さよなら2016年!!【城ケ平山&大岩山日石寺へ】

その他の山々
12 /30 2016
さて、いよいよ2016年も終わりとなりました。

今年も九州から三浦半島サイクリングまで、いろいろやったなぁ・・・

そしてこのブログも6年が終了か。。。
よくもここまで書くことがあったものです。まあ、記事にしているからこそ趣味の自転車や登山なども続けてこれたという側面も有るかもしれませんね。

さて、そんなこんなで今年最後の週末。


PC291755.jpg
かつて何度か登った事のある、上市町にある標高446.3m城ケ平山。
今はもう山頂には雪も見られるようになっておりますが、長ぐつを履いて雪化粧された景色でも眺めに行ってこようと思います。


PC291758.jpg
【9時】
登山口の有る、大岩地区へとやってきて、近くの公園用の駐車場に車を停めて山頂へ向かいます。

なおこの辺りは大岩山日石寺という真言密宗大本山の寺院がありちょっとした観光地となっております。
ゆえに、登山口付近にも売店やウォッシュレットが完備された綺麗なトイレなどがあり登りやすい場所です。


PC291767.jpg
さて、過去に何度か登った事のある山ですが、反対側の西種方面から周遊するルートで山頂に至っており、こちら側から登るのは初めてです。

雪化粧された、かつて水田があったと思われる杉林の中を黙々と登って行きます。


PC291769.jpg
標高が上がるにしたがって、雪の量も増えてきました。

これは綺麗です。
まだスノーシューなどが必要な程ではありませんが、雪が降ると一辺で景色が変わりますね。


PC291773.jpg
【10時】
小一時間、久しぶりの雪景色を堪能して山頂に到着。

ああ一面の雪が綺麗です。
人もいないし最高だな。


PC291791.jpg
【クリックで拡大】
そして、この城ケ平山は、標高は低いのですが景色は中々のもの。

富山平野が一望です。
冬は空気が澄んでいるから、能登の方まで良く見える。
うっすらと雪がかかった水田が実にいい味を出しています。


PC291793.jpg
【クリックで拡大】
そして、山方面も素晴らしい。
雪が無い時はアルプスも遠くてさほどの景色ではないのですが、雪によって灰色に彩られた低山と共に広がる姿はまるで水墨画の様に美しい。


PC291794.jpg
【クリックで拡大】
剱岳も良く見えます。きれいだなぁ・・・


PC291790.jpg
そしてちょっと早いですが、山頂で昼食です。

今回は恒例の年越しそばと、ちょっと気分を変えて、ランチジャーに入れて持ってきたカレーを食べます。
リフィル米ではない米はやはり美味い。

ちょっと荷物ですが、こういった楽しみも、手軽な日帰り低山ならではですね。
山頂の冷たい風に吹かれて食べる温かい食事は実に美味しい。


PC291805.jpg
【11時】
昼食後は天候も曇りはじめ、速やかに下山。

せっかく来たので、大岩山日石寺に寄り道していくことにします。
赤い手すりの階段が、いい雰囲気です。


PC291822.jpg
階段の途中には、旅館が数件。

こんなところで旅館が成り立つんだ・・・
参拝客とか、修行者とかでも来るのかな?


PC291821.jpg
そして本堂。
中には有名な一枚岩に彫られた不動明王の磨崖仏が祀られています。

雰囲気があり過ぎて、とても写真などに撮ってよい物では無いですね。
興味のある方は、是非実際に見に来ていただきたい。


PC291818.jpg
境内をウロウロします。いや~しかし良いところだなぁ。

龍の口から流れる6本の滝があり、冬期に滝行をする光景がよく報道されていますね。
寒そう・・・


PC291812.jpg
そして、境内を抜けて更に川沿いにある名所、千厳渓を散策します。

これは・・・
流れる激流の音と良い、苔むした遊歩道と良い、かつての修験の洞と良い・・・
凄いパワースポットだな。。。
一人でいるとちょっと圧倒されてしまいます。


PC291808.jpg
流れる激流。
雪が降ったので、上流からくる水の量も多いのでしょうね。
迫力があります。

何だか昔バイクで走った十和田湖の奥入瀬渓流を思い出すなぁ・・・
さて、城ケ平山に来たついででしたが、中々の日石寺の景色は思わぬ収穫でした。

今後もこういった、意外な出会いを求めてあちこち彷徨いたいと思います(笑)



KIMG0376.jpg
その後・・・
毎年恒例の、大学時代の同級生たちとの忘年会です。
皆それぞれ異なる道を歩んでおり、顔を合わせることも殆どありませんが、やはり久しぶりに若かりし頃の思い出話や近況報告を聞くのは楽しいものです。

しかし、最近年を取ったせいか、寒い中街中まで行って宴会して帰るのが辛い(笑)
そして、毎年富山市内だし、次は帰りの心配のないどこか温泉旅館あたりで泊まりでやりたいなぁ・・・


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!