師走の海岸線を走る

ランニングに関する童心
12 /14 2015
 今年は12月に入ってもう半ばだと言うのにずっと暖かい日々が続きます。
 車も、せっかくスタッドレスタイヤへと交換したのに拍子抜けした様な日々が続きます。

 しかしながら、晴天が続いているわけでもなく、美味い具合に週末を外して晴天が現れると言った中々に憎いアンチ気象です。

 そんな中、久しぶりに週末と晴天が重なった12日(土)
 
 運動や、ブログの更新をしないのも何なので、いつものウェーブパーク滑川から道の駅蜃気楼までの往復20キロ弱のランニングしてくることにしました。


KIMG0220.jpg
【14時】
 最近は師走だけあって中々に忙しく、ようやく自由になった昼過ぎからのスタートとなります。

 青い海が美しいながらも、風はやや強く波が高い。
 海の中には幾人かのサーファーの姿が見てとれます。

 この日は天気は良いながらも波は高く、堤防沿いはテトラポットに打ち寄せる大波によって、ところどころ潮の霧煙で霞むようなところもあり、中々にスリリングなランとなりました。


KIMG0223.jpg
 早月川河口から、僧ヶ岳。
 
 すっかり川原の草も枯れ、暖冬ながらも流石に山は雪が見られます。
 綺麗だなぁ~


KIMG0225.jpg
 そして向かい風に苦しみつつも、スタートから小一時間ほどして、埋没林博物館傍の魚津北漁港へ。

 拡げて干された網が漁師街の空気を程良く演出しています。

 この匂い・・・
 生臭いわけではなく、変わっているけれど何と表現していいのかわからない。


KIMG0226.jpg
【15時】
 折り返し地点である、道の駅蜃気楼に到着です。

 海はここ数日の大雨で、やや濁っていますが充分に綺麗です。


KIMG0228.jpg
 とりあえずコーヒで乾杯。

 本当は前回の様に、もっと先まで進んで、どこかの駅の近くで一杯やって帰りたかったのですが残念ながら夕方から嫁さんの忘年会の送迎の任が充てられており、ここまでです。
 無念だなぁ・・・
 まあ仕方ない。大人しく引き返しますかね。
 

KIMG0230.jpg
 道の駅蜃気楼では、塩鰤の寒干しが吊り下げられていました。

 冬の風物詩だなぁ・・・生臭いけど。

 荒巻鮭なんかはスーパーなどでも良く見かけるでしょうが、ブリは珍しいですね。
 ささやかな驚きでしたが、ここまで来たかいがあったなぁ。


KIMG0231.jpg
 帰りが遅くなる前に帰路へ着くことにします。
 港のそばでは、多くの太公望たちがこの晴天に誘われて釣りに興じていました。

 釣りも良いなぁ。。。
 趣味に加えて、晩飯を釣って帰るという実益があるのも面白いでしょうね。

 とりあえず今日は美しい僧ヶ岳と毛勝三山の姿をバックに港を眺めて帰路へ着きます。
 
 帰りは追い風のため楽ちん~♪


KIMG0234.jpg
【16時半】
 夕日が海に落ち込みつつある中、スタート地点のウェーブパーク滑川へ帰り着きました。
 夕焼けが綺麗だ・・・

 波は未だに高く、沖合ではサーファー達がまだ頑張っていました。
 また、今日は久々の晴天の為か、多くのランナーやサイクリストの姿も見て取れましたね。
 みんな活動したくてうずうずしていたのでしょうね。

 今年も残すところあとわずか。
 天気と休日が上手くシンクロしてくれればよいのですが・・・
 そして、暖かいのもいいのですが、やはり冬は冬らしくそろそろ雪景色の一つも見たいものです。

 さて、今回はこんなあっさりとした内容でした。

 
 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!