FC2ブログ

新たなる旅立ちの序曲【本州太平洋側縦断&四端踏破サイクリング】について

本州縦断&四端踏破
04 /12 2018
4月当初の好天はどこへやら。

ここ3週程は、週末になる度の悪天候によりどこへ行く間もなく、桜もスッカリ散り去ってしまいました。。。
今週末も今一つの予報であり、なかなか天候というものは上手くいかないものです。

さて、そんなわけですることもなく落ち着いており、今年から始める新たなる冒険に向けて少しまとめておこうと思います。

これまで私は、いろいろな場所へサイクリング旅行へ旅立ってきましたが、よくよく振り返ってみると
2015年には【富山から函館】、そして2016年には【富山から博多】までのサイクリングを終えており、

なんと、気が付けば
『ほぼ本州日本海側縦断サイクリング』を成し遂げていたではありませんか!!
すげ~(笑)

そして、ふと気が付けば、もう一つのルートへの憧れが、くすぶり始めてきました。
そう、次なる目標は『本州太平洋側縦断サイクリング』です!!

そして、この本州縦断にはもう一つ面白い目標設定があることがわかりました。

それが、本州の東西南北の最果て

ooma.jpg
最北端 青森県大間町【大間崎】


todo.jpg
最東端 岩手県宮古市【魹(トド)ヶ崎】


siomisaki.jpg
最南端 和歌山県串本町【潮岬】


bisya.jpg
最西端 山口県下関市【毘沙ノ鼻】
【※写真は、下関市HPよりお借りしました。後日自分で撮って差し替えたいと思います・・・】

が、本州太平洋側縦断のコース上に見事にそろっているのです。

おまけに、山口県下関市が掲げている、本州四端踏破ラリーなども貫徹すれば、記念品が貰えるというおまけつきです。
これは是非ともやってみたい!!

本来は日本一周サイクリングなどが出来ればよいのでしょうが、私もまだ子育て中の社会人であり、リタイア組や学生さんたちのように何週間も何か月もかけては走れません。

それでも本州太平洋側縦断は、日本海側以上のゆうに2,000キロを超える道のり。
連休の1度や2度で走りきれるものではなく、いくつかのブロックに分けて完走したいと思っています。

更に、この旅は、これまでのビッグサイクリングのような一日300キロからの道のりを走る過酷で慌ただしいものとせず、

予てからの憧れであった、のんびり一日150キロ程度、最大でも200キロ程度に抑えた、見知らぬ道のりを満喫できるような旅にしたいと考えています。

具体的には、
①青森県青森市から下北半島を一周しつつ、大間崎から青森県八戸市へ【最北端】
②青森県八戸市から三陸を走り、宮城県仙台市へ【最東端】
③宮城県仙台市から初の北関東を走り東京へ
④東京から箱根越えののち名古屋へ
⑤名古屋から紀伊半島を一周して大阪へ【最南端】
⑥大阪から、瀬戸内を走り、最終目的地、山口県下関市へ【最西端】

の6つのブロックに分けて走ることを計画しています。

当然、1年で終わる旅路ではなく、何度もの連休と、
スタート地点までへの結構な【交通費(笑)】が必要となる、色々ハードなものです。

そのため、完結までには、3年~5年はかかると見繕っています。

ずいぶん気の長い目標ですが、一つ一つの道のりが、なかなか楽しそうなサイクリングで、東西南北端到達の目標がそのスパイスとなっているよい冒険の旅路です。

そして、いつの日かの完走を目指し、最後まで冒険の記録を書き連ねることを目標にしたいと思います。

文字ばっかりの記事ですが、
そんなこんなで第一回のスタートも、いつの間にか数週間後に迫りつつありまして。
後は好天を祈るのみです。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

hamoさんこんにちは。

なかなか楽しそうな企画ですね。
連休ごとのイベントになるでしょうが、
結果楽しみにしています。
そして
自転車乗りとしては宗谷岬や納沙布岬、
佐多岬など本土四端もきっと何時かは…
ですよね。楽しみは尽きません。

こちらはGWは紀伊半島、夏は三陸を
計画しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

Nao様

ありがとうございますOKIです(笑)

GWはきっといろんな人がサイクリング旅行を計画しておられることでしょうね。
Naoさんは最南端からですね。いいですね。
私はいきなり最北端なのでちょっと寒そうですが、なかなか機会を逃すと難しいので、今も当日晴天になることを祈っています。
旅のコース的にもやっぱり北から海沿いに走るのがベストですしね。

いつかたっぷり時間が取れるようになったら日本一周しつつ、離島やあちこちの先端まで走ってみたいですね。

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書