『山から海へ』チーズ&サーモンに出会うゆるゆるサイクリング

通常サイクリング
11 /13 2016
 本日は、11月とは思えないほどの陽気に包まれた、絶好のサイクリング日和となりました。

 9月末の九州サイクリングで痛めた後、グランフォンド糸魚川で悪化させた右アキレス腱がスッキリせず不安で、一月ほどロードに乗ることを控えていましたが、それでも今年のサイクリングシーズンも終盤に差し掛かった今日。

 今回は原点に帰って特にこれといった目的も特徴も無くのんびりと新川広域農道から黒部川堤防を下って蜃気楼ロードから帰路に着く、山から海まで適当に走って楽しむサイクリングを行ってきました。


PB131758.jpg
【11時】
 新川広域農道を魚津方面へと走り、毛勝山を源流とする片貝川方面へとやって来た所、流れる用水の余りの清流に目を奪われて寄り道します。


PB131759.jpg
この一帯を流れる片貝川の清流の源、毛勝山はすっかり白く染まりつつあります。

僧ヶ岳はまだまだ緑が見えますが、2500m級はもう真っ白です。


PB131761.jpg
そういえばこの辺にもあったはずだよなと思って上流方面へ進んですぐ。

富山県の5つ円筒分水の内の一つ、貝田新円筒分水槽の見学に来ました。
県道67号沿いにあるためすぐに見つかりましたが、これは随分と古い感じの円筒分水だなぁ・・・


PB131762.jpg
中を覗いてみますがいま一つ流れの美しさを堪能することが出来ません。

まあ、見せるために作っているわけではないので当然ですが、ちょっと残念。


PB131768.jpg
口直しに、今年の春にも訪れた、さほど離れてもいない東山円筒分水も見ていくことにします。

いやあ~やっぱりこっちは素晴らしいぞ。
流石富山どころか日本で最も美しい円筒分水と言われるだけはあります。


PB131770.jpg
吹き出る清流を見つめ続けていると、目がおかしくなりそうです(笑)
青みがかった透き通った水と流れはとても綺麗でずっと見ていたくなります。


PB131775.jpg
片貝川の河川敷から美しい清流の源たる毛勝山を眺めます。

綺麗な道だなぁ~
ふと、山方面へと走ってみたい気持ちが沸いてきますが、今年は熊の出没が非常に多く人身事件も多数発生しているのでやめておくことにします(笑)


PB131782.jpg
【12時半】
さて、その後再び新川広域農道を走った後、標高を少し上げて『くろべ牧場』へ

天気も良く、多くの家族連れでにぎわっています。


PB131787.jpg
ちょっと小さな牛。まだ子供なのかな?

やけに人懐っこい。


PB131791.jpg
そしてヤギも。
ハイジの世界ですね。木に登っています。

蹄のはずなのに、器用なものですね。


PB131794.jpg
景色も最高!!

高台の牧場から見下ろす富山平野の景色と海から空に繋がる色味の変化がたまりませんね。


PB131796.jpg
そしてコスモス畑。

綺麗だなぁ・・・


PB131789.jpg
さて、少し小腹がすいたので軽く何か食べていくことにします。

休日限定でヤギのチーズとミルクの直売が行われており、ちょっと値が張りますが食べていくことにしました。
チーズがラ・カプラ
ミルクがラッテラ・カプラと言うそうな。

味は、牛のミルクよりも脂肪が少ないのかな?
どちらもあっさりしています。


PB131798.jpg
そして手作りジェラート。
ミルクチーズとラズベリー。

こちらもあっさりとした味わいです。

冷たい物を食べると、日差しがあるとはいえ流石に11月の風にあたると冷えてきますね(笑)
標高も300メートルある場所ですし、下界へ降りようかな。


PB131799.jpg
さて、再び黒部川方面へ向かって走り始めます。

黒部に入ると山の景色も一変して、朝日岳や白馬といった後立山方面への展望が楽しめるようになって行きます。


PB131801.jpg
【13時半】
黒部川に到着。

広大な河川敷の彼方には、雄大な北アルプスが白い頂を聳えて広がっています。

綺麗な景色だなぁ・・・
言葉にならないね。
 

PB131805.jpg
そして、河口方面も素晴らしい。

広大な河川敷と、繋がるように広がる扇状地が続いています。
水の美しさは片貝川が勝りますが、黒部川の迫力はやはり段違いですね。

さて、もう昼を回ったしそろそろ帰るかな。


PB131808.jpg
左岸沿いの堤防や、河川敷の中の公園などを縫うように走って河口へ向かいます。
広い河川敷だなぁ・・・

公園ではスポーツから家族の団らん、ラジコンなど様々な用途で楽しむ人々の姿が見て取れますね。


PB131814.jpg
そして、魚津市に舞い戻り海へ。

多くの散歩を楽しむ人とすれ違いつつ、海の香りに包まれて蜃気楼ロードを走ります。
海も綺麗だ。

海から山まで一気に周遊することが出来るのが、ロードバイクの醍醐味ですね。
今日の様な景色の美しい日には持って来いです。


PB131817.jpg
そして早月川へ。

しかし、本流から外れた伏流に、水面に波がいくつも立っているのが見えて、何だろうと思い近づいて見ると・・・


PB131820.jpg
鮭だ!!

いるのは聞いていましたが、実際に見たのは初めてです。
すご~い!!
流れの緩い伏流部に沢山集まっては産卵を行っています。



PB131823.jpg
すごーい!!大きい!!

橋の上からですが実に良く見えます。
オスなんかもう鱗がボロボロですね。

ここまで来るの大変だったんだろうね。
水の中には力尽きて死んでしまっているモノも何匹もあり、カラスがそれを突いていたりと自然の厳しさを目の当たりにさせられます。
熊も河川敷沿いに食べに来るのかな?
ツキノワグマは鮭は食べないんかな?

いやしかし、良い物を見ました。

やはりサイクリングはしてみるものですね。

でも一匹とって帰りたいなぁ・・・
サーモン。。。
イクラ。。。


PB131828.jpg
そんな誘惑に耐えつつも、いつものウェーブパーク滑川に帰り着きました。
心配していた右アキレス腱も痛まず、完治したものと考えて良さそうです。

また、今日の道のりは100キロにも満たない物でしたが、色々走って退屈しない楽しい道のりでした。
何度も走った同じ道でも、ちょっと見方を変えれば異なる風景はいくつも見つけられるものですね。

だからサイクリングは楽しい。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!