鍋冠山で埋まってきた

その他の山々
02 /28 2016
もう2月も終わりになりますが、ようやくの久しぶりの晴天と重なった休日の下、富山県上市町にある、標高900メートル【鍋冠山】へ行ってきました。

P2281742.jpg
【鍋冠山】
 平野部から眺める丸い山頂が特徴的な山です。
 
 結構知名度も有り、名の知れた山だと思っているのですが、登山道は無いため、通常は積雪期に登る山であるようです。

 
 
 そんな今回のルート。
 昨年5月に登った『高峰山』へ登山道入り口の手前に延びる林道をさらに進み、適当なところから雪の斜面を登り山頂を目指します。
 
 しかし、今年は暖冬でスキー場も営業できないような状態だし、雪も少ないだろうと、かんじきの一つも持たずに長靴一つで出発したところ、想像以上の苦労をする羽目になってしまいました。
 それではスタートです。


P2281689.jpg
【9時半】
 天気予報では今日は晴れとされていましたが、昨日は雨も降りったりといまいち信用が置けず、モタモタしていたら遅めの出発になってしまいました。

 西種集落のバス停前に車を置いて、登山口へ向かって歩き出します。
 林道入り口にも車は停めれるはずですが、雪道の中で特攻してにっちもさっちもいかなくなっては困るのでここからスタートすることにします。


P2281695.jpg
【9時40分】
 高峰山登山道の標識の有る、林道の分岐点に到着しました。

 すでに先客の車が2台ほどあり、雪で覆われた林道に足跡が残されています。

 この時点で思った以上に雪があるな・・・
 この先が心配ですが、先客の足跡をチャッカリ利用させてもらえば何とかなるでしょう。
 

P2281698.jpg
【10時半】
 西種造林作業路と、高峰山方面との分岐に到着しました。

 ここまでも林道の上の雪はところによりかなり深く、時折膝まで長靴が埋まりながらも先へ進みました。
 日が高くなった後の、雪が緩んだ帰路が不安になります。


P2281701.jpg
 そして、より雪深くなる林道。
 先行者の足跡が無ければ、ワカンやスノーシューなしではちょっと無理な道のりでしたね。
 
 準備が甘いとも言えますが、もともと他の足跡位は有るだろうからそれをトレースして行けばなんとかなると踏んでいたので予想通りとも言えます。
 ただここまで、どう見ても数人の足跡しかなく、もっと入山している人は多く、踏み固められていいると期待していたのですが残念でした。
 

P2281702.jpg
 春も見上げた標高806mのピーク

 あの時は一面緑に覆われていましたが、今日は白くおおわれています。
 

P2281705.jpg
【11時】
 高峰山登山口と、鍋冠山へ続く林道との分岐点に到着しました。

 先行者たちはどうやら高峰山方面へ向かわれたようす。
 しかし、鍋冠山方面には足跡一つもないのか・・・

 しばらく悪天候続きだったから、誰も登っていないんでしょうね・・・
 いやあ~大丈夫かな?行けるかな?

 
P2281706.jpg
 トルクG02のGPSで確認しながら先へ進めば何とかなるでしょう。
 
 もう山頂は目と鼻の先です。
 

P2281710.jpg
 仕方ない。
 意を決して真っ白な雪の中に足を踏み入れます。

 雪は思った以上に深く、時折太腿まで埋まりながら林道の中を進んで行きます。


P2281712.jpg
【11時15分】
 アカン・・・(笑)
 前に進みません。

 雪はサラサラのパウダー状ではなく、ベタッとした重い雪で身体にまとわりつき、数歩に一度足を根元まで埋め、更には長ぐつの中を濡らしては、私の前進を阻みます。
 今こそスノーシューが欲しいと心から思う・・・

