中部地方一周サイクリング(その2)【甲府~豊橋】

富山‐富山(中部一周)
05 /13 2017
さて、今回は前回からの続きです。

GWの旅二日目は、5月4日(木)、山梨県甲府市から、静岡県清水市に至った後、御前崎等の海岸沿いから静岡県を横断して、愛知県豊橋市までのメーター読みで、261キロに至る道程についての記録です。

そんな今回のルート。



当初の計画と比べて、大きく変わった所もありませんが、静岡に入ってから美保の松原付近をウロウロし過ぎて、時間が押したため、後半浜松から豊橋を、最短距離で結ぶルートに変更しています。

二日目は、平坦で気持の良い道のりが楽しめるかと思いきや、思いのほか単調で長く苦しい道のりとなったのが印象的でした。

それではスタートです。


IMG_0103_R.jpg
【2時半】
宿を発ち、甲府駅前の武田信玄像の前より二日目のスタートを切ります。

しかし・・・
GWの駅前だと言うのに人っ子ひとり歩いていないな・・・


IMG_0104_R.jpg
スタートしてすぐ、おびただしいパトカーの群れが通りに集まっています。
山梨県警24時?

野次馬している暇もないので、先へ進むことにします。


IMG_0110_R.jpg
【3時半】
甲府市街地を抜けて、国道52号線に合流しました。
ここからは、静岡県に向けての山越えの道程となります。


IMG_0117_R.jpg
【4時半】
次第に空も白みはじめ、峠の途中で振り返ってみれば、富士川の広々とした河川敷と川面が眼下に見えました。

これは素晴らしい。
この先も、しばらくこの富士川の美しい眺めと共に静岡県に向かうこととなります。


IMG_0121_R.jpg
【4時50分】
身延町に入り、国道52号から、県道10号へルートを変更します。

52号線は交通量も多く、長い洞門も有ることから、しばらく20キロほど、迂回ルートを取ることとします。

しかし、この身延の街並み。
古い街並みになるように統一されており、中々見事です。
山の中ですが、身延って有名ですし、観光客も沢山訪れるのかもしれませんね。


IMG_0124_R.jpg
身延の街を抜けつつ眺めた身延山。

遠目にみても、中々の名峰であることが伺えます。
ロープウェイもあるようですし、相当の登山者の訪れる山なのでしょうね。


P5041880_R.jpg
県道10号はかつてのメイン道路といった感じで、身延線に沿って進み、時折道も1車線程に狭くなりますが、静かで舗装も綺麗で、なおかつ美しい富士川の流れとともに進むことが出来る名ルートでした。

IMG_0126_R.jpg
美しい富士川と、身延道の光景を満喫して走ります。

意外にこの道のりが、2日目で最も充実した道のりであったかもしれません。

この先は、再び国道52号線に合流し、急登&狭隘なトラック街道に心身を削り取られる道程が続きます。


IMG_0127_R.jpg
【6時】
国道52号線に合流してしばらく、ようやく静岡県に入ります。

新東名が開通した為か、トラックや車の交通量も多く、中々危険な道程がしばらく続きます。


IMG_0128_R.jpg
そして、静岡市からしばらくは苦しい峠越えが続きますが、ふと後ろを振り返って見れば見事な富士山の姿が。

おお。
やはりこの辺りは色んな所から富士山が見えるのだな。

今日は、美保の松原まで行ってみる予定でしたので、富士山が見える天候であることが解り俄然力が湧いてきます。


P5041908_R.jpg
【7時半】
峠を越えて、長いダウンヒルの後、コンビニで朝食を摂ったりした後、清水市の中心街に入りました。

昔家族旅行で来たなぁ・・・
懐かしい。
今日は一人ぼっちか・・・何だか寂しいな。


IMG_0130_R.jpg
しかし、立ち止まることもできません。

なお、途中の富士見橋でも、見事な富士山の姿を見ることが出来て、ついつい立ち止まってしまいます。
これは見事だ。


IMG_0133_R.jpg
【8時】
美保の松原までは綺麗な自転車道が整備されており、信号待ちに悩まされずに到着することが出来ました。

美保の松原は、その名のとおり、海岸線沿いの広範囲に松の林が広がっており、その松の巨大さは、中なか見応え上がります。

富山でこんな大きな松の林は見た事は無いな。
富山でも岩瀬辺りで大きなのは何本か生えてますが、美保の密度と大きさはスケールが違う。


P5041913_R.jpg
そして、まだ8時ですが観光客も多く訪れており、賑やかな観光地の姿が有りました。


P5041915_R.jpg
しかし、富士山が見えない。

自転車と共に富士山が写せるスポットを求めて、ウロウロしていると太平洋岸自転車道といった、自転車道の標識を見つけて侵入してみる事にします。


IMG_0137_R.jpg
おお・・・
海岸の堤防に沿って作られた遊歩道から、見事に砂浜と松林と、富士山の姿が見て取れました。

これが広告でよく見る美保の松原の光景か。
堤防沿いの遊歩道には観光客が、砂浜には部活のトレーニング中と思われる若者たちのランニングする姿が有ったりと、中々カオスな光景です。


