中部地方一周サイクリング(その3前編)【豊橋~伊良湖】

富山‐富山(中部一周)
05 /14 2017
さて、今回も前回からの続き。

旅も早後半戦の3日目となった、5月5日(金)は前後編に別けて記載して行きます。



まずは前編。

愛知県豊橋市から、渥美半島を50キロ走った後に伊良湖より、フェリーで知多半島は師崎に上陸します。



続いて後編。

知多半島に上陸した後、長年のブロトモMMRさんと合流して、道案内&愛知県のサイクリングロードの光景を堪能させてもらいつつも、岐阜まで引っ張っていただいた、110キロを走った、メーター読みで161キロの道程です。

この旅最高の晴天となったこの日は、見知らぬ土地で有りながら、有った事は一度きりにもかかわらず、常日頃からともに走っているかのような錯覚さえ感じる相棒と共に走り抜けたのでした。

間違いなくこの旅で最高に楽しい一日でしたね。
それではスタートです。


IMG_0195_R.jpg
【6時50分】
宿を発ち、豊橋駅前から今日の道程をスタートします。

伊良湖からのフェリーの時刻が11時のため、宿でしっかり朝食バイキングも頂いて、体調万全でのスタートです。
やはり旅はこうでないと勿体ないですね。


P5051985_R.jpg
豊橋市街から、田原市を目指して走ります。

豊橋市街地にもこんなに見事な松林が。
これも大きな松たちです。

大平洋側は、松が多いんだなぁ。


P5051989_R.jpg
市街地を抜ければ、田原市まですばらしい好天と、走っていて楽しくなるような美しい道が現れます。


IMG_0196_R.jpg
見事なキャベツ畑。

渥美半島では、あちこちで畑作が行われているようです。
この辺りは一大農産地なんですね。


IMG_0200_R.jpg
【7時45分】
渥美半島最後の駅、三河田原駅に寄り道します。
新しくて、綺麗な駅です。

6年前は余りの向かい風に泣きが入って、ここから輪行しようなんて考えていたなぁ・・・
懐かしい思い出です。


P5051992_R.jpg
その後国道259号田原街道から、県道28号を経て国道42号線表浜街道へ移動します。

何と無く太平洋側を走りたいなと思ったのと、かつて走った6年前の道をもう一度走りたいな~といった軽い気持ちでした。


P5051996_R.jpg
しかし、国道42号に合流して道も悪い上、交通量も多く、小高い崖上の道のため海岸の展望も無いと言ったあまり面白くない道のりが続きます。

そういえばこんな道だったっけ。
こんな道ならば、素直に田原街道から伊良湖に向かえばよかったかもしれない。


IMG_0207_R.jpg
しかし、伊良湖を目前にして、ようやく景色が開け始めます。

自転車道にちょっと入り込んで景色を見れば、青い空と海、そして白い砂浜。
伊良湖ビューホテルを眺めつつ、ウミガメが訪れる美しい砂浜と岩場が広がっていました。


P5052003_R.jpg
そして港に向かうためには大きな岬を越えていかねばなりません。
◎のコンクリ舗装のされた急登を登って行きます。


IMG_0215_R.jpg
そして来た~。

岬の上からの、渥美半島先端部。
この光景をもう一度見るために、わざわざ42号線から来たと言っても過言ではない。

陸地よりも遥かに海の見える面積の方が多い。
砂浜が美しい。。。


IMG_0216_R.jpg
『クリックで拡大』
青い海の向こうには、知多半島(どうやら見えているのは三重県の鳥羽のようです。手前の島が神島というのでしょう。)のシルエットも見えています。

すばらしい光景です。


IMG_0218_R.jpg
【9時20分】
伊良湖フェリーターミナルに到着。

駐車場には、ものすごい数の車が停まっていましたが、どうやら大半は三重県との航路、鳥羽フェリー利用する観光客の物のようです。

しかし流石に時間があり過ぎだな。。。


IMG_0219_R.jpg
ただボケ~っとしているのも勿体ないので、立派な自転車道を利用して、ちょっと伊良湖周辺をブラブラすることにします。
これも6年前にやり残したことの一つですね。


