・


P5021481.jpg
 しかし、現実は厳しく、数時間後には我がホームグラウンドへ帰ることと相成りました。
 あ~あ。
 
 また仕事かぁ~。。。楽しい時間はあっという間だなぁ。

 のどかな我が生活圏の周囲に広がる田んぼには、既に水も張られており、所々田植えも行われて田園風景が広がりつつあります。
 そして、遥か彼方には、剱岳と美しい満月が水田にその姿を映していました。

 楽しい時間も有るからこそ日常の生活にも張りが出るというものですね。

 GWはこれで終了ですが、家族でのとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 今年は記念すべき40歳到達の年ですから、自分自身のイベントも行わせてもらおうと目論んでいます(笑) 

 自分勝手にやっているのはいつものことか・・・


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!