遥かなる能登路へ向かって

能登半島
07 /06 2015
 さて、日曜日は東京行きの目標も頓挫したため、一日ふて寝でもしていようかと思っていました。

 しかし朝、目が覚めて見れば思った以上天候も良く、アルボルさんやあらくにさんに誘われて、この夏予定している能登一周サイクリングの下見も合わせて、羽咋市までのサイクリングに急遽ご一緒することとしました。

 そうだな。こうして一日悶悶としていてもしょうがない。
 一つスッキリ走ってこよう。


P7051675.jpg
 集合。

 今回はあらくにさんも遂にカーボンロードを購入して、今日が初のサイクリングとなるために、かなり走りたい欲求が高まっているようです。
 気持ちは良くわかります(笑)
 
 ビアンキの黒。
 新105搭載で11速ですね。羨ましい・・・

 デザインもチェレステカラーが所々に配色されていてアクセントになっており、大人の男に相応しい渋い通好みの雰囲気が醸し出された良いバイクです。


P7051682.jpg
 さて、それでは羽咋市は千里浜を目標に、国道415号を目指してまずは氷見市へと海岸線を進みます。
 
 今日は雲は多いのですが、昨日と比較すれば雲泥の差の好天です。
 
 それにしても3人そろって走るのなんて久しぶりだなぁ・・・


P7051685.jpg
 途中、氷見市で昼食。
 牛屋という中々人気のある氷見牛のお店のようです。

 11時半頃の到着でしたが、開店と同時にあっという間に席が埋まって行きます。


P7051686.jpg
 注文したのは氷見牛ステーキ丼。

 柔らかい牛肉が美味しい。
 人気店だけあってお味も中々で、ボリュームもランチタイムのメニューの為頑張っています。


P7051690.jpg
 その後、腹ごしらえも済ませて、415号を走り、県境のスノーシェードを越えます。

 まずはアルボルさん。


P7051692.jpg
 続いてあらくにさん。

 パワー派で登りに強いあらくにさんも、走り込み不足に加えて、いきなりの新車でのヒルクライムは苦しいようです。


P7051695.jpg
 そして、無時に羽咋市へと到着し、オッサン3人で千里浜レストハウス前で記念撮影です。
 観光客も多く賑やかな休憩所で車の合間を縫って他の観光客の方に写真を撮っていただきました。

 しかし、皆さんこれで再来週の能登一周サイクリングの出だしの雰囲気がつかめたのではないでしょうか?

 思った以上に415号を超える程度は、あっという間のことだったことと思います。


P7051708_20150706215220339.jpg
 そしていよいよ再来週に迫った、遥かなる能登路を眺めます。

 昨年は皆さん都合がつかず、私は勢いで単独で走ってしまった能登半島ですが、いよいよ11年ぶりの3人での能登半島サイクリングです。
 懐かしい。。。どうか晴天に恵まれますように。


P7051710_20150706215219e88.jpg
 さて、千里浜まで来たからにはやっぱりはまなすソフトですね。

 やっぱり、ほのかな花の風味がさっぱりして美味しい。


P7051715_201507062152196d3.jpg
 そして帰路へ。
 
 当初は宝達山ヒルクライムを予定していましたが、私が集合途中でビンディングシューズを忘れて出発時間を遅らせたりしたため、素直に471号を通って小矢部市へと帰路につきました。

 残念ではありますが、しかしこの471号も道程の行く先々に里山の広がると言った、景色は抜群な上に交通量も少なく充分にサイクリングを満喫できる良い道のりです。


P7051717_20150706215218bb3.jpg
 そして富山県へと帰り着きます。

 グランフォンド富山以来のロングライドとなったあらくにさんは結構苦しそうでした。


P7051719_20150706215217353.jpg
 その後、交通量の多い高岡市内を走り抜け、ゴール地点へ帰りつきました。
 
 この日の走行距離はおよそ100キロ。

 思っていた以上の爽快感溢れるサイクリングとなり、心身ともにリフレッシュすることが出来ました。

 東京サイクリングを挫折したのは無念の極みだったのですが、この日の孤独では無いサイクリングの楽しさと、次の能登一周サイクリングへの希望と期待感で心も満たされ、悶悶とした気持ちも塗りつぶされた、良い1日となりました。
 
 やはり、持つべきは良き友人ですね。


 それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

注文したロードバイクが明日納車されるかもしれません。
楽しみです。
でもまずは体を治さないと。

Re: タイトルなし

マウントエレファント様
術後の経過はいかがでしょうか。
ニューマシン良いですね~。きっと見ているだけでもテンションが上がって来ること思います。
早く乗り回せるようになってくださいね。

OKI

FC2ブログへようこそ!