FC2ブログ

【鍋冠山】去りゆく冬に別れを

その他の山々
03 /11 2018
春の訪れも確かなものとなってきた3月も半ば。

今日は、厳しかった冬に別れを告げに
今年はなんだかんだで行けてなかったスノーシューを履いての雪山への登山を兼ねて、
2年ぶりに、富山県上市町にある、標高900メートル【鍋冠山】へ行ってきました。


180311-090148_R.jpg
平野部から眺める鍋冠山、丸い山頂が特徴的です。
今日は次第に天候は下り坂に向かうとの予報でしたので、さっさと登って下山することにしましょう。


180311-092501_R.jpg
【9時半】
西種地区のバス停に車を停めて、除雪のために水が流れる集落の中を登り始めます。

すごい勢いで水が流れているなぁ・・・
もはやちょっとした川状態です。


180311-093546_R.jpg
そして、今年はやはり雪が多かったのか、高峰山と、三角山の県道の分岐標識にたどり着く前に、道路は雪に覆われており、少し早目のスノーシューの出番となりました。

しかし、ここしばらく雪も降っていないため固く締まっており歩きやすい道のりです。


180311-094821_R.jpg
林道に入り雪の中を歩きます。

シーンと静まり返った林道。
いくつかの足跡があるのみで、周囲に人の気配は全くない。
静かだ・・・
だが不思議と寂しさは感じられないのです。

心地よい孤独感に身が包まれる中、雪の斜面を登り続けます。


180311-100913_R.jpg
林道の序盤、大きめの岩が見られるようになります。

確か、祠があるらしいんだけどなぁ?
どれだろう?
誰かの足跡でもあれば辿ってみるんですけどね。

登っていけないこともありませんが、とりあえず今日はパスします。


180311-105311_R.jpg
その後、西種造林作業路と、釡池方面への分岐点を過ぎ、
スタートから1時間半ほどで、高峰山との分岐点近くの標高806mの名の無いピーク傍を通過します。
いつかあの上にも行ってみたいですね。


180311-105555_R.jpg
そして、分岐直前の展望の良い開けたテラスからは剱岳の姿。

今日はこの後雲が出てしまいましたので、この日最後の雄姿でした。


180311-105702_R.jpg
【11時】
高峰山登山道との分岐点に到着。

標識が無いな。埋もれてるのかな?
そして高峰山に向かった足跡も全く無く、今年は人の入りが少ないのかな?


180311-105941_R.jpg
とりあえず、分岐から少し歩いて今日の目的地、鍋冠山への取り付きにたどり着きます。
ここも足跡が全然ないな。


180311-111305_R.jpg
まあ残りは足跡はなくとも、雪さあれば適当に上っていけば山頂にたどり着いてしまえるほどの道のり。

時折見えるリボンを頼りに急登の斜面を登っていきます。


180311-111705_R.jpg
【11時半】
2年ぶりの、鍋冠山山頂に到着しました。

しかし、登頂したものの次第に雲が広がり、風も強くなってきました。
う~ん、思っていたよりも天候の悪化が早そうです。

これは長居は無用だな。

そして、山頂の木にくくりつけられているはずの鍋冠山の看板も見当たらず。
2年の間に、どこかへ飛んで行ってしまったのかな?

180311-112216_R.jpg
とりあえず、山頂のテラスへ。

一番高い、このてっぺんに登って周囲を見渡しますが、雲が出始め、風も強くなってきておりとっとと退散することにします。


180311-112245_R.jpg
山側は霞み始めて、剱岳の山頂は雲の中に隠れてしまいました。

それでも大日岳や大辻山にかけての稜線、背後に白く輝く弥陀ヶ原はしっかりと見ることが出来ました。


180311-111711_R.jpg
また、平野部の展望はなかなか。

灰色がかった光景もなかなかオツなものです。


180311-112549_R.jpg
そして、山頂の木々には雪の花がまるで満開の桜の様に咲き誇っていました。
これは綺麗なものです。冬ならではかな。


180311-113305_R.jpg
さて、せっかく久しぶりに雪の山頂まで来たので、勿体ないから暖かいカップラーメンとコーヒーで昼食とします。

久しぶりの山頂ラーメンは実に美味しい。
体が温まります。
けど、風が強いから冷めるのも早いな・・・

掻き込むように流し込んで、速やかに下山を開始したのでした。


180311-125618_R.jpg
【13時】
やはり下りの帰り道は早く、1時間ちょっとで集落へと舞い戻ることができました。

その後、車に乗り込んでから30分もしないうちに雨となり、ぎりぎりで雨に打たれずに、おそらくは今シーズン最初で最後の冬山を楽しむことができたのでした。

次は新緑の世界を楽しむか、はたまた桜の季節の到来か・・・


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書