IMG_0146_R.jpg
『クリックで拡大』
砂浜に少し降りての、美保の松原からの富士山。
う~ん・・・
本当はもっと良いところがあるのかな?
とりあえずやや曇り気味で、色あいがくすんでいるのが残念な限りです。

その後、堤防を行ったり来たりして、ベストな撮影ポジションを散策しながら走っていたらどんどん時間が過ぎていきました。
ヤバいぞ。


P5041923_R.jpg
その後、太平洋岸自転車道を少し走ったりしてみましたが、やはりロードバイクには厳しい路面状況であり、結局国道に回帰した後、150号のバイパスを避けて、旧道を走りますが、その道はイチゴ海岸通りの名の通り、至る所にイチゴ狩りの看板を表した農園が立ち並ぶまさに観光街道だったのでした。


P5041928_R.jpg
途中のイチゴ直売所で小休止しつつ、イチゴソフトを注文します。

さて・・・これがめちゃくちゃ美味しい。
サッパリとしたソフトに、シャーベット状に凍り付いた濃厚なイチゴがたっぷりと混ぜられており、まだ朝方だと言うのに、暑い日差しの下堪らない美味しさです。

家族連れが、イチゴ狩りの申し込みを行っている傍で、オッサン一人ソフトを頬張る・・・
なんだか空しい。。。

GWはやはり家族での時間を大切にするべき連休だったかもな・・・


P5041929_R.jpg
【9時半】
そんな後ろ向きなことを考えつつ、スタートよりおよそ120キロ。
かの超人レース、TJARのゴール地点、大浜海岸にたどり着きました。

ここかぁ~!!


IMG_0159_R.jpg
海岸までの通りには、TJARの看板が。
多くの挑戦者達が、日本海早月川河口から駆け抜けた末のゴール地点に、ようやく私も辿り着いたようです。


IMG_0157_R.jpg
大浜海岸。

多くの人々が思い思いの時をすごす、憩いの場のようです。
静かなこの海岸が、ゴール地点だったのか・・・

いまは、死闘の面影など微塵も感じられないほどの、穏やかな空間が広がっています。


P5041933_R.jpg
さあ、今日のハイライト。

ここまで運び続けた、日本海の水を、この偉大なるゴール地点である太平洋へと注ぎ込みます。

ああ・・・ようやくこの時が来ました。
何だかやり遂げた感じでいっぱいです。

満足して、感慨にふけっていた所でしたが、なんとまだ今日の道程の半分にも達していません。
ここから今日の宿まで、150キロは有る道のりです。

現実に返って、先を急ぐこととします。


P5041939_R.jpg
【10時】
大浜海岸から、150号に復帰しつつも、自動車専用のバイパス区間があり、用賀方面へと海岸線の急峻な勾配が続く道程へ迂回して、焼津市に入ります。

気温も上がってきており、静岡から清水までの山越えの後、尚且つ二日目の100キロオーバーとなり、次第にキツくなってきました。


P5041946_R.jpg
その後も大井川も越えて、国道416号や、県道31号の後、再び国道150号へ合流したりと色んな道を乗りついで快晴の空の下、先へと進みます。

美保の松原で時間をかけ過ぎたので、急がないとと、気が焦ります。


P5041947_R.jpg
しかし、御前崎に近づくにつれて、次第に黒くなる空。。。

交通量も多くなり始め、堤防沿いに走る路面の状態も悪くなり始めて嫌な感じです。。


IMG_0167_R.jpg
【12時】
およそ170キロ地点。
嫌なことに小雨がぱらつき出す中

ようやく下岬に到着です。

観光地の為か、車も多いが、集団で訪れているサイクリストもまた多い。
やはり最南端の岬ですから、良い目的地なんでしょうね。


IMG_0166_R.jpg
しかし風景はちょっとがっかりな感じ。
ウミガメ産卵地か・・・

天気が悪いせいもあるのでしょうが何か物足りない・・・


IMG_0169_R.jpg
物足りないながらもとりあえず到着した満足感に浸りつつ先へ進むと、先ほどのサイクリストの集団がたまっている場所で急ブレーキ。

『静岡県最南端の岬』の碑

おお・・・!そうそう。
到達点にはやっぱりうこういうのが無いとね!!

展望デッキなども有って、中々良いポイントです。


IMG_0170_R.jpg
そして海。

小雨の中、眺める
海は、心なしか先ほどよりも綺麗に見えます(笑)

また、進行方向が明るい為、進めば再び雨雲の下から出られると思い、先を急ぐこととします。


IMG_0171_R.jpg
下岬灯台。

車がたくさん来るけど、みんなあそこでも目指してるのかな?


