能登半島一周サイクリング2015!!しかし・・・

能登半島
10 /12 2015
 さて、今回は10月の3連休を利用し、アルボルさん、あらくにさんと共に予てからの計画であった能登半島一周サイクリングへと旅経つこととなりました。


EPSON001 (3)
 思い起こせば11年前、始めての宿泊付きのロングライドを走った能登半島。
 怪しいウェアを着て、タイヤはブロックタイヤのメンツもあったりした、めちゃくちゃな構成でした。


EPSON001.jpg
 当時まだ20代。ろくすっぽ自転車の知識も無いままに、2泊3日をかけてやっとのことで能登半島を一周しました。
 
 しかし、間違いなくこの旅路が無ければ、自転車は物珍しさゆえの単なる一時的な趣味で終わり、カーボンロードに乗ることも無く、今のこのブログを書いていることも無いでしょうね。 

 本当に懐かしいし楽しかった。。。

 そして、昨年は能登半島一周10周年を記念して、単独で走った道程ですが、今年はついにあの時のメンバーがそろって、全員カーボンロードバイクにまたがっての一泊二日のサイクリングの始まりです。

 当時の思い出の道程を再びなぞり返し、今日と11年前の思い出を肴に能登半島最先端の禄剛崎にて酒を酌み交わそうではありませんか。


 それでは今年最後のビックサイクルイベントのスタートです。


PA111691.jpg
【6時半】
 道の駅氷見近くの水産センター駐車場に集合し、まず初日は時計回りに禄剛崎までの160キロの道程へと旅経ちます。

 この3連休は気温も低く、雨模様が主体のせっかくのビッグイベントに水を差すような天候でしたが、皆この道のりを進む希望にあふれており、勢いよくスタートします。

 この10年色々な経験をしてきました。
 悪天候は残念ですが、それを乗りこえてこの旅路を楽しんでくることにしましょう。


PA111701.jpg
 富山県氷見市から、石川県羽咋市へと繋がる国道415号の8%の登りを走って行きます。

 今のところは雨も降らず、結構快適なサイクリングが楽しめています。


PA111703.jpg
【7時10分】
 苦しい峠を乗り越えて、スノーシェードを潜って石川県に入りました。

 さあ、ここからは羽咋市まで下り基調の道程です。一気に距離を稼いじゃうぞ~!!

 勢いよく下り始めて、快適な道のりが続いた後、隊列が伸びたことも有って下りの途中で全員が揃うまで坂の途中で待つこととしました。

 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・

 おかしい。。。
 なんで誰も来ないの??

 不審に思っていると、アルボルさんからラインが届き、滑って怪我をしたとのこと。
 ええ~!!


 慌てて気持ち良く下った峠を登り返します。


PA111706.jpg
 着いて見れば、何故かアルボルさんもあらくにさんも二人とも血まみれになっています???

 へ?3人とも結構離れていたのにどっちが滑ったの?いや、何で二人とも血まみれなの??

 一瞬何が起こっているのか理解できませんでした。


PA111707.jpg
 どうやらアルボルさんが道路に埋め込まれた融雪装置のコンクリで滑って転倒し、後から来たあらくにさんも心配して近寄ろうとして同じコンクリで滑って転倒したようです。

 そんなことってあるの?

 なにはともあれ、これで能登一周サイクリング終了です(泣笑)
 あらくにさんはスピードを殺しつつの転倒であり擦過傷だけの軽傷のようでした。

 しかし、アルボルさんは自転車はサドルやハンドルの向きが変わった程度で、さほどのダメージは無いようですが、身体の方は、数か所の擦過傷に加えて、左ひじを脱臼する重症でした。

 出発より1時間弱。
 わずか15キロ地点で11年越しの能登半島一周サイクリングの再開は終了したのでした。
 
 周囲にアルボルさんの血糊が生々しく周囲に滴り落ちています。

 その後は元気な私がとりあえず出発地点に戻って、車を使っての病院搬送等に追われたのでした。。。

 なんてこったい。
 まさか、こんな事態が訪れるとは・・・
 まあ、怪我人は出たものの、本当の深刻な事態にならなくて良かった。
 
 
PA111710.jpg
【17時】
 アルボルさんの病院受診や荷物の処理を終えたのちに、結局3人は車で今夜の宿まで走って宿泊することにしました。

 キャンセル料を払うのももったいないですし、当のアルボルさんが乗り気でしたのでせめて車ででも禄剛崎まで行くこととします。
 でもホントに大丈夫なん?(笑)

 そして、車で走れば禄剛崎までたったの3時間でした。
 車は速いなぁ・・・しかし、たどり着いても何の風情も感慨も無いな。


PA111713.jpg
 そして、日も暮れかかった人気のない能登半島の先端禄剛崎灯台にて、オッサン3人で記念撮影です。
 
 疲れているせいか、締まらないなぁ(笑)
 11年前の写真とはえらい違いです。


PA111716.jpg
 そして、宿の晩御飯を食べ、ビールで乾杯です。

 私以外はみんな怪我をしており、二人はろくに温泉にも浸かれない悲惨な状態での宿泊となりました。
 おまけに3人とも元々は自転車旅行のつもりでしたので、ろくに着替えも持っていない状態です。

 血の滲む二人を余所に、一人無傷の私はビールを飲み飲み9時過ぎには就寝したのでした。。。
 なんだったんだろう・・・
 
 でも、これはこれでいい思い出になったかな・・・


PA121718.jpg
 翌朝は、比較的良い天候となり、昨日走れなかった道程を、車で走って巡ることとしました。

 椿の展望台からの奥能登の景勝はやはり素晴らしい。

 しかしあっという間に過ぎ去って行く車で走る旅では、この美しさの殆どを感じる事も出来ずに素通りしていくだけですね。

 やはり、もう一度3人で自転車で走りたいねと、その思いを新たにしつつ、今年の波乱に満ちた最後のサイクルイベントは終了したのでした。

 転倒は怖いな。
 私もより一層気を付ける事にしましょう。
 一方アルボルさんの記事はこちら。です。

 
 それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お邪魔します。
サイクリングいいですね。
私も軽くではありますがサイクリングします。
終えた後のビールも最高でしょうね(^_^)

Re: タイトルなし

ジャム様
ありがとうございます。
運動した後のビールは最高です。
まして、楽しいサイクリング旅行であればその美味しさは桁違い・・・のものと成るはずでした(笑)
楽しく色々と遊んでいますので、また覗いてやってください。

おぉっ!スペシャのハードロック。懐かしい(^^)
覚えてますよ、このオレンジ調のカラーリングは(^^♪
私は同じ頃、Cannondale F700に乗ってました!

思い出を振り返るサイクリングでの思わぬアクシデントですね。
私も先日ツーリング中に仲間の一人が交通事故に遭い、それはいろいろと大変でした。
楽しいライドが一転して・・・って事になりますよね。
しかし、ビールで乾杯の写真が何故だかいい感じに見えます(^^♪
おつかれさまでした!

Re: タイトルなし

ブルーズマン様
ありがとうございます。
当時はMTBからのスタートでしたので、私以外は無謀にも350キロをブロックタイヤで走っていましたね。
ゴゴゴゴと轟音を響かせながら走っていたころが懐かしいです。
このハードロックの派手な色いあは、よく仲間内でも話題になっていました。

歳をとり、皆忙しくなり昔のようには集まれなくなって、久しぶりの一大イベントでしたがこのような形で終了し残念ではありますが、おっしゃる通り宿に泊まって酒を飲み、オッサン3人で車でドライブというのも、これはこれでまたいい思い出になりました(笑)

OKI

FC2ブログへようこそ!