RearViz アームミラーを改造する。

サイクル用品に関する童心
08 /16 2015
 今年のお盆も終盤に差し掛かり、それに伴い夏から秋へと変わり行く季節が感じられるようになってきました。
 
 さて、今週も良い天気の週末となりました。
 特に帰省先も無いお気楽な身の上なのですが、お墓参りや親戚巡りで忙しく、軽い二日酔いに苦しみながらのんびりとした週末となりました。


P7171673.jpg
 さて、私の自転車用品収集欲もそろそろ必要物はそろい踏みとなり、頭打ちに来ていたのですが、今回は久し振りに自転車用品の話。

 リアビスの、腕に装着するサイクルミラーを購入しました。
 
 いまさらの自転車ミラーですが、先月の東京サイクリング際に夜間バイパスを走っていた時、後方から接近する自動車の存在を確認するための手段はやはりあったほうが良いなと感じたのが一因でした。

 後から来ているのか、来ていないのか、はっきり距離感まではわからなくても存在さえ事前に察知できていれば精神的な負担感はかなり軽減できます。

 実際に、先月の国道156号サイクリングの際に使用しましたが、夜間の8号バイパスや、富山~岐阜県境のトンネル区間などで背後から接近する車両の把握に重宝しました。

 なお、以前ベロガレージのイルミラーや、ゼファールのSPYミラーなども使用していたのですが、ハンドルに着けるものはやはりコンビニに行く際などに立てかけるときに非常に邪魔なうえ、サイクリングの際もハンドルのポジション変更の時に下ハンを握る際に邪魔になる機会が多く、結局使わなくなってしまいました。

 そんなわけで、最近評判の良い当ミラーを使用してみることとします。
 

P7181675.jpg
 しかし、他のサイトでもいろいろ言われているように、この製品、ミラーの大きさに対して土台部分が異様にでかく、何だかすごくスペースが無駄です。

 しばらく眺めているうちに、まるで腕時計の様だなと思ったとき閃きました。

 ショッピングセンターで、2,000円を切る、シチズンのQ&Qのスポーツウォッチを購入し、惜しげも無くバンドをニッパーで切断します(笑)

 その後は切断部分を整えてやすりをかけて更に形を整えていきます。


P7201674.jpg
 そして無駄に広いミラーの土台部分にラバースポンジと、ベルクロテープを接着し、時計の裏面にもベルクロを接着して準備完了。


P7201675.jpg
 うん。良い感じです。

 まさに腕時計のようなミラーへとパワーアップしました。
 
 私のメインのサイコンであるキャットアイ CC-AT200W ADVENTUREは、気温に、高度、傾斜が測れる多機能ぶりが気に入っているのですが、時計が同時に表示されないページが多いため、これがあれば便利そうです。


P8161690.jpg
 なお余談ですが、このミラーのバンドはナイロン地で結構固いため、素肌に直接装着すると、最初はいいのですが、次第に痛みを生じてくると思います。
 
 肌の強い手首部分ではまだしも、上の方や、二の腕に着けるときは、アームカバーや写真のようなリストバンドのようなもので保護した上に巻かないと、私は腕の内側のように弱く柔らかい部分が水膨れのような症状になりました。
 
 
P8111689.jpg
 さて、次は反対側だな・・・

 ここまでやったら欲が出て、時計を付けたならば次は『安全灯』を付けたくなってきました。

 理想は一つで前後共に照らせるようなフラッシングライトなのですが、一種類のみ見つけました。

 リンプロジェクトのサイクルヘッドライト 『前後示唆燈』です。


P8111691.jpg
 本来はヘルメットなどに着けるもののようですが、中々に高機能な優れもので、赤と白のLEDがそれぞれ2つの計4つ取り付けられており、一つが縦方向、一つでが側面を照らす造りとなっております。


P8111694.jpg
 赤と白のLEDが交互に点滅し、前後と側面にアピールを行います。

 これは中々いいぞ。
 完全防水ではないのが気にかかりますが、大雨が降った時はしまうことにしましょう。


P8111695.jpg
 大きさの比較。

 Q&Qの時計はGショックぽいデザインで大振りですがミラーのごつさにマッチしています。

 リンプロジェクトの『前後示唆燈』は、正直もう一回り小さいと格好よくまとまったかな。
 と、感じます。


P8111696.jpg
 さて、先ほどのようにラバースポンジと、ベルクロテープを接着し準備完了です。


P8161691.jpg
 完成。。。

 アハハハ・・・
 これはすごい。何だか変身できそうです。

 ミラーと時計とフラッシングライトが一つになった多機能製品が出来上がりです(笑)

 これならあのごつい本体もスペースがもったいないどころか納得の物体となりました。


P8121709.jpg
 そして・・・『開放!!』

 ミラーが開き、フラッシングが輝き、時計が時を刻みます!!

 う~ん凄いぞ。当然変身はしませけどね。

 またナイトランに行きたくなってた。


 P7191680.jpg
 最後にまじめな話。

 先月の岐阜サイクリングの際での8号バイパスで使用した際の画像です。

 結構鮮明に後方からの車両を確認でき、二の腕に着ければ視点からも近くハンドルに着けるよりも見やすいものと感じました。

 ハンドルポジションを変えても腕の移動で大方フォローできるため、使い勝手は良いですね。

 ただ、リュックを担いでいる際には、うかつにリュックを降ろすとミラー部分が引っかかるので、破損しないように気を付けていないといけません。

 
 それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!