FC2ブログ

秋はもの寂しきかな~さらば友よ~【二上山ヒルクライム&つくりもんまつり】

通常サイクリング
09 /24 2017
今週末は暑いくらいの快晴に恵まれました。
久しくまとまった活動もできていないし、ちょっとどこかへ行きたいなと考えて迎えた日曜日。

しかしながら、土曜日に遊休農地の草刈りをしたら結構足腰にきてしまいました。
う~ん・・・

しかも、今日は10月に関東へと旅立ってしまうあらくにさんの送別会もあるのです。。。
ほどほどにサイクリングを楽しむこととします。


170924-100245_R.jpg
さて、秋の実りを迎えた季節。
あちこちが黄金色に染まりつつあります。

美しいけれど、なんだか物悲しさも感じられますね。


170924-104928_R.jpg
しかし、久しぶりの快晴の週末。
青に染まった海と空を満喫しつつ、夏のような日差しに汗を流して富山の海岸線を西へ西へと進み富山新港へ。

実は今回特に行先を考えてなかったりします。
のんびりのんびり走りつつ、どこへ進もうかと考えていました。


170924-112331_R.jpg
庄川を超えて、小矢部川を渡る橋の上から二上山が綺麗に見えていました。

・・・そうだな。
苦しい思いの一つもしないのも締りがないし、あれを登ってまた考えよう。


170924-115457_R.jpg
9月後半だというのに暑い中大汗をかきながら、平和の鐘。

相変わらず大きいな。
取り合えずせっかく来たので鳴らしておきます。


170924-120612_R.jpg
そして山頂付近の展望台へ。
こっからのトレイルをあらくにさんやアルボルさんと駆け下ったころが懐かしいなぁ。


170924-121020_R.jpg
そして山頂からの展望。
高岡市街が一望です。
しかし、雲が多くて北アルプス方面は全然ですね。
これでは山に行っても展望は無かったことでしょう。
やはり今日はチャリで正解でした。


170924-130112_R.jpg
そして、これだけで帰るのも侘しいので、さらに西へと進んで旧福岡町の伝統行事、つくりもん祭りを覗いてきました。


170924-125955_R.jpg
見上げる巨大な『つくりもん』
ガネーシャ?
すごい・・・耳が可動式で動いてます。

五穀豊穣に感謝し、秋の収穫物である野菜などを利用して作られるこのモニュメントは、なんと300年からの歴史のある伝統なのだとか。

いったい誰が最初にこんなことしようと考えたんでしょうねぇ・・・(笑)
すごいちゃあすごいんですが。


170924-130346_R.jpg
野菜で作った肖像画。

しかし見れば見るほど芸が細かい。
全部を見る時間はありませんでしたが、通り沿いのいくつかを眺めてきました。


170924-130415_R.jpg
これはウルトラマンと怪獣か。


170924-131335_R.jpg
タヌキと狐と舞妓さん。
これは・・・
おとぎ話の一コマのようで実に楽しいな。


170924-131854_R.jpg
あ、ミニオンズだ(笑)


170924-132208_R.jpg
そしてカーズ。
う~ん色々大丈夫なのだろうか(笑)


170924-132658_R_20170925003524885.jpg
すっかり楽しんだ後、祭りの会場を離れて、小矢部川にかかる橋の上まで撤収しました。

小矢部川の流れと、背後の稲葉山に立つ風車のとりなす光景が印象的です。
あの山も、ヒルクライムコースで有名ですから近々行ってみたいものです。

さて、日差しも大分傾いてきて、早く帰らないと送別会に間に合いませんね。
短い時間ながらも、往復100キロちょっとのサイクリングを終了して、帰路へとついたのでした。


170924-182430_R.jpg

・・
・・・
・・・・
そして、夜には10月に富山を旅立つあらくにさんの送別会へ。
残念ながら車のためノンアルコールビールで乾杯です(泣)

しかし、いつもの他愛のない話題で盛り上がりつつ、そしていつものように解散したのでした(笑)
まあ今生の別れで無し、これでいいのでしょうね。

3人で走ることはしばらく出来ないのでしょうが、またその日が来ることを楽しみにして今後の研鑽に役立てましょう。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書