P5041954_R.jpg
そして、再び150に合流するため走り出します。

浜岡原子力発電所付近。
多くの風力発電の風車が立てられています。
この広い平野ですから、海風も上手く使えば結構な発電が出来るのでしょうね。


IMG_0173_R.jpg
150号に合流してすぐに国道脇に牧場を発見。

時間も無いのにフラフラと近づいてしまいます。

馬だ、近いな~
黙々と草を食べています。


IMG_0175_R.jpg
【12時半】
時間が無いと言っているのにまたしても寄り道(笑)

浜岡砂丘なる看板が目に入ったため寄り道してみます。

ちょっとした小観光地の様で、店も出ていたりと賑やかな感じです。
砂丘までは・・・いくらSPDシューズとはいえ、流石にこの砂の丘を越えて入る気にはならないな。


P5041956_R.jpg
ちょっとした無駄足を踏みつつ、先へと急ぎます。

150号に戻る前、少し脇道に入りますが、見事なヤシの木が多くみられるのも、南国の静岡ならではですね。


P5041960_R.jpg
そして、しばらくはひたすらに長い長い150号の直線をひたすら走り続けます。

道の駅などは車でいっぱいで、とても入る気分にならず、途中またまたイチゴ農園などでイチゴをつまみ食いなどしながら、淡々と浜松を目指して突き進んだのでした。

しかし単調な直線って辛いわ・・・


IMG_0176_R.jpg
【14時半】
2日目の200キロを優に超え、天竜川を渡ります。
この頃には雨雲も抜けて、すっかり快晴!

今日の行程もあと少しです!!


P5041961_R.jpg
そして、悲鳴を上げ始める身体。

アキレス腱が痛い・・・
しかも今回は前の九州行きとは逆の左足・・・

急慮ドラッグストアでシップを貼ってその場をしのぎます。

やはり昨日から大きな峠越えが続いたから無理が来たのかも。
まだ旅は3日目と、4日目が控えていると言うのに・・・

不安を抱えつつ、先へと急ぎます。


P5041962_R.jpg
国道1号を避けて、県道316号から浜松入りを目指します。

しかし腹が減ってきた。
暑くて食欲が無かったのですが、腹が減ってきましたね。
ここまでずっとコンビニ食ですのでなんかまともなものが食べたいな。。。


IMG_0178_R.jpg
と、言いつつも結局コンビニで済ませ(笑)

ちょっと変わった県道49号に。

これ一方通行なんだ。
そしてこれがかつての東海道の名残なんだそうで。

へ~。。。
しかしここも見事な松。
東海地方は松が凄い育つんだな。


IMG_0179_R.jpg
【15時半】
そして国道1号に合流した後、ついにやってきました弁天島!

2011年以来、6年ぶりの再訪です。

深夜の出発からはや13時間。235キロ。
長かった。。。

再び眺める弁天島からの、赤い鳥居を眺めて感慨にふけります。
あれから色んな所を走ったなぁ・・・

全てはあの富山~名古屋サイクリングが、この自転車狂の旅の始まりですね(笑)

GWに40過ぎたオッサンが一人で何をしているんだか・・・

さて、しかしここもホテルが沢山あるから観光客でいっぱいです。
時間も押しているので速やかに先を急ぎます。


IMG_0184_R.jpg
さらば輝く浜名湖よ。
そして弁天島よ。またいつの日か!!

遠目に眺める1号バイパスが昔の通りで懐かしいな。


P5041971_R.jpg
さあ、後は今日のラストスパート。

当初は昔通ったルートをもう一度と思い、1号から42号を経由するルートも考えていましたが、疲れたので県道3号などを利用して、最短距離で今日の宿の有る豊橋市中心部を目指すことにします。


IMG_0186_R.jpg
【16時半】
長い長い静岡県も終わり、ついにやってきました『愛知県』

この旅5つ目の県境に到着です。
やっと半分か・・・

まだまだ先は長い(笑)


P5041976_R.jpg
その後、スマホのナビに任せて、幹線道路を避けて、狭い住宅街の生活道路などを縫うように走ります。


IMG_0190_R.jpg
【16時50分】
そしてふらりと立ち寄った『幸公園』

長三池といった大きな池や、遊具などもあり、住宅地にも程近い為、これまでの観光客ではなく、沢山の一般の家庭の方々が楽しく集っている公園でした。

何だろう・・・気が重い。
心が痛むな・・・

流石の遊び人の私も、GWまるまる家族をほったらかす罪悪感を出発前から抱え込んでいまして、この光景を見て一気に噴き出した感じです。

足も痛いし、疲れてるんだろうな。。。
『幸公園』という名前も今の自分の精神衛生上良くない(笑)

見ているとどんどん気分がダウンしていきますので先へと進むことにします。

今日の目的地はもう目と鼻の先です!!


P5041979_R.jpg
豊橋駅付近に到着しました。

多くの銅像が並べられていたり、路面電車も走っていたりと綺麗な街並みです。


IMG_0191_R.jpg
【17時15分】
スタートからおよそ15時間。
メーター読みで261キロの道程を越えて、今日の目的地豊橋駅に到着しました。

しかし、今日は随分と長く感じた一日でした。

山越えは山越えで辛いのですが、延々と続く平地というのもまた辛い。
適度なバランスが欲しいですね(笑)

いやはや疲れたな・・・


さて、何とか旅の二日目も終了。
総走行距離は536キロに達し、折り返しに入りました。

明日は渥美半島からフェリーで、知多半島。
そして、名古屋市から岐阜県に至る、およそ150キロの道程です。

そして、何より明日は一人じゃない!!(笑)


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!