IMG_0220_R.jpg
岬の先端は小高い山のようになっていて、その中に向かって進んで行きます。


P5052009_R.jpg
自転車道は、岩場を削って造られたような狭い道。

中々に風情があります。


IMG_0222_R.jpg
岬の頂上には、伊勢湾海上交通センターがドンと聳えていました。

平日であればあの塔にも入れるようですが、残念ながら祝日は立ち入り禁止のようです。


IMG_0223_R.jpg
そして恋路ヶ浜の看板。

周りには慰霊碑や、東屋などが立ち並ぶ小さな公園のようのなっています。


IMG_0224_R.jpg
先ほど上から眺めた恋路ケ浜。
何で恋路ヶ浜なのかは良くわかりませんが、能登の恋路海岸とは異なる、明るい広々とした白い砂浜と海岸は、明るいカップルを想像させますね。


IMG_0226_R.jpg
そして、遊歩道まで降り立って、伊良湖岬灯台。

多くの観光客が訪れています。
景色は・・・まあまあかな。


P5052012_R.jpg
そして、恋路ヶ浜の駐車場傍では何件もの炉端焼きの店がすでにオープンしていました。
ちょっと小腹も空いたし、何か食べよう。


IMG_0230_R.jpg
三河湾名物の大アサリと、焼き牡蠣のセット。

注文してから焼き始めていたようで時間がかかりましたが、ものすごく美味しい。

牡蠣もさることながら、大アサリも美味しい。
もう1セットくらい軽く食べられそうですが、
次第に日差しも強くなる中、フェリー乗り場へと戻ることとします。


IMG_0234_R.jpg
出港10分前
このためだけに持ってきた輪行袋に自転車をしまい、フェリーを待ちます。

乗り場には結構人が集まってきました。
多くは篠島での宿泊客のようですね。


IMG_0235_R.jpg
船が来ました。
高速船のため、篠島で乗り継いでもわずか1時間で
師崎にたどり着く事が出来ます。

新しい船で、展望デッキもあって今日の好天での出港が楽しみですね。



IMG_0237_R.jpg
出港~!!

いざ知多半島へ。
青い空と海に囲まれて、最高の船出が始まりました。


さて、思いの外長くなったので、3日目後半知多半島編へ続きます。


それでは、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れ様でした。

ようこそ愛知へw

事故怪我無く中部一達成されて
先ずは無事で何よりです。
安心してブログ読ませてもらってます。
それにしても相変わらずのタフ&超特急っぷりですね。

伊良湖-師崎のフェリーが廃止されてから、めっきり渥美半島行くことが無くなりましたが、高速フェリーという手がありましたか。もう伊勢湾+三河湾一しか選択肢が無いと思ってました。(嫌過ぎる❗)
時間合わせるのが大変ですが、たまには
ミカいちやってみたくなりました。

因みに恋路が浜から神島越しに見えるのは、鳥羽、二見辺りの三重県です。
ビックリですよね。
意外に伊勢湾の入口狭いんです。👍

Re: お疲れ様でした。

Nao様
ありがとうございます。

そうでしたか・・・
あれは三重県なんですね。。。

早速修正させていただきました。
良く考えれば方角が違うか。

寒い寒い深夜の新潟、長野を越えて、ようやく愛知県までやってきました(笑)
暑すぎて、びっくりしました。

高速船に積み込めるとはいえ、やはり輪行袋に入れるのは面倒ですね。

フェリーが無くなったのはサイクリストにとっては痛手ですね。
せめて、ばらさなくても積ませてくれる渡し船の様なフェリーにしてもらえたらいいんですけれどね。

OKI

FC2ブログへようこそ!