FC2ブログ

初秋の【金剛堂山】へ行ってきました。

その他の山々
09 /10 2017
今週も秋晴れの週末。
一週しっかり休もうかなとも考えていましたが、貧乏性のため勿体ないので出かけることにしました。

そんな今回の目的地は南砺市(旧利賀村)と富山市(旧八尾町)にまたがる前金剛、中金剛、奥金剛の三つのピークを持つ標高 1,637.8メートルの金剛堂山(前金剛)と最高峰1,650mの中金剛堂山です。

日本200名山にも名を連ねるこの山へ、いつか行ってみたいなと思いつつも、自宅から微妙に遠い場所に有るためにこれまで重い腰が上がりませんでしたが、今回思い切って行ってみることとします。


P9090118_R.jpg
【前金剛堂山より中金剛堂山へつながる風衝草原】


P9090044_R.jpg
【9時】
自宅を発って1時間以上車を走らせ、富山市、旧八尾町の市街地を超えて、経営難により閉鎖されたスノーバレー利賀へやってきました。
本来であればトイレ等も整備された栃谷登山口へ向かう予定でしたが、昨今の大水で橋が流されたとのこで通行禁止となっており、少し手前の竜口登山口よりスタートします。

水場はないけれど、きれいな小川や仮設トイレもあったりして、中々快適な登山口であります。


P9090056_R.jpg
ただ、利賀トレイルラン大会で使用されているこの登山口、距離は栃谷登山口とそう変わらないように見えるのですが、結構な急こう配で登りはともかく、下りはなかなかにスリリングでした。

道も広くて良いのですが、下りは捕まる木々が無くて滑りそうで足にきます。


P9090063_R.jpg
そして赤土むき出しの登山道が結構な区間続きます。

これはトレイルランで削れちゃったのか?
雨のせいでぬかるんでおり、下りの際はヌルっと滑り恐ろしい・・・


P9090066_R.jpg
ですが、全般的に道は広くきれいで急なところもない良い道のりです。
これなら誰でも安心して登れるでしょうね。

また、1キロごとに標識もたてられています。


P9090068_R.jpg
そして白いブナの林が広がる美しい道のりも見られます。
あまり見たことのない、白く大きく成長した巨木はなかなかに見ごたえがあります。


P9090076_R.jpg
しかし、ときおり赤土に、MTBでも走って削っちゃったのかと思うほどの溝も出来てしまっており、歩きにくい個所もいくつか見られます。


P9090091_R.jpg
その後、稜線に出れば木々の低くなり、気持ちの良い登山道を楽しめます。
ちょっと日差しが暑いけれども、緑の中の白い道のりを歩くのは気持ちがいい。


P9090094_R.jpg
辺りは晴天も相まって見事な展望が開けていました。

スノーバレー利賀を見下ろしつつ、冬にあらくにさんやアルボルさんと登った牛岳をはじめ、多くの山々の隙間から砺波平野を見ることができます。


P9090101_R.jpg
【11時半】
前金剛堂山に到着。
広々とした三頭には、祠をはじめ、石碑や石柱、方位盤など多くの構築物が整備されています。


P9090104_R.jpg
石造りの立派な祠。


P9090103_R.jpg
方位盤は直径2メートルはある巨大なもので、こと細やかに周囲の展望について記載されていました。
富士山や琵琶湖まで書いてある・・・細かいな。


P9090113_R_2017091018271236b.jpg
さて、この後がこの日のハイライト。
前金剛より、最高点中金剛へ向けて、風衝草原を歩きます。

冒頭の写真に見るように、遠目に見ているだけでその美しさが理解できます。
気分良く足を踏み入れます。


P9090121_R.jpg
その道のりは、実にすばらしいの一言。

昼近くになって雲が出てきたため、南北アルプスや白山等の展望は拝めませんでしたが、林の中を歩き切ったのちに広がる夢のような草原の光景は、標高以上の素晴らしいものです。


P9090115_R.jpg
草原は結構広く、谷を挟んだ白木峰の方へと繋がっているようにも見えます。

白木峰も有名な草原の景勝地ですから、このルートに沿って強い風が吹き木々が育たず、さらに風の通り道となって風衝草原が伸びているのかもしれませんね。

市名は異なっても、自然は繋がっているということでしょうか。


P9090126_R.jpg
中金剛手前の石碑
富山藩第10代藩主前田利保の歌碑だそうな。
達筆すぎて読めない。


P9090129_R.jpg
この途中のピークからは、前金剛までの道のりが一望できます。
中金剛山頂は木が茂っていて、前金剛側は見通すことが出来ません。


P9090134_R.jpg
【11時50分】
金剛三山の最高峰。
標高1,650m、中金剛堂山山頂に到着します。

しかし、前金剛に比べて非常にあっさりとした山頂でした。


P9090140_R.jpg
その先を覗き込めば、さらに広がる草原と奥金剛の山頂が見下ろせました。

あの道のりも中々にきれいそうな道のりだなぁ~と思いつつも、昼も回ったので下山することにします。

奥金剛の標高は1,616m。
なんだか下って登って、また帰ってくるのが面倒です(笑)


P9090139_R.jpg
また、中金剛山頂からは、はるかに広がる深い深い山々の先に、岐阜県の街並みが、霞の中に見えていました。

おお~。
ここはもう県境が目と鼻の先なんだな
あそこは飛騨市宮川町あたりかな?


P9090145_R.jpg
【12時半】
一通り展望を満喫し、昼食をとった後下山します。

標高以上の光景だったな。
帰路も美しい草原を眺めながら、山頂を後にしました。

秋になって紅葉が進めばもっともっと素晴らしい景色が広がるのでしょうね。


P9090158_R.jpg
【14時半】
下山完了。

途中説明したとおり、下山時はぬかるんだ土むき出しの登山等や、捕まりどころのない広い急降に苦しめられましたが何とか無事に帰って来ることができました。

もう9月に入りましたが、夏のように強い日差しで大汗をかきました。

しかしながら、竜口登山口には閉鎖されたスキー場はあれども水場がありませんので、写真の小川の水を頭から浴びてさっぱりします。
雪解け水ほどではありませんが、冷たく水も澄んでいて、なんだか飲めそうなくらいでした(笑)

さて、雲さえなければ360度の展望が楽しめたであろう金剛堂山。
しかし、山自身が持つ風衝草原の光景や周囲の山々の広がりを堪能するだけでもおつりがくる程の満足感が得られる、さすがは200名山ですね。
いつかまた、訪れてみたいものです。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書