こういうレインウェアが欲しかった

サイクル用品に関する童心
03 /17 2017
さて。
富山に出来たモンベルショップの会員になって久しいこの頃。
定期的に送られてくるカタログを、何気なくめくっていた私に衝撃が走ります。

モンベルコンバーチブルレイン・・・

防水透湿素材で造られていて、なおかつ長袖と、半袖とに分離が可能なレインウェア。。。
なんと!そんなん有るんだ!!

基本的に雨天時は自転車には乗りませんが、ロングサイクリングのような、長時間や数日に渡る旅路の際には、否応なしに雨に打たれる場合も有ります。
これまで、コンビニで売っている様な1,000円程度のビニールのレインウェアを使用していましたが、防水性はともあれ透湿性は全く無く、そのため夏は蒸れるためものすごく暑いので、長袖用と、袖と裾を自前で裁断した半袖用を別に準備して、季節に応じて使い分けていたのでした。

これまでそれで通してきたのですが、ものすごく蒸れるためレインンウェアの中は濡れ、時期によれば止まると寒く、また貧乏くさくてカッコ悪いと言う欠点が気になっていたのでした。


IMG_5991.jpg
そんなわけで買ってきましたコンバーチブルレイン(笑)

上下合わせて25,000円オーバーの値段は、この時期にはかなりのダメージです。

しかし、軽量かつ透湿素材で、立体裁断等のモンベルならではの品質の高さと、ジッパーにより袖を外して半袖へとコンバートできる構造は何よりの魅力です。

暑いか寒いかわからないときにもこのまま持って行って、その時の状況に応じて分離したりと使い分けることが出来ます。
実際走ってみないと、体感での寒さ暑さは中々わかりませんからね。

また、基本自転車のために購入しましたが、この品質であれば当然登山においても使用できるものです。
山用のレインウェアは当然持っていますが、こちらの方が新しいので性能も良いでしょうしね。


IMG_5992.jpg
当然、ズボンもコンバーチブル。
裾もジッパーで大きく開くので、ビンディングシューズのままでも履き易そうです。

また、上下それぞれに収納用のスタッフバックが付いているのも良いですね。
よりコンパクトな収納が可能になりそうです。


IMG_5993.jpg
さて、そんなこんなで高級レインウェアを手に入れたところで、これまで使っていたビニール製のレインウェアに別れを告げます。

カッターで袖を切ったりして、夏用のレインウェアを作っていたのが懐かしい・・・
また、汗による水滴が、内側に見えていたのも懐かしい・・・

巷には自転車専用のレインウェアや、より透湿効果の高いゴアテックス製のレインウェアも存在していますが、自分には、この袖裾分離式の使い勝手の良い構造が堪らなく魅力的ですね。

例えばスタート時は寒い日本海側で、長袖の状態で持って行って、暖かい太平洋側は半袖で使用する・・・。
と、言った同一の季節でも、使用する土地に応じた対応が出来ます。

夢が広がるなぁ~。雨天時のサイクリングも楽しみになってきますね。
まあでも、出来るだけ雨に打たれたくはありませんが(笑)


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!