FC2ブログ

突然琵琶湖!!『マキノ高原~つづら尾展望台を目指す…が!?』

通常サイクリング
02 /25 2018
気温も日に日に上昇し、春の訪れも間近に迫った2月最後の週末。

精神的負担の極みであったPTAの役員決めもほぼほぼ解決に向かった清々しい気持ちの中、久しぶりにアルボルさんにサイクリングに誘われて、二つ返事で出発することになったのでした。


180224-103509_R.jpg
さて、やってまいりました滋賀県はマキノ高原。
今日の目的は、ここから桜の名所海津大崎を経て、琵琶湖パークウェイを堪能しつつ、つづら尾展望台からの展望を楽しむ往復50キちょっとのサイクリング。

富山は天候がいまひとつの予報であったため、わざわざ晴天を求めて雪の残る高速道路を飛ばしてここまで来たのですが、思った以上に遠かった・・・
片道200キロ超の運転は、帰り道が思いやられます。

なお、駐車場は雪遊びや、登山に向かう人々で賑やかなものとなっておりました。
以前の花見の頃の人気の無いイメージで来たのでこれは予想外。


180224-103948_R.jpg
しかし走り出してしまえば気分は爽快そのもの。

高原らしく雪の広がる風景の中、遠出した解放感に包まれて久しぶりのロードバイクの走りを堪能します。


180224-104141_R.jpg
白く染まるマキノ高原。
正面の山がまるで雪を一手に引き受けた屏風のように真っ白に輝く、特徴的な光景です。
これは素晴らしい・・・

滋賀ってこんなに雪が降るんだなぁ。
あの一帯だけが北アルプスのようだ。


180224-110858_R.jpg
そして海津大崎。

花見のシーズンとは打って変わり、人けのない静かな場所でした。
出店もなければ人っ子ひとり歩いていない・・・


180224-111537_R.jpg
しかし、であればこそサイクリングには最高の環境です。

枝のみの桜並木が続き、融雪剤の塩化カルシウムの顆粒をプチプチ踏み潰しながら、美しい琵琶湖の畔を快走します。


180224-111552_R.jpg
中部一周サイクリング以来、半年ぶりの琵琶湖との再会。

冬の冷えた空の下、穏やかな水面と背後の白い山が織りなす光景は最高ですね。

この琵琶湖の大きさと美しさが、写真では全く伝わらないのがもどかしい・・・


180224-114641_R.jpg
その後も、時折バス釣りに興じる釣り人のみを見かけるだけの、人気のない湖畔沿いの道をひた走り、山肌に白く刻まれている、つづら尾展望台へつながる道のりが見えてきました。

よおし!!今日のハイライト。
久しぶりのヒルクライムと大展望が楽しみだ~!!


180224-114734_R.jpg
・・・・え!?
通行止めなの・・・

滋賀県は勝手に雪が少ないという先入観からろくに調べもせずにここまでやってきてしまいましたが、冬期間は通行止めになるほど雪の降る場所のようです。
ちょっとショックでしたが、久しぶりの連れのあるサイクリングと、県外の道のりを走っているだけで心は満たされており、まあしょうがないかな。と、軽く諦めたのでした。


180224-115551_R.jpg
その代り、まだ時間に余裕もあったので道のりの先の『深浦』集落へと足を踏み入れてみることとします。

行き止まりの小さな集落なのですが、歴史の街の看板の通り、まるで数十年前で時間が止まってしまったような、古風な漁村の光景が広がる、異世界のような光景でした。


180224-120048_R.jpg
湖岸と山に挟まれた狭い平野部に家々が広がり、神社や史跡が立ち並ぶ光景は、新潟県の粟島や、山形県の飛島のような小さな島の村の景色と重なる、郷愁あふれる世界です。


180224-120127_R.jpg
お寺の境内になる柑橘類(笑)
う~ん黄色くてきれい。何の実だろう?


180224-120522_R.jpg
村の端まで行くと道は途切れて行き止まりとなります。
琵琶イチは、ずっと湖岸を走ると一周出来るのかと思っていました。

しかし、振り返って深浦の街並みを一望する、終点からの光景はなかなかのものです。
これは中々。
一見の価値ありだな。

思いがけずに、良い物を見ることができました。
これだから旅はやめられませんね。


180224-124458_R.jpg
その後、つづら尾展望台入口へと舞い戻り、開いていた食堂で昼食とします。
展望台も閉まっていて、補給ポイントもないですからね、やっていてくれてよかった・・・


180224-122507_R.jpg
鴨そば定食と、川海老のかき揚げ。

定食には蜊ごはんに加えて山菜や、小鮎の佃煮も付いていてなかなかのもの。
そばも、鴨も実に美味しい。


180224-122731_R.jpg
そして、川海老のかき揚げ
なんだか金魚の水槽で飼っていたような連中が塊になって揚げられています(笑)

これが癖がなくサクサクしてこれがまた美味しい。
そのまま食べてもいいし、そばに入れて天ぷらそばにしてもいいね。


180224-125042_R.jpg
その後、昼食をとって帰路についたころ、最悪なことにポツリポツリと雨が降り出し、次第に笑えないほどの本格的な雨模様となってしまったのでした・・・
2月の雨は、氷のように冷たい・・・

なんだよ天気予報め~
晴れると思ったからここまで来たのに、高速代返してくれ(笑)

それでも、隠れた名所を堪能し、地元の名物を堪能した今日の道のりの収支は、大きなプラスというものです。
遠出は最高だな。
春に向けて幸先の良い、サイクリングのスタートとなったのでした。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

春を求めてロード遠征お疲れさまです^^
気の合う仲間との遠征ってワクワクしますね!
川エビのかき揚げも実に美味しそうです。
春はもうすぐ、OKIさんもそろそろ春に向けて本格始動ですね~(^^)b

Re: No title

ブルーズマン様
ありがとうございます!

川エビ、小さいだけあって殻も柔らかく食べやすいエビでした。
髭はチクチクしていましたが…

そして、辛く長い冬が終わり、春からのシーズンに向けて気力を高めています。
そしてなまった体と、溜まった脂肪を春までに減量したい・・・

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書