FC2ブログ

ザンバラン ヴィオーズ・プラスGTのソール交換完了!!

登山用品に関する童心
02 /04 2018
 ここしばらく寒波も穏やかになって、そろそろ春の訪れも近いのかと思いきや、再びの寒波と降雪に悩まされる日々が続いております。
もう朝の雪かきは嫌ですな。勘弁してほしいです。


180204-130247_R.jpg
さて、そんな中昨年末にソールの交換に出していた愛用の登山靴ザンバラン ヴィオーズ・プラスGT。
無事に手元へ戻ってまいりました。

ちなみにソールとガードを交換して大体17,000円。
元が4万円オーバーの登山靴ですが、消耗品を交換して長く使えるのであれば妥当な値段かもしれません。

それでも、しばらくは冬眠でしょうね。
靴ひもも通した後、しっかりワックスも塗って次の旅立ちへの準備も完了しました。
やはり革登山靴って、風合やその佇まいが良く、不思議と見ていても飽きが来ませんね。

この靴で、早月尾根をはじめ、栂海新道から白馬岳までの道のりや、黒部源流等の様々な道のりを歩いたことが思い出されます。


180204-093213_R.jpg
そして交換後のソール。
ゴムがピカピカ。新品のゴムの香りがまた良い(笑)
角もしっかり立って、手で触っただけでもグリップがしっかりとしているのが感じられます。


171218-224840_R.jpg
ちなみに交換前。
踵やつま先はもう溝がなく、他のブロックもすり減って角が取れてしまっていました。


171218-224800_R.jpg
そして周囲のガードラバーもあちこち傷だらけで、ところどころ剥がれつつありました。


180204-093247_R.jpg
しかし、今回ソールの交換と共にガードの交換も行い、つま先のビブラムのロゴもしっかりと復活して新品のように蘇って帰ってきました。

しかし、なんだかガードのゴムが小さい孔の沢山空いた発泡した素材に代わっています。
う~ん・・・前のゴムの1枚板のような素材のほうが良かったな。
土が詰まって取れなさそう。


180204-093229_R.jpg
そして、ソールの踵の○にあったはずのザンバランのロゴが無い・・・
無い。。。

まあなくても困らないけれど、ちょっと寂しいな。。。

とりあえず新品で購入からほぼ5年。
履くほどに足になじむこの登山靴。
ソールも更新したので、また新たな絶景への道のりへ、歩み出したいですね。


180205-200715_R.jpg
今回の寒波も強烈で、地吹雪がひどくホワイトアウト寸前です。せっかく溶けてきたのになぁ・・・
こんなの久しぶりだわ。
早く春が来てほしいものです。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書