今年も燕がやって来た!!【2015の燕たち】

燕に関する童心
06 /27 2015
 さて、4月の後半からわが家に巣食っていた燕たちですが、初夏を目前にしてどんどんと成長して行きました。
 今回はその成長の過程を一気に報告していきます。

NCM_0089.jpg
【6月6日】
 巣作りから一月半ほど経過した後、親鳥たちが次第に巣を空ける様になると、巣の中から小さくもピイピイと疳高い声が聞こえるようになります。

 いました。
 雛たちです。
 3羽もいますね。


NCM_0092.jpg
 巣の傍には卵の殻も転がっており、中々に孵化の後は賑やかしい生活でであったのだろうなと思わせられます。


P6131636.jpg
【6月13日】
 一週間後に巣を覗いてみてびっくり。

 成長しているだけでなく、5羽もいる!!

 小さな巣の中はまさに鮨詰めの状態です。
 餌を求める声の大きい事・・・

 窮屈そうだなぁ・・・・良くこんな小さな巣の中に乗っていられるものです。
 
 
P6131639.jpg
 脚立に登って巣の中を撮影していると親鳥が帰ってきます。

 凄い睨まれています・・・
 別に何もしてませんよ。
 家主に対して態度でかい奴だなぁ・・・


P6131640.jpg
 そして一斉に黄色い口を広げる雛鳥たち。
 やはり前に居座っている雛は強いのでしょうね。
 
 大きな口をあけて隅っこの雛を押しのけています。


P6131643.jpg
 顔ごと突っ込んで餌を与える親鳥。

 もう雛の方が大きいくらいです。
 親鳥は体も小さくなる程働いて大変だなぁ・・・


P6201659.jpg
【6月20日】
 もういつの間にか巣の中には4羽のみとなりました。

 随分と大きくなって、燕らしい姿へとなっています。
 一番大きな雛鳥は飛ぶ練習を始めたのでしょうね。


P6201662.jpg
 ちょっと辺りを眺めて見れば
 いました。

 いまは巣の近くを行ったり来たりしては休んだりして、飛ぶ練習を続けているようです。
 大きくなったものです。


P6221676-2.jpg
【6月27日】
 そして、全ての雛が巣から離れて飛び立つ練習を続けるようになりました。
 
 完全に巣から離れたわけででは無いようで、巣の中にこそ入りませんが、頻繁に巣の有るガレージの中を出たり入って来たりします。
  
 でも、夜になっても帰って来ないところを見れば、自然の中で寝床を見つける練習もはじまり、もう巣立ちの時期ももうすぐなのでしょうね。

 渡り鳥たちは旅たちの準備を着々と整えつつあるようです。
 

P6221692.jpg
 しかし、未だ餌は親鳥からもらっているようで、電線の上で一斉に口を広げては放り込んでもらっていました。
 
 へ~
 こんな生活していたんだ・・・

 さて、今年の燕たちも可愛い奴らでした。

 寂しいけれど、また来年待っているよ。
 本当の別れはもう少し先でしょうが、みんな元気でな。


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!