 本当はもう少し先まで進んで、等高線の広がった、やや傾斜の緩い所から一気に登るのが通常のようですが、これ以上はやっていられない。


P2281713.jpg
 方針変更。
 さっさと山肌に取り付いて山頂を目指すことにします。

 これ以上進んでも埋まって苦しい上に、どこから登っても山頂まで似たような距離ならさっさと登頂してしまったほうが体力的にも良いはずです。

 見上げる杉林の中を山頂目指して登り始めます。


P2281717.jpg
 しかし、山肌は更に積雪が深く、一歩進むごとに長靴でステップを踏みながらでないと直ぐに下半身が埋まってしまうため、思った以上に時間がかかります。
 

P2281718.jpg
 また林道もそうでしたが、山の中にも時折、マーキングも有り、ある程度は道が示されているのだろうと少し安心します。


P2281719.jpg
【12時15分】
 山肌に取り着いてから、標高差100メートルも無い道のりを、時に四つん這いになってよじ登りながらたっぷり一時間かけて山頂に到着しました。

 ひどかった~。
 服も長靴の中もビチョビチョだぁ。
 服は日差しが良いからすぐに乾くでしょうが、長靴はかなり不快です。


P2281720.jpg
 そして、苦労してたどり着いたものの、木々が生い茂っており展望はいま一つ。

 う~んいまいち。
 冬でこれなんだから、藪で夏秋は見れたものではないでしょうね。

P2281731.jpg
 そして山方面に至っては殆ど見ることは出来ません。

 う~ん。
 ある意味、やや霞んだ今日登って良かった。
 快晴の済んだ展望の日であれば、勿体ないので高峰山に行った方が遥かに展望は良いでしょう。
 

P2281730.jpg
 そして、山頂には先ほど高峰山に登っていたと思われるパーティが、適当な場所から先回りして到着して昼食を経っていました。
 早いなぁ・・・

 やはりワカンがあると、こんな雪道でも自由度が増すんでしょうね。
 
 なお、山頂は結構広いはずなのですがあちこち灌木が茂り、見通しが悪いのであまり広々とした印象は感じられません。


P2281732.jpg
【12時半】
 さて、展望もないし長靴の中はビチョビチョだしとっとと帰ろうかな。

 用意していたカップラーメンも食べず、行動食のパンをかじって下山することにします。

 帰路は先行者さんたちの踏み跡をつかわせてもらいましょうかね。
 

P2281733.jpg
【12時45分】
 斜面を下った後、本来のメイン登山口の林道へと下り立ちます。

 踏み跡もない白い世界が広がっています。
 ここからは先ほど私が登った場所まで再びのラッセルですね。
 
 ラストスパート頑張ることとしましょう。


P2281734.jpg
 しかしやはりきつい。
 もはや開き直って、時折腰まで埋まりながら歩き続けます。

 まあ同じ埋まるにしても、下りの方が抜けだしやすいから楽かな・・・


P2281735.jpg
【12時55分】
 雪をかき分けようやく高峰山登山口に合流できました。

 よかった~。
 全身埋まったらどうしようかと思いましたよ。
 
 鍋冠山か・・・
 平野から見ていた時はあの不思議な形の山頂に興味を引かれていたのでしたが、展望もないしちょっと私の装備では楽しさは今一つだったかな。

 スキーでも履いていれば、きっとなだらかな山頂から一気に林道を下って帰ってこれる楽しい道のりなのでしょうけどね。
 とりあえず山頂を踏んだことにより、満足して帰路へと着くことにしました。

 
P2281740.jpg
【14時】
 その後は冷たい足に鞭打って、西種集落へと舞い戻りました。

 下界は明るくてあったかいなぁ・・・・
 なお、車に帰って長靴をひっくり返したらボタボタと結構な量の雪解け水が流れ出てきたのでした。
 冷たくてすっかり麻痺していたけどこんなに入っちゃってたのか・・・

 冬も終盤になってようやく訪れたアウトドア日和でしたが、これはこれでこれまでにない良い経験が出来ました(笑)


 それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!