FC2ブログ

クリスマスライドに足湯へ行こう『春日公園富士見の湯』

通常サイクリング
12 /24 2017
今日はクリスマスイブ
一年でも1、2を争うような華やかな気分にさせられる日ですね。

・・・と言いつつも、クリスマスって事を本気で忘れ、晴天に誘われるがままにサイクリングに行ってきました(笑)
全然そんな浮ついた気分にならないなぁ。
ずいぶん年取っちゃったのかな。。。


171224-112049_R.jpg
そしてもう12月も末だというのに乗れてしまう。
やはり世界は暖冬なんだな。

スノーシューを履いて山も魅力的でしたが、現在登山靴のソールを交換に出しているため、気の向くままのサイクリングへと出発することとします。
でも、冬にしては暖かいとはいえ、そんなに遠出する気にもなれないな・・・
まったりと足湯にでも行きたいな・・・

と、旧大沢野町の神通川沿いにある、神通峡の温泉地にほど近い春日公園に足湯があることを知り、そちらへと進路を取ることとしました。


171224-113151_R.jpg
神通峡へ向かうために富山広域農道を越えて立山町を走っていましたが、途中ごみ焼却場であるクリーンセンターに備え付けられた展望台にちょっと寄り道をすることにします。


171224-114550_R.jpg
海抜223.5mにもなる展望台からの眺め。
所々白く染まった、常願寺川から富山市街の景色を一望できます。


171224-114316_R.jpg
そして今日は何と言っても山方面の展望を楽しみたい。

立山、薬師、剱岳といった富山県を代表する山々の連なりが一望です。
いやあ素晴らしい。


171224-114503_R.jpg
真っ白に染まった立山、大日方面と、弥陀ヶ原の大地。
下界は雪が少ないけれども、高所はたっぷり降り積もっているようです。


171224-114508_R.jpg
そして対照的に黒々とした山様を見せる剱岳。
今日は絶好の展望台日和です(笑)

あちこちの低山にも展望目当てで大勢登っていることでしょうね。


171224-114426_R.jpg
そして今日の目的地、神通峡のある大沢野方面。

昨年の冬に上った小佐波御前山が長々と横たわっています。
・・・さて、あまり遅くならないうちに行かないとな。


171224-120235_R.jpg
展望台から降りて、サイクリングを再開します。
気温は10℃を超えており、暖かいのですが、雲が多くなってきました。


171224-124836_R.jpg
その後、旧大山町を抜けてこれまた旧大沢野町に入った後、国道41号線に合流します。


171224-125225_R.jpg
またまた寄り道。
国道41号の隣にひっそりと佇むもう一つの橋、国登録有形文化財の『笹津橋』に寄り道します。

昭和16年にかけられたこの橋は流石に歴史を感じさせる雰囲気のある橋です。


171224-125359_R.jpg
静かな笹津橋の隣には国道41号が伸び、富山と東海地方との懸け橋として多くの車が行きかっていました。
かつてこの橋を渡って、名古屋まで走った頃が懐かしいですね。


171224-125857_R.jpg
笹津駅へ。
温泉郷にほど近い駅のためか、なかなかに凝ったきれいな作りの駅です。


171224-125934_R.jpg
駅周辺にはかつては賑やかな商店街も有ったようで、広々としたロータリーや大きな看板が静かに当時の面影を残しています。


171224-134147_R.jpg
さて、小腹がすいたので駅前で営業中のたこ焼き屋さんでたこ焼きを購入します。
小粒だけどパクパク食べられて美味しい。

このたこ焼き屋さん、かなりの人気店のようで、次から次へとお客さんがやってきては複数個注文していき、そのため30分待ちなんてのもザラのようでした。

こういう隠れた名店に会えるのも気ままなサイクリングの楽しみですね。


171224-132945_R.jpg
そしてようやく寄り道に寄り道を重ねて、春日公園に到着です(笑)

芝生も茶色に染まり、山々も寒々しい白い斑が見えていますが、暖かい足湯に浸かることが出来るのが素晴らしいですね。


171224-131014_R.jpg
ようやく待望の足湯へ。
富士見の湯と言う名前が付けられています。

私のほかには誰もいない貸切状態です。


171224-131233_R.jpg
は~~~
癒されますね。

流れる源泉はちょうどいい湯加減ですが、湯船の中はやや温め。
でも程よく暖かく、まったりと浸かっていられます。


171224-131240_R.jpg
また、ガラス越しの山々の景色も美しく、これはなかなかの所ですね。

やっぱり足湯はいいな。
他の温泉にも無料の足湯が有るので巡ってみるのもいいかもな。
春になったら、行ってみることにしましょう。

そんなこんなで、10分以上ゆっくりと浸かった後には、寒さとサイクリングシューズの締め付けで固まっていた足もすっかり軽くなって、気分よく帰路へついたのでした。

・・・
・・・・・


171224-202253_R.jpg
さて、家へ帰れば娘がクリスマスケーキを作っていました。
やばい、ノンクリスマス気分でいたのは自分だけか・・・

若い娘は、やっぱり季節イベントには敏感ですね。そりゃそうか。
凝ったつくりの見事なもので、年々上手になっていきますね。

さて、忘れてサイクリングに行った酷い父親も混ぜてくれるようですので、そろそろパーティを始めますか(笑)
メリークリスマス!